2018年 08月 28日 ( 1 )

スーパーマーケット

アメリカのイメージ・・・そういえば、どでかいスーパーマーケット。。。が1つだった。

コストコ・・今度住む場所からも近くにあるってことで、ちゃっかりメンバーになりました。(日本で友達に連れてってもらったことがある程度しかしらないけど)

でも、生鮮食品(肉や魚は試してないので野菜や果物)は超イマイチだと判明。
ベーカリーもイマイチ。バゲットはまあまあ?
この週末、どでかいマフィンを6個入り×2=8ドルくらいの、買ってみました。
夕飯後だったから、この大きさは食べられないね・・・と1個を4分の一ずつに・・・

みんなでマジマジ眺めながら言いました。
「これ、1人で一個どうやって食べるんだろう?」
「ねえ、12個もあるけど、どうするの?」
・・・・
とりあえず、3個残して冷凍庫へ・・・当分食べたーいという気にならないかも。。。
サイズ感は、英国サイズの2倍弱ってところかな。
日本サイズなら、3分の1でも大きいかも・・・笑

これをお得とみるか、無駄とみるか・・・
思ったよりも使えないかな?
コストコではかなりピンポイントでのお買い物になりそう。


アメリカに来て、とりあえずマンハッタンで驚いたのが、スーパーの少なさ。
結局、ホールフーズマーケットという高級オーガニックスーパーか、トレーダージョーズという自社ブランド系オーガニック?スーパーくらいしかなく。(もちろん韓国系とか中華系とかあるけれど)ウェイトローズとまでいかなくても、セインズベリーでいいから・・・恋しくなる英スーパー・・・

ホールフーズはアマゾンの傘下。
お家探し中に、ネットオーダーでデリバリーされている家をたくさんみました。
自社製品365シリーズ(日常使いしりーず?)はそれなりに安いものもあるのだけれど、基本的にお値段高め。ロンドンにもあるから、まあそのイメージ通りなのだけれど。ちょっと買い物したら、これってもの買ったわけじゃないのに一気に5000円札飛んでいくデパ地下レベルです。

ジャガイモも玉ねぎもトマトも大玉一個1ドルって感じ。
野菜だけでなくパンも日本並みに高い。その上、結構古くなっていても平気で売っていて、何度もがっくりした。(徒歩5分以内のブライアントパーク店で。都心部だから回転率いいはずなのに!)

アメリカって小麦粉がそんなに高いのか?と思ってみてみると、結構高いのねー。イギリスの方が小麦粉もパンも安いわ・・・最近は、すーぱーのパンのレベルも上がってるし・・・
でもホールフーズの素敵なところは、デパ地下レベルなので綺麗。とにかく清潔です。嫌な匂いもないし、お花とかは日本より安くてまるでインテリアのように陳列されているから、イメージも良し。他の店で買える同じ品物が平気で2倍で売ってあったりもするけれどね。


ちなみにパンといえばベーグルだけは、断然素晴らしいクオリティ!(特にちゃんとしたベーグル屋さんのベーグルは最高!)しかもベーグルだけなら1個1ドルくらいで買えます。サンドイッチにしてもらうと、大した中身でなくても一気に4ドル以上に跳ね上がるけれどね。(しかもクリームチーズ多すぎるので、私はお店でサンドイッチ系は好きじゃないかも)

地下鉄で観光含めたお出かけするたびに、ちょっと郊外な町のスーパーに寄ってみていた。どうやら結構メキシコ系スーパーが多い感じで、中で飛び交う会話もスパニッシュだったりする。

街中だから今一歩なんだと思っていたけれど・・・
共通点は、魚肉臭い・・・清潔感に欠ける・・・

地方に行けば、どでかいスーパー?と思いきや、まあ、でかくても、今一歩。やっぱり清潔感に欠ける系が多くて、ほんとにざーんねん。
でもすごいなと思うのは、そういう雑多なスーパーですら、普通にお醤油とか酢とか日系な食材も買えるということ。インドでまったく日本食材が入手できなかったという状況からすれば天国?英国でもそうだけれど、ホールフーズとかなら、たまり醤油とか買えるしね。

でも昨日、英国ならテスコ?モリソン?レベルのスーパー発見。笑(決して高級感はない、普通の庶民スーパー)Shop Rite というチェーン。モールの一部に・・・
うわ。品揃えがまとも!とか、値段もたかすぎずいいね。という感じ。
それだけでちょっと普通の生活ができそうな気持ちになって来た・・・笑
小さな幸せとはこのことね・・・笑

まだよく分かっていないけれど、アメリカのショッピングモールって、なんだか不思議な作り・・確実に言えるのは、妙にソファとか充実しているので、あまり用事のない人とか買い物に興味のない男性が時間つぶしには超のーんびりできそうな空間があちこちに・・・(その感覚がなんともいえない??冬は寒いからモールの中を「歩く」モールウォーカーがいるとか、いないとか?)

ちなみに、日本人に人気らしいトレーダージョーズというスーパーは、なんだかイラストとかは妙にかわいいのです・・・。手書きであったかい感?マンハッタン内の2店舗しか知らないけれど、ペット用品はいいもの選んである感が。レジの列の先頭に踏み台があって、そこに人がたっていて、空いたレジに誘導してくれる・・・という超クラッシックなマニュアルな感じ・・・こんなの、今時ありですか?という・・・しかもニューヨークのど真ん中・・・笑
一方のホールフーズは、電光掲示板で次は四番レジへ・・という誘導だからね・・・

英国でいえば、M&S。自家製商品中心。
清潔感は、残念ながらM&Sには及ばないけれどね。


ホールフーズでみつけた懐かしいアイテムは、このティーチーノ リンクは下へ↓。
ロンドン時代に見つけて以来愛飲してるコーヒー風味なハーブ飲料。ロンドンでもみかけなくなって、iherbで見つけて、ずっとiherb経由で買ってた。
まさか原産国に住むことになるとは! iherb 愛用品はやっぱりiherbで入手かな?インドからオーダーは気が引けてしなかったので(関税とかすごく取られそうだし。笑)再会気分!

原産国・・・といえば、驚くことに、こっちの百円ショップ的な所で見るものも、中国産よりもアメリカ産がいっぱい存在するということ・・・例えば、安いプラスティックのハンガー・・・普通、中国産のイメージだけど、Made in USA。こんなに人件費の高い場所で・・・って、まあ機械で大量生産にはちがいないのだけれど。田舎は工場だらけ?

ちなみに大抵はスペイン語と両方のバイリンガル表記。これだけでもなんだか、知らなかった合衆国が見えて来そう・・・
DKT935 で10%オフになります


[PR]
by nu2meg | 2018-08-28 00:31 | アメリカ

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