人気ブログランキング |

タグ:ヨーガ ( 16 ) タグの人気記事

アヴィラティ

その後。


6)アヴィラティ अविरती

感覚的な快楽の中毒、欲望


ああーここにはまってた!と気づく。どう変わってくかなとか、知りたい知りたいという気持ちが、欲望と化してたのねー。方法に囚われたりしないでくださいーってところだー!

なんだか、すごいなあー。

本当に全てがお見通しというか・・・。ヨーガの世界はすごい!さすがだわ。囚われずに、波長を合わせることに意識をかたむけよう・・・




by nu2meg | 2019-03-25 10:18 | yogmataji

サマディについて

ヨグマタジのブレッシングをいただいて、至福(blissful)な状態を体験してその後、クンダリーニが明らかに活性化されている。

数年前にも少しこんな感覚があったけれど、明らかにクンダリーニ。
呼吸法がクンダリーニとどう関わっているのかが「なるほど」と感じられる。
ヨグマタジの導きで、勝手な呼吸法で刺激することなく、とりあえず日常の中でゆっくりと日常的なものにしていければなと思っているので、意識を向けない限りは至福とクンダリーニエネルギーのエクスタシーな感覚にとっぷり触れることも敢えてしていないのだけれど(笑)

さあどうなるかなと、展開を楽しみにしつつ、クンダリーニヨーガが求めた部分をなるほどと思ってみたり。笑(一回しかレッスン出てなくて、私にはいいやと思ってしまったのでそう多く語れないけど)

プラナヤーマ(呼吸法)は本当に勝手なことをすると危険であると言われていて、インスティチュートの集中講義をうけていた生徒でも、やりすぎて危険な状態になった人が過去にいたと聞いた。

私はプラナヤーマよりもエネルギーに直接コネクトする方がエネルギー吸収早いやと感じちゃっていたので、真剣にプラナヤーマを練習していないのだけれど、ガツンガツンに練習して火の呼吸とかしなくても、エネルギーがもうすでにそこにある場合は軽くで濃縮されたエネルギーが上昇するのが体感できる。


米国に来てすごく実感しているのは、西洋人がヨーガを言語化したことでヨーガが広がったんだという現実。東洋人は見て学ぶ。言葉にしないで自分の体験として学ぶという姿勢で伝統的な技を受け継いできたけれど、西洋人はそれを全て言語化することで技を広めていく性質を持っている。

言語化する段階で間違って伝えられることもあるだろうし、自分が体験していないのにそうあるだろうと伝えてしまうこともできるから良し悪しではあるけれど、どちらの要素も持ち合わせる日本人でいてよかったなとも思う。

日本人の私たちももう西洋的な学び方に慣れてしまっているので、意味がわかることは大きな意味を持つし、それが故にそこに固執してしまうこともあるけれど・・・


ちょっと懐かしくなって、ヨーガスートラのアンタラーヤについて学んだ部分を読み返してみた。(このブログに書いたものがあったので)

チッタ・ヴィクペシェパス(アンタラーヤ)

ヨーガの道を進む上級者が面する足を引っ張る9つの心の状態。

1)ビャーディー ब्याधी

病気;病気になると、集中もできない。食事の内容・量・食事中の態度に気をつけないといけない。

2)スティヤーン सत्यान

わかってるけどできない!知識と行動が伴わない。

3)サムシャー समस्या

疑い:これでいいのかと迷って正しい決断ができない。

4)プラマーダ प्रमाद

物質的な快楽に溺れてわれを忘れる。

5)アラーシャ अलस्या

タマス(鈍性)のエネルギーが強く、面倒臭くなる。

6)アヴィラティ अविरती

感覚的な快楽の中毒、欲望。

7)ブランティーダルシャン भ्रांति धर्शन

特にヨーガの過程で超能力を得ることによって、もう十分に到達すべきところまで来たと勘違いしてしまうこと。

8)アブラダブミカトゥワ अलब्धा भूमिकतवा

もうここまで来たから、最終段階に届いたのだろうと勘違いし、最後の一歩を踏み出せないこと。

9)アンナワスティタトゥワニ अनावस्थी तत्वनि

到達したのにも関わらず、その状態を維持できないでいること。サマディーをも目的で無くなることで本物のサマディに到達する。


これを習った時、そのままサンスクリット覚えなさいと言われて、この最後の3つがあまりにも舌を噛みそうな響きでひょえーっという状態ながら、このノートを見なくても覚えていたのが最後の3つ。しかも意味合いも一番気になっていたこの3つ。だって、そこからがえらい長いプロセスに感じられたから・・・。

ブリスフルな状態を体験してみて、ヨグマタジに導いてもらえば、サマディを今世で体験することも本当にありえるのだと思ったのだけれど、アヴィラティってクンダリーニなエネルギーに伴う?きっとそうだよねー。

そしてその後訪れるだろう、ブランティーダルシャン。

世の中の「私は誰それの生まれ変わりである」という多くのグルやスピリチュアルマスターはここにいる??
うーん。なんとなく黒いエネルギーなサイキックな人々はここ止まりだろうな・・・

ライトワーカー的な軽さがあれば、アブラダブミカトゥワまでは行っているのかな?

体験談なしにはこれはもう段階を区切るのも難しいけれど、ブリスな状態からまだまだ深い修行が始まるということはよくわかる。


自分は全て知っていると思ってしまったら、やっぱり人って誰かに教えてもらおうともしないものだし、どんどん自分が一番わかっていると固執してしまうんだなというのは、ヨーガのインストラクターにも言えることだと思う。

まだまだ学ぶことがあるという姿勢は、最後まで持ち続けたい。


サマディーにも段階があって、最も最高レベルに達した人だけが、体験として自分の歩んできた道の道しるべを示すことができる。

サマディ自体は体験ですらない(こころがないので、体験というレベルではない)とおっしゃるのだから、そのレベルに達するってもう本当にミラクル。

オープンに道しるべを示してくださるヨグマタジに感謝。

私のイメージでは、その道しるべって、光の柱のエレベーターみたいなもの。
心という重さ、カルマの重さを取り除くことができたら、ふわっと上に上がっていける。
そのスピードはそれぞれ違うけど、平等に与えられたチャンス。

いつかサマディレベルまで上昇してみたい。
多分、可能だと思う。
わくわくするなあー。


by nu2meg | 2019-03-23 12:07 | yogmataji

ヨグマタジ リトリート Yogmataji retreat in NYC 

* I just shared with my friends through Facebook


Pouring tears as my soul shaken with compassion and love. (*Nothing from me or towards me personally - which is even more bizarre)

I did not know that tears are for love, joy and happiness, not for sorrow, anger or frustration.

What a profound realisation!

Absolutely amazing, beautiful, caring, blissful weekend retreat with Himalayan samadhi yogi, shidda master, Yogmataji.

So grateful that I met yoga.
Because Yogmata had achieved state of samadhi, I felt I have to meet her.. even in practical level I thought I could not, but my heart said go for it.

I am so glad I follow my heart and so grateful my husband supported me.

What a break through...
I now live in a completely different state of mind.

Filled with peace and love...

感動の涙ぼろぼろ。

もう悲しみや怒りや葛藤の涙はいらない。

コンパッション(見返りのない完全なる愛)に魂が震えて嗚咽しそうなほど溢れ上がる感動で嬉し泣き。

頭で考えると無理だと思ったけど、参加すべきだという心の声に従って思い切って参加させて貰った、サマディヨギ、シッダーマスターであるヨグマタジのニューヨークで初めての3日間リトリート。

本当にラッキーで本当に素晴らしかった!

