カテゴリ:日常( 398 )

911サービス 一酸化炭素漏れ

なんと3週間前から、ヒーターの循環が悪くってマスターベッドルームと娘の部屋と下の階のヒーティングがほぼ効いていない様子。

もちろん3週間前から、大家さんにどうにかしてくださいと連絡して、彼もそれなりに連絡してくれたものの、点検に来るまでに1週間。しかも初回はヨーガも休んで待機していたのに時間になっても時間を過ぎても来ずじまい。

イギリスでもこういうのあったし、インドでもあったし、もうまたですかくらいなんだけれど、最終的には「ファミリーイマージェンシーでしたすみません」という事だったらしい。日本じゃあ考えられないけれど、外国ではこういうの、よくある話だと思う。

気を取り直して点検に来た。
暖房システムのフィルターが交換できてないからこれです。

と言い切って、交換するも・・・もちろん、それではなく。

じゃあ、内部のディープクリーニングが必要だと。
大家に連絡しておくから、彼が私たちを使うなら・・といって、帰っていった。

でも音沙汰なし。
数日経って、大家に連絡してみたら、「先日は来た??え?まだ解決してないの?」

もちろん業者は連絡を入れてなかったらしく。
私たちは待てと言われて待っていて・・・。
そして業者に連絡するも、結局ずーっと連絡が取れないという。

そのまま3週間経ったというわけ。
それで、しびれを切らして他の会社だってクリーニングしているんだから、他に頼めば良いでしょ?とプッシュしたら、2日後にはクリーニングの運びとなった。

が・・・

クリーニングしても、エアフローの改善はなし。

業者は、内部をしっかり見ないとわからないということで、ここの工事を手がけたという、最初に点検に来た会社に頼むのが一番無駄がないという話に(施工の内容が分かった方がもちろん工事の無駄が少ないから)

はあー。

まあ、しょうがない。
ということで、業者も帰って、大家も帰った後、そういえばガレージを解放したままだなと気づいて下に降りると、

「ピピピー カーボンボノキサイド アラート」

えええ。
一酸化炭素漏れ??

すぐに大家に連絡して、大家が戻ってきてくれた。(車で数分のところに住んでる)
「こういうのは、電池切れのことが多いから」

いやいや、違うと思う。
さっき鳴っていたのは、下の階で、今鳴り始めたのは、上の階。
これは連動してないのだから、あちこちで鳴らないでしょ?さっきの業者に聞いてみて。

管理会社やら、業者に連絡して、それもあるかもね・・・的なことでおしまい。
多分、電池もあると思うから、もしまた鳴ったら・・・と大家が去った。

まじですか?と思いつつ、その後数分でまたアラートが。

「ほら、だから連動してないのに、あちこちで鳴るのオカシイから!電池だとかそういう問題じゃないと思うっていってるじゃない。」とキレてしまった。

大家さんはまた管理会社やらに電話した後、911に連絡したらしく・・・
(アメリカでは緊急時に911。イギリスは999)

「とりあえず、家の外に出ておいた方が良いと言われたから」と出るように言われる。
そのタイミングでインフルエンザで休んでいる娘が大量に鼻血(はい、その後インフルエンザは無事に私にもうつって、娘にも届きました・・私は普段そんなにひどくならないのだけれど、今回も熱はあまり出なかったけど、体の倦怠感が半端なく・・・高熱で飛ばして欲しかったー。娘は息子みたいに息を乱すことはあまりなく、普通にサラリと40度の熱出してる感じ)

あまりの鼻血の多さにすぐには出られず、もたもたしていたら、早速消防隊が。
みなさんゴツい格好でガスマスクとかも持っていらっしゃってて本格的・・・笑

寒い中、早く外に出るように促されて待機中に、一応バイタルチェックしましょうと簡易チェック。娘の心拍数高すぎ・・・(まあね、インフルエンザだし・・)救急車が来るから一応、暖取りもかねて救急車にと促される。

初救急車 笑
しかもアメリカ・・・

娘の心拍数は何かに狙われたウサギのように早い。笑
多分、インフルエンザと戦ってるから・・・。
このまま、緊急病院に輸送できますよと何度も言われたけれど、まあ、多分インフルエンザなんでいいです・・ということで、家が安全になるのを待つ。

家は、換気やなんやで安全レベルに。
戻って良いですよと言われほっとした。

でも、要因は業者がガレージの中を一酸化炭素で満たしたんじゃないかと言うような内容に・・
ほんまかいな。

しかも濃度の高かったのが、ヒーターが効かない部屋・・・
ガレージから程遠いし、論理的には納得いかない。
ヒーターの排気がうまくいっていなくって、その排気がなぜかブロックされているダクトに流れてる???

あー。わからん。

とりあえず、大丈夫と言うので自宅に戻り・・・
でも、やっぱりなんだか信用できない・・・と、大家が買ってきてくれることになった、数値の見える警報計が車で、安心して眠れないねという娘・・・

みえないし、におわないし、風邪引いててまだ感覚がシャープじゃないから、何が原因で頭クラクラするかなんてわからないしね。きっと、こんな騒動なかったらスヤスヤ寝てるはずなんだから。

結局ヒーティング直ってないしね・・・

by nu2meg | 2019-02-28 05:46 | 日常

ボトル入りの水は安全か?

数ヶ月前にアマゾンプライム(米国)の無料動画で、予防接種の裏を取材した・・・vaxxedという自主映画をみた。
もともと、上映されたのが束の間という、権力という圧力で抑えられちゃった映画・・。
日本でも放映されるということになったのに、直前にキャンセル。

この中に出てくる「日本」というのは、三種混合MMRが日本で始まってからのあまりにもの副作用の酷さのグラフ・という関わりだけだったのだけれど、(その後、日本では取り扱われなくなっている)今回のキャンセルも、不安を煽るんじゃないかという圧力らしい。(データ改ざんしているのはどっち?といいたいけれど、センシティブなところ)

医師が免許剥奪されたり、と・・・まあ、いろいろあるので・・。

人道的な行動(自分のが親の立場だったらこうするという選択)を起こしている正義感に満ちた医者Aと、製薬会社の依頼通りの内容の真意のない形だけの論文を提出することで経済的にも潤う医者B・・・

私なら・・・? 
免許剥奪されても、経済的に追い込まれても、人として人道的な方を選びたい・・・

でも、もしそのことによって、自分の家族周辺にまで迷惑がかかるとなると・・・
人はどこまで他人のために人道的にいられるのだろうかとも考えてしまう。

少なくともB医師のような人にはなりたくないと思うけれど・・・
やっぱりB医師を含めて、結局は誰もが被害者なのかもしれない・・・


どんなに偏った内容なの?と思われるかもしれないけれど、その映画自体は、割と両方の意見も入れていている、事実上のデーターに基づいていた。

誰にも逆らえないタブーの域。
誰も責任をとってくれないもどかしさ、普通に考えたら・・・という常識は通らない・・・
日本はまだ普通に保険がきく治療を受けられると思うけれど、アメリカにおいては保険すら任意加入でとっても高い&制約があるので、本当にお金がないと医療が受けられないので悲惨だと思う。

映画には、我が子みたいな被害者にはなってほしくないという親がたくさん出てくる。
双子ちゃんで、一人が駄々こねているうちに、間違えで一方にダブルショットされちゃった子もいて・・・(もちろんダブルショットの子は酷い障害)

10年以上経っても・・・いや、一生かけても、親の心の傷が癒えないという、行き場のない怒りと哀しみは「我が子みたいな被害者をこれ以上つくらせてはいけない」という思いとともに伝わってくる。

共通点は、ショットの前までは「ごくごく順調に成長している赤ちゃん」だったこと。
ビデオの様子がもうそれはあからさまで、心苦しい。

専門家の意見ではなくて、「身近な親たちの経過報告が同じ」なのに、因果関係が認められないばかりか、専門家の意見としては否定の立場を取っている予防接種。

「これは重金属汚染です」と言い切る医師もいて、血液検査上もそれははっきりとデーターに出ている。

汚染源は、というか、厳密にはその一つは予防接種。

ホメオパシーが予防接種に反対な立場を取るのもここから。
はじめから反対なのではなくて、治癒を試みるうちに、統計的に重金属汚染であるということがあからさまになって、重金属を解毒することで、症状が軽減しているというケースが多いから・・・通常なら要因を突き止めたら、その要因を外すのが人間。 

