チェルシー・フラワー・ショー

b0027781_15591635.jpg昨日、チェルシーフラワーショー(庭と花の展示)に行ってきた。イギリスにはいくつかフラワーショーがあるえれど、チェルシーのが一番大きくてハイクオリティ。BBCでもシリーズで放映される規模なのは、やっぱり英国人が庭好きであると証拠かもしれない。

ガーデン・デザイナーが「庭」を作っているのを鑑賞したり、専門の花をつくっている花農家が、その最高クオリティのものを展示したり、その他、ガーデニング・花・庭関係の店が連なる。

b0027781_1635735.jpg私たちのチケットは、3時半から8時までのチケットだったので、朝は早く「工事現場」に向かって、数時間で帰ってくるつもりだった・・・のだけど、結局帰宅は5時間強後・・・。シッターさんが来てくれて(5歳以下の子は入れない)、さっさと夕飯を作って、ローレンスが帰宅して3時ごろ出発。

b0027781_16435880.jpgところがローレンス、地下鉄に乗る直前に、「しまったー!配管工事の職人に言い忘れた!」と・・・帰宅前に工事現場に寄った際に、何か打ち合わせしていたことに大きなミスがあったことに気づいて・・・。再度工事現場に戻っていき、私は一人で先にでかけた。こんな状態じゃ、フラワーショーどころじゃないんですけど。。。と思いながら。

b0027781_168053.jpgでも、行って見ると、やっぱり花は綺麗で可憐。ショーガーデンは、ある意味で人工的で、実用的じゃない・・・とも思うのだけれど、だからこその風景もある。(数年経ったら、強い植物が占領してしまうな・・・みたいなものも多いから)

エコブームとあって、エコガーデンが多かった。花も雑草的なネイティブプラントがたくさん利用されていたり・・。もちろん、改良されたものばかりをふんだんに使っている、モダンな庭もあるのだけれど。小さなスペースに、敷き詰められた花たちを見ると、私たちの小さな庭だって、工夫次第だなーっとも思えてくるし。行ってよかった。

b0027781_16202745.jpg帰る直前、フラワーアレンジメントの展示場に行って、コサージュをつくってもらっていたら、隣のブースがお片づけ・・・ということで、ローレンスがブーケを貰ってきてくれた。他の色の花もあったのに、なぜか全て白で、ガーベラづくし!フラワーショーでは、最終日に展示の花が売られるのだけれど、平日に花は買えないから、私のもらったブーケは、みんなの「どこで手に入れたの?」という視線を集めてました。

昼寝をせずに、遊び疲れたポピーは、お風呂の後に本を読んでもらっていて、そのまま7時に寝たそう。やっぱり昼寝はするなら、ランチ前。それを逃したら寝させない・・・のが良いかも知れない・・・
[PR]
by nu2meg | 2007-05-24 16:33 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