インドでヨーガとの出会いが無ければ、サマディにも、ヨグマタジにもきっと惹かれなかった。ヨーガの神髄を追究されたヨグマタジは凄すぎる。でもとってもお茶目で素敵なのです。

心のあり方が違うと日常が違って見える。本当に全てがありがたいし、全て大丈夫。ヨーガの教えって本当に深い〜

気づきと共に、今まで何エネルギー無駄にやってたの〜と思って更に泣けたのだけど人生それぞれの段階でコツコツ準備してきたんだな〜。そうそう。いろいろ起爆剤だった娘の悪態が無ければ学びも浅かったと思う。さすがはポピーだわ良い役目引き受けてくれてた!心から感謝するし愛おしい。

飛び級並みにポンとマインドの罠から抜けられたのはヨグマタジの愛の深さゆえ。一生懸命に自分(エゴマインド)でどうにかしようともしてたんだな〜いろんな気づきがどんどん出てきそう。

全てに感謝。

ーーーーーーーーーーー

ヒマラヤ聖者の超シンプルなさとり方

新品価格
¥1,512から
(2019/3/20 02:04時点)


フェイスブックの友達は田舎の友達、大学の友達、船の友達、ロンドンの友達、東京の友達、ムンバイの友達・・・と、基本的にリアル友達なので(笑)そろそろミチコがやばくなっていると思われても・・という気持ちもあり当たり障りなく書いたつもりなのだけれど(笑:もちろんみんな、私が怪しいことは知ってますが・・・)まだまだ湧き上がってくるので、こちらでもシェアしておきます。


ほんーっとに。

マインドの殻がパリパリと剥がれ落ちて溶けていった感覚。それはもう、真実に触れたら一瞬の出来事でした・・・笑

さあー準備はいいですか?と言わんばかりに。

生きている中で最も大切なのが何かということを一気に体感して、こみ上げてくる愛にさらに愛が注がれて、オーバーフロー状態。


魂が感動した時に、感情がないけれど涙が出るという時が時折あるけれど、こんなにいっぱいいっぱい泣いたのは初めて・・・かと思ってました。


が・・・数日後に思い出しました。

大学で授業を受けていて、ほんとうにほんとうにさりげない言葉によって、ボロボロと涙が出てきて(その時は「私ってこんなにちっぽけじゃいけない!」って感情も伴っていたのだけれど)その気持ちを教務課の人に泣く泣く伝えて、「休学させてください」と訴えた時。


20歳の私。自分の人生を切り拓くと言う一歩違う人生へ歩み始めた私。

まさに、人生の岐路でした。


今回はもっと大きいなあー!

岐路というか、生まれ変わった気分。


数時間前まであった不安が心にはもうなくて。

完全なるFAITHしかない。


私にとっての今までのFAITHは、タロットとの関係なので、それ自体はわかる。

「本当に、ミラクルとも言える、素晴らしさがあるから、瞬時も疑わない・・・というか疑いの感情を持ちようがない。」私が扱うタロットにエゴが入らないのは、この絶対的なる信用から。なんどもなんども目の前に繰り広げられる完璧な展開と完璧なアドバイスを仲介していると、まるで他人事のようにすごいんですというしかない。


でもそうはいっても、タロットはマインドの世界。

ヨグマタジは、マインドのない世界。笑


最近、マインドフルネスがすごく流行っているけれど、ヨグマタジのは、マインドオフ。笑

もちろん、一旦マインドフルになって、内側のシステムに気づくことは、マインドoff状態を導くためにも通る道なのかもしれないけれど・・・一歩先。

アーサナも努力してそのポスチャーにたどり着いて、エフォートレス。努力をやめる。そうすることでようやく、エネルギーが循環する。

わかるわかる!


ヨグマタジを通せば、段階ステップすら3段跳びとか、5段跳びとかで越えていけてしまう・・・ということを、体験しました。(ちなみに、コースインミラクルもすごく考えは似ています。ユニバースは自分の内側だし、全てはマインドの世界だし。宗教と違って教祖はいないけど、到達したと信じているマスターは何人かいて、ここで問題はのは彼らが決して完全にエゴを捨て切れているとは言えないかもしれないこと・・・私はDIY派なのでマスターいないくらいがちょうどと思っていましたが、真のマスターの存在は大きい!この人生で輪廻を修了できると真剣に思えるくらいだから。笑)


さて。ニューヨークでの初開催ということで、ヨグマタジの恩寵を少人数で受けられたことはもう奇跡的というしかなく。。たまたま日本から来ていて同じホテルだったのでお話を聞きに・・といった方も大感激していらっしゃいました。


そして本当に、理屈が云々とかでなく、なんだかいろんなことがわかってしまった気分。



例えば・・・このブログにたどり着いた方は、きっと、実際はどうなんだろうなと思っていらっしゃると思うので、私自身がマインドで引っかかった部分を記しておきます。


参加するにあたって、もっとも人が「引く」部分の一つとして、参加費用というのがあると思うのだけれど、今回、私も最初にリトリート費用を見た時は、条件反射的に「無理」と頭が言いました。笑 

素敵なヨーガスタジオのオーナーと出会って、とりあえずレギュラーの空きもないので、サブでとヨーガを教えるようになったところなのだけれど、参加費用に達するほど稼ぐにはどれだけ時間がかかることか・・


ちょうど、主人が教育費とか考えたらもうちょっと節約しないとだねえーなんて言い始めたところだし。

頼めない〜。っていうか、頼んでも一蹴されるな・・・というのが第一感想。

なので、すぐに主人には言わずにいました。


でも、内側に湧き上がる思いは、「私のマインドの在り方じゃない?」ということで、そうだ!サブコンシャスレベルで、「不可能ではない」ということにしよう!と。笑

そして主人が受け入れてくれる可能性にフォーカスすることに。(内緒の作戦:苦笑)


数日後、私の気持ちの中に「可能性」が大きく感じられて、聞きました。

「実はこうこうで・・・・でもお金もかかるし、こどもの世話もあるから、わたしの独断では行けないし、結婚20周年記念のお祝いでもいいや!(結局忙しくてちゃんとできなかったから)そんな気持ちで、行かせてくれない?」と。


彼は「それはそんな簡単にどうぞっていえる金額じゃないけど、本当に行きたい。そしてそれだけの価値があると言い切れるんだったら、みちこのチョイスだよと。」(しめしめ!)


でもそこで即決はせず。自分の中では心が行くべきだって本当に大きく叫ぶまで待ってもいいかなという気持ちくらいで数週間。


彼はもう私が行くのをやめたと思っていたらしいけれど、子どもの世話の段取りもあったから話し出すと、「まじでいくの?」とちょっと驚いてた(私はそれくらい普段、高価なものを買ってもらったりすることはしないお金のかからない妻。笑)・・・けれど、自分の用事もあるからとそれは引かず(もちろんハーフマラソンという予定)。朝出かけるのが早いから、土日にかけて下の子をお泊まりで預かってくれる友人を探さないといけません。


きて数ヶ月だし、ここではお泊まりしやっことかしてないので、うーんと唸ったけれど・・・引き受けてもらえる段取りも整いました。ちょうどバリのグリーンスクールに入学する予定で払い込んでいたお金も返金してもらおうかという話をしていたので(娘が高校生からなら、違う気がするというので)それもさっさと手放して、その分こっちに回しましょうーと気分的にも清算して。


振り込んで見ると、実際には数字だけ。

実行ボタン一つの話で、現実の生活になにも影響はない。


このお金は誰の私欲のために使われることもなく、世界平和を広げようというヨグマタジの活動費のため、および、これも想像だけれど、運営費を超過したものはインドのチャリティーおよび社会奉仕に還元されていると思う。アパリグラハ(自分で抱え込まない)を実践されていると思う。


インドの有名なグルとか、宗教団体のトップとかは自分の周りを金キラ金で固めている人も多くてゾッとする(笑)私立の学校も、明星学園みたいに校長室がもっとも古くって主人公の子どもの環境を整えることに財源とエネルギーを注いでいる学校は、そんなに多くないだろうけど、本質が素晴らしければ飾る必要はないなと思う。


インドのヨーガの修行者サドゥたちが、スピリチュアルな頂点を目指して修行の道を選ぶ時、着の身着のままでほぼ何も持たず、家族すら捨てて、物欲に囚われていませんというシンボリックな誓いとアパリグラハをコミットメントをするように喜捨。多すぎも少なすぎもせず、すこーし考えちゃうな・・・どうしようかな?という金額に設定されているのかもなあーと思いました。(まあ、中にはあらお安いのねという方もいらっしゃるだろうけれど、そういう方は更なる寄付をされた方が真剣になれるのかもしれない。)


ここからマインドを外す修行をします。という誓いなんだろうな。

だって本当に現実はそうそう変わらない・・・

よく破産したからといって死んじゃうわけじゃないというように、破産しても、もちろん部屋は小さくなって食べ物も質素になるかもしれないけれど、生きていく分にはなんとかなる・・・。トランプ氏なんて破産してもゴージャスな生活続けていた雰囲気だし。笑


実際に、行ってみると同じだけお金をかけて旅行に行くよりも何をするよりも、価値があったと思える。でも、もうその価値が云々とかいうレベルにもいないというか・・・お金で買えないものだったというか・・・。ここにはもう俗世のジャッジメントが当てはまらない。


よく、エネルギーワークはエネルギー交換だからと言って、セミナーや施術料金をチャージするというけれど、ヨグマタジの場合はエネルギー交換ですらない・・・。

ヨグマタジが母なる愛で献身的に愛を注いでくださっている感じで、お返しできるものはない。(ご本人が私欲のためにそのお金を使わないからだと思うけど、カルマがないというのは本当に素晴らしい)できることといえば、どんどん愛のタネを蒔いて行ってくださいねということだけれど、それもヨグマタジが直接恩恵をうけることではなくて、世界平和をひろめたいという愛の思いだけ。

広めてというと、宗教勧誘みたいなニュアンスがうまれて、これまた引いてしまうポイントだと思うけれど、ここもまたなんだか違う・・・。ヨグマタジにつながる人が広がれば広がるほど、御本人はひっぱりだこで忙しくなるだけだし、最近有名になってきちゃったので、気軽にお茶飲みにも行けないのよねーなんておっしゃっていた。笑


愛をもって日常を送ることで、世界平和で恩恵を受けるのは、まだ身体に執着している生身の私たちの方であって、身体を超越していらっしゃるヨグマタジには、もはや直接的な影響もない。それでも、世界平和を呼び寄せることができるのは、このお互いを愛のエネルギーでもって尊重し合うことでしかない・・・そういう人を増やしていかなければという神の意志があることに、さらに気づいて感動してしまう。


311の後特に、その背後でお金を儲けて恩恵を受けているのは誰?