信じる、信じないの世界ではないと思う・・・。
だから、心を開いてそんな意見もあるんだという事実にも気づいて欲しい。
データー上では、生まれてくるこどもの2人に1人が、成長過程において自閉症と診断される日も遠くないという。

自分の子どもにはそんな反応はなかったから安全であると言い切るのも違うと思う。
たとえば副作用の1つとしてアレルギーがあげられるけれど、(100%と言い切れないにしても)アレルギーの要因の一部が予防接種と疑う親は少ない。生まれた時からアレルギーでというなら、遺伝子的な要素もあるかなとは思うけれど、親だって予防接種受けている世代だから、もうこれは要因を探るにも探れない。


なんにしろ、もしかすると自分の子どもだって同じ立場にいたのかもしれない・・・という目で見たときに、「何馬鹿なこと言ってるの?」と言えなくなると思う。


そういえば、MMR問題が英国で持ち上がったときに、ブレア元首相は自分の子には打たせないと言っていた・・・。国としては安全であるという流れになったのだけど(でもイギリスも日本と同じ、半強制な雰囲気であって、アメリカ みたいな強制接種ではない)

みんな、「我が子のために」選択するのだから、「この先に100個地雷埋まってますけど、大丈夫な人は大丈夫なんですよ。確率的には何らかの副作用が出ちゃうのは3割程度ですかね?」と知らされて選択しているわけではない。

政府機関が「安全です」というから、選択する。
そして政府機関は「100個の地雷」については一切触れていない。
それが不安を煽らないための黙秘権?なのかは知らないけど・・・

「福島の放射能は安全レベルですどんどん食べましょう」の世界だから。
さすがに、赤ちゃんのいる家庭でその選択をする人は少なかったと思うけれど。

きっと私はなんとなく、5個の地雷の匂いを嗅いで、立ち止まった人。
誰かに50個埋まってるらしいよと聞いて立ち止まる人もいれば、政府が発表するまでは断固として信じない人もいる。地雷で命を失った人がいても・・・。

それだけの違い。


英国で自閉症の父母ネットワークを作った人も、映画の中で言っていた。

接種の前日に、母から電話があったのよ。「なんだか予防接種って気をつけた方が良いらしいわよ。」と。でも、私は聞く耳を持たなかったの。そんなの誰が言ってるか知らないけれど、安全じゃなかったら公のシステムの中にはいってるわけないじゃないの。どこにもそんなこと書いてないし、聞いたこともないわ・・・ってね。

もし、あの時、母の言葉を聞いていたらと思うとね・・・。


でも、みんなそうだけど、そのときに自分がベストだと思ったことをやっただけ・・
だからこそ、後悔もするし学びがある人生なんだろうと思う。



ついつい話が大きくずれたけれど、これを観てから、vaxxed視聴した方にお勧め・・なまま、自主映画的な社会問題を取り上げた自己調査型ドキュメンタリー?をちらほら観ている。

予防接種のことを調査した映像って意外に多いんだなとも思いつつ。あとは、自閉症系が多い・・・現代病がどこから生まれているかということなんかも含めて。

子宮頸がんの予防接種をリピートするたびに、どんどん体のコントロールが効かなくなって日常生活が送れなくなって、その治療費のために家庭も崩壊して、引っ越しもしなくちゃいけなくなって・・・という涙なしには見られない、元高校生のチアダンスガールの話とか・・・(米国は本当に半端なく医療費が高いので、毎月の薬代だけで十万円以上とか・・・行政に言われて勧められるままに良かれと思ってうけた予防接種が要因であろうとは・・・でもどうあがいても、行政は責任を取ってくれない・・・という内容。)

本人も親も、予防接種が要因だと気づけば、リピートして悪化することなんてなかっただろうに・・・体も心も不安定なティーンだから・・・という風にくくられちゃうのかな。

そして最近観たのがこれ。

このネーミングの似た感じはなんだ??と思いつつ。笑
いろいろ考えさせられました。

大手のドリンク会社(ここでは、ネスレ・コカコーラ・ペプシ)が、急に町にやってきて、大型のタンクで水を無料で採集して売ってしまっていること・・・しかも、その町には儲けによる税金を払わないだけでなく、町の水が枯渇して水難に遭った時も、商業用の採水は止めることなく、他人事だったというエピソードがあったり・・・

さらに、ペットボトルを作っている工場のこと。
実は、その工場周辺の人たちがどんどんと健康被害を被っているという事実。
垂れ流しの、液状の毒素。
放たれる汚染された空気・・・
明らかに工場からの汚染で病人や死亡者が増えていること・・出生率が下がっていること・・

自治体管理の水道と違って、ボトル入りの商品には公のクオリティー管理がないこと。
自治体の水は1日に数回検査することになっているのに、検査義務はない。
ボトル入りの水によっては、公共の水道水をフィルターに通したものなのだけれど・・・

検査結果が、びっくりだった。
発がん性物質も当然含む。
ペットボトルから流れ出たと思われる石油以来の毒性。
実はさらにひどいのは、ペットボトルではなくて、ウォーターサーバー用のあの硬いプラスティック容器。

マイクロプラスティックとか、いろいろ問題が問われているけれど・・・
普通に、
日常に、
水に溶けた毒を一緒に飲んでるのね・・・


私が水についていろいろと考えされられたのは、やっぱり311からで。
当時、東京に住んでいたから、どこから水を入手するのがいいのか、いろいろ考えた。
ウォータークーラー(サーバー)を購入することも考えたけれど、最終的に私がとった良作は、蒸留水をつくる機械を買うこと・。どうしても、サーバー入りの水の味が好きじゃないなと・・・(キンキンに冷たく冷えてたらわからないのだけれど、常温だとなんだか美味しくないと思って)

この台湾製ってやつを買いました。
大きな昔の湯沸かしポットという風貌。笑
インドでも変圧器通して使って、アメリカでは変圧器無視して(若干、電圧違うけどね)使えてて・・・もう8年近くなります。

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)

新品価格
¥33,300から
(2019/1/24 04:41時点)

蒸留水はミネラルも何もゼロの水になってしまうので、それがいいことなのか分からないと思ったけれど、放射能はいってるかもというよりは、ミネラルは良い塩とかで補うのが一番かなと・・・(たまに市販のミネラルも飲み水に追加してます。こどもが敏感に変な味がするというのでごく少量・・)

だから、うちで飲んでいる水は基本的に蒸留水を、ホオポノポノ式に、ブルーボトル×日光で波動を上げて波動水にしたもの。
料理用には、フィルターを通した水道水。


水はムンバイでも迷いました。
ボトル入りの水を買い込んでいる人も多かったし。
浄水器がどこまで信用できるのかとも思ったし。

でも、311の経験上、逆浸透圧式(RO)のフィルターシステムなら信用できるはず・・・と、おうちにあったフィルターの水も蒸留水に追加して飲んでました。

おうちにあったのは、紫外線処理もするタイプだったからか、実はこの浄水器を通してできた水には良いエネルギーがありました。(ダウジングの結果に過ぎないけど)

ムンバイでも住んでいたポワイはインフラストラクチャーが新しいので、上水は結構綺麗。(下水はトイレを毎日洗わないと2日で汚れてくるという結果からも、質が悪いのが一目瞭然だったけど)うちの母が遊びに来た時に、ついつい間違えて水道水を飲んじゃったけれど、お腹も壊さなかったというくらいだから、結構大丈夫でした。(でも、たいていの外国人は、歯磨きもボトル入りの水しか信用して口に入れてなかったし、野菜を洗うのにフィルター水とか使ってた。きっと外食したらパスタは普通に水道水使ってると思うんだけど。)

蒸留水をつくると、最後に残る蒸留しきれなかったカスの液体が残るのだけれど・・・これがなんとも嫌な感じで黄色く嫌な匂い。

経験上、東中野(東京23区)の水の残りと、ここサミット(合衆国ニュージャージー)の水の残りの感じはそっくり。
武蔵野市は、硬い水ということもあってか、ちょっと色が違った。
ポワイ(インドのムンバイ)の水は、また武蔵野市とも違ったけれど、上の濃い黄色ほど濃くはなくて逆にびっくりだったのです。


