2018年 08月 22日 ( 1 )

アメリカの現実

b0027781_22323791.jpg

じゃーん。これです。私が訴えていたの。

まさに!
駅です!

プラットフォームすらない!!

流石に驚きました・・・
線路に降りるなんて。。

ニュージャージーの賃貸物件の入居日まで一ヶ月の空きができてしまった私たち、気分はすっかりバックパッカー時代。先行き見えず。でも子連れに猫連れ・・・

マンハッタンに1ヶ月いて、都会はもういいやーって気持ちだったこともあるし、月額レント200万とか自費で払えないので、別にステイする場所を探していました。

でも猫がいるということもあって、本当にこの猫オッケー物件を探すのが難で。

あ。ちなみに、これから住むことになる賃貸物件を探すのも、猫がいるということで、すごく難でした。猫がいなかったら、別の物件に住んだだろうし・・・だいたい、賃貸物件そのものが少ない。そして少ないので需要がある分、割高。マンハッタンから1時間弱離れても、家賃が1カ月50万円弱の予算でも、ろくな物件がない。。。

でも、物件のセールス価格は明らかにマンハッタンの方が高いから、賃貸じゃなくて購入した方が、断然良い物件に月額的には安く住めることになるという感じ。

とにかく、思った以上に住む場所(エリア)を決めることも、住む家を決めることも大変だったー。


猫オッケーして良いけれど、家賃割り増しで・・・というのがお決まりパターン。
しかも、そうやって口でリザーブされて実際の契約に進もうとしない家主とかもいて(結局そこは諦めた)なんだか商売根性だけしか見えなくて、嫌な気分。


そんな中の、この隙間を埋める短期物件。
airbnb とか、あっちこちの短期物件に問い合わせても無理。見つかっても、え・・・これって・・・な感じ。(ガラの悪いエリアの酷い物件ばかり)

最終的に、このニューヨークから車で1時間の湖畔の別荘地に来たのだけれど、ここも最後までリザーブかけられていた感大あり。多分、予約が入らなかったから、ダメだと断ったけど、大丈夫ってことにしようとしたような・・・

それでも、ステイできるというだけでありがたく。笑
決して安くないけれど、目の前が湖という立地条件もいいし。

電車だと、これから住むサミットという町経由で、ニューヨークから電車で2時間弱。

昨日はたまたま、娘の学校の用事があってサミットにタクシーで行き(電車の本数が少なすぎて、選択肢なし)帰りは1時間待てば電車があるというので、電車に乗ってみた。

で、帰ってきたら、この駅が最寄り駅だったというわけ。

そりゃ、別荘地だもの。誰も電車で来ないよね。
ニューヨークからの所要時間も半分で来られる車で来るよね。
みなさん、車の上にボートとか乗っけて悠々と湖畔遊びにきていらっしゃる。

需要がないから・・・駅も無人だし。
っていうか、え?これが駅??
これまでいろんなところ旅行したけれど、こんなの初めて・・・

プラットフォームないって、思いっきり自己責任の世界・・・
安全基準とかないんだ・・・恐ろしい・・

地図で見ると、近くには、軍の基地はあるね・・・

学校の申込書にもあった項目。
「軍で働いている家族はいますか?」

え? それが何に関係するわけ?

やばいわー。この国・・・
税金の行き所が。。。

アメリカ素敵とか、先進国ナンバーワンとか・・・
自由の国とか・・・
すべてメディア操作だったのか・・・
騙されていた感たっぷりー。

ヨーロッパと合衆国、生活の質の差大きいわー。
それに・・・東南アジアとかアジア圏は時とともに開発も美化も進んでる感があるけれど(ごめんけどインドは除く)ピークが昔だった感・・・大きい。 東欧はピークが昔で廃れた感があったけど、西欧はピークが昔でも大切にキープしてる心の豊かさがある・・

そう。心の豊かさ。。。
心が豊かなら、身の回りも整えるし、家周りも、近所周りも、整えるよね・・・
(幸い、サミットはちょっとポッシュな街だけあって、整ってる雰囲気は充実してると見受けてるけれど・・・?どうかな?)

そして、子どもが生まれてからこーんなにも24時間46時中まとわりつかれたっけ?というほど、特に友達もいない、社交生活もない、密度の高い親子3人のまるまる3カ月の夏休み、あと2週でようやく終わりそう。笑 夏休みが3ヶ月って長すぎる!!!

*ローレンスはこの別荘地に来てからは、月ー金はマンハッタン、週末だけ帰って来てます:月曜朝は4時に家出て・・・笑

早く「自宅」のある生活したいー。
とはいえ、この賃貸物件、驚くほど選択肢がなかったから、消去法で選んだ残念物件でもある。

本当は、ニュージャージーらしく、お庭のある一軒家に住むはずだったのに・・・涙。集合住宅(コンド)です。笑えるほど、内観時に家族の誰1人もが「住みたい」と言わなかった物件。何だかキッチンが臭かったらしく(私には気にならなかったから、多分魚系の匂い?)子どもたちは、「ねえ、早く出ようよ」としか言わなかったから、その家に引っ越すと決まったときにも、「ええー!あの臭い家?」

・・・そんな印象しかないけれど、それでもベストの選択。なるようになるでしょう。笑


[PR]
by nu2meg | 2018-08-22 23:33 | アメリカ

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る