人気ブログランキング |

カテゴリ:yogmataji( 3 )

アヴィラティ

その後。


6)アヴィラティ अविरती

感覚的な快楽の中毒、欲望


ああーここにはまってた!と気づく。どう変わってくかなとか、知りたい知りたいという気持ちが、欲望と化してたのねー。方法に囚われたりしないでくださいーってところだー!

なんだか、すごいなあー。

本当に全てがお見通しというか・・・。ヨーガの世界はすごい!さすがだわ。囚われずに、波長を合わせることに意識をかたむけよう・・・




by nu2meg | 2019-03-25 10:18 | yogmataji

サマディについて

ヨグマタジのブレッシングをいただいて、至福(blissful)な状態を体験してその後、クンダリーニが明らかに活性化されている。

数年前にも少しこんな感覚があったけれど、明らかにクンダリーニ。
呼吸法がクンダリーニとどう関わっているのかが「なるほど」と感じられる。
ヨグマタジの導きで、勝手な呼吸法で刺激することなく、とりあえず日常の中でゆっくりと日常的なものにしていければなと思っているので、意識を向けない限りは至福とクンダリーニエネルギーのエクスタシーな感覚にとっぷり触れることも敢えてしていないのだけれど(笑)

さあどうなるかなと、展開を楽しみにしつつ、クンダリーニヨーガが求めた部分をなるほどと思ってみたり。笑(一回しかレッスン出てなくて、私にはいいやと思ってしまったのでそう多く語れないけど)

プラナヤーマ(呼吸法)は本当に勝手なことをすると危険であると言われていて、インスティチュートの集中講義をうけていた生徒でも、やりすぎて危険な状態になった人が過去にいたと聞いた。

私はプラナヤーマよりもエネルギーに直接コネクトする方がエネルギー吸収早いやと感じちゃっていたので、真剣にプラナヤーマを練習していないのだけれど、ガツンガツンに練習して火の呼吸とかしなくても、エネルギーがもうすでにそこにある場合は軽くで濃縮されたエネルギーが上昇するのが体感できる。


米国に来てすごく実感しているのは、西洋人がヨーガを言語化したことでヨーガが広がったんだという現実。東洋人は見て学ぶ。言葉にしないで自分の体験として学ぶという姿勢で伝統的な技を受け継いできたけれど、西洋人はそれを全て言語化することで技を広めていく性質を持っている。

言語化する段階で間違って伝えられることもあるだろうし、自分が体験していないのにそうあるだろうと伝えてしまうこともできるから良し悪しではあるけれど、どちらの要素も持ち合わせる日本人でいてよかったなとも思う。

日本人の私たちももう西洋的な学び方に慣れてしまっているので、意味がわかることは大きな意味を持つし、それが故にそこに固執してしまうこともあるけれど・・・


ちょっと懐かしくなって、ヨーガスートラのアンタラーヤについて学んだ部分を読み返してみた。(このブログに書いたものがあったので)

チッタ・ヴィクペシェパス(アンタラーヤ)