ボトル入りの水に関して、公共検査はしないので、勝手に安全だと信じきっているけれど、本当なのかどうか・・


映画の中で検査機関の人は、「お母さんがこどもにペットボトルの水を飲ませているのを見るたびに、安全だと信じきっているんだなあと胸が痛みます」と。

これ、ちょっとやばくない??
そういえば、こどもがお水といえば、水道水じゃなくてペットボトル入りの「高級で安全なはずの方」を選んじゃうよね・・・

ドキュメンタリーは、プラボトルのリサイクル、ゴミ問題にももちろん触れている。
日本はほぼリサイクルしていると思うから・・・と私は思っていたのだけれど、(少なくとも、アメリカの状況を見ていたら、比較にならないくらい、リサイクルしなきゃという意識は高いし、わざわざラベルもはがすし、キャップも取るし・・・というの、ここニュージャージーでありえない。日本の30年前といったところか・・・)

でも、実は日本のリサイクル資源として回収されたボトルはほとんどが中国に輸出されていたらしく(これはドキュメンタリーには含まれてない)しかも去年中国が輸入やめますーと言い出したから、処分に困っているらしい。

なんか、これも、ひどいー。
リサイクルしてますーって宣伝多いし、ペットボトルからこんなのできましたー。みたいなことは聞いても、ゴミをそんなに大量に輸出してたなんて・・・知らなかった自分が情けないけれど、中国の公害がうんたら、大気汚染がうんたら・・って、自分たちの出したゴミ処理によるものでもあるのね。プラ製品作る際にかなりの汚染もあるだろうし・・・

なんだかなあー。

アメリカに引っ越してきて、ここに住んでいるということそのものが、間接的に「戦争資金を応援」していることになっていると思うと、ものすごく拒否感や否定感を感じていたのだけれど(よく、平和意識の高い人がスタバではコーヒー飲むなというけれど、気分的には毎日スタバに通ってる気分で・・・といっても、国民一人当たりに対して年間20万円相当の税金:日本の5倍が防衛含むミリタリーサービスに使われているって、コーヒー云々レベルじゃないんだけど)

よく考えれば、アメリカ人だって大半は被害者で。。。
何も知らされてないだけ。
ビックリするくらい、そういう視点から見ない人が多い気がする・・・。
住んでみるまで知らなかったけれど、
日本がアメリカ を追ってきた・・というのがよくわかる気がする。
意外とネガティブな部分は見ないで、ポジティブに・・・というか・・
あくまでも私の印象だけど。


自分たちは被害者ヅラしてはいけなくて、加害者でもあるということ。
加害者だと思っている人は、実は被害者でもあること・・・

ムンバイのスラム街の大きなビジネスが、リサイクル事業であるように・・・
健康に害があるとわかっていても、化学汚染物質を吸い込んで作業を続ける。
社会的な立場の弱い人が・・・。

一般人の私たち、都合よすぎる。


個人でできることは、なるべくペットボトル入りを買わないこと?
需要がなければ、生産しないのだから・・・。
非常時の需要はあると思うし、便利だから適材適所で使っていくもので、日常使いするものではない。

止むを得ず購入したら、便利さに感謝して、きちんと処理すること・・・。
ボトルの水が安全であるという神話がそうでないということを伝えること・・・。

アメリカの水道水は、ほとんどがフッ素投与されているので、そのまま飲むのはやっぱりお勧めできない。
クオリティーコントロールされているといえ、フッ素が安全という基準もね・・・という、これも考えもので。(フッ素の原料はサリンガスと同じ・・涙)


そんなこんなで、話があちこちに行っちゃったけど、いろいろな病気の外因的な原因である毒素・・・

    あまりにも出どころが多すぎる!

水も、空気も、放射能も、予防接種も、農薬も、殺虫剤も、処方薬も、ケムトレイルも・・・そしてそろそろ5Gも・・・

きっと全てがピュアなところに住んでいたら。。。
こんな汚染された場所には住めてないね・・・数週間で病気になるな・・・。

そして、特定できないから誰も責任取らないし取れないし、ほぼ自己責任の域。
ある程度の耐性をつけつつ生きていくしかない。。

被害者も加害者もないし・・・
知らないだけで自分が加害者にもなっている事実にももっと気づかないと・・・。
(しつこいけど、ペットボトル入りのドリンクを買うだけでさりげなく加害者でもあるという事実からみて、かなりの日常で加害者だわ・・・せめて生産者へ感謝の気持ちをもたないと・・)



by nu2meg | 2019-01-25 23:50 | 日常

ストリートライトが・・

気がつくと、木枯らしが吹いてどんどん葉っぱが舞い落ちて冬が目の前。朝は氷点下以下ということも多くなってきた。

年中30度前後のムンバイ生活に慣れた身体だけれど、実は一番寒く感じていたのは20度前後で、その後身体は日本仕様に戻った様子。笑
寒い・・・けど、それが当然よねと・・

おかげさまで、陽の光はロンドンみたいに暗いイメージもなく、クリスピーでカリッとしてそうな、乾燥した風と青空が心地よい。(けど寒い)


先週、ようやくようやく、車も購入できた。
足を引っ張っていたもの。

1)ローレンスの試験(職業上のもので、現地基準等を含む会社で何人かが持っていないといけない資格らしい。)このために、すべての隙間時間は彼の勉強時間。

2)ローレンスが1回目の運転免許テスト(パソコンでの筆記)に落ちたこと・・・(上の試験のために、免許なんて大したことがないだろうと思っていたら、10問以上が現地仕様の特殊内容でアウト)

3)更に・・・ローレンスがペン駅で財布をスリに遭って、英国免許も紛失。英国に発注して、義母に送ってもらうことに・・・

4)現地ディーラー情報をあまり知らず・・・良さげな車があるということで、割と遠くまででかけたものの、そこのディーラーの扱っている車は、ほとんどが事故車か?というようなワケあり車ばかりだった・・・(それでもテストドライブは何車かできたから、まあ経験としては悪くなかったんだけれど)

5)車の保険は必須。でも保険の見積もりにも免許証の番号が必要で、車を買うのに必要な書類が最後まで揃わないという事態に・・・。(幸い、友人経由で聞いた日系エージェンシーは、国際免許証でも保険の見積もりが取れるということで、非常に非常に助かった!)購入前日に連絡して、翌日の夕方には用意してもらえたのです!さすが日系。(友人の話だと、直接取引よりも安く入れたらしい。私たちは比較さえできなかったのでわからないけれど・・・)

そんなこんなで、最後までえらい大変だった、セトルダウン作業。
こんなことやってた時に、ムンバイオフィスのボスポジションの後釜が見つからないから行くか?とか声がかかったらしいけれど、声かけてくれるなら、あっちにいた時にしてよーっと、言ってました。(私たちはいつ戻っても嬉しいけどね。笑)

残すは、本物のナンバープレートができるのを待つだけ。
今は、仮のプレートらしいです。(しかも前プレートは、ホンダ正規ディーラーと書いてある、半分広告。笑)

ニュージャージーの冬は、四駆じゃないと無理という話をいっぱい聞いたので、4WD(こっちではAll Wheel Driveともいうらしい)そして、前座席のヒーティング機能。笑
あああー。寒そうだー。

冬でも特にタイヤは変えないんだそうで・・・
まじ??

さて、初ドライブが夕方でした。
娘のアートクラス・・・

暗すぎる・・・
道が暗すぎて、あたりが全く見えない・・・

乗せてもらっててもストリートライトのなさにびっくりしていたけれど、実際に運転すると、マジでやばい・・暗すぎ。日本の田舎よりもひどい!

街中なのに、ほぼ照明は民家のもの・・・

現地確認のためにiphone探してたら、ちゃっかり道端に落ちてた木の枝?でスリ傷してたみたい・・・苦笑 もうー。(枯葉だらけで道の横が枯葉の山)
その後、道に迷って、まるでインドか?というような、がったがた道も横断・・・(ひどすぎるぞ、道路事情!)

