その後は中耳炎・・・

土曜日は運動会。
日曜日は月曜のローレンスの誕生日を1日繰り上げてお祝い。
月曜日は振り替え休日で、娘の友だちの誕生会へ。

そんな風に、まだ風邪をひいていたことすら忘れていたのだけれど、なんと昨夜、寝る前にちょっと耳が痛いなあと思ったら、夜中にガンガン痛くなって、思いっきり中耳炎に!

中耳炎なんて無縁だったけど、よく聞くんだよね、痛いらしいと・・・
それがほんとに、すごく痛い!!驚いたー!

もちろん、あれこれホメオパシーのレメディ採って対処するのだけれど、痛いのなんの・・・
痛すぎて横になれない・・・痛すぎるから寝られるわけも無く・・・
なんだこれはー??という痛さ。
膜がはってて、自分の声はこもった感じ。

スタートは22時半ごろかな・・・
1時半ごろ、もう、眠れないよ・・・そうだ、明日の予定をキャンセル入れようとPCに向かって・・・(そして地震!)その後もうつろうつろしながら、でも痛くて横になれず・・・

授乳中で無ければ、こういう時くらいは、痛み止めをのんで寝るだけ寝るべきだなと思いながら、時折しゃんとして、瞑想して「無」になりつつ、痛みをしのぐ。(無になると、痛みも消え、心地よくなる・・・けれど、眠いから長続きしない・・)

中耳炎といえば、プルサティラ。
親離れできない子、子離れできない親・・・のレメディでもあったりして、またココですな・・・と思いつつ。
そういえば、目薬もらったから、のまなかったけれど、またまたプルサティラがよく効く「ものもらい」にもなりかけていたんだった・・・。

痛みと向き合うと、この肉体というのはちっぽけで大きなものだと思えてくる。体にフォーカスすると、それが全てに思えるから。

だから遭えて、無とか感謝とか大きい部分にフォーカスしなおすのだけれど、痛みというのは、この世で生きている証みたいなもんだなあ、ほんと・・・ある意味、グラウンディングの力もあるというのかもしれません。(イコール、グラウンディングが必要な時に、必要悪として痛みと向き合うのかな?)

まあ、そんなどうでもいいようなことをほげーっと思いつつ、ほとんど寝ずに朝を迎えたら、痛みはかなり軽減してました。

更に、適合しそうなレメディを採って、息子の午前寝の時間は一緒に寝て(2時間も寝てくれた!)起きたら大分マシに。ほっ。

朝一番に耳鼻科かなとも思ったけれど、どうせ抗生剤を処方されるだけだし、これまた授乳中は避けたいところ。それに抗生剤で治すと繰り返すことが多いとよく聞いているので、こういうときはやっぱりホメオパシーで様子を伺うことが一番かな・・・と思っていました。

これが、こどものことだと、現状が把握しきれないから診てもらうかもしれないけれど・・・
(それにしても、あの痛みはこどもが耐えるにはキツイ・・・ああいうときの軽い痛み止めは賢い使い方かも。)

・・・ということで、まだ続いている解毒状態・・・・ふううー。
[PR]
by nu2meg | 2012-05-29 20:02 | ヒーリング

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