ヨーガの道を進む上級者が面する足を引っ張る9つの心の状態。

1)ビャーディー ब्याधी

病気;病気になると、集中もできない。食事の内容・量・食事中の態度に気をつけないといけない。

2)スティヤーン सत्यान

わかってるけどできない!知識と行動が伴わない。

3)サムシャー समस्या

疑い:これでいいのかと迷って正しい決断ができない。

4)プラマーダ प्रमाद

物質的な快楽に溺れてわれを忘れる。

5)アラーシャ अलस्या

タマス(鈍性)のエネルギーが強く、面倒臭くなる。

6)アヴィラティ अविरती

感覚的な快楽の中毒、欲望。

7)ブランティーダルシャン भ्रांति धर्शन

特にヨーガの過程で超能力を得ることによって、もう十分に到達すべきところまで来たと勘違いしてしまうこと。

8)アブラダブミカトゥワ अलब्धा भूमिकतवा

もうここまで来たから、最終段階に届いたのだろうと勘違いし、最後の一歩を踏み出せないこと。

9)アンナワスティタトゥワニ अनावस्थी तत्वनि

到達したのにも関わらず、その状態を維持できないでいること。サマディーをも目的で無くなることで本物のサマディに到達する。


これを習った時、そのままサンスクリット覚えなさいと言われて、この最後の3つがあまりにも舌を噛みそうな響きでひょえーっという状態ながら、このノートを見なくても覚えていたのが最後の3つ。しかも意味合いも一番気になっていたこの3つ。だって、そこからがえらい長いプロセスに感じられたから・・・。

ブリスフルな状態を体験してみて、ヨグマタジに導いてもらえば、サマディを今世で体験することも本当にありえるのだと思ったのだけれど、アヴィラティってクンダリーニなエネルギーに伴う?きっとそうだよねー。

そしてその後訪れるだろう、ブランティーダルシャン。

世の中の「私は誰それの生まれ変わりである」という多くのグルやスピリチュアルマスターはここにいる??
うーん。なんとなく黒いエネルギーなサイキックな人々はここ止まりだろうな・・・

ライトワーカー的な軽さがあれば、アブラダブミカトゥワまでは行っているのかな?

体験談なしにはこれはもう段階を区切るのも難しいけれど、ブリスな状態からまだまだ深い修行が始まるということはよくわかる。


自分は全て知っていると思ってしまったら、やっぱり人って誰かに教えてもらおうともしないものだし、どんどん自分が一番わかっていると固執してしまうんだなというのは、ヨーガのインストラクターにも言えることだと思う。

まだまだ学ぶことがあるという姿勢は、最後まで持ち続けたい。


サマディーにも段階があって、最も最高レベルに達した人だけが、体験として自分の歩んできた道の道しるべを示すことができる。

サマディ自体は体験ですらない(こころがないので、体験というレベルではない)とおっしゃるのだから、そのレベルに達するってもう本当にミラクル。

オープンに道しるべを示してくださるヨグマタジに感謝。

私のイメージでは、その道しるべって、光の柱のエレベーターみたいなもの。
心という重さ、カルマの重さを取り除くことができたら、ふわっと上に上がっていける。
そのスピードはそれぞれ違うけど、平等に与えられたチャンス。

いつかサマディレベルまで上昇してみたい。
多分、可能だと思う。
わくわくするなあー。


by nu2meg | 2019-03-23 12:07 | yogmataji

ヨグマタジ リトリート Yogmataji retreat in NYC 

* I just shared with my friends through Facebook


Pouring tears as my soul shaken with compassion and love. (*Nothing from me or towards me personally - which is even more bizarre)

I did not know that tears are for love, joy and happiness, not for sorrow, anger or frustration.

What a profound realisation!

Absolutely amazing, beautiful, caring, blissful weekend retreat with Himalayan samadhi yogi, shidda master, Yogmataji.

So grateful that I met yoga.
Because Yogmata had achieved state of samadhi, I felt I have to meet her.. even in practical level I thought I could not, but my heart said go for it.

I am so glad I follow my heart and so grateful my husband supported me.

What a break through...
I now live in a completely different state of mind.

Filled with peace and love...

感動の涙ぼろぼろ。

もう悲しみや怒りや葛藤の涙はいらない。

コンパッション(見返りのない完全なる愛)に魂が震えて嗚咽しそうなほど溢れ上がる感動で嬉し泣き。

頭で考えると無理だと思ったけど、参加すべきだという心の声に従って思い切って参加させて貰った、サマディヨギ、シッダーマスターであるヨグマタジのニューヨークで初めての3日間リトリート。

本当にラッキーで本当に素晴らしかった!