更に、筆忘れたから一回戻ってー。と娘。

しかも、その後車に戻ってくる時に、よその車と間違えてをバンバン叩いてた、怪しい人。笑

暗すぎるのよー。ほんとに!
(でも、そう言っても、多くの人は「え?そうだっけ?」で終わる・・日本でも、ヨーロッパでもありえないってば、こんな暗い照明・・・)

by nu2meg | 2018-11-13 04:43 | 日常

引っ越しました

2年半弱のムンバイ生活が終わってしまいました。
延々と夏で年間ずーっと30度前後の暮らしは、意外にも決して不快ではなく。笑

でも今年は公害のレベルが半端じゃなかったので、この汚れた空気の中での子ども生活はかわいそうだよなと思っていたところ。

ちなみに、大気汚染といえばデリー。
ムンバイに住んでると、デリーよりはマシということでなんとか「自分たちはまだマシ」感を保つもの・・・笑 なのに、この冬(:気温が低い時期:早朝の気温が25度とか:笑っちゃうけど、慣れると十分寒い)は朝から真っ白な日が多かった。どうやら気温が低いと大気汚染が降りてくるので、早朝の体としては動きやすい時間帯の散歩とかは避けるべきものらしい。(当然のように主人は走ってたけど)

例えば、中学校の行事でデリーにという話があっても、ムンバイ駐在の外国人母たちは、平気で「デリーなんて公害のひどいところ、大丈夫かしら?」なんていうのだけれど、どう考えても、かなりどんぐりの背比べ。デリーがムンバイか選択してきたわけでもないだろうに・・・(苦笑)
世界レベルでは「危険」な250とか300とかな日々も結構ありました。この冬はデリー越したね・・・という日も多かった!(時折、中国の何処かで2000とか超やばい数字も出てたから、またそういうの見ちゃうと300なんてまあ・・・とか思えちゃうけど!)(でも東京だと、光化学スモッグが・・・とアナウンス入るの100とかだよね)

学校では、そういう日は子どもたちの外遊び禁止。
いつの間にか、息子が、「今日のエアクオリティーは?」とアプリで毎日大気汚染チェックをしだしたこの冬なのでした。

汚いとか、ゴミだらけとか、まあ普通にインドらしいことはまとめてしょうがないとしても、大気汚染は個人レベルでなかなかどうしようもないし。

ということで、インドを離れるとわかったときに、嬉しかったのは、大気汚染からは離れられるということ。笑

とりあえず、ヨーガを通じて色々ならえて、ひと段落だったし、まあ充実!ということにしておこうと・・・

そしてインドを離れる直前に、ヨーガとアーユルベーダのリトリートに4泊で出かけた私。最後の自分タイム。

ここで出会ったアーユルベーダの先生がすごい人で、脈を触るだけで、色々と小さな小さな身体の不調とか(夜中に目が覚めたとき、足がだるいでしょ?)とか。をほんの数分で10項目弱指摘されて、ああーっ もっとインドに居たかったーっと思ってしまった私。

ところが、そのすぐ後にその医師が舌を出して見せてというので出したら、「あれ?この2年間ストレスの貯まる時期だった?」のひとこと。

「いやいや、この2年といえば、私にとっては子どもを産んで以来初めて自分の時間がたくさん取れた時期で、どちらかといえばストレスというよりも、色々楽しめた時期のはず・。」

でもその後、色々と考察してみると、確かに!
私が今までストレス解消法としてきた、「お掃除」と「庭仕事」が欠けた2年間でした。もちろん、掃除やお片づけは、メイドに任せきりではなかったけれど、地に足をつけてくれる「お掃除」と「庭仕事」が、ヨーガでなんとなく置き換わっていたのだと気づいた私。 そしてヨーガだけでは、まだ不完全燃焼なんだなあーと。

地から遠い23階暮らしだったし、次の場所ではしっかりと地に足のついた生活をしたいなあーっと思っていた私。

・・・で。すごーっく行きたい!と思っていたのはバリのグリーンスクール。
いや、子どもにいかせたいか。笑
実際に見に行って、すごーっく気に入って、みんな行く気でいたのだけれど、二人ともウェイティングリストから脱出できず、残念ながらその夢は叶わず。

グリーンスクールに行くなら、主人も仕事やめて何か自分たちで新しく生活をと思っていたので、まだその時期ではなかったのだろうけれど、同時期に出てきた話が、同じ会社のまま、ニューヨーク支店へという話。

ロンドン支店から、東京本社へ行き、現地採用で残って、ムンバイ支店に赴任。今度はニューヨークの現地採用枠でニューヨーク(超人気だから、赴任パッケージとかほぼなし)ということ・・・

バリとの差が大きすぎて、もうコンクリートはいいよー・・・と思っていたのだけれど・・・

実際に来てみると、コンクリートそのもの!
しかも多くが劣化してるから、殺風景・・・
おしゃれ・・・ね。まあそういう見方もできるかもしれないけれど、なんでこんなにケアしないんだ?駅とか、道とか、公共でケアできるものあるのに・・・

ロンドンの古さとか汚さは、まあ古い町だからということでわかるのだけれど、ニューヨークは欧州に比べたら歴史浅いし。もちろん進化が止まっているわけではないから新しい斬新な建造物はすごいと思うけれど・・

ゴミは確かにムンバイみたいに堆積していないけれど、日々大量に出るゴミを処理している人がいるだけで・・・分別ゴミすらない。(ムンバイなんて、引きあげ直前にビニールの買い物袋を禁止するところから、プラゴミ削減政策に入ったけど・・苦笑)道端が生ゴミ臭いことも多いし、決して美しくはない。

多分、私は「公共スペースが汚い」というのが好きじゃない・・・
私物だけは綺麗とか、自分さえ良ければ良いとかそういうのが苦手。
ゴミ分別しないっていうだけで、自分さえ良ければ良いそのものだし・・
何を大切にしているか・・・

日本で娘が行ってた明星学園とか、生徒のいる校舎は綺麗だけれど、校長室が本当にかわいそうなくらい古くって。
でも、それが最高に素敵だなと思った。
通常なら、校長室は学校の顔であると真っ先にリフォームするだろうに。

ニューヨーク。
パークや、図書館とか、美術館とか、もちろん綺麗で美しい・・・
しかも、アメリカの教育が個性あるプレゼンテーションを重んじているのが活かされていて、魅せ方とかデザイン性とかそういうものはすごく優れていると思う。

うっわ。賢い!と思わず言っちゃうくらい。

でも・・・地下鉄とかは、なんだか東欧諸国を感じる・・・笑
きっと、お金のある人たちは、地下鉄なんて庶民の乗り物には乗らないんだろうなあ。素敵な車もいっぱい走ってるし。

住み分け、感じるわー。

実際にロンドンと大きく異なるのは、この「住み分け」らしく、ロンドンみたいに高級住宅街の隣にカウンシルフラットというのはないらしい。(社会保障自体がないから、カウンシルフラットそのものがないのか。笑)その結果、高級住宅街に住めば、公立の学校が私立並みに良いらしい。(ニューヨークシティーだと私立の小中でも年間500万円くらいの授業料。日本の大学って世界でも驚かれるほどの安さ・・。イギリスの私立は高いと思っていたけれど、下手すれば寄宿舎生とかになれる?)

道端には、物乞い。

インドにいるタイプではもちろんなくって、十分働ける世代の若者ホームレスたち。
「彼氏にDV受けて身も心もボロボロです。妊娠してます。助けてください。」
「ずーっと、鬱に悩まされています。助けてください。」
多くはダンボールの上に座って、ダンボールにマジックでメッセージを書いて。
彼らからアプローチしてくるわけでもない姿に、娘が驚く。

インドだと、車に乗り込んでくる勢いだよね・・だいたい子どもやお母さんや、障害のある人だよね・・・あの人たち、仕事できるんじゃないの?なんでしないの?

豊かな中の貧しさ。

実際にニューヨークシティ、高すぎ!

ロンドンも高いと思ってたけれど、その上を行く・・
外食すれば、安くても1人2000円でお釣り来ない。
テイクアウトで1000円きれば安いという感じ。
日本の安くて美味しいお弁当がワンコインとか別世界!

