人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

イギリス🇬🇧へ帰って来た!そしてNTL取得。

なぜかパソコンから投稿が不可能になり、放置してましたが、この秋にイギリスに戻ってきました!

実に約10年ぶり。
でも東京時代から、イギリスの田舎に帰ろうよという話をしていたから、気分的にはようやく。という感じ。

アメリカに住み着く事になったら…という恐怖から逃れられた感もあるかな?笑

イギリス英語心地いいわ!


いっぱい色んな事があったけれど、1番大きかったのは、ヴィザ…というか永住権。

結婚して4年過ぎて永住権を取っていたのだけれど、2年以上離れてはならないという但し書きがあるのです。

一時帰国のたびに、スタンプは永住権保持者用の物でないといけなかったらしいのだけれど…

でも。
だいたい、イギリスに来るときはローレンスが先にレンタカーカウンター直行という時短入国していたから、普通に日本に住んでます〜旅行です〜とツーリストビザで入国…してしまっていて…

ある時入管で言われたのです。それも3-4年前だけれど、将来的に戻って来る予定なら、このスタンプじゃダメよと。。ローレンスが一緒だったという事でそういう流れになったのだけど…

その後は、そんな話じゃないわよ。
2年に一回帰るとかじゃなく、住んでないと-と永住権は失効してると言われたり。

だから、今回最終的に戻る!と決めた時、ビザを取り直す道。永住権再取得の道、いろいろ考えました。

でもそれって普通に50万円以上かかるコース…(法律事務所通さずでも) 22年前にフィアンセヴィザ取ったときは450ポンドでそれでも高いと思ったけど。

最終的に、アメリカからイギリスの移民ビザ専門の法律家電話コンサルティングをお願い。

2年に1回帰ってきてれば大丈夫と
言われる…

しかも

6月に3泊だけ1人で別用入国した時、入管システムがオートメーション化されてて、もはや入管スタッフと会話もいらない、スタンプも不要な状態に!

普通に日本人なら入れちゃいます。
怖い質問いや尋問が無い!

夏休みを日本で過ごし数日アメリカに戻って最終手続き済ませて、イギリスに来るのも、万が一の事を考えてローレンスもわざわざイギリスから戻ってっきてもらって一緒に入国。(小さな子どもはオートメーションゲート使えないから、息子に付き合うため)

無事入国!

でも1月程していざちゃんと永住権の件をクリアにしようと同じ法律事務所に電話したら…
そのスタンプなら事情が違う!

と言われて…
ええええ〜

でも50-50のチャンスというNTL no time limit を申請する事に。しかも半年待ちの通常コースでなく、24ワーキングアワーのエクスプレスサービスで、法律事務所を通して。

お金で買う感満載ながら。
ところがこの法律事務所、ローレンスは辞めとこうと言った微妙なインド人事務所。

もう一方は電話のコンサルすら数倍の値段だし、高い…んだけど、私が何となくタロットで2つを見たら… ここはやめといたほうがいい!

インド人の方が上手くいくと…
出てしまったのです。

私が自分のカードを裏切ることはできないので、選んだものの... カバーレターもローレンスが駄目押しで書き直しさせてという悲惨な感じで。

ギャンブル感アリアリ。

木曜に電話して、週末かけて提出資料を揃えて(でも海外引越し3回もしてるから、15年前イギリスに住んでた証拠って難し過ぎで。。)

火曜に書類提出&バイオメトリック(まるでマイナンバー的なIDで仕事するには必要)の予約を取って(これもスペシャルサービスの場所がたまたま近所にあったので、わざわざ遠出せずにお金で近い方を購入)

水曜日、おめでとうの結果にほっとしました。
後日届いたバイオメトリックの住民カードに永住権NTLの記述あり。

住民カード自体は5年有効という感じで日本の免許証みたいだけど。

めでたしめでたし。

結婚してこどもいても、永住権却下とか本当にありえない話もいっぱいあるし、まず22年前の入国拒否歴があるから、ビザだけはほーんとに気がかりだったのです。

今回はEU離脱前で入管も忙しかっただろうし、ラッキーだったかもと…あのカードの並び見てしまってたら…(まさに過去のハートブレイクが蘇って。。云々)

それにしてもインド人縁あるわ〜
聞けば彼らもムンバイ出身。
なにはともあれ、久しぶりのイギリス。

日本のあとすぐなら、こんなにイギリスいいなとか思わなかったかなとも思うけど(笑)
インドとアメリカ経由したら、本当にいい国だ。(しかも為替レート的にポンド弱いから、昔より何かと安く感じる…)アメリカ高かったから余計かな?





by nu2meg | 2019-10-16 04:53

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る