どこにその情報の意図することがあって、誰がどういう関係で抑圧されているのか・・・なんてナナメに世の中を観察することが多かったけれど、その視点から見た時に、ヨグマタジの背景には世界平和しかない。澄み渡るヒマラヤの空しかない!(他の聖者たちも一緒になってエネルギーを注いでくださっているのを感じる)


神と一体化された超人だからの言葉通りの神業に触れて、本当に魂が揺さぶられた3日間でした。

リトリート終わってからじわじわ来ますよーと聞いているので、これからの変容も楽しみ。スタート時に次回の予定は未定ということでしたが、プログラム終了時には、「6月また来ますー。今予約してきました。」と仰っていたので、またお会いできるはず!(いったん繋がると遠隔でも充分に素晴らしいのだけど)


朝目覚めて、生かされていること、愛を注がれていることに感謝の気持ちでいっぱいになりながら、1日をスタートする・・・波動が高くって、慣れるまでにはもうちょっと涙がボロボロ出てしまう日々が続きそうです。笑


ひとりでも多くの人の魂に、ヨグマタジを通しての神の恩恵が届きますように祈りつつ。


by nu2meg | 2019-03-20 01:57 | yogmataji

アイアンガーヨーガ。

インドを離れる前にリトリートで毎日体験したアイアンガーヨーガ。

私のアーサナの師匠もアイアンガー(プラスα)いろいろなスタイルのヨーガをかじっていたので、彼のアラインメントの大切さがアイアンガーから来ているということはちょっとわかっていたつもりだった。

ニュージャージーに越してきて、とりあえずあちこちでヨーガを体験してみるも、結局「「何か学び」になる要素を感じるのは、やっぱりアイアンガー。車で15分くらいのマディソンという街にある、アイアンガーヨーガのスタジオに行くといいよと話を聞き、1ヶ月間行きたい放題のお試しコースに。

実は厳しいながら世界の95%のヨーガレッスンは、ヨーガの核心から離れてるんじゃないかと思っていて、あ!これは・・・と思う先生のレッスンを受けることの方が難しいと思っているのだけれど、さすがはアイアンガー。どの先生もなかなか良くって、結局週に7セッションのペースで通った。笑

アイアンガーといえば、プロップス。
小道具を使い始めたのはアイアンガー本人。
より確実に完成ポーズに近づくために・・のプロップス。

アイアンガーは義理の兄がヨーガの大師匠。
病弱でヨーガなんてとっても自分には無理・・というアイアンガーが見出した方法。

使い方が新鮮だったりもするので、学ぶことが多い。
ロープとか超新鮮だし、ロープシルシアーサナなら、私も大丈夫だとわかった(網膜剥離を体験しているから、インバージョンは気をつけないと・・・)
とにかく、先生方のこだわりがかなり凄いので、学ぶことが多い。

私はアイアンガースタイルがすべてだとは思わないし、厳しいばかりの窮屈さを感じる人もいるだろうなーと思うけれど。あのスタイルが合うのは、日本人やドイツ人だけじゃなかったんだ!笑 (東海岸な人たちは真面目だと思うから日本人的かもね)

例えば、ヨーガインスティチュートのスタイルは、ヨーガは身体一つでどこでもできる!
難しいアーサナに固執する必要はない。
たくさんのアーサナよりも、1レッスンに数個を確実にする方がベネフィットも多い。

絶対的にインバージョンが必須的なアイアンガースタイルよりは、できることをできるだけ、確実に、ゆったり・・・。身体よりも心に・・という感じ。


両方の良いところ取りの私の師匠のスタイルは、やっぱりここでも、どの先生よりもエネルギーに満ちたセッションだったなあー。(終わった時の感覚とかが、まったく違う。どんなにインバージョンをがんばっても、自分でゆったり呼吸していても、どこか不完全燃焼さが残る・・・でも、師匠以外のヨーガセッションとしては、アイアンガーが一番得るものが多いのも確か。笑)


すごいなあーと思うのは、ここでのアイアンガー支持者は高齢者が多いこと!
まだまだインド国内でもあまりヨーガが一般的でなかったころから、アイアンガーは西洋へ持ち込まれてかなりの支持をうけていたんだなと見受けられる。

先生たちももう20年以上とかの先生が多いし、高齢にも関わらず、身体の線が美しい。私なんかよりもよっぽどしなやかだったりもする。(まあ、私は45スタートだからね)そういうのは、シンプルに見てて気持ちいい!

ローカルなコミュニティーセンターにすら、ヨーガといえば、最初はアイアンガーだったらしい。だから、驚くほどプロップスが充実していて、70代だろうと思われる人たちが、ヘッドスタンディングしていたりする!

日本のお年寄りなら、ラジオ体操程度だろうなあーとか思うけれど・・・
インドのお年寄りは、一緒に肩を並べてヨーガをやりつつ、これでいいんだー!と笑ってしまうレベルの柔軟性だったんだけど・・・(基本的に学校でも体操とかもきちんどしないから、デングリがえりすらできない人おおいもんね・・・)比較できない・・・

この素晴らしさには感動。

ジムエクササイズ的な、ビンヤーサでも、割り切って何か学びがあるかなと行ってみると、こちらの人は結構柔軟な、体操出身者ですか?という人が多いように思う。あれをヨーガと呼ばないでとはもちろん思ってしまうけれど、それでもホットスタジオで汗だくで、気持ちいいー的な気持ち良さはわかる。

気持ちいいでしょー?というのを、「yummy!」というあのスタイル・・・笑
近くで荒い息遣いの人がいたら、もうそれだけで苦しくって聞いていられないんだけど・・しかも、汗も飛んでくるし・・・

もちろん、アイアンガーの先生方は、ジムヨガをヨーガと認めていない。
私もそういうところがあるけれど、もしちょっとアイアンガーでアライメントを整えて、アーサナでリラックスをするということをキチンと教えれば、実は両方アリなのかもねとも思う。(決して初心者が真似してするものではないと思う。怪我の元だから・・・)

短期間といえ、それなりに集中して通えばやっぱりいろいろ見えてくる。
プロップスに頼りすぎていてはいけないことや、インスティチュートのヨーガの良さ。
もうちょっと、瞑想的な部分、エネルギー的な循環に意識を傾けてもいいんじゃないかなとも思うし、シャバアーサナからの充電がちょっと足りないこと。どんなに部分的にハードワークがあっても、流れがないとエネルギーが循環しにくいこと・・・だからなんだか、毎日レッスンに行っても何か足りなさも感じる。

プロップスに頼るから、バランスアーサナが思った以上に苦手な人が多いことも・・(他のアーサナは結構完成度が高いのにという割にという意味で)

一番びっくりするのは、鏡があるのにも関わらず、鏡には頼らないようにという部分・・
私にしてみれば、あんなにプロップスに頼るのに、鏡というセルフコレクションができるツールを否定するってどうよ??と思ってしまうけど。笑

批判に聞こえるかもしれないけれど、私の師匠が、固執しないことの大切さを説いていたのがわかる気がする。

ヨグマタジ&パイロットババジに出会って、インスティチュートの2代目もサマディに達していたと確信して、身体に固執している以上、その先に到達はできないと思う。身体を超えて、心にフォーカスして、心から大きなエネルギーに繋がっていくこと・・・そんなレッスンを積極的に取り入れていくべきだなあーと思う。

同時に!
ビンヤーサスタイルなインストラクターも、アイアンガーヨーガを体験すべきだと思う。どの宗派であろうと、なかろうと・・・と言わんばかりだけれど、体験しないと見えてこないものがあると思うし、宗派のない私みたいな人は、そういう両方の良さプラスαを伝えられる架け橋になれればなあーとも思う。

