スペイン語は公用語? 「権利主張」のアメリカ社会。

世の中まだまだ知らないことだらけだったんだなと思う。

ニュージャージー州でも、ニューヨーク州でも、家庭で話す言語の15%がスペイン語らしい。
そしてそのうち50%になるんじゃない?という勢いでスペイン語をネイティブとしている人が増え続けているらしい。

トランプ氏の移民対策で、世界的にも有名になったメキシコとの国境の壁だけれど・・・
たしかに危惧するくらい、すごい人口流入してるし、現在でも普通にどんどん入ってきている感じ?


そして、そういう子どもたちは学校で初めて米語を勉強する。
米語ができない保護者も多いらしくて、ミドルスクールの保護者会はプレでスペイン語スピーカーを対象にした保護者向けイベントもあったくらい。学校で聞こえる言語が、米語かスペイン語。

小学校の算数の参考書?的な教科書?も、なんとバイリンガル仕様。

学校の第二外国語としての米語を教えるクラス(ESL)。
ムンバイのアメリカンスクールで2年半弱、似たようなクラスを受けていた娘は、ムンバイではそのクラスから出た。。のだけれど、こっちにきて、テストを受けたらまだ出られるレベルではないということになり(どうやら、ステイト基準の決まった方式のテストがあるらしく、それに合格しないといけないらしい。スペルとか、ほぼパソコンだけで自動修正機能に頼ってきた娘が書けなかったのは明らか・・。

まあ、それはいいのだけれど、そのクラス、通常クラスとともに、ワークショップという専門用語を中心としたクラスがあるらしい。数学と理科は、そのワークショップで似たような内容を復習するという話。
でも、娘が言うには先生が、「ほら、今は英語の時間だから」とかいいつつ、スペイン語でおしゃべりしている場面も多いらしく、数学においては方程式に入ってないクラスレベルのことしかしないので、自習。

保護者の説明会の時に、たまたまその先生が病欠で、直接話をする機会がなかったので、そのことについて、新任の教頭レベルの先生に聞いてみる・・・すると、ほかの保護者も「私もそのことで話があります!」ということになり・・

翌日に教科担任から電話があった。
彼女的には自分の立場ではすべきことをしている・・・という内容で。
そして「でも最終的には保護者には選択の権利があるから・・・」と。

正直、ランチを食べる時間もないくらい忙しい中、できるかぎりやっているのよ!と正当化している口調が心地悪かったから、納得したわーっというよりも、「そういうシステムに巻き込まれているという状況だということはよく理解できました、」と応えておいたけれど・・・。

いや、もともとそのクラスでやっていくということが選択だったのかなんて私は知らなかった。
内容がバイリンガル仕立てで、毎日あるクラスの週に半分は数学、半分は理科。
それぞれバイリンガルで、正味4分の1しか授業を受けていないこともまあ、先生の話でクリアにはなった。

上記のステイトの基準テスト(年に1度だけある)に合格しない限り、ESL対象生徒の枠から抜けられないこと。でも、必ずしもクラスを取る必要はないこと・・・

じゃあ、その時間をもうちょいチャレンジな社会に当てるでしょう?
そう。社会の時間を削って、4分の3自習の復習クラスにいるのだから。
本人が選べば・・・。(これ以上、ストレスなことをさせるのか?知っても無意味なアメリカの社会のシステム知っても無駄!という娘の主張もあるけれど!)


これ・・・予防接種と同じだ!
自分の権利を知らないと、この国では言いなりになるだけ。。。
それがキマリですからという、法律でくくられた「通常」。

イコール、多くのことにどこか抜け道がある?
だから、法律家が物言う社会?
自己主張しないと生きていけない?

なんだかなあー。
何か大切なものが欠けていると感じてしまうわ。


ちなみに、ニューヨークシティまで交通の便もいいということで(っていうか、全く日本に比べてもイギリスに比べても、さらにはインドに比べてもサービスは半端なく悪くて、不便そのもので高いだけ!だけど、長年住んで全体の不便さに慣れると、やっぱり周囲の街に比べるととっても便利らしい・・苦笑)教育熱心な新参者が多い、ちょっとしたベットタウンでもあるこの街。

エレメンタリーでも、ミドルでも、新参者の多くは私を含めて白人ではなく・・・
驚くほど多いのが、インド人(ほんっとに教育熱心だからねー。)
そして中国人(親元離れて、親族の家にお世話になるケースも多いみたい)
プラスの、ラテンアメリカん系は、やっぱりもう定住している親族を頼って、どんどん流入中らしい。


新しいことだらけで、私ですら何が何だかよくわからず大変。
一個ずつ、自分の権利を確認していくしかないのね・・・
(入学案内的な資料すらなしだから、ほんとに手探り状態だわ・・)



[PR]
by nu2meg | 2018-09-26 04:02 | アメリカ

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