人気ブログランキング |

マミーが倒れ、ポピーも??

ポピーの高熱の原因は、インフルエンザだったみたい。

というのも、月曜の夜、私は悪寒が始まり・・・布団を何重にもして、湯たんぽ入れて、それでも寒い寒い・・・という状態。

火曜日は、ほぼ一日中寝て過ごした。
熱は38度5分くらいだったけれど、ほんとうにしんどかった。関節はジンジン痛いし・・・
出産以来の辛さと言う感じ。思わず、「うー、あー。」と声が出るような・・・という意味で。

でもホメオパシー(ジェルセニウム・ルストックスなど)で毒出しし、こんなに寝てもまだ寝れる?というくらい寝たから、水曜日には微熱程度に熱も下がった。

さて、どうやってポピーのいる中、ほぼ一日中寝れたのか。
ローレンスが朝、遅刻していくからと10時半まで家にいてくれたというのが1つ。
そして、その後は、実は私は眠りこけてしまったのだった。

もちろん、そこには大きなリスクがあったのだけれど、私は正直、それどころではなかった。
体が限界だったから、ポピーの安否にまで気が回らなかった。

そして、まるでドラマの世界のように、その事件は起こった。

深い深い眠りから、ふと目が覚めた私。
まず最初にポピーはどこ?と、探すのだけれど、私の部屋にも、ポピーの部屋にもいない。

下にいるの?と思って、階段を下りた時、ポピーが目に入った。
まるで、階段から転倒してそのまま打ち所が悪くて気を失っているかのような・・・
まさに、そんな状態で、そんな位置に、彼女は横たわっていた。

心臓が止まるかと思った。

どうやら、ポピーは寝ていたのだけれど、実際のところ、何が起こったのかわからない。
本当に頭を打っている可能性もあるし、ただ単に階段で遊んでいて、疲れてそのまま寝てしまったのかもしれない。

ポピーは、その後ベッドに運んでやると、そのまま寝た。
それでも、ちょっと間して「もし意識が朦朧としているのなら、病院へ連れて行かなきゃ・・・」と、一応起こしてもみた。そうすると、まあ、特に異変はないようなのだけれど・・・

考えてみれば、もし大声で泣いたなら、その声はいくら寝ていても私に届いているだろうし、涙の後も残っていたはず。(でも打ち所が悪い場合って泣くまでもなく気を失う?)それに階段はカーペットで覆われているし・・・。私の深い眠りも、実際には30分程度だったのかもしれないし(ローレンスが10時半に出勤するとき、もうお昼だと思ってたくらいだし)

それでも、実際に何が起こっていたのかわからない。
異変に気付いたら病院へ連れて行くつもりだけれど・・。
どうか、そうする必要がありませんように・・・。

本当に、子育てと言うのは、大変なもの。
改めて思う。世の中のほとんどの人が親となり、大きな責任を果たしながら子どもを育てているのだけれど、みんなすごいなとも思う。ちょっと気を抜けば、子どもから安全と言う環境を奪ってしまう。

何もなければ、気にも留めないけれど、こうやって何かが起こると「ごめん」の一言で済まなくなる可能性だってある。ポピーはそんなことを教えてくれたのだろうけれど・・・ほんとうに、ただ単にそこで寝ていたのなら・・・そんなに紛らわしい場所で寝ないでよ・・・と心の底から叫びたい。

それにしても、健康第一。
たった1日寝込んだだけでも、病気になる事が如何に辛い事か。
そして、こんな辛くなるインフルエンザを、ただ高熱だけで排除してしまえるのはさすが、子どもだと思う。
by nu2meg | 2007-02-22 07:26 | 子育て

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る