そんなこんなで、これからもアイアンガーヨーガはティーチングのテクニークを磨くためにも行くつもり。(他のヨーガセンターもトライアルで開拓するつもりだけど。ほんとにいろんなところに色々あるからね!)個人的には、アイアンガーはやっぱり好きなタイプ。足りない部分は自分でカバーできるし・・・


あ。そういえば逆に。。。別の場所でただただお喋りばっかりで、いつのまにか自己陶酔なスピリチュアルトークのヨーガセッションも何度か体験しました・・・まだビンヤサの方がヨーガらしいんじゃないの?と言わんばかり・・笑 ゆったり足マッサージ・・・とかも・・・。えええ???時間もったいないんですけど・・・というか・・・それは自宅でどうぞじゃ・・・? ああ、ただ、腕をフリフリしたりとか、本当に時間の無駄と思えるセッション多かったなあ・・・これヨーガ???って突っ込みたくなるの・・

私もついつい瞑想ヴィジュアライゼーションモードに入りがちなので、自戒しなきゃ。肉体にしか意識行ってない人に、瞑想のエネルギーは体感できない場合が多いだろうし。
身体を使って気持ちいいモードに入れるように意識。

ちなみに、メディテーション&ヒーリングという名で、参加者にレイキヒーリングをして回ってくれるというクラスもありました・・・笑(完全に一方的だし)ある意味、それが受け入れられているコミュニティーであることに驚きつつ・・・。


by nu2meg | 2018-12-15 07:53 | ヨーガ

ニューヨークでヨグマタジにお会いして来ました。

ヨーガを勉強するまで、サマディーがヨーガの目指すところだとか、そのための瞑想であり、アーサナであるとか、そういう部分については全く知らなかった私。インストラクター資格は、ヨーガカウンセリングの必須科目だったからということもあって取ったし・・。

まあ、ヨーガ自体についても、アーサナにそんなに興味がなかったのでどちらかというと、体を使わない瞑想には興味ありという・・。(アーサナの師匠に会って、一気にアーサナ大好きになったので、ほんと、出会いですね・・・)

もともとストレッチは好きだったのだけれど、それも高校時代まで・・・床に座る実家の生活から離れてその後どんどん硬化しちゃったからね・・・そのガチガチ40代半ばスタートで、30年前のフレキシビリティを取り戻せるか?が私の密かな野心ではあるけれど。

さて、ヨーガのバイブル、ヨーガスートラによると、サマディまでの道のりは8段階。

1)ヤマ(してはいけないこと)

2)ニヤマ(すべきこと)

3)アーサナ(いわゆるヨーガのポーズ)

4)プラナヤム(呼吸法:呼吸に伴って気を流す)

5)プラティヤハラ(5感に頼らない→心が揺れなくなる)

6)ダーナー(集中)

7)ディヤーン(瞑想)

8)サマディー(悟り)


これをアシュタンガというのだけれど・・・(アシュタンガヨガはヨーガのスタイルの固有名詞です)つまり、まずは身体からではなく、道徳的に正しく生きましょうというところからヨーガはスタートする。

ラッキーなことに日本人なら、このヤマはかなり多くの人が文化的に持ち合わせている気がする(少なくとも、インドでは・・・。ロンドンでは・・・。ニューヨークでは・・・というと、私の知っている古き良き日本人は素晴らしいレベル)

物欲系が日本社会では一番の難点かな?


5つのヤマ

アヒンサー 非暴力(肉体的にも精神的にも)

サッチャ  正直にあること

アステヤ  盗まないこと

ブラマハチャルヤ  ほどほどにすること・性的なエネルギーを別に使うこと

アパリグラハ    物への執着・抱え込まないこと


5つのニヤマ

ソーチャ   清潔である事

サントーシャ 現状に満足する事

タパス    修行する事・ある程度の苦行に耐える事

スワディヤヤ 自分を見つめる事・本などを読む事

イシュワルプラニダン 大きな存在に身を委ねる事

*自分のブログ過去記事から抜いてるけど、書体があわせられない・・

ということで、本来は段階を追って修行・・のところ。

神様がいーっぱいのインドでは、グルー信仰も驚くほど強い。生き神様だということで、よくわからないグルがたくさんいて、多くの人が日常のごとく「私のグルジはね・・」とスピリチュアルな話題のトピックにも出てくる。

実は私はそういうのが大の苦手。単にグルだから素晴らしいとか、有名人だから素晴らしいというのが好きじゃない。ヨーガインスティチュートの素晴らしいところは、そういうグル崇拝思考がないところ。(もちろん、みなさんとってもリスペクトはしているけれど、敢えてグルという呼び方もしないところは、なんだか爽やか)

でも、たまたま主人が持って帰ってきてくれたニューヨーク発信の日本語情報誌をめくって、ヨグマタジがNYCで法話会という記事をみたとたんに、サマディに到達した大大先輩のヨギに会いたいという気持ちでいっぱいに。こちらの記事は、申し込み後に発見したもの。


たまたまその日曜に、主人がニューヨークでハーフマラソンがある・・ということで、せっかくだから子ども達も午前中の法話会に。午後、私はディクシャを受けました。

ヨグマタジの本は一冊、わりとカジュアルなものを持っていて手元にある。あ。そういえば、NYにきたばかりの時、ブックオフのほぼ向かいのサービスアパートにいたので、ブックオフでいっぱい日本語の本買ったんだった!笑

ちょっとヒマラヤヨーガ、ヒマラヤ・・ヒマラヤ・・・という部分と、私はすべてわかってますという言い切っちゃう部分に引っかかった部分はあったのだけれど、お会いして見て、すべて超越されていると再確認したら、ヒマラヤへの愛の尊さと、私というエゴを超えて「わかっている」状態が、「神はすべて知っている」と同様なものだとすとんと下りてきた。

当日に会場で購入したうちの一冊がこれ。

シッダーマスターが示す悟りへの道

新品価格
¥1,645から
(2018/10/18 00:21時点)

まだ読みきれていないけれど、修行の様子や、サマディの様子も書かれている。
ヨグマタジとパイロットババジは、公開サマディを何度もされているのだけれど、公開サマディは本当にデモンストレーションであって、慈愛を分かち合うチャリティ。それとは別に、個人としての修行中にもなんども長期間サマディ修行されている。

サマディとは、ほぼ幽体離脱状態?そのまま肉体を放置しつつも(呼吸すらも止まって)すべてのエネルギーの源を繋がって、完全にワンネスの状態になること。ヒマラヤ奥地には年単位でサマディ修行している聖者もいらっしゃるとか。。。

しかも、あちらにいる方が心地よいので、肉体に還ってくることが難しいそう。(だから命を落とす人も多い危険な修行)だいたい、凡人には5000メートル級の山でじーっとしていたら凍死するんじゃ?というレベル? 寒い場所にいると思うだけでもう、ありえない神業。

明らかに、ぶっ飛んでます。

でも、それが5000年以上の歴史を持つと言われるヨーガの目指す頂点。
サマディに達すると、もう輪廻の必要はありません。
ヨグマタジーは、個人の修行としてのサマディを終えて、肉体を通して世界平和に尽くす修行を引き受けたそうです。(きっと、多くの聖者のエネルギーは肉体を介さずに世界平和を祈ってくれていると思われます・・・)

その歴史上、初の外国人。そして初の女性。
それが日本人ってだけでも凄すぎると思うのだけれど、私が最も感動したのは(もちろん、本では読んでいたけれど)この2人のサマディ・ヨギの師匠である、ハリババジが、ヒマラヤにこもっていないで、日本で世界平和のタネを巻くようにと、まるで神の使者のようにヨグマタジを俗世に戻しているという事実。

彼らは時空を超えていらっしゃるので、「このままでは地球が壊れてしまう」という危機感のもとに、ヨグマタジを俗世にもどされ、5000年の歴史ではありえない活動を許可されたのだと思います。(勝手な想像です)

インドという国の文化上も、すごくすごく特別だということがわかります。。。
そして、それって・・・言い換えれば、まだ間に合うってこと!希望の光!
その平和のタネを一粒私も分けていただくことができました。
なんてラッキーな。


スピリチュアル系に友人に、所詮スピリチュアルビジネスじゃないの?
とも言われたけれど、実際にお会いして、お茶目で人間的な部分もあるヨグマタジは、本当にそのお名前(ヨーガの母)にふさわしく、愛で満ちていた。

もう、自分のエゴとか欲とかのレベルで生きていらっしゃらないから、世界平和を広げるためという道ができるのであれば、出版社にお任せしていろいろなレベルの方の目に止まる形で出版もされているのかな?(友人がキャッチフレーズが気に食わないと言ってたので・・・笑)