(レストランは10%弱の税金プラス、サービス料のチップが20%ということで、15ドルのものを頼めば、20ドル。プラス飲み物云々・・・
朝食にパンケーキ・・・はい、お一人様3500円の世界。
ロンドンもそんなに変わらないかもとも思うけど。

あ、ニューヨークでは普通に水道水を飲み水としてレストランで出してくれるのがちょっと嬉しい。しかもこの水が意外にも美味しい。多分下手するとボトル入りの方がまずい。笑 なので、飲み物は別オーダーしなくて良いという面ではロンドンよりお得かも。笑 

水とお茶とおしぼりが無料で出てくる上、安くて美味しいものが食べられる日本のサービスが一番だと思うけど。笑 (ああーでも、アメリカの水はフッ素が添加してあるんだっけ?常時飲むお水は今まで通り、波動アップさせた蒸留水だな・・)

ロンドンみたいに、庶民の味方なスーパーというのがイマイチないというのも難点。

ただし、ピザだけは1ドルピザというのが、お腹にたまる大きさで存在する。こればかりは、ロンドンにも日本にもない値段。(だから余計に、じゃあ他がなんでそんなに高いのかと驚く)ベーグルも美味しいし(サンドイッチにしてもらうと、しっかり高くなるけど、普通のカフェでサンドイッチのテイクアウトで1000円とかよりは安くて美味しいかも?)

多くのビルが私有地を公共にオープンしている感があって、その都会なスペースや公園が多くのニューヨーカーのテイクアウェイのランチ場所になっている。そういうスペースを「どうぞ」という感じでオープンにしてるってなんだかフレンドリー。(きっと冬は寒くて、室内じゃないとということで、そんなスペースができるんだろうな・・)

お店の人もおしゃべりな人が多いかったりするし、あちらこちらでフレンドリーな人はたくさん見かける。その一方で公的な仕事してる人は、超態度がひどかったりも?
きっと、見返りのあるサービスとそうでないサービス? チップありか、ないか?

そうそう。もっとも驚いたのは、給料が2週に1回!
気分的には、その形式、日雇いプラスアルファな感じがとってもインドだ・・・
みんな、やりくり大変ってこと?

もちろん、私は仕事に行っていないからわからないけれど、ローレンスの話だと、職場の会話の中に、「あの人、切りましょ」という会話がかなり普通らしく、そういう世界は今まで見てこなかったと・・・


ちなみに。
子どもがいるので、ニューヨークシティに住む気はサラサラなく。
電車で1時間弱のニュージャージーの小さな町に住む予定です。
この電車、1時間に通常1本。通勤時2本。(通勤電車レベルがそれってあり?笑)でも、ニューヨークの地下鉄を使ってみると、もうこれがとんでもなく当てにならないから、ニューヨーク内で乗り継ぎ移動するのも変わらないかも・・・(ロンドンのチューブが素晴らしく思えちゃうレベル・笑) 

1ヶ月ちょっと、タイムズスクエア近くの39階建てのホテル暮らしをして、つくづく都市生活はもう十分。
若かったら、なんでもアートになっちゃうこの都市は面白いかもしれないけれど。

意外にも(というか私のアメリカぐらしへの関心や知識がなかっただけの話かもしれないけれど)生活の質が低いアメリカ。

どこに暮らしても同じ

そう思ってきたけれど・・・さて・・・どうなるやら。笑

あまりにも文化が違うことに気づいて唖然とすることも多い我が家。
子どもたちは、「なんだ、インドの方がマシだね。」とか「思いっきりインドっぽいね」と、インドを見直してるのか見下しているのかわからないけれど、ちょっと愛着を持ってインドを恋しくも感じてます。笑 

時間が経てば、アメリカにも愛着が沸くのか?笑

それにしても、こーんなにも道路とかがボロボロだとは思わなかった!
第三世界並みってー。笑
いや、ヨーロッパや日本をはじめとした、美しくなったアジアと比べちゃうからかもだけれど、ニューヨークの街中も自転車で走って見たら、ガッタガタ・・・

ニュージャージーに住むと決める前に数カ所行って見たちょっと郊外のNY州の街も、街並みは美しくしてても、道が・・ひどい!

インドに住んでた時、日本や英国に帰るたびに「ああー。やっぱりこのスムーズな道路が・・」 と思っていて、。。。?気がつけば私の快適生活のバロメーター?笑

高い税金の行き先は、ほぼ軍事費ですか?という感じに嫌悪感。
ということで、私たちが住むまちの道はまあまあ綺麗です。笑
まだ一ヶ月間、その賃貸物件には引っ越せないので、猫連れジプシーだけど。

by nu2meg | 2018-08-03 22:54 | 日常

抜け毛が解消?

女性ならお産の前後で抜け毛が大量な体験をするはずで・・・
慣れちゃうと、まあこんなこともあるよね・・・ホルモン、ホルモン・・・
という、その最初のお産から、13年以上。

髪の毛を洗うたびに、ごっそりと髪の毛が抜けるというのが日常化して長かった。

いろんなシャンプーも使いました。
妙に高い怪しげな自然派シャンプーも含めて。

でも、私にはあまり効果はなく。
お湯シャンプーにもしてみた(シャンプー剤抜き)けれど、それも特に効果を感じられず。ハーブ剤刷り込む髪パックのようなアーユルベーダ商品も使ってみたり。

でも最終的に落ち着いて大好きなのは、高級アーユルベーダForest essentialの商品。
これ、日本でも買えるみたい。小さな容器の割りには高価とも言えるけれど、必要な量が少ないから、結構お得感あり。香りも使い心地も全て良し。

とは言ってもこれで抜け毛がなくなるわけでもなし。

もともと髪の毛が濃い方ではないから、このままこの勢いで抜けたらどうなるの?と思いつつも数年この調子だしまあ、いいか?とか。

そうこうしているうちに、なぜか、時折、ほぼ抜けない日がポツポツと。

なんでかなあーと思いつつ、「時折抜けない日々」&『やっぱり抜けちゃうよね」が半年以上・・・交互に続いているので、要因を考察。

ヨーガか?
うーん。それならなんで時々?
瞑想?
ヒーリング?
デトックス?
うーん。

やっぱり特定できないのだけれど、明らかに関連しているんじゃないかと思うのは、セイクラルチャクラとの関係。どうやらバランスがいい時には、抜けにくいと思われる。

多くのアーサナは、下のチャクラが中心だから、意識をそこに載せるとさらにいいんじゃないかと思う。具体的には、アーサナをしながら、セイクラルあたりのエネルギーを整える感じ。息をチャクラから吸ったり吐いたりでも。とにかく、内側にスペースを作るゆとりとリラクゼーションを意識して。

あ。セイクラルと第3の目のバランスもあるかもー。
キーワードは委ねる。広げる。
頭皮がふわーんと広がるようなリラックス感が、セイクラルのリラックスと連動してうまく行くのかも?


実際のところ、ヨーガを楽しんでいるだけで、常に意識しているわけではないから、補充が切れたら、また抜け毛モードになっているような・・・(多分、即日には移行していないというか、連動していないというか・・)ちなみに私にとってヨーガと瞑想は切り離せないし、セルフヒーリングも入れちゃうので、ますます切り離して特定は無理・・

髪の毛だから、腎臓との関わりも強いはずで。
生まれつき、腎臓は強くないと思う。
子どもたちも同じくで、ふたりとも髪の毛が濃いタイプでも無い
手足の反射区でも、明らかに3人とも腎臓は弱い。

腎臓といえば、恐怖心との関係も強い。
恐れを手放すこと。

これもヨーガのアーサナでかなり意識していることの一つ。
特に私は臀部を緊張させてしまう癖があるのだけれど、この癖の出所も、恐怖や不安。
だから、時に前屈において、意識して恐怖を手放す。恐れを手放す・・・と心の中で思いながら、無意識下で硬直状態を作っている自分に気づき、手放す・・・の繰り返し。

この間、ヨーガカウンセリンラーのトレーニングの一環で久々に、EFTをしたけれど、あれも本当に良いテクニークだなあーとしみじみ。

まず、ネガティブに直面する。
素晴らしい。
認めて、そこに良い悪いをつけないで、手放す。

いろんなテクニークがあるけれど、形だけじゃなくて、一歩深く理解すれば効果が全く違うんじゃ無いかと体感した。15年以上前にちらっと教えてもらったときは、ここまでの手応え感じなかった。でも自分の中の意識が違うだけでこんなにパワフルになれるんだとワクワクするくらい。

ちょうどその日、クラスの中に、手の骨を骨折してしまって、自分で食べ物が食べられない状態(手が上がらないから)の友人がいたのだけれど、グループワークしてみようーっとみんなで彼女のために、彼女のEFTをたった一度やったら・・・なんと彼女は、インスタントに口に手が届くようになった・・・!というエピソードもあり。

