人気ブログランキング |

2004年 12月 30日 ( 1 )

スマトラ

スマトラ島沖の震源地から、そう遠くない場所にバックパッカーとしてステイしていたことがある。

BUNGUS BAYと言う場所から、小船でほぼ無人島な島に1週間ほどいた。
ちいさなバンガローが1つだけあって、もちろん目の前は透き通った海。
数日に一度、バックパッカーがランチブレイクに寄る島だったから、おじさんが1人。そして男の子が1人、一応管理のために住んでいた。英語が喋れない彼との会話を思い出す。。。

男の子はよく、ソソクサと椰子の木に登って、椰子の実を取ってくれた。
ゴーグルもなく、素もぐりで輝く熱帯魚を楽しんだかと思うと食べ物になりそうな魚を捕まえたりもした。その彼に、ゴーグルとフィンを貸してあげたとき、水の中の世界の違いに彼が驚いて興奮していたのも懐かしい。


地震のニュースを聞いて、思い出に残っていた風景がサーッと波にさらわれていくのを感じた。ペナンやプーケットというリゾート地なら、どこの国の人々が何人ステイしているか・・・簡単に割り出せるかもしれないけれど、小さなバックパッカーが寄るような村でそんなのはありえない。

海岸線の小さな村の様子がすーっと浮かぶたびに、アジア各地で見た、力をあわせてみんなで網を引く様子や、小船でつりに出かける漁師の姿、まったるい眠りを誘うような空気の中で、マイペースに生きる人々の笑顔を思い出す。こんな状態の中でも、生き残った人々は健気に作業をしているのかもしれない・・・


世界レベルで、何か大切なものに目覚めるための大きなシフトだったのかもしれない。
犠牲になった方たちの冥福を祈って・・・
by nu2meg | 2004-12-30 17:52 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る