2018年 10月 12日 ( 1 )

こころの置き所。

申し訳ないけれど、アメリカを「旧先進国」だと認識した途端に、気分がスッキリした私。

決して生活に不満があるとか、好きとか嫌いとかいうレベルではなく。
単純に、今まで見てきた場所、住んできた場所と比べると・・の問題。

インドを去る前、伝統の超生粋なアストロジーが読める友達にバースチャートを読んでもらい(西洋アストロジーの源だけど、かなり違ってた)、言われてすごく納得した私の一面のひとつ・・・
「女王のようにも、修行僧のようにも生活ができる」
なるほど・・・確かに・・・。
キャンプ生活もラグジャリーホテルも同じくらい好きだわ。


個人的にはマンハッタンのど真ん中のサービスアパートには1ヶ月しか住んでいなかったし、NYを語れる立場にはないけれど、NYCから引っ越してきた人たちの多くは、「ああ。素敵なところに引っ越せて本当に正解だったわ!」という街に住んでいる。笑 
たまたまNYやNJ以外の州、外国から引っ越してきた人には、同じような意見は聞かないけれど・・少なくともNYCの郊外に住んでいても、通勤にはとっても時間がかかるし地下鉄が信用ならないという目で見ると、サミットに住んでいる方が全然便利という思考にも直結する模様。

実際にサミット自体は街としては結構いいと思う。
NYCを歩いて、ここに住みたい!という愛着は全く抱かなかったし。
それに比べれば生活の質が良さそうなサミットは、ここなら安心かなと思えた。
「うわーこんなお家住んでみたい!」と思えるような素敵なお家もたくさんある。(けど市場になかなかでないし駅から歩ける距離にはそんなに超素敵物件は存在しないとわかった)

でも、だからといって、100%サミット地元民のようにサミット・ラブラブになれるかというと、どうかな・・・笑 


  こころをどこに置くかで、ものの見え方が違ってくる。

例えば、絶対にいいに違いないと思って購入したものが、全然ダメダメだと勝手に裏切られた気分になるし、騙された気分になるし、お金の無駄遣いだったと自分に腹も立つ。

そこには投資ももちろんあるけれど、期待があるから。

世の中の多くのものが、レビューを参考にして成り立っているから、アマゾンレビューだってかなり捏造されているらしいという現状を知ると、やっぱりねで済むけれど、知らないで100%信じちゃうと、期待は裏切られる。

でも、プロダクト自体はなにも変わってない・・
どっちから見るか。それだけの違い。

生産者が使う人の気持ち、食べる人の気持ちを考えたものは、基本的に良品質。
少なくとも伝統的な日本では、ものつくりの裏側にその心があると思う。
だから、それが無いものに出会うと、どうしても、納得できない裏切られた気持ちになる。多分、日本ではそんなのじゃ商売はやっていけないシビアさもあると思う。

この間も、ファーマーズマーケットで、買った豆とりんごが大外れ。あまりにも酷かったので、もう2度とあの店にはいかない!と思ってしまった。(凄く美味しいものにも出会えるんだけどハズレも何度もある。1度のハズレで不良店だと限定しちゃうともうあまりお店残ってないかも?笑)

商魂だけでの商いは信頼を生まない。セカンド商品をトッププライスで売りつけるなんて以ての外。でも、店側はお金になればいいのだろうし、翌週にその時には腐った野菜を持ち込んで、先週のこれダメでしたというお客もいないに違いない。

ここでは信頼とか必要ない商いが多いのかもしれない・・・(あの、高級オーガニックスーパーのホールフーズですら、古くなったパンを平気でフルプライスで売ってるし。返品した時に当たり前のように謝らずにリファウンド。商いとしては不要ね、じゃあ返金しますでいいのかもしれないけれど・・・個人的にはそういう良心にかける商売自体にがっくりしてしまう)大切なものが欠けていると感じるし、それで普通だという社会に住みたいかと聞かれれば、遠慮したいというと思う。たまたまかなーと思って何度か失敗したのでもう2度とあそこでパンは買わない。(ホールフーズは素晴らしいって盲目的な人も多いから、あえてこれは何度も言わせてもらうわ。)

こういう「目に見えないメンタリティー」を受け付けない自分がいる。
でも、それを盲目的に受け入れろというのはまた違うと思う。

イギリスには、多分感じなかった新しい部分なんだと思う。
もちろん、別のことではイギリスで受け付けない部分があったと思うけど・・・うーん、なんだろ。ちょっと内観しないとわからないけど。やっぱり日本人と英国人は島国らしくどこか似てるんだろうな・・。


さて。サミットの街が昔から地元民に愛されていて、今でもそうであるように、私みたいにその町の名前すら3ヶ月前には聞いたこともなかった街、そのものは、何も変わっていない。多分、ほんとに数十年ずーっと同じ雰囲気なんだろうと思う・・・笑


   付随する感情って結局心がどこにあるか。それだけ。

別の例を出せば、結婚も子育ても。
シンデレラストーリーの結婚イコール幸せ、ハッピー子育てのイメージが強ければ強いほど、何か違うんじゃないかと思えて、気づけば自分が不幸に思えてくる人が多い。

誰が植え付けたとも言えない「勝手な思い込み」に心が揺れる。
でも心がそれに気づかないと、思い込みなのに現実になってしまう。
どんどん不幸になってしまう。


   そこで心に振り回されないでというのがヨーガの教え。


電車が時刻表通りに走るのが普通だ・・・は、先進国としては当然よねという思い込み。
しょっちゅう故障や事故でキャンセルや遅滞・・・は、まあ旧先進国なら仕方ない 笑

まあ、よーく考えれば、いまだに車掌さんがいちいち切符切ってるところだからね・・
しかも、定期券は月初めの1ヶ月始まりでしか購入できないというところだからね・・・
そもそも先進国にカウントしているのが間違い。
遅滞キャンセルなしという日が多分、1日もないだろうと思われるサービスに・・。
(*注 私自身は引っ越してきてから一度も電車に乗ってない。笑 毎日通勤する主人よりも反応しちゃってる自分に笑ってしまうのだけど、こういうところ、本当に日本人だわーと思う。笑)


はあ。思い込みを徹底的に手放すためにアメリカにやってきたのかーぁ。

まさにヨーガの修行の一部だわ。

こころの中の思い込みに惑わされないように、まず思い込みに気づくこと。
思い込みを愛で包んで変換すること。
言葉で言うと簡単だけど。


そういえば、インドに住み始めた時に「ここでは逆らうと不幸せになるから、逆らっちゃダメよ」と言われたっけ。


やっぱり修行もその一歩先かぁ・・・笑
順を追ってる感はあるかも・・・

[PR]
by nu2meg | 2018-10-12 02:01 | アメリカ

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