インドでヨーガとの出会いが無ければ、サマディにも、ヨグマタジにもきっと惹かれなかった。ヨーガの神髄を追究されたヨグマタジは凄すぎる。でもとってもお茶目で素敵なのです。

心のあり方が違うと日常が違って見える。本当に全てがありがたいし、全て大丈夫。ヨーガの教えって本当に深い〜

気づきと共に、今まで何エネルギー無駄にやってたの〜と思って更に泣けたのだけど人生それぞれの段階でコツコツ準備してきたんだな〜。そうそう。いろいろ起爆剤だった娘の悪態が無ければ学びも浅かったと思う。さすがはポピーだわ良い役目引き受けてくれてた!心から感謝するし愛おしい。

飛び級並みにポンとマインドの罠から抜けられたのはヨグマタジの愛の深さゆえ。一生懸命に自分(エゴマインド)でどうにかしようともしてたんだな〜いろんな気づきがどんどん出てきそう。

全てに感謝。

ーーーーーーーーーーー

ヒマラヤ聖者の超シンプルなさとり方

新品価格
¥1,512から
(2019/3/20 02:04時点)


フェイスブックの友達は田舎の友達、大学の友達、船の友達、ロンドンの友達、東京の友達、ムンバイの友達・・・と、基本的にリアル友達なので(笑)そろそろミチコがやばくなっていると思われても・・という気持ちもあり当たり障りなく書いたつもりなのだけれど(笑:もちろんみんな、私が怪しいことは知ってますが・・・)まだまだ湧き上がってくるので、こちらでもシェアしておきます。


ほんーっとに。

マインドの殻がパリパリと剥がれ落ちて溶けていった感覚。それはもう、真実に触れたら一瞬の出来事でした・・・笑

さあー準備はいいですか?と言わんばかりに。

生きている中で最も大切なのが何かということを一気に体感して、こみ上げてくる愛にさらに愛が注がれて、オーバーフロー状態。


魂が感動した時に、感情がないけれど涙が出るという時が時折あるけれど、こんなにいっぱいいっぱい泣いたのは初めて・・・かと思ってました。


が・・・数日後に思い出しました。

大学で授業を受けていて、ほんとうにほんとうにさりげない言葉によって、ボロボロと涙が出てきて(その時は「私ってこんなにちっぽけじゃいけない!」って感情も伴っていたのだけれど)その気持ちを教務課の人に泣く泣く伝えて、「休学させてください」と訴えた時。


20歳の私。自分の人生を切り拓くと言う一歩違う人生へ歩み始めた私。

まさに、人生の岐路でした。


今回はもっと大きいなあー!

岐路というか、生まれ変わった気分。


数時間前まであった不安が心にはもうなくて。

完全なるFAITHしかない。


私にとっての今までのFAITHは、タロットとの関係なので、それ自体はわかる。

「本当に、ミラクルとも言える、素晴らしさがあるから、瞬時も疑わない・・・というか疑いの感情を持ちようがない。」私が扱うタロットにエゴが入らないのは、この絶対的なる信用から。なんどもなんども目の前に繰り広げられる完璧な展開と完璧なアドバイスを仲介していると、まるで他人事のようにすごいんですというしかない。


でもそうはいっても、タロットはマインドの世界。

ヨグマタジは、マインドのない世界。笑


最近、マインドフルネスがすごく流行っているけれど、ヨグマタジのは、マインドオフ。笑

もちろん、一旦マインドフルになって、内側のシステムに気づくことは、マインドoff状態を導くためにも通る道なのかもしれないけれど・・・一歩先。

アーサナも努力してそのポスチャーにたどり着いて、エフォートレス。努力をやめる。そうすることでようやく、エネルギーが循環する。

わかるわかる!


