人気ブログランキング |

言葉

b0027781_481414.jpg最近、言える単語が増えてきたポピー。
でも、気付くと圧倒的に「英語」ばかり・・・

完全にバイリンガルに育てるには、それぞれが「母国語のみ」で喋らないといけないというのが定説。
・・・が、正直言って、そんなの無理。私はちゃんぽんで喋るのが居心地良いし、多分、ここでの生活が続く以上、今更完全に日本語にはなれない・・・。

それに・・・小さい時に喋る言葉がずっと持続するとは限らないらしい。3歳ごろ親の駐在で外国語がペラペラだったという子も、その後日本に帰国したら普通の子になってて、あの発音はどこに消えたの?というくらい、完全に消えた・・・というケースも多いらしく、鍵は8歳ごろに喋っているかどうかと聞いたことがある。・・・ってことは、それくらいの時期に日本で数ヶ月過ごせば、基礎がある子なら、ちゃんとバイリンガルになるのかな?ミックスの子は聞いてわかっても、英語で答えるという子が多いし・・・。(日本ではハーフというけれど、こっちではミックスと言う方が親切)もちろん、ミックスでも子ども達は完全に日本語も英語も使えるという素晴らしい子達もいる。(本当に尊敬するよ、ゆきちゃん・・・)

b0027781_485340.jpgまあ、言葉はあくまでも気持ちを伝えるためのツールだから、「気持ちを伝えたい人」がいるなら、使いこなす努力もするというもの。
要は、ポピーの日本語が成長するかどうかは、おじいちゃん・おばあちゃんを始め、日本語でしか会話ができない人たちと、ポピーが会話したいかどうか・・・ということにしておこう!(笑) 

私だって苦労して、英語をツールとして使えるようになったのは20歳を超えてから。本人がそうしたければ、そうする・・・でしょう!もちろん、言葉と文化は切っても切れないものだから、日本の文化の一部として、日本語も・・・とは思うけれど、徹底できそうに無い私に出来るのは、絵本を読んだり、日本食を作ったり、おりがみしたり、なるべく日本語で喋ることかなあ・・・。


私が言えば、真似することができるようになった言葉も日に日に増えているけれど、とりあえず自発的に分かってて言えるようになっているのは、こんな感じ・・・

b0027781_494818.jpgapple
pear
plum
nana(banana)
tomato
potato

flower
shoe(shoes)
book

ネコ
ワンワン
ちょうちょ
ピヨピヨ
メーメー
コッコ
ブーブー
アイアイ
moo-cow
bear
hippo(カバ)
giraffe(キリン)
quack quack(アヒルのガーガー)
baa baa(メーメー)
roar(ガーオ)
e-ao(ロバの鳴き声?)
neigh(馬の鳴き声)

no
oh no!(どっから覚えたのか不明・・・私たちは通常oh dearを使うのに・・・)
more
bye bye
come/coming
gone(モノがなくなったとき)
poo poo(うんち)
gentle(なでなで)
良い子(なでなで)
シュッシュ(はみがき)
しっこ(最近はうんちも含んでシッコ)
b0027781_4112144.jpg行こ
でた
どうぞ
いないばあ
ねんね

ここ
これ
this

mama, mummy
daddy
nutty(ナツメグのニックネーム。猫とナツメグの違いは分かっていないので、よその猫もナッティと呼ぶことも多い)
laa laa(哀しくも?TVのテリタビーズの総称。ぽぽちゃん、ポーに負けました!笑 本屋でキャラを見つけたら「ラーラ!と叫んで飛びついて買わされた。)

ちゃんと読んでくれた人にはわかるけれど、完全にバイリンガルで覚えているのは、「BAA BAA」 と 「メーメー」。なでなでする時の「良い子良い子」と「GENTLE(乱暴する時、通常ジェントルと言って注意するから)」。「行こ」と「COME」。「これ&ここ」と、「THIS」。圧倒的に多い動物シリーズは、絵本や写真本から・・・。絵本は1日に少なくとも30回は読まされていると思う・・・(これも完全に日本語になれない大きな要因!英語の本を読んでいると、つられてコメントまで英語になっちゃうし・・・)


*写真はこの間、妹の結婚式以来着せてなかったドレスを出してみたら、本人が着たがってしょうがなかったので、着せてみて撮影。ホントに女の子らしくなりました!
by nu2meg | 2006-09-07 04:13 | 子育て

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る