うーん。パワフル!
誰でもすぐに自分でセルフヒーリング!
最高だわー。

やっぱりこれからの時代は、誰かに依存のヒーリングじゃ無いと思う。
私はこれまで通り、ツールとしてタロットなりヒーリングなりのテクニークをシェアするつもりではいるけれど、ヨーガを通して自分に気づくそして解放して行くという、ココの部分、大切にしたいなあーと思う。


話がちょっと飛んだけれど、意識レベルでは抜け毛をなくそうという気持ちでヨーガをしているわけでも瞑想をしているわけでも無いのだけれど、副産物として、明らかに抜けない日々が増えてきた中、この先はちょっと意識して・・・白髪もストップって段階にまでいかないかなあー。笑

これぞというリンクを掴めたらまた報告します。


by nu2meg | 2018-03-13 15:26 | 日常

猫が糸を誤飲した・・・


こちらも覚書き。(追記あり)

この2−3週間、猫のライロが不調で・・・大変でした。
事の始まりは3週前の月曜日の夜。ポピーがマミー!大変ーっと叫ぶので何かと思えば、ライロの口の周りにミシン糸・・・ひゃーっと。とりあえずそーっと手繰り寄せて取り除いたけれど、口に入った分もあって、喉通ってるし。。。多分、ボビンを転がして遊んでたら、絡まってきて、ついつい舌で舐めてるうちに飲み込んじゃったんだと思う・・・


それでも全部出たのかな?大丈夫かなという程度にしか思っていなくて、日常生活に戻ってしまった私たち。

まさか、この時に病院に連れて言ってれば、もしかするとこんな大事に至らなかったかもしれないのに・・・そんな事ツユ知らず。


火曜日にあちこちに嘔吐物。その時は2匹のうちどっちの猫が吐いてるのかすらわからず・・水曜日には食欲がなくなったけれど、まあ、戻してて気持ち悪いなら、絶食が薬よねなんて気楽な私。


木曜の夕方になって、急遽、もしやあの糸???と今更ながら危険性に気付いたから、ドライバー返してたけれど、オートで近所の小さいけれどこころ優しいという獣医さんへ・・・


まあ元気そうだし、吐き気どめと、消化器官が酸性にならないようにとアユルベーダなお薬をもらって帰ってくる。

でも週末挟んでも全く回復の兆しなし。よくみていると喉が絡んだ感じで気持ち悪そうだから、やっぱり何か引っかかってるとみる・・・


月曜にその獣医と話をして、もうちょっと大きな獣医を紹介してもらった。

1週間も食べていないのだから、すぐにレントゲンと言われ、別院に行くように言われてクリニックを出たら、すぐに電話があり、「レントゲンの機械が壊れているらしいから、戻ってきて・・・」という事で、そのクリニックに戻って血液検査。同じような薬をもらって、食べていないからと点滴をしてもらう・・・でも、インドの獣医のアシスタントって、まるでセキュリティーのおじさんレベルで、ただ抑制のお手伝い・・・そんなアシスタントだから、医師が席外すたびに注射針が外れちゃうし、もう不憫な雰囲気たっぷり。(もちろんそれはちゃんとその場で抗議した)点滴も血管には入れられないということになり、肌に打ち、スピードがゆっくりなものだから、アシスタントが勝手に、針をブチブチと刺して流れをよくする・・・(いいの??)思わず、医者かナースを呼び出して、こんなことを勝手にアシスタントがやっていいのかとまた非難。

なんだかなあー。インドだし。やっぱり当てにならない・・・気分たっぷり。


夕方、血液検査の結果はとりあえず大丈夫という。

でもその表の表記がまた統一性のないもので、数値の以上かとかなり焦ったけど・・・


翌日、レントゲンの機械はまだやっぱり直っていなかった。そんなの待っていたらいつになるかわからないから、近所の別の獣医に連絡してレントゲンだけ撮ってもらうように頼んで欲しいと頼む。

実はその獣医に去勢手術を受けているけれど、本当に最悪の獣医なので二度と戻りたくなかった(だって、目の前で注射針を使いまわそうとしたし、術後の震えている猫をポイと床に放置してあるし)・・・でもこの際、そんなこと言っていられないと・・・

そしてレントゲン・・そのヤブ獣医は、私に確かに説明してくれた。これが異物だと・・・ でもその10分後、本物の獣医である実の兄弟に写真送って診断してもらったようで・・・さらにうちの2番目の獣医とも話をして、「異物は写っていないし、極めてノーマルだから、とりあえず便秘」ということに。。。???


2番目獣医に下剤を処方され、3日後、うんちと一緒に出てきたのが糸!端っこでてきた!やっぱり入ってた!・・・と、とりあえず端を3−5センチ残して切り落として子どもを学校に届けて帰ってきたら・・・がーん。。。その糸どっかに行っちゃってる。。。また、食べた??えええええー!!!

それでも、下しもしたし、出てくるなら出てくる?
だろうけれど、糸はもう出てこない・・・
出たらスッキリして、食べてるのだろうけれど、食べれない。


2週間丸々断食。


その割には結構元気でもあったけれど、どんどん骨と皮になってくる。。。(不食でも生きていけられるという観念ができたから、すぐに餓死するとかいうイメージはなかったけれど、辛いのは良くない・・)

日曜日、元獣医の義父の手伝いもしてたことがある義母に助言をもらおうと話したら、とにかく、そこらの獣医さんで開腹手術なんてダメよ。ちゃんとした資格を持ってる、ちゃんと処置してくれる大きな病院に行かないと!


もっとも・・・だけど、どこよー。それ!!ムンバイにある???


月曜日、獣医単科大学があるとわかって、そこのクリニック??と思って電話するも、電話繋がらない。ネットに出てた院長の携帯電話に直接電話してみたら、私は夜の8−10時に出勤しますよ。。。と・・・ 明らかに、学生の実験を兼ねてるという気もしなくない・・・でも、大きいところ・・・えええーー。どうよ。。


2つ目の獣医はレントゲン機械が直ったし、どうぞ・・というのだけれど、なんだか義母の言葉が気になってしまって、ちょっと考えますと返事。

仕事中のローレンスと話をしていたら、その場でささっと彼が良さげなところを見つけてくれた。(こういう時、彼の力はすごいと思う。欲をいうなら、最初からもっと真剣に探して欲しかったけど)英国での経験もある獣医のいるクリニック(結局その人にはあってないけど)


ところが、当日の予約はいっぱいでできず。
分院に予約取れて行ってみたけれど、案の定、設備は本院・・翌日まで待つことに。吐き気どめの注射は打ってもらうも・・・


そしてようやく火曜日!

朝9時半の予約で、昼の1時まで検査してもらい、レントゲンの状態から、腸の形がおかしいと見えるから、午後にオペで開けてみますと。

かなり脱水状態になっていたので、点滴で体液の状態をよくしてからしかスタートできないというオペ。


夜の8時過ぎて、今ようやくオペが終わったと連絡がありました。
3時間の長丁場のかなり厳しいオペだったと・・・

なんと、舌に糸が絡まっていて、そのまま肛門までずーっと糸・・・
小腸でつれてしまっていて、細胞が傷ついて壊死していたので9センチ切除して繋いだという。

そしてこのつなぎ目が術後2−3日でつかなければ、かなり厳しくて、死んでしまう可能性が高いこと。
手術の規模からも、2週間断食状態だったことからも、かなり厳しいのが現状・・・

でも、2週間食べてないけれど、その割に元気だったことが支えでもある・・・持つかもしれない。・・


2日後、こどもたちとお見舞いに行ったら、行った途端にみゃおーっと鳴いて、嬉しそうだった。そして、餌が食べられている姿をみて、よかったなあーっと。。。英国アクセントのアシスタントは9年勤務しててこんなケースは初めて、ここまで難しかった手術はなかったけど、経過が今の所良さそうなので、もうちょっと頑張って欲しいねと。。(ますます他院なら絶対に生還できなかったと思う)


そして、日曜日にお迎えに行けました。
本人は、けろっとしていて、元気そう。

しかも手術から1週間後には、もうジャンプできるくらいの回復ぶり。
多分、インド人が病気で入院したら・・・この子の手術と同じくらい?もしかするとこの子の方が治療費高かったかも??というような、これまた金銭感覚の狂う治療費だったけれど、本当に助かってよかった。

逆にいうと通常ならこんなことになったら、助けてもらえるだけの治療費を出してもらえなくて、死んじゃうんだろうな・・ もちろん道端の猫も。

そしてこぼれ話が・・・
あの日のお尻から出ていた3−5センチの糸。どうやら、もう一匹のスティッチが舐めて綺麗にしてくれたみたい。(優しいなあ・・・)というのも、やっぱり1週間後くらいかな?糸の絡んだ便が出ていた・・・(ライロの便はまだ柔らかいので、明らかにスティッチのもの!)