実はもう一人、ヨーガインスティチュートのハンサジも、私にとってヨーガの母。笑

ご主人のDr. JAYADEVA YOGENDRAJI は、パイロットババジがそうであったように、この世にもう足があまりついていないような雰囲気でありつつも、口にすることはほんとうに無駄のなく、発する言葉は、ヨーガスートラのスートラの様だった。

ヨーガインスティチュートの歴史上、「出家して山にこもらない日常の中のヨーガ」というのが大切だからこそ、インスティチュートのヨギはあえてサマディ云々いわないけれど、パイロットババジの雰囲気はあまりにも、J ヨゲンドラジーに似てた。個人的にはヨゲンドラジーもサマディに達していたんだと思う。(スタイルは違うけど、敢えてそうなのかもしれない)一緒にしたら怒られちゃうかもしれないけれど・・・

上の本の中にも、ヒマラヤシッダーマスターたちが、いかに普通のおじさんで、道端で気づかないような存在かということを書かれていたけれど、本当にその通り。お2人とも繋がり方が、サイキックタイプのオーラを発している人と違うというか・・・決してギラギラしていない。笑 逆に言えば、気づかれないように隠してる感じ。笑


話を戻すと、女性はサマディに到達しても、やはり「母なる大地」の恩恵を受けて、プラクティカルなのかもしれない。ハンサジーもいつも優しく「苦しまなくていいのですよ」とドメスティックな相談にも応じていらっしゃる。(インスティチュートではヨーガアーサナだけでなく、法話系を聞きにくる人もとても多い)

女性こそ、サマディに到達すべき!
みたいな世の中になってきているのかも。笑

一方の男子は・・・超科学的というか・・・
話が難しくて一般人にはとうていついていけません・・・
やっぱりスートラそのもの。。
質問の答えを噛み砕くのに、自分のレベルの低さを知る・・・。
次元が違う・・・
そんな感じ・・・笑
それはそれで、すごい!のだけど・・・
シャープすぎて怖いくらい。笑


ニューヨークの法話会でも質問がありました。

「サマディの体験についてもっと教えてください。どういう体験ですか?」
「NO EXPERIENCE」
「・・・?」
「肉体があっての体験(エクスピリエンス)でしょ?(肉体置いていくんで。)」
「はあ・・・」



午後、ディクシャという秘法の中でマントラをいただきました。

ここでまた、私には気づきがありました。
今まで、サンスクリットのマントラは、完全なる発音でないと無意味だと聞いていたけれど・・・ヨグマタジのマントラは失礼承知で書くと、日本語訛りがあったと思う。少なくともサンスクリット語の響きが難しいことを知っている私の耳にはそう聞こえた。敢えてわかりやすく覚えやすく発音されているのかもしれないけれど・・

結局、発音云々じゃない。
何に繋がっているか。
そこに意味があったんだ!
これってとっても素敵な再確認。

同じことがヨーガのアーサナクラスでも言える。
まだこっちにきて、これだというヨーガにであっていないし、正直あまり期待もしていない。笑 インドでだって師匠に会うまではこれだ!と思わなかったし、彼以上のクラスには出会っていない・・。

アーサナクラスで最も必要なのは、指導者が大元のエネルギーに繋がっているかどうか・・・。そしてそれをシェアできるかどうか。
私が思う本当のヨーガ(俗世にいても可能なね・・)をこれからどれだけシェアしていけるかが、私の道かな。


いただいた平和のタネが花を咲かせられるように心して、貴重な出会いに感謝。
ヨグマタジーの瞳から溢れていた光を心に日常生活という修行を続けます。。。

by nu2meg | 2018-10-18 02:11 | サイキック・スピリチュアル

こころの置き所。

申し訳ないけれど、アメリカを「旧先進国」だと認識した途端に、気分がスッキリした私。

決して生活に不満があるとか、好きとか嫌いとかいうレベルではなく。
単純に、今まで見てきた場所、住んできた場所と比べると・・の問題。

インドを去る前、伝統の超生粋なアストロジーが読める友達にバースチャートを読んでもらい(西洋アストロジーの源だけど、かなり違ってた)、言われてすごく納得した私の一面のひとつ・・・
「女王のようにも、修行僧のようにも生活ができる」
なるほど・・・確かに・・・。
キャンプ生活もラグジャリーホテルも同じくらい好きだわ。


個人的にはマンハッタンのど真ん中のサービスアパートには1ヶ月しか住んでいなかったし、NYを語れる立場にはないけれど、NYCから引っ越してきた人たちの多くは、「ああ。素敵なところに引っ越せて本当に正解だったわ!」という街に住んでいる。笑 
たまたまNYやNJ以外の州、外国から引っ越してきた人には、同じような意見は聞かないけれど・・少なくともNYCの郊外に住んでいても、通勤にはとっても時間がかかるし地下鉄が信用ならないという目で見ると、サミットに住んでいる方が全然便利という思考にも直結する模様。

実際にサミット自体は街としては結構いいと思う。
NYCを歩いて、ここに住みたい!という愛着は全く抱かなかったし。
それに比べれば生活の質が良さそうなサミットは、ここなら安心かなと思えた。
「うわーこんなお家住んでみたい!」と思えるような素敵なお家もたくさんある。(けど市場になかなかでないし駅から歩ける距離にはそんなに超素敵物件は存在しないとわかった)

でも、だからといって、100%サミット地元民のようにサミット・ラブラブになれるかというと、どうかな・・・笑 


  こころをどこに置くかで、ものの見え方が違ってくる。

例えば、絶対にいいに違いないと思って購入したものが、全然ダメダメだと勝手に裏切られた気分になるし、騙された気分になるし、お金の無駄遣いだったと自分に腹も立つ。

そこには投資ももちろんあるけれど、期待があるから。

世の中の多くのものが、レビューを参考にして成り立っているから、アマゾンレビューだってかなり捏造されているらしいという現状を知ると、やっぱりねで済むけれど、知らないで100%信じちゃうと、期待は裏切られる。

でも、プロダクト自体はなにも変わってない・・
どっちから見るか。それだけの違い。

生産者が使う人の気持ち、食べる人の気持ちを考えたものは、基本的に良品質。
少なくとも伝統的な日本では、ものつくりの裏側にその心があると思う。
だから、それが無いものに出会うと、どうしても、納得できない裏切られた気持ちになる。多分、日本ではそんなのじゃ商売はやっていけないシビアさもあると思う。

この間も、ファーマーズマーケットで、買った豆とりんごが大外れ。あまりにも酷かったので、もう2度とあの店にはいかない!と思ってしまった。(凄く美味しいものにも出会えるんだけどハズレも何度もある。1度のハズレで不良店だと限定しちゃうともうあまりお店残ってないかも?笑)

商魂だけでの商いは信頼を生まない。セカンド商品をトッププライスで売りつけるなんて以ての外。でも、店側はお金になればいいのだろうし、翌週にその時には腐った野菜を持ち込んで、先週のこれダメでしたというお客もいないに違いない。

ここでは信頼とか必要ない商いが多いのかもしれない・・・(あの、高級オーガニックスーパーのホールフーズですら、古くなったパンを平気でフルプライスで売ってるし。返品した時に当たり前のように謝らずにリファウンド。商いとしては不要ね、じゃあ返金しますでいいのかもしれないけれど・・・個人的にはそういう良心にかける商売自体にがっくりしてしまう)大切なものが欠けていると感じるし、それで普通だという社会に住みたいかと聞かれれば、遠慮したいというと思う。たまたまかなーと思って何度か失敗したのでもう2度とあそこでパンは買わない。(ホールフーズは素晴らしいって盲目的な人も多いから、あえてこれは何度も言わせてもらうわ。)

こういう「目に見えないメンタリティー」を受け付けない自分がいる。
でも、それを盲目的に受け入れろというのはまた違うと思う。

イギリスには、多分感じなかった新しい部分なんだと思う。
もちろん、別のことではイギリスで受け付けない部分があったと思うけど・・・うーん、なんだろ。ちょっと内観しないとわからないけど。やっぱり日本人と英国人は島国らしくどこか似てるんだろうな・・。


さて。サミットの街が昔から地元民に愛されていて、今でもそうであるように、私みたいにその町の名前すら3ヶ月前には聞いたこともなかった街、そのものは、何も変わっていない。多分、ほんとに数十年ずーっと同じ雰囲気なんだろうと思う・・・笑


   付随する感情って結局心がどこにあるか。それだけ。

別の例を出せば、結婚も子育ても。
シンデレラストーリーの結婚イコール幸せ、ハッピー子育てのイメージが強ければ強いほど、何か違うんじゃないかと思えて、気づけば自分が不幸に思えてくる人が多い。

