人気ブログランキング |

天然酵母のパン

b0027781_3502075.jpgすごーく久しぶりに、天然酵母のパンを作った。

今まで作っていた天然酵母は、全粒粉を水で練ったものを自然発酵させるというもの。天然酵母というと、どっかから特別に買ってくるイメージがあるけれど、意外にこういうシンプルな方法でつくれてしまう。ただし、毎日ちゃんと酵母の状態を見てあげないといけないのだけれど・・・(カビが生えたりしないように)

酵母を作るのに、3日から1週間くらいかかるのだけれど、二次発酵とかさせないので、そういう意味では手間がかからない。(本焼の前に、低温で1時間くらいあっため発酵させるのだけれど、でも下のレシピでは一晩置くという方法だった。こういうのもバリエーションがあっていいと思う。)

b0027781_417043.jpg今日作ってみたのは、このレーズン酵母。これは友達にもらったマクロビスイーツ&パンのレシピ本を参考につくってみた。「参考に」というのも、本来は、暖かい場所で3日ほどかけて作るはずなのだけれど、「そんなもん、時間がたてば温度はなくてもできるでしょうにー」と、1週間以上かけて酵母を育てたので・・・。笑 

*ちなみに普通にイースト菌をつかったパンも、2次発酵を冷蔵庫の中でさせて一晩こさせれば、朝焼きたてのパンが食べられる。低温発酵のほうがきめ細かいパンができるので、これは昔よく週末にやっていた。

あ、あと、全粒粉でつくったときは、煮沸消毒なんかしなかったしー・・・と、瓶を消毒するのも飛ばした・・・笑 それに、うちには計量スケールがないので、材料をちゃんと計って料理はできないから、すべては目分量。

つくったのは、クルミとカレンツ入りのレーズンパン。
もちろん、ダウジングしてもバイタリティーたっぷり。
オーストリアで、イースターに食べるパンに似てるーっとローレンスにも大好評。

レーズンの甘みがかなり強くて、砂糖が入ってないなんて思えないほど。
ナカナカいけるぞー・・・と、確認したので、早速またレーズン酵母を育て中。(ただ、瓶の中にレーズンと水を入れるだけ。1日に一回蓋を開けて、プシューっと発酵しているか&香りを確かめる)

甘くないパンを作るには、野菜や玄米を発酵させる酵母もある。そのレシピの中に、長いもが入っているので、とりあえずは長いも(英語ではフレンチ・ヤムという)を買ってきてから、そっちも作ってみるつもり。もちろん、長いもがなくても出来るだろうとは思っているのだけれど・・・笑
by nu2meg | 2006-05-07 04:24 | 食べ物

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る