愛でるこころ

b0027781_19191680.jpgこればっかりは、数日後には季節はずれになってしまうのでアップしなきゃ!笑

週末はお花見三昧でした。
土曜日は、新宿御苑へ。ロンドンから里帰り中の別のお友達と。
男の子2人、ひさびさに見るワイルドボーイズたち・・・笑 日本では本当にいないワイルドぶりが、私には懐かしくてたまらなく。ローレンスは息子もいずれああなるか?とちょっと不安にも思ったとか?

日曜日は、近所の神田川沿いを朝歩いたら、花見している人たちがまばゆくみえて、そこらでお弁当買って来てお花見。たまたま「1時半開始ですのでそれまで使ってくださって結構です」という予約ブルーシートの張り紙があったので、めざとくそこに座らせてもらいました。

御苑はアルコールも火気も厳禁だけれど、神田川沿いは何でもあり。かなり多くの人がガスコンロで料理もしてて楽しそう。来年からはブルーシートで予約席確保か??笑


 今年の桜はほんとうに綺麗。

去年は愛でるだけのこころの余裕が無かったから。
妊婦としても外に出ること、そのものにも放射能不安を感じたし、被災地のことを思うと単純によろこんでいいものかとすら思えた。

もちろん、外に出ないわけではなかったから、入学式でも「桜が綺麗ね」と言ったけれど。


今年は、桜を見て、その力強さと平穏さに感動した。
ぼーっと見ていると、どんなヤンキーな兄ちゃんですら、写メ撮ってたり、老若男女かまわず、花を愛でている。毎年のことなのに、はじめてみるかのように、「わあー、きれいー」と感嘆して、その瞬間にフォーカスしている姿がまた、本当に平穏で綺麗で、ああ、大丈夫と思える。

災害を生き延びた桜・・・みたいなのが、全国にあるけれど、その桜は本当に大切にされ、希望の光そのものとなって愛でられている。すーっごくわかる気がした。

b0027781_19462991.jpg  日本に桜が咲く限り、私達は大丈夫。

おおげさだけれど、そんな風にすら思えた。

考えてみれば、日本にはたくさん季節を象徴するものがある。
日が長いか短いか・・・のイギリスではあじさいだって、数ヶ月咲いている(ずっとかたつむりの季節;笑)桜がずっと咲くものであれば、ここまでみんなこぞって桜に意識を傾けないと思うのだけれど、やっぱり期限付きだからこそ、フォーカスの度合いが半端じゃない。この季節ほど、日本にいて幸せだなあーと思える季節はないかも。

今にフォーカスして、愛でる気持ちを大切にして、日々を過ごしていきたい。
[PR]
by nu2meg | 2012-04-11 19:47 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