ヨグマタジを通せば、段階ステップすら3段跳びとか、5段跳びとかで越えていけてしまう・・・ということを、体験しました。(ちなみに、コースインミラクルもすごく考えは似ています。ユニバースは自分の内側だし、全てはマインドの世界だし。宗教と違って教祖はいないけど、到達したと信じているマスターは何人かいて、ここで問題はのは彼らが決して完全にエゴを捨て切れているとは言えないかもしれないこと・・・私はDIY派なのでマスターいないくらいがちょうどと思っていましたが、真のマスターの存在は大きい!この人生で輪廻を修了できると真剣に思えるくらいだから。笑)


さて。ニューヨークでの初開催ということで、ヨグマタジの恩寵を少人数で受けられたことはもう奇跡的というしかなく。。たまたま日本から来ていて同じホテルだったのでお話を聞きに・・といった方も大感激していらっしゃいました。


そして本当に、理屈が云々とかでなく、なんだかいろんなことがわかってしまった気分。



例えば・・・このブログにたどり着いた方は、きっと、実際はどうなんだろうなと思っていらっしゃると思うので、私自身がマインドで引っかかった部分を記しておきます。


参加するにあたって、もっとも人が「引く」部分の一つとして、参加費用というのがあると思うのだけれど、今回、私も最初にリトリート費用を見た時は、条件反射的に「無理」と頭が言いました。笑 

素敵なヨーガスタジオのオーナーと出会って、とりあえずレギュラーの空きもないので、サブでとヨーガを教えるようになったところなのだけれど、参加費用に達するほど稼ぐにはどれだけ時間がかかることか・・


ちょうど、主人が教育費とか考えたらもうちょっと節約しないとだねえーなんて言い始めたところだし。

頼めない〜。っていうか、頼んでも一蹴されるな・・・というのが第一感想。

なので、すぐに主人には言わずにいました。


でも、内側に湧き上がる思いは、「私のマインドの在り方じゃない?」ということで、そうだ!サブコンシャスレベルで、「不可能ではない」ということにしよう!と。笑

そして主人が受け入れてくれる可能性にフォーカスすることに。(内緒の作戦:苦笑)


数日後、私の気持ちの中に「可能性」が大きく感じられて、聞きました。

「実はこうこうで・・・・でもお金もかかるし、こどもの世話もあるから、わたしの独断では行けないし、結婚20周年記念のお祝いでもいいや!(結局忙しくてちゃんとできなかったから)そんな気持ちで、行かせてくれない?」と。


彼は「それはそんな簡単にどうぞっていえる金額じゃないけど、本当に行きたい。そしてそれだけの価値があると言い切れるんだったら、みちこのチョイスだよと。」(しめしめ!)


でもそこで即決はせず。自分の中では心が行くべきだって本当に大きく叫ぶまで待ってもいいかなという気持ちくらいで数週間。


彼はもう私が行くのをやめたと思っていたらしいけれど、子どもの世話の段取りもあったから話し出すと、「まじでいくの?」とちょっと驚いてた(私はそれくらい普段、高価なものを買ってもらったりすることはしないお金のかからない妻。笑)・・・けれど、自分の用事もあるからとそれは引かず(もちろんハーフマラソンという予定)。朝出かけるのが早いから、土日にかけて下の子をお泊まりで預かってくれる友人を探さないといけません。


きて数ヶ月だし、ここではお泊まりしやっことかしてないので、うーんと唸ったけれど・・・引き受けてもらえる段取りも整いました。ちょうどバリのグリーンスクールに入学する予定で払い込んでいたお金も返金してもらおうかという話をしていたので(娘が高校生からなら、違う気がするというので)それもさっさと手放して、その分こっちに回しましょうーと気分的にも清算して。


振り込んで見ると、実際には数字だけ。

実行ボタン一つの話で、現実の生活になにも影響はない。


このお金は誰の私欲のために使われることもなく、世界平和を広げようというヨグマタジの活動費のため、および、これも想像だけれど、運営費を超過したものはインドのチャリティーおよび社会奉仕に還元されていると思う。アパリグラハ(自分で抱え込まない)を実践されていると思う。


インドの有名なグルとか、宗教団体のトップとかは自分の周りを金キラ金で固めている人も多くてゾッとする(笑)私立の学校も、明星学園みたいに校長室がもっとも古くって主人公の子どもの環境を整えることに財源とエネルギーを注いでいる学校は、そんなに多くないだろうけど、本質が素晴らしければ飾る必要はないなと思う。