誰が植え付けたとも言えない「勝手な思い込み」に心が揺れる。
でも心がそれに気づかないと、思い込みなのに現実になってしまう。
どんどん不幸になってしまう。


   そこで心に振り回されないでというのがヨーガの教え。


電車が時刻表通りに走るのが普通だ・・・は、先進国としては当然よねという思い込み。
しょっちゅう故障や事故でキャンセルや遅滞・・・は、まあ旧先進国なら仕方ない 笑

まあ、よーく考えれば、いまだに車掌さんがいちいち切符切ってるところだからね・・
しかも、定期券は月初めの1ヶ月始まりでしか購入できないというところだからね・・・
そもそも先進国にカウントしているのが間違い。
遅滞キャンセルなしという日が多分、1日もないだろうと思われるサービスに・・。
(*注 私自身は引っ越してきてから一度も電車に乗ってない。笑 毎日通勤する主人よりも反応しちゃってる自分に笑ってしまうのだけど、こういうところ、本当に日本人だわーと思う。笑)


はあ。思い込みを徹底的に手放すためにアメリカにやってきたのかーぁ。

まさにヨーガの修行の一部だわ。

こころの中の思い込みに惑わされないように、まず思い込みに気づくこと。
思い込みを愛で包んで変換すること。
言葉で言うと簡単だけど。


そういえば、インドに住み始めた時に「ここでは逆らうと不幸せになるから、逆らっちゃダメよ」と言われたっけ。


やっぱり修行もその一歩先かぁ・・・笑
順を追ってる感はあるかも・・・

by nu2meg | 2018-10-12 02:01 | アメリカ

抜け毛が解消?

女性ならお産の前後で抜け毛が大量な体験をするはずで・・・
慣れちゃうと、まあこんなこともあるよね・・・ホルモン、ホルモン・・・
という、その最初のお産から、13年以上。

髪の毛を洗うたびに、ごっそりと髪の毛が抜けるというのが日常化して長かった。

いろんなシャンプーも使いました。
妙に高い怪しげな自然派シャンプーも含めて。

でも、私にはあまり効果はなく。
お湯シャンプーにもしてみた(シャンプー剤抜き)けれど、それも特に効果を感じられず。ハーブ剤刷り込む髪パックのようなアーユルベーダ商品も使ってみたり。

でも最終的に落ち着いて大好きなのは、高級アーユルベーダForest essentialの商品。
これ、日本でも買えるみたい。小さな容器の割りには高価とも言えるけれど、必要な量が少ないから、結構お得感あり。香りも使い心地も全て良し。

とは言ってもこれで抜け毛がなくなるわけでもなし。

もともと髪の毛が濃い方ではないから、このままこの勢いで抜けたらどうなるの?と思いつつも数年この調子だしまあ、いいか?とか。

そうこうしているうちに、なぜか、時折、ほぼ抜けない日がポツポツと。

なんでかなあーと思いつつ、「時折抜けない日々」&『やっぱり抜けちゃうよね」が半年以上・・・交互に続いているので、要因を考察。

ヨーガか?
うーん。それならなんで時々?
瞑想?
ヒーリング?
デトックス?
うーん。

やっぱり特定できないのだけれど、明らかに関連しているんじゃないかと思うのは、セイクラルチャクラとの関係。どうやらバランスがいい時には、抜けにくいと思われる。

多くのアーサナは、下のチャクラが中心だから、意識をそこに載せるとさらにいいんじゃないかと思う。具体的には、アーサナをしながら、セイクラルあたりのエネルギーを整える感じ。息をチャクラから吸ったり吐いたりでも。とにかく、内側にスペースを作るゆとりとリラクゼーションを意識して。

あ。セイクラルと第3の目のバランスもあるかもー。
キーワードは委ねる。広げる。
頭皮がふわーんと広がるようなリラックス感が、セイクラルのリラックスと連動してうまく行くのかも?


実際のところ、ヨーガを楽しんでいるだけで、常に意識しているわけではないから、補充が切れたら、また抜け毛モードになっているような・・・(多分、即日には移行していないというか、連動していないというか・・)ちなみに私にとってヨーガと瞑想は切り離せないし、セルフヒーリングも入れちゃうので、ますます切り離して特定は無理・・

髪の毛だから、腎臓との関わりも強いはずで。
生まれつき、腎臓は強くないと思う。
子どもたちも同じくで、ふたりとも髪の毛が濃いタイプでも無い
手足の反射区でも、明らかに3人とも腎臓は弱い。

腎臓といえば、恐怖心との関係も強い。
恐れを手放すこと。

これもヨーガのアーサナでかなり意識していることの一つ。
特に私は臀部を緊張させてしまう癖があるのだけれど、この癖の出所も、恐怖や不安。
だから、時に前屈において、意識して恐怖を手放す。恐れを手放す・・・と心の中で思いながら、無意識下で硬直状態を作っている自分に気づき、手放す・・・の繰り返し。

この間、ヨーガカウンセリンラーのトレーニングの一環で久々に、EFTをしたけれど、あれも本当に良いテクニークだなあーとしみじみ。

まず、ネガティブに直面する。
素晴らしい。
認めて、そこに良い悪いをつけないで、手放す。

いろんなテクニークがあるけれど、形だけじゃなくて、一歩深く理解すれば効果が全く違うんじゃ無いかと体感した。15年以上前にちらっと教えてもらったときは、ここまでの手応え感じなかった。でも自分の中の意識が違うだけでこんなにパワフルになれるんだとワクワクするくらい。

ちょうどその日、クラスの中に、手の骨を骨折してしまって、自分で食べ物が食べられない状態(手が上がらないから)の友人がいたのだけれど、グループワークしてみようーっとみんなで彼女のために、彼女のEFTをたった一度やったら・・・なんと彼女は、インスタントに口に手が届くようになった・・・!というエピソードもあり。

うーん。パワフル!
誰でもすぐに自分でセルフヒーリング!
最高だわー。

やっぱりこれからの時代は、誰かに依存のヒーリングじゃ無いと思う。
私はこれまで通り、ツールとしてタロットなりヒーリングなりのテクニークをシェアするつもりではいるけれど、ヨーガを通して自分に気づくそして解放して行くという、ココの部分、大切にしたいなあーと思う。


話がちょっと飛んだけれど、意識レベルでは抜け毛をなくそうという気持ちでヨーガをしているわけでも瞑想をしているわけでも無いのだけれど、副産物として、明らかに抜けない日々が増えてきた中、この先はちょっと意識して・・・白髪もストップって段階にまでいかないかなあー。笑

これぞというリンクを掴めたらまた報告します。


by nu2meg | 2018-03-13 15:26 | 日常

ネガティブな気持ちを愛でる

ふとfacebookに投稿した記事。追記つき保存版。


先日、別用もあって初めてのヨーガティーチャーの指導のもとにヨーガ体験。

ヨーガっていろいろなスタイルがあるから、全ては学びだとオープンでいたつもりだけど… 終了15分前に、グイっと捻ってポスチャー直されたと思ったら、その勢いで間髪入れずにガツンと押されてちょっと筋肉捻られた感…っていうか痛い〜!まだ反対側が残ってるから、どうにか元に戻れるんじゃないかと期待したけれど、痛みは深まる一方で・・・

背骨じゃなく筋肉がブチっという捻り。散々、筋肉の仕組みとかを色々とレクチャーして頭から入るヨーガだなあと思っていたけれど・・・・しかも、「準備ができてないのに云々」と本人が言っていたけれど・・・ぐいっといきなり捻られて、身体が全くリラックスできていない状態で押されたらどうなるか・・・ちょっと考えてよ!!!


とはいえ、スタジオオーナーのメインティーチャーに対して、さすがに堂々と文句も言えず(生徒さん多いしね) 心の内でもう2度と来ないわと思った…

もし本人に、レッスンどうだった?と聞かれたら、実はこうこうで・・・と言おうかとも思ったけれど、そんなのはどうでもいいらしく・・・訴える機会なし。泣き寝入り?わたし、通常結構言いたいことはいう方だけれど、こういう時って敢えて言わないというか、言えないというか、自分の気持ちに素直ではない・・・逆に、自分のことじゃなくて、誰かのこととか代弁ならついつい口出しちゃうんだけれど・・・


そう言えば前にも、別の先生のヨーガで身体痛めた…いわゆるパワーヨガらしいんだけど・・・たった1時間のレッスンでも簡単に身体故障できる…何時間でも疲れないレッスンと大違い💦


さて2人の共通点。
ヨーガの精神的な部分の深さよりもカタチ。

それぞれのペースと言うよりも、押し付け。

そして何よりも、内側にスペースを作ると言う時間を与えてくれないこと。


要は愛が足りない!