ああ。2次災害が起きなくてよかったよー
途中で切れてくれて良かった・・・
画像に含まれている可能性があるもの:猫、室内

by nu2meg | 2018-03-02 01:57 | 日常

日本一時帰国

たった数ヶ月ぶりの日本。
日本が恋しいーっというところまで気分が高まっていないながらも、買い出しは必須だわ〜(笑)&、子どもたちにとっては「いつでも帰れる場所」であると感じてほしい。ということあって、2ヶ月の休みを有効活用すべく日本へ。

東京での滞在先は、吉祥寺に引っ越す前に住んでいたお家のお隣さんち。笑
ご飯作るから泊めて〜みたいな。笑

予想通りに綺麗な街に子どもたちも満足。
そして、娘は通ってた小学校に、息子は通っていた森のようちえん(野外保育)に3日間行きました。

息子はようちえんの場所、小金井公園について、自然の中に包まれて・・・
「なんだか、目から涙か出てくる。。。」

きっと、感情とか全て通り越して、魂が感動したんだと思う。
2年間の森のようちえんで、じっくりと身体に吸収していた自然の栄養が、知らぬ間に枯渇して・・・森に入った途端に溢れるように染み込んでいったんだろうなあ・・・涙

形のない、言葉で表現できない、自然の栄養。
当たり前にいただいていると、存在に気づかないもの。
なくなって初めて気づく、「何か」。

実は、新学期が始まってから、その「何か」の足りなさに息子本人が気付いてしまったようなのだけれど・・・

瞑想なんかして、間接的に取り入れる方法が必要なのかも・・・

娘も3日間の「自分がいなくなってしまった学校」をとっても楽しんだ様子。
ふたりにとって、とってもいい時間だったと思う。
帰ってきても、仲間がいて、新しい場所でも、自分の生活がある。
複雑な気持ちだろうけれど、懐かしい笑顔に会えるのって単純に嬉しいものだから。

東京では学校以外の友達や、兄家族とも時間を過ごし、実家へ。
私にとって何十年ぶり?の地元の夏祭り。
妹が子どもたちとやってきてくれたりして、ゆったり過ごして・・・

いとこと、その娘2人と一緒にムンバイへ戻ってきました。
by nu2meg | 2016-08-29 15:30 | 日常

インドから英国を訪ねたら・・・

夏休みが6月にスタートし、終業式?(あったのか?ってくらいだけど)の後にさっさとイギリスへ10日ほど行ってきた。

まだまだ超暑くって、体感温度42度の世界だったムンバイ(気温自体は毎日33度前後なのだけど)から、涼しいイギリスへ。

今回久しぶりに、家族揃ってイミグレーションを通過したら、なんと!私のイギリスの永住権がまだ有効だと判明。(イミグレのスタンプの押し方でその有無がわかるらしいのだけれど、海外へ4年以上離れてしまうと、永住権が無効になるらしいと聞いていて、その一方で、ちょくちょく帰国していれば、有効かもしれないという噂も聞いていた。今回は、将来的に返ってくる気があるのなら調べてあげると言われ、有効なのが判明。

今後は、スタンプの押し方が変わるから(永住権があって、入国しますという印)本帰国が決まっても問題ないはずと言われた!(もし永住権切れていたら、家族がいても、子どもがいても、不動産持ってても、入国拒否だってありえるから、一度入国拒否を体験している私としては、このイミグレオフィサーが天使に見えた。笑 なんてったって、イギリスに本帰国するときには、ローレンスは仕事を辞めて無職で帰るだろうから、公立の教師ですらビザを取るのに十分な収入がないと見なされるような厳しい審査に通るのは結構難しいと覚悟していたから。)

日本に住んでいた時、イギリスに帰国しても、「懐かしい」の一言だったけれど、今回、インドからイギリスに帰ると、

「うわー。綺麗!ゴミがない!(日本よりは十分ある!)。緑が綺麗!綺麗な建物だよねー」

と子どもたちもイギリスを大絶賛。
身体中に自然の美しさが染み込むような・・・・(笑)

イギリスは寒くって、雨もたくさんだったけれど、モンスーン前のムンバイから来ていたら、ありがたいくらい、気持ちいい。もちろん、寒くて寒くて、現地の人がTシャツでいても、私たちはジャケット羽織ってないと寒かったんだけれど・・・笑

「今までと見えるものが違う。」

すべてのものが、どう見えるかは「自分の心」がどう見ているかなんだなとつくづく。笑
だからって、インドが嫌なわけでは決してないのだけれど、ゴミはごめんなのよ。

そして、義理の両親の家で私と子どもたちは 愛猫ナツメグとの最期の時間を過ごした。
ナツメグは私たちが滞在中には、私たちのベッドルームに来て夜を過ごしてた。結局その後、8月の上旬に息を引き取ったのだけれど、18−20歳だった。(レスキューホームからもらってきた猫)

今回、約2年ぶり(去年は網膜剥離で帰れなかったから)に私はイギリスに戻って久しぶりに会うナツメグは、体いっぱいを使って呼吸をしていたので、心臓大丈夫かな?と思っていたのだけれど、結局、もう心臓が寿命だということだった。

彼女は亡くなる数日前に、雨の中庭にずっといたらしいのだけれど、彼女が選んだのが、薔薇の低木の下。びっくりしたのだけれど、そこは、義母たちが飼っていた猫たちのお墓にもなっていたところで、きっとナツメグはそこで最期を迎えようとしたのだと思う。

その後、食べないことを選択したナツメグの覚悟を聞いて、覚悟ができているなら、あと一度クリスマスに会いたいと思っていたけれど、それは無理なんだなあと、安らかにあちらへ旅立ってくれることを祈った。

号泣していたのは、懐妊と共にナツメグに見守られていたポピー。
ナツメグは私が妊娠を知る前に、ちょうど懐妊と同時に私のお腹の上で寝るようになって、(それまでそんなことはなかった)妊娠期間中、1日も欠かさずにポピーと一緒に寝ていた。そして、ポピーの魂が身体に入ってきた時も(私の夢の中での出来事だけれど、ナツメグは感じていたらしく、すごいタイミングで早朝に大声でミャオーと鳴いたり!)

最後の最後に、スカイプでナツメグを映してもらって、私たちはお別れをしたのだけれど、本当にこの夏、ナツメグに最期に会えてよかった。きっと、最期に会えるのを待っててくれたんだろうなと思う。

話が飛んだけれど、義理の両親の家からロンドンへ行き、ホテルに3泊。
懐かしい友達に会って、それぞれ子どもたちの成長に時が経ったのを感じつつ、ロンドン観光もして、イギリスのユーロ離脱が決定したというニュースとともに、ムンバイへ戻ってきた。
by nu2meg | 2016-08-29 14:47 | 日常

夏休みの宿題 お勧めの本

あと数日!で仕上げさせなければいけない夏休みの宿題!
ほんとうにもう、お決まりというか、最後までバタバタ・・・な我が家。
今日、英語キャンプ4泊5日から娘も戻ってきました。

日本に住んでいる以上、半強制的にでも英語環境を作らねばということで、このキャンプも3度目の参加。
明日から始業式までの4日間。
実家から帰って来てまる3日間。
イギリスから帰って来て実家に帰るまで(および従妹達が帰って私たちだけになる)5日間。

この12日間が娘にとっての夏やすみの宿題の日。
今回は、終業式翌日から小学校のサマーキャンプ3泊4日、キャンプから帰ってきた日の夜には午前様のフライトでイギリスへという過酷なスケジュールに始まり、睡眠不足で駆け抜けた夏休みでした。

