人気ブログランキング |

苦い体験からのブレイクスルー

b0027781_3195145.jpg先週、ふと気付くとなんとなく口が苦い・・・という体験をした。
多分、一番酷かったのは月曜日なのだけれど、それはもう、「なんとなく」どころか、明らかに苦く、食べ物を口に入れようものなら、シャンプーも一緒に口に入ったんじゃないかと思うくらいのガツンとした勢い!!食後は慌てて歯磨きでもしないと、口の中に食べ物が残っていると苦い唾液で口の中が一杯になる・・・。

昔の私なら、すぐに病院へ行っている・・・のだけれど、どんな症状であっても(事故でも、ガンでも)自分自身の 肉体・感情・精神・魂 のバランスが崩れた証拠であるというのが、ホリスティックな考えなので、とりあえず、内面に心を向ける。

デボンからの帰り道、ローレンスと本当にしょうもないことで口げんかした事が直接的な引き金。
それは隠しようが無く明らかだった。
それがこんな風にビシバシと肉体に響いてくるのだから面白いといえば、面白い。・・・とはいえ、渦中の私は病院へ行かなくても良いように、全てを受け止めてヒーリングワークを行うことに・・・。(長引くようであれば行かざるを得ないから)

友人ヒーラーたちにも遠隔ヒーリングをお願いして、花レメディやホメオパシーなどの、波動レメディも利用して、更に最近忘れがちであった、「1日2リットルの水を飲む」というのも、再開した。最終的には瞑想などしながら、大きなエネルギーの力を借りてよどんだエネルギーをクリアにしていく。いろいろな力のサポートを得て・・・。

とりあえず、エネルギーレベルに至らなくとも、引き金をメタフィジカルに捉えれば、現実はいたってシンプル。

 「食べる」=いただく、受け取る、自分自身に滋養を与える
 「苦い」=苦しい、つらい
 ということから、現状が苦しい!

 でも、「実際には苦しいわけではない」「自分に滋養を与えられない」
 ということから、現状をわざわざ自分で苦しくしている。
 日常の小さな幸せに、本当の意味で感謝できていない。
 と言う風に分かる。

実際に、「苦い」思いをした間、「食べる」ことそのものが、苦痛に感じた。
ついついつまみ食いしても、じわーっと苦い液を口の中に体験するとたんに、我に返り、渋い顔をした。
でも、そんな中、苦味がどんどん減ってきて、同時に舌で甘みや旨みを多少味わう感覚を取り戻せると、こんな、今まで当たり前であった感覚すら、感謝の気持ちで一杯になる。

「何を食べても美味しい」というのは、幸せな証拠だとつくづく感じたし、食べることに時間をかけ、意識を持っていくことも、大切なことだと改めて気付いた。肉体のある以上、食べると言う営みはとても大切なこと。直接自分の手をかけなくても、買い物すれば食べ物があるということまで、感謝することを忘れていたと思う。(頭ではわかっていても・・・)


花レメディは、これまでで一番パワフルーっと思える調合になった。バッチレメディは38種類あるのだけれど、時を置いてレメディを見るたびに、自分にピッタリのレメディが微妙に違ってくる。今回初めて、自分用に柳もプラスした。ちなみに柳は「なんで私が?」という気持ち。

ホメオパシーは、最初口の中の味が変ということで、機能的にマーキュリーを選んでみたけれど、結局はナト・ムール。これは「塩」なのだけど、「涙の塩漬け」というレメディでもある。これについては面白い本を読んでいたところなので、また後に書いてみたいと思うのだけれど、日本人の8割は適合するレメディだと思う・・・。


瞑想しながら、バランスを整えていくと、結局根源は「ハートの裏」。頑なにならずに愛を受け取ると言う部分。全てのことに感謝すると言うのもまたつながるし、素直になれないという部分にも繋がるし、我慢強くて、自分の弱みを一生懸命に護るナト・ムールにも繋がる。

ハートの裏が痛み出した翌日には、状況は改善に向かっていた。それでも数日は痛かったのだけれど・・・。(肉体的な痛みは感情レベルでのワークの延長)そして、ほぼ苦味が無くなったのは、土曜日。あと一歩だなーっと言う時に、ひろこさんがカレッジでジュード・キャリヴァンのトークがあるから行かない?と誘ってくれた。

トークの前に、ひろこさんとお茶をしながら、更にヒーリングワークを深める・・・。
いつもながら、的確なアドヴァイスで、あちこちに散らばっていたパズルがスーッと合う感じ。

トークは・・・というか、実はトークと言うよりは、スタッフ・ミーティングであり、ワークでもあったのだけれど・・・その3時間は非常に内容が濃かった。

今、宇宙レベルで起こっている事と、自分達に出来ること・・・
今はブレイク・スルーか、ブレイク・ダウンの時であること・・・。
(だからこそ、個人レベルでもあれこれのチャレンジに面しているというのは、ある意味で正常)
そうして、更に宇宙人の話にまでなるほどの(私にはちんぷんかんぷん)深いミーティングは、素晴らしい、ユニバーサル・ハート・センターで繋がる瞑想で締めくくられた。

深みのある、優しいハートのエネルギーに、更に癒されて、今回のレッスンも「スルー」できたと思う。
できない宿題は与えられない・・・というけれど、本当にその通りなんだと実感。

ひとつ浮かんだ疑問。
「苦味」は多分、「辛味」とともに、不愉快な味覚なのだけれど、なんで人はコーヒーや濃い緑茶などの苦味を美味しいと感じるんだろう・・・。(そういえば、なぜか最近、コーヒー系の苦味のある飲み物を好んで飲んでた!)うーん、やっぱり「人生は辛くて苦しいものである」というステイトメントが、無意識下にでもあれば、そういうものを好んでしまう傾向があるような・・・ 
by nu2meg | 2006-09-05 03:31 | ヒーリング

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る