うすうすとそんな気持ちを抱いてたから、敵対心感じられてグキっと押されたのかもしれないけど…


心地よいヨーガ。
終わった後に疲れるんじゃなくて、エネルギーで満たされるヨーガ…


どんなインストラクションでも自分で気をつけてたら…と思ってたけど、やっぱりそう言うわけには行かず。多分、スタジオの中の気の状態にもよるのかもしれないけれど・・・

チャンティング1つにしてもカタチだけだと今一歩、身体から吸収されるエネルギー量が違う。

何が足りないって、愛が足りないんだなあ…大きな源に繋がってないんだな〜とつくづく。


でも、ここで彼女に嫌な感情を抱いても解決しないのが世の中の仕組み。(実際のところこれがネック。この感情は自分に跳ね返ってくる)かと言って ネガティブ感情を真っ向から否定して抑えるのも違う。嫌は嫌で良い。


ポジティブシンキングよ、さようなら。


そんなこんなで、今回その後に、嫌だという感情を、とことん味わいました。

あんたみたいな指導者ってあり得ないーとか、アメリカ人なら裁判沙汰だよーとか、まず温かみがないってダメでしょ?とか、こういうところ、嫌だって部分を。。

わたしはそうしないし、なりたくないーっという気持ちが出て、でも実際に、ふとした間違いで、同じことだってあるかもしれないとふと気づく・・・

だって、本当に生徒を気にしていなければ、指導しようなんてしないし。元々はきっと同じような志だって持って、スタジオオープンしたわけだし・・・


そうだ。その結果がどうであれ、良かれと思って捻って押してくれたという愛は受け止めるべき。

実は、彼女にも愛を送ることが必要なんだと気づく。


そしてそう言う流れに気づくと不思議と痛みが軽減されて行く…

痛みだけでなくて、嫌な気持ちも消えて行く。

人に感謝しないといけないという動機からでなく、自然に湧き上がってくる感謝したくなる気持ち。この感覚に気づかせてくれてありがとう


これはここのところずっと深く深く思っていた「ネガティブな感情にも愛を」という部分で、全ての感情をありのままに受け入れること・・・

私たちは基本的にどこかで「いい子」だから、ネガティブ感情を否定して育ってきているはず。

転んでも、痛くない。意地悪されても、責めちゃいけない。嫌いだと思っても、そんなこと思ってもいけない。

その、「いけない!」のバッグがパンパンに詰まってて、無理がたたって、どんどん自分が嫌いになる。どんどん、自分に自信がなくなる。

わたしの場合は、「嫉妬」とリンクしてその感情が多かったらしく、人を羨ましいと思ってはいけないというベースがあるから、あまり人を羨ましいと思ったことがない・・

・・と思っていたのだけれど、実は最近「いけない!」バックの中にたくさんの嫉妬が入っていたことに気づいたところ。もしかしたら、いろいろなシチュエーションにおいて、この嫉妬という部分がリンクしていたのかもしれない。

今回、無理矢理に嫉妬をこじつけると、自分のスタジオを持ってやりたいようにできている人ということにもなる。(自分の理想とスタイルとはちょっと違うにしても)それなら、こうあるべきじゃないとか、自分ならこうするとか、それって結局嫉妬(比較からの感情)かもしれない。

いろいろなことがクリアーになってきて、どんどん重い荷物をおろしている時期だと感じるけれど、今回の痛み、いい体験でした。

月曜に傷められ、月曜の夜は寝るのが辛いほどだったけれど、夜中にあれこれ瞑想内観およびEFTしながら手放せたら、火曜の朝には結構スッキリ。それでもヨーガはちょっと休憩かな?木曜にヨーガ教えるの無理かなと思ったけれど、結構大丈夫に。

多分。。
この感情要因にフォーカスできなかったら、まだ湿布貼って、会う人会う人に、ちょっと聞いてよーってついつい「陰口」も発していたのだろうと思う。

不調になったら、それがいくら感情的な要素なんて関係ないように見えても、そこには必ず感情とのつながりがある。そこにさえなるべく早く辿り着ければ、バランスは取り戻せる。

ポジティブ思考から、ニュートラル思考へ。
そのために、ネガティブ思考を愛おしもう!

😊


by nu2meg | 2018-03-02 00:56 | ヒーリング

ヨーガの効能

まだヨーガを本格的に始めて数ヶ月だけれど、継続は力なりな効能を感じずにいられない今日この頃。

インストラクターの勉強をする前にも週4でヨーガインスティチュート行っていたけれど、やっぱり今になって思うと、あそこのレギュラークラスでは物足りなかった。セッション自体は好きなのだけれど。レギュラークラスにはないプラスαのアドヴァンスクラスがあれば素敵だと思う。

インスティチュートの基本はどの歳でも恩恵を受けるヨーガスタイル。じっくり丁寧にすれば結構いい感じなのです。(でもそれだけの時間が1時間ではちょっと無理。自分でするときには、インスティチュートスタイルのアサナもじっくり時間かけるので効果大な感じです)去年は、ヨーガに週4で通っていたけれど、運動不足を感じて、このままじゃダメだなあと体感し、好きでもないジムに行ってみたりもしたけれど、ヨーガを本格的に始めてからは、もうこれで運動も十分と感じるレベルで適度に筋肉も使っている感じ。一人でマンションのヨーガルームに1時間以上こもってたりもするけれど、もう逆側のジムには足を踏み入れてません・・・

そうそう、去年はインドに来て一気に日常的に歩かなくなって、運動不足から足がダルい・・・やばい、おばさん並みだーとか思ったもんね・・45歳にふさわしい体調だったかもしれないけれど・・・ヨーガでそれも一気に解消。肩こりもほぼないし、おかげで枕の位置が変わったらしく、適切な枕がどれなのかわからない・・・。

当初は全く不可能だった、ウストラナーサン、らくだのポーズとかもできるようになって、かなり「できないアサナ」の中に可能性を見つけて、広げていく・・・という理想的な上達も。制限があること、その中に可能性を見つけることがヨーガの醍醐味っという感じ。相変わらず、まだまだ身体は理想の10代の頃の柔軟さとはほど遠いけど・・ブリッジなんて人生で初めてトライしたけれど(娘たちは普通に学校でやってたけど、私たちが子どもの頃は?なかった)足の位置や手の位置がきちんとしていれば、なんとかできたりするものなのね・・・(もちろん、改善の余地はたっぷりだけれど、全くできないと思い込んでたから、自分でびっくり。インド人に至っては、でんぐり返しだって子ども時代の必須じゃないらしく、この歳で初めてでんぐりがえりーみたいな世界・・・)

話がそれだけれど、いつぞや、インスティチュートでワークショップを取った時に、「ヨーガは毎日してなんぼです。週4回では、ヨーガをやっているとは言えません・・・」みたいなことを聞いて、『ひえー。毎日?』と思ったけれど・・・今じゃその言葉がよくわかる。

だいたい、日本やイギリスに住んでいて、私毎日ヨーガに通ってますなんて人に出会ったことないし、通常クラスって週1とか?週3でヨーガとかも聞いたことないかも・・・なのだけれど、インドでは普通に個人レッスンも週3とかで行われている。(グループレッスンの方が少ないかも?友達のヨーガインストラクターのほとんどは、プライベートレッスンで生活してます・・・)

今後、どこかでヨーガクラスをやっていくことになると思うけれど、リーゾナブルな月額決めて、1ヶ月毎日来ても大丈夫なスタイルで、ほぼ毎日参加を勧めたいと切に思うってしまうほど、ヨーガが日常の一部となった私。

そして気づいたこと。

とにかく、地に足がついた感が大きい。
朝起きての第一歩が違うというか・・・笑
今まで浮いてたのか?と思うくらい。

そして、すっかり日常になってしまったので、旅行などでスペースが探せずにできなかったりすると身体が反応する・・とにかくシャキッとしない。

基本的には朝起きてのんびりとスーリアナマスカール(太陽礼拝)は欠かせず。寝る前もゆったりスーリアナマスカール。中間に時間があればあれやこれややっているけれど、個人的にはこのスーリアナマスカールをゆったりとヴィジュアライゼーションしながらするというのにはまっている感じ。あとは弱みであるエリアを広げること?

