アメリカの公立の学校に通うということ 

引っ越しの時にこどもがいて一番気になるのは学校。

「アメリカはエリアのいい所にさえ住めば、公立でも十分良い学校が多い。」

誰に聞いてもそれが答えというような方程式。
逆にいうと、エリアの悪いところに住むと、教育事情も最悪ということ。
そして当然ながら、学区の良いエリアは不動産が高騰する。

高額税金納入者の多い場所は、教育費がたっぷりという図。

ロンドンだと、高所得者と低所得者が入り混じって住んでいるので、そんなにはっきりと線引きできないけれど、結構線引きできちゃうくらい、住み分け社会ってことね・・・

そうはいっても、もちろん私立の学校に通わせる財力のある人は、エリートコースのように私立を選びます。年間500万円とかの学費でも・・・普通に・・。

話がずれるけれど、インドとアメリカの共通点!
スーパーリッチは桁が違う・・・そして貧富の差がほんとに大きい。

サミットの場合、小学校が5校。
中学、高校は1校ずつ。

だから中学で一気に人数が増える。
残念ながら、今まで私立で、ひと学年60人に慣れていた娘は、一気に人数5倍!の中で翻弄することに。

しかも、インドのアメリカンスクールでもそうだったけれど、ホームルーム単位というのがない&休み時間がない(クラス移動に数分)ので、だれかとダラダラおしゃべりーとかいう時間も現実的にランチタイムのみ!これは、思春期女子にはきついと思う・・

まあ、それはそれでいい経験だとは思うけれど。

一番驚いたのは、スペイン語の飛び交う学校であるということ。
スタッフもヒスパニック系が多い。
これは、息子の通う小学校とは全然違う・・・

どうやら5つの小学校のうち1つの小学校エリアにヒスパニック系の人が顕著に多いらしい。わかりやすすぎ・・・。(当然、その学校区においては不動産がリーゾナブル・・・)

確か中学校の14%ディスカウントか、フリーミール受給者と聞いた。
フリーミールというのは、低所得のためにランチ代を免除されるシステム。
学校のランチは一食3ドル程度なんだけど、毎日となると結構な値段だもんね。
(っていうか、日本でも給食代は無料にはならないよね??生活保護受ければなるのか?どっちにしても、それでも、わりといいエリアと言われているエリアで14%という数字は、結構大きいよね・・)

息子の小学校の方は8%程度だそう。
明らかにヒスパニック系が少ない。
もともといるのは、サミット愛の強い白人アメリカ人という感じ。

保護者会に行って、個人宅があまりにも豪邸なのに驚いた・・・
たぶん、普通なら私立に通わせるけれど、小学校はここの小学校もすごくいいと聞くから、中学校から私立にするわという感じ。


「サミットはずーっと何世代もサミットって人が多いから、10年住んでいてもまだ新参者である自覚からは抜けられない、ローカルコミュニティーの結束の固さがあるのよ。」

というようなことも聞いて、なるほど。
地元愛がすごい・・・
小学校はそれを証明するかのように、すごくプライドを持っている。


日本と違うのは、公立でも教師が移動しないということ・・・
ローテーションとかないのね・・・。
教育委員会が、新しい風を入れようという試みもあって、新しく中学校の校長を別地域から入れたらしいけれど、その方3年で移動に・・・。

聞く所によると、サミットの色じゃなかったから・・・というのが要因だったらしい。

ふうーん・・・。

で。1ヶ月経って気づいたこと。
小学生もみんな習い事で忙しそう。
どうやら・・・。

良い公立に入れる。
塾に通わせる。
お稽古事をたくさん。

というのが普通らしい。

学校側も、スクリーニングで遅れている子にはサポート。(うちの子、サポート対象笑)レベルを下げないように学校側もがんばる。


たとえば、中学校の楽器。
クラスではむちゃくちゃレベルが低いらしい・・・
でもステージバンドに入ろうと思ったら、超レベルが高いオーディションの楽譜が用意されていた・・・

あ。そういうことね、みなさん「学校外で」スキルアップして、いかにも学校でやってます・・・なんだ?

ちょっとわかってきたかも・・・笑

あと、なるほどなと思ったのが、
「私立に入れたら、出会う人間の幅がすごく狭くなると思うのよね。世の中にはいろんな人がいるわけだし。そういう機会を小さなうちから持っておくことは必要だと思うのよ。」

といって、「良いエリアの公立」を選んでいるお母さん。
結構多くの人が、そういう風に「私立も選択肢に入れた」けどという感じ。(選択肢に入るところもすごい)14%がフリーミールなら、20%は私立の選択肢もありな階層?でもおかしくない気がする。高校からは私立を選択する人も多いらしいし。

確かに・・・・みんなが超豪邸に住んで、プライベートジェットとかに乗ってホリデーに行くのが普通だと・・・やっぱり「普通」の感覚は別感覚。

みんなが中流階級な日本から来ると、ほんとに知らない世界だわー。

[PR]
by nu2meg | 2018-10-06 01:25 | アメリカ

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る