インドのヨーガの修行者サドゥたちが、スピリチュアルな頂点を目指して修行の道を選ぶ時、着の身着のままでほぼ何も持たず、家族すら捨てて、物欲に囚われていませんというシンボリックな誓いとアパリグラハをコミットメントをするように喜捨。多すぎも少なすぎもせず、すこーし考えちゃうな・・・どうしようかな?という金額に設定されているのかもなあーと思いました。(まあ、中にはあらお安いのねという方もいらっしゃるだろうけれど、そういう方は更なる寄付をされた方が真剣になれるのかもしれない。)


ここからマインドを外す修行をします。という誓いなんだろうな。

だって本当に現実はそうそう変わらない・・・

よく破産したからといって死んじゃうわけじゃないというように、破産しても、もちろん部屋は小さくなって食べ物も質素になるかもしれないけれど、生きていく分にはなんとかなる・・・。トランプ氏なんて破産してもゴージャスな生活続けていた雰囲気だし。笑


実際に、行ってみると同じだけお金をかけて旅行に行くよりも何をするよりも、価値があったと思える。でも、もうその価値が云々とかいうレベルにもいないというか・・・お金で買えないものだったというか・・・。ここにはもう俗世のジャッジメントが当てはまらない。


よく、エネルギーワークはエネルギー交換だからと言って、セミナーや施術料金をチャージするというけれど、ヨグマタジの場合はエネルギー交換ですらない・・・。

ヨグマタジが母なる愛で献身的に愛を注いでくださっている感じで、お返しできるものはない。(ご本人が私欲のためにそのお金を使わないからだと思うけど、カルマがないというのは本当に素晴らしい)できることといえば、どんどん愛のタネを蒔いて行ってくださいねということだけれど、それもヨグマタジが直接恩恵をうけることではなくて、世界平和をひろめたいという愛の思いだけ。

広めてというと、宗教勧誘みたいなニュアンスがうまれて、これまた引いてしまうポイントだと思うけれど、ここもまたなんだか違う・・・。ヨグマタジにつながる人が広がれば広がるほど、御本人はひっぱりだこで忙しくなるだけだし、最近有名になってきちゃったので、気軽にお茶飲みにも行けないのよねーなんておっしゃっていた。笑


愛をもって日常を送ることで、世界平和で恩恵を受けるのは、まだ身体に執着している生身の私たちの方であって、身体を超越していらっしゃるヨグマタジには、もはや直接的な影響もない。それでも、世界平和を呼び寄せることができるのは、このお互いを愛のエネルギーでもって尊重し合うことでしかない・・・そういう人を増やしていかなければという神の意志があることに、さらに気づいて感動してしまう。


311の後特に、その背後でお金を儲けて恩恵を受けているのは誰?

どこにその情報の意図することがあって、誰がどういう関係で抑圧されているのか・・・なんてナナメに世の中を観察することが多かったけれど、その視点から見た時に、ヨグマタジの背景には世界平和しかない。澄み渡るヒマラヤの空しかない!(他の聖者たちも一緒になってエネルギーを注いでくださっているのを感じる)


神と一体化された超人だからの言葉通りの神業に触れて、本当に魂が揺さぶられた3日間でした。

リトリート終わってからじわじわ来ますよーと聞いているので、これからの変容も楽しみ。スタート時に次回の予定は未定ということでしたが、プログラム終了時には、「6月また来ますー。今予約してきました。」と仰っていたので、またお会いできるはず!(いったん繋がると遠隔でも充分に素晴らしいのだけど)


朝目覚めて、生かされていること、愛を注がれていることに感謝の気持ちでいっぱいになりながら、1日をスタートする・・・波動が高くって、慣れるまでにはもうちょっと涙がボロボロ出てしまう日々が続きそうです。笑


ひとりでも多くの人の魂に、ヨグマタジを通しての神の恩恵が届きますように祈りつつ。


by nu2meg | 2019-03-20 01:57 | yogmataji

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る