注)基本的に、スーリアナマスカールはかなりスピーディーに一呼吸ずつで一連の流れを追った動きを示すのだけれど、私はどうもそれは苦手というか、気持ち良いレベルに達しないので、ゆったりペースでエネルギーチャージしてます。

数日しないと体が不調を感じる。
今まで習慣でもなかったのに、不調まで行くか?という感じなのだけれど、それだけヨーガで気を流しているから、流れないことが身体にとっては不快らしい。身体がとっても繊細になってきているともいうのかな。

それは腰痛っぽさで現れたり、なんとない重さだったりして、ヨーガをするにはちょっと億劫なイメージすらある体調だったりするのだけれど、そこで体を休めるのではなくて「できるだけでいいや」とヨーガをすると、あれあれスッキリ・・・という感じ。

偶然かなと思ったけれど、数回体験してみてやっぱりヨーガで復活できるとわかったので、これはしめたという感じ。

なんで今までやってこなかったんだ??と思うくらい。
人生で数回、ヨガには出会ってるんだけれど、ハマるまで行かなかったもんね・・・やっぱり出会った先生が良かったんだと思う・・・

ここまでくると本当によーくわかる。
毎日するからこそ意味があるという意味が。

しかも、やらなきゃじゃなくて、
気持ちいいからする。
シンプルないい習慣。
朝の時間にそのゆとりが欲しくって、毎朝5時起きだけれど・・・

伸ばす。
力を抜く。
リラックスする。
背骨を意識する。
さらに伸ばす。
ぐんぐんと内側にスペースができてくる。
心地よさを大切にしてさらに伸ばす。
内側に流れるエネルギーを感じる。
呼吸とエネルギーのシンクロを楽しむ。
・・・

エネルギーの循環を呼吸に合わせてイメージしたり、ヨーガとヴィジュアライゼーションが融合して、とっても瞑想的なゆったりヨーガ。自分の中でもどんどん進化しながら、教えてます。(と言ってもまだ2ヶ月弱で、ほとんどは、学校でやってるボランティアのクラスだけれどね。たまにお仕事として個人レッスンもしつつ。)

最近はネットで見つけたいろんなヨーガの先生のクラス(基本的に西洋で行なわれているヨーガ)を見たりもしてみるけれど、やっぱり私に必須なのは、「力を抜く」というシンプルなアクションだと確信。

いろいろインフォーマティブで、経験のある先生でも、生徒に「力を抜く」という時間を与えてないクラスは非常にもったいない・・・どんなに瞑想的な要素が入っていたとしても、その部分があるないで全くエネルギーが違ってくるし、生徒のエネルギーもサバイバルエネルギー化していて見てて苦しい。

もう一つ気付いたのは、インストラクター自らがやっている場合は気持ちよさそうでも、生徒に教えている時には、生徒が辛そうに見える場合があること。多分、一言の声かけが生徒の中のスペースを広げる一言になるのだろうけれど・・・それが足りないと、非常に残念。あえて柔軟でないところからのスタートってその点でもメリットを感じる。

偉そうに言える立場じゃないけれど、ネット配信利用ってこの時代を最大限に生かしたヨーガの練習法だわーっと思いつつ。(もう直ぐまた毎日のレッスンが始まるからこんなに時間取れないと思うけれど、とりあえず数ヶ月は受講料払いつついろんなスタイルに触れてみたい。)

内側からエネルギーが満ち溢れてくるようなセッション。
実はそういうレッスンにはほとんど出会いっていないけれど・・・ああ、この先生のこういう部分はいいなあというところはとっても参考になる。ヴィジュアライゼーション的なことも、やっぱり東洋よりも西洋文化なので、取り入れている先生もいてインドのヨーガとの差を大きく感じるし。(良い悪い抜きで)

兎にも角にも、ヨーガはとことん自分の内側に入る作業。
一人でやっているのと、教えるのではやっぱり違うのだけれど、(教えながらついつい自分の世界に入っちゃうし。笑)グループレッスンならグループレッスンの良さを生かして、エネルギーを整えていくことが楽しい。

ちょっとした時に思い出して、隙間時間にやりたくなるようなシンプルなヨーガ。
自分で体調を整えるツールとしてのヨーガ。
半年前までこんなにハマると思っていなかった世界なのだけれど・・・人生はこれだから面白いと思うし、これからどう展開していくのか楽しみ。

by nu2meg | 2017-10-26 00:53 | ヨーガ

無理すると・・・

4月から毎日1日1−2時間はアーサナという生活をしていて身体をある程度伸ばさないと気分がスッキリしないわーという状態になっているのだけれど・・・

あれは1ヶ月コースが始まったばかりの時。
なんとなく、ちょっと勢いつけちゃってビッとお尻の筋を痛めた?ということがあってから、前屈は非常に苦手になっている。

ヨーガも怪我の元になる時・・というのがあって、そのひとつが動きが雑な時。(丁寧にゆっくり伸ばしてると怪我はしない)しょっぱなから、なるほどなことを学んだなあーと思っていたのだけれど、1週間ほど前に、ローレンスと一緒に彼のヨーガの先生のレッスンを一緒に受けて(2人目。1人目は非常につまらなくただの筋トレだったから、2人目はどうかなと思って興味から・・)さらに身体を痛めた。

4ヶ月ほどどんなにレッスンしても筋肉痛とは遠かったのに、その先生、プッシュプッシュなパワーヨーガというやつだから、フン、効果はいかほどか?と意地になってついてったら、1時間のレッスンだったけど、翌日から超筋肉痛に!苦笑

久々に、気持ちよくないヨーガをさせられて、ああ〜、本当に世の中のヨーガの先生がほぼこんなものをヨーガと呼んでいるのは冒涜だ!なあんて、ちょっと憤慨しつつ嫌な気持ちでいたから(笑)私の感情こそが元凶と言えるかもしれないのだけれど・・・

いやほんと、あれをヨーガと思ってもらったら困る!
インド政府が資格制度を設けてクラシカルなヨーガ理論をちゃんと叩き込んで欲しいと思っているのが痛いほどよくわかった・・・(インドで学ぶからといって、全てがクラシカルではないし、逆にヨーガの真髄を通している流派がいくらあるのか??)

話を戻すと、筋肉痛でひやあー参ったと思っていた私、息子のお休み前の本を読むのにビーンバッグに無造作に座って、それが非常に非常に身体に負荷がかかる形で座っていたようで・・・多分、それが原因でなんだか右側の足の付け根のあたりの筋が変な風に・・・とにかく違和感と前屈による痛みなのだけれど(せっかくほぼ回復してたのにー)とにかくその時は気づかなくて、夜寝る前にいつものようにスーリアナマスカールでスッキリしようと思ったら(朝も、寝る前も、スッキリしたい時はこれ)いやー。痛い!

*筋肉痛でなかったら、体がちゃんとアジャストしてたはず・・自分の体のちゃんとした感覚をなくしたということが問題。

ヨーガの先生にとにかくリラックスしながら血流を良くすべく広げるのが一番とアドバイスされて、そうしているうちに緩んできたのだけれど、この痛みはなぜかポツポツ移動中。たいした痛みではなく、自分が繊細に感じているから余計にだとは思うのだけれど、なんだかここに来てイヤーな感じを覚え、ひしひしと思った。

 もう二度と意地になって、自分に合わないヨーガもどきになんか時間費やさない!

だいたい、自分と向き合う・自分の限界に触れることはヨーガだけれど、自分と戦うのはヨーガじゃない。グループレッスンなら、それがコンペティションや他人との比較での他者との戦いにもなりがちだけれど、本当のヨーガはそういうものではない。

気持ちいい・・・がないヨーガなんて。

しかし、先生ひどかった。
スーリアナマスカール(太陽礼拝)を超高速スピードで・・・といって、全然ポジションごとの型を気にしない。あまりにも酷かったので、「このスピードは無理でしょ?何の意味があるの?ちょっとあなたがこのスピードでどこまでできるのか、やって見せてよ。」と挑発的発言をした私。(さすがでしょ・・・笑)

そのスーリアナマスカールの散々だったこと・・・全くアーサナを習得していない人だとよーくわかった。何一つピシッと決まってない。身体の線も動きも全て。

思わず、「そんなスタイルでアーサナもきちんとできてなくって、ただ早くする意味ってどこにあるのか、私には全然理解できません。」と一言言ってやったけど・・・(彼は私の綺麗なアーサナを見て負けたと思っていたはず。笑)

スーリアナマスカールが綺麗だと、本当に見てても気持ちいい。
エネルギーの流れと、体のしなやかさにうっとりしてしまう。

もし自分がヨーガの先生を選ぶことができるなら、面接でやってもらうなあ。笑(超上から目線)

おっと。クラシカルヨーガ的にはこれも間違った感情。
人の批判なんて・・・ね。
でも、ヨーガにハマればハマるほど、やっぱり伝えていくべきヨーガのスタイルというのがあると思うし、これだけは外せない!

  気持ち良くなければただのエクササイズ。
  イタ気持ちいいとかじゃなくて、気持ちいい。
  毎日しなきゃじゃなくて、毎日したくなるヨーガ。

改めて、自分が追求しているところがはっきりするために、移動し続けるへんちくりんな痛みを体感中です・・・。


by nu2meg | 2017-08-23 01:04 | ヨーガ

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る