人気ブログランキング |

ビッグデー

昨日は子どもたちにとってビッグデーでした。

月曜日、東中野の駅から吉祥寺に向かおうとした時に電話が・・・
「おかあさん、今、どちらですか?娘さんがおかあさんがいないーって泣いてて・・・」と。
聞けば、通りすがりのお姉さんが、改札前で「どうしよう!」と泣いてパニくってる娘を助けてくれて、電話をしてくれたそう。

残り遊びで3時ごろに学校を出るはずだったのだけれど、電話があったのは2時45分くらい。3時10分ごろに着くと伝えてお迎えに。

改札の向こう側に駅員のお姉さんと機嫌よく一緒に待ってる娘発見。(お菓子までもらって・・・)
どうやら、残り遊びをさっさと切り上げた友達と一緒に帰ってきたらしい。

・・・で、考えた。
「待つべきところに待っていない」「一緒に帰れる友達がいなかったらどうしよう」の方がよっぽどストレスで、もう1学期を電車通学しているし、どの電車にのればいいかも良く判っているのだから、『はじめの一歩』を踏み出す時じゃないかと・・・。

娘には翌日にプラットフォームまで来るように伝える。
実は、娘の一番のウィークポイントは「1人になる」こと。
そして同じ方向に帰る女の子たちが違う組の子で、ちょっと仲間はずれにされたりということもあって、最近はずっと同じ組の仲良しさん(吉祥寺からは別方向)と吉祥寺まで帰ってきていた。

改札からプラットフォームまでなんて知れてるのだけれど、それでも「ひとり」が怖い・・・といっていた。
でも、これからも、一緒に帰れる人がいなかったらどうしようとか、そっちのストレスの方が大きくなるようなら、1人でも大丈夫という自信が出来たほうが楽でしょう?とかなんとか言って、これをきっかけに、ちょっとプッシュ。

翌日、プラットフォームまでちゃんと一人で来られた娘はちょっと安心した様子。
「じゃあ、あさっての次の日からは、東中野まで1人で帰ってみようかな・・・」と、突然言い出し、「いいよー」と答えると、「あ。やっぱりあさってからにしよう。」「うん、それでもいいよ、もうきっと大丈夫だから」と答えると、「そうだね、もう明日からにしてみるわ。多分大丈夫。だって、どの電車にのればいいか