・・・・というのも、彼女は実はすごーく夜型人間で・・・
普段は7時半とか8時に寝ているというイマドキ4年生にはおどろかれる早寝早起きだけれど、それは幼い時からいつ寝ても早朝に起きるから習慣づけさせたもの。

実は徹夜できちゃう人なので、幼い時から飛行機でもほとんど寝ない。(息子は飛行機でもちゃんと寝れる)
しかも、日中はやる気がなくて、夕刻になってから宿題スイッチが入る・・・せっかくなので、休み中だしということで今回、夜型人間OKで宿題してました。笑

といっても、うちの小学校の宿題なんて大したことないのだけれど(しかも、毎日という名目の日記はほとんど無視していらっしゃる)今回は、戦争に関する本もしくは今西作品(ひとつの花を勉強したので)を一冊読んで、あらすじ感想をかくというものがありました。

サマーキャンプ中、2日早く主人と息子がイギリスに行き(キャンプを考慮せずに計画立てちゃってたので主人は先にいく必要があって)私が一人を満喫することが出来たつかの間の時間、むすめのために本屋さんへ。

児童の戦争本コーナーを物色するもいまいち乗り気がせず、ぼけーっと単行本に目をやると見つけたのが、「戦火と死の島に生きる」という本。どう考えても難しそうながらも、ふりがなあるし・・・戦争が広島や長崎だけでない、太平洋の島々も激戦区だったことも知るべきじゃあ? なんて思い、これにすることに。
*今こうやってネットで検索してみたら、中学生から一般へ向けの本だったとわかる・・・ははは・・・ただでさえ小学1年レベルの娘にはありえん選択だったわ。

でも、帰宅した娘に打診すると、「ええーっそんな、大人みたいな本で、しかも死の島とかこわいからやだー」で終わる。 や・・・やっぱりね・・きたいはしてへんかったけど・・・

そして帰国後。
従妹が留守中におうちのお世話も兼ねてきてくれていたのだけれど、彼女とも何がいいかなあーなんて話しながら、ネットで検索していると 当時9歳だった男の子が空腹に耐えられず、つい弟に配給されていたミルクをのんでしまったら、おとうとはやがて天に召された・・・という体験を描いた本があり、年齢も同じだしいいかも!と娘に打診。

すると従姉の子ども(3年生)も一緒になって、「そんなんやだー、戦争なんていやだー・・」となり・・・実は今、日本は結構やばくて戦争絶対しませんって言っていたのを、必要とあらば戦争もしますと言い出してて微妙なんだよね・・・という話に発展。こどもたちはそれは絶対にないでしょ?だめ。誰も望んでない!と半べそ。 (その後、日常生活で「自分だけが正しい」といういいあいが続く以上、大きい社会の戦争はなくならない!」とまで話しは飛躍。実は学校で戦争のことを習ってきた時も、娘の中ではイギリスと日本が戦争したら自分がどうなるのか、ということがすごく気になってしまっていろいろ思うことがあるらしい)

結局、娘としては、弟が死んじゃう話ならば、私が購入した本がいいということになり、一緒に読む事に。
ところが、思った以上にやっぱり難しく・・・ほぼ朗読状態。
まあ、いいや、考えることに意味あるトイウコトにしよう・・・と、ときどき読んでもらってというスタイルですごーく時間をかけて本を読んだ。喉かれるーっといいつつ。

でもそれが思っていた以上に素晴らしい本で、もう大感動。
マザーテレサみたいじゃない?この人!なに、このすごさ!と、内容がすごく実際には生なましかったりするのだけれど、いや、彼女の人間的なすごさに圧倒されて、続きが知りたくてたまらないという感じ。

本もそうだけれど、本当にいいものが有名とは限らなく、まったく無名に近いのではないかと思うけれど(それも失礼ですが・・・お盆休みに実家に持って帰って家族で読み回ししてまたみんなで感動してたのだけれど、戦争モノかなり読み漁ってる兄も知らず)いやあ、本当に本当に、素晴らしい本。

かいつまめば、
著者、静子さんは赤ちゃんの時に南洋開拓移民としてご両親がタヒチ島の隣のテニアン島へ移住。ご家族はすごく苦労をして島を開拓。戦争が始まって自分にもなにができることがないかとタヒチ島へ渡る。その後タヒチも空爆にあいはじめ、民間人はみな山へ逃げるのだけれど、彼女は傷ついた兵士さんたちを看病始める。敵は上陸するが、本人は野戦病院へ行き、看護婦にしてほしいと申し出る。(18歳)玉砕命令が出て、隊長などがどうにかして逃がしてくれようとするが、静子さんは迷いなく手榴弾で玉砕を試みる。でも目の前にいたアメリカ兵に助けられ、収容所に・・・。その後、無数の無縁仏を埋葬してあげる作業まで・・・

戦場に女性がいたということもすごいし、玉砕までしながらも生き残り、数年前まで生きていらっしゃったとうこともすごい・・・。兵士たちの姿勢とか心の中に触れながら。。アメリカ兵すらも日本人の自決した家族を見て涙していたという姿とか・・・ でも何よりも彼女のありさまにすごく感動しました。そして、そんな人だから、まるで神の恩恵を受けるように命を助けられ、奇跡的な再会もし、戦後を生きたのだろうなと思います。(モトモトは古い本なので、もうちょっと早くこの本に出会っていたらご本人の活動にあえたかもとすら思ってしまいます)

ちなみに私は名前すら聞いたことがなかったテニアン島ですが、ここから、あのB29が飛び立ったそうです。
・・・ということで、なにかというと、「そんなことじゃ、静子さんに笑われるよ。」みたいなことを娘に言い聞かせる私・・・笑 自戒をこめつつ。汗


ということで、あと数日です。
by nu2meg | 2014-08-27 22:11 | 日常

乳がん健診

先日届いた、無料で検診出来ますという市からのクーポン。
ゴミ箱に直行〜(検診対象年齢で行かなければ、再度配給されるシステムらしい)

発見されるのが怖いとか言うわけではなく…
ガンの早期発見が良いとも思ってない私。

今日び、周囲はがんと宣告された人で溢れてて、乳がんを克服している友だちもいれば、闘病中、また回復と再発を経て天に召された知り合いもいる。
乳がんではないけれど、西洋医学に頼らずにガンを完治させた友達もいる。

いろいろ調べると、ガン患者さんが死亡する理由は荒い治療の副作用。(死亡理由はまちがっても副作用とかかれないけど)高額医療費を請求できるガンの治療と言うのは病院には都合がいいので治療可能な体力の持ち主であれば普通にワナにはまってしまう…

でも、抗がん剤と放射線治療では、実際には医学的進歩はないらしい。
外科的な切り取りによる治療と言うにはそれなりの効果があるので、医療技術の進歩だーっと西洋医学万歳に見えるけど…
ホリスティックに病気を見た場合、「根本」が解決しないと再発しても不思議じゃない。

ガンといえば、憎しみという感情が大きなテーマとされている。
感情だけではなく、日常生活のストレス、住環境、空気、水、食物…などなども。。。
いろいろ含めて、同じままだと術後の再発の可能性は高いと思う。(実際には、自分に向き合うこと、周りの愛に気づくことで、無意識のうちに課題克服の道を進むこともあると思う)

話がそれたけど…
がん細胞は毎日生まれていて、臓器を護る働きをしている。
レバーフラッシュ推奨のアンドレアス氏の本で読んでなるほどーっと思っていた。調べてみると日本語でもこんながん性善説を説いている本がありました。 といっても、本は読んでなくてサイトでざっくり目をとおしただけだけど。そういえばアンドレアス氏も時々風邪やインフルエンザで高熱を出して解毒と言ってました。


予防接種のフリークーポンと同じで、配給されると貰いに行く人がほとんどだと思うけれど、もう一つ、ゴミ箱行きの理由がある。

それはマンモグラフィーによるガンの促進化と、誤診によるガン患者化を避けたいため。
自分の文章で説明できるほどでないので、こちらもリンク先参照に… 翻訳エンジン使ってて非常に読みづらいけど、膨大な量の興味深いリンク情報付き〜 笑

と言うわけで… 不必要にガンを怖がらないで、高熱も歓迎しましょう。
また、フリークーポンには少し慎重に。笑
by nu2meg | 2014-05-28 23:41 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る