ストリートライトが・・

気がつくと、木枯らしが吹いてどんどん葉っぱが舞い落ちて冬が目の前。朝は氷点下以下ということも多くなってきた。

年中30度前後のムンバイ生活に慣れた身体だけれど、実は一番寒く感じていたのは20度前後で、その後身体は日本仕様に戻った様子。笑
寒い・・・けど、それが当然よねと・・

おかげさまで、陽の光はロンドンみたいに暗いイメージもなく、クリスピーでカリッとしてそうな、乾燥した風と青空が心地よい。(けど寒い)


先週、ようやくようやく、車も購入できた。
足を引っ張っていたもの。

1)ローレンスの試験(職業上のもので、現地基準等を含む会社で何人かが持っていないといけない資格らしい。)このために、すべての隙間時間は彼の勉強時間。

2)ローレンスが1回目の運転免許テスト(パソコンでの筆記)に落ちたこと・・・(上の試験のために、免許なんて大したことがないだろうと思っていたら、10問以上が現地仕様の特殊内容でアウト)

3)更に・・・ローレンスがペン駅で財布をスリに遭って、英国免許も紛失。英国に発注して、義母に送ってもらうことに・・・

4)現地ディーラー情報をあまり知らず・・・良さげな車があるということで、割と遠くまででかけたものの、そこのディーラーの扱っている車は、ほとんどが事故車か?というようなワケあり車ばかりだった・・・(それでもテストドライブは何車かできたから、まあ経験としては悪くなかったんだけれど)

5)車の保険は必須。でも保険の見積もりにも免許証の番号が必要で、車を買うのに必要な書類が最後まで揃わないという事態に・・・。(幸い、友人経由で聞いた日系エージェンシーは、国際免許証でも保険の見積もりが取れるということで、非常に非常に助かった!)購入前日に連絡して、翌日の夕方には用意してもらえたのです!さすが日系。(友人の話だと、直接取引よりも安く入れたらしい。私たちは比較さえできなかったのでわからないけれど・・・)

そんなこんなで、最後までえらい大変だった、セトルダウン作業。
こんなことやってた時に、ムンバイオフィスのボスポジションの後釜が見つからないから行くか?とか声がかかったらしいけれど、声かけてくれるなら、あっちにいた時にしてよーっと、言ってました。(私たちはいつ戻っても嬉しいけどね。笑)

残すは、本物のナンバープレートができるのを待つだけ。
今は、仮のプレートらしいです。(しかも前プレートは、ホンダ正規ディーラーと書いてある、半分広告。笑)

ニュージャージーの冬は、四駆じゃないと無理という話をいっぱい聞いたので、4WD(こっちではAll Wheel Driveともいうらしい)そして、前座席のヒーティング機能。笑
あああー。寒そうだー。

冬でも特にタイヤは変えないんだそうで・・・
まじ??

さて、初ドライブが夕方でした。
娘のアートクラス・・・

暗すぎる・・・
道が暗すぎて、あたりが全く見えない・・・

乗せてもらっててもストリートライトのなさにびっくりしていたけれど、実際に運転すると、マジでやばい・・暗すぎ。日本の田舎よりもひどい!

街中なのに、ほぼ照明は民家のもの・・・

現地確認のためにiphone探してたら、ちゃっかり道端に落ちてた木の枝?でスリ傷してたみたい・・・苦笑 もうー。(枯葉だらけで道の横が枯葉の山)
その後、道に迷って、まるでインドか?というような、がったがた道も横断・・・(ひどすぎるぞ、道路事情!)

更に、筆忘れたから一回戻ってー。と娘。

しかも、その後車に戻ってくる時に、よその車と間違えてをバンバン叩いてた、怪しい人。笑

暗すぎるのよー。ほんとに!
(でも、そう言っても、多くの人は「え?そうだっけ?」で終わる・・日本でも、ヨーロッパでもありえないってば、こんな暗い照明・・・)

[PR]
by nu2meg | 2018-11-13 04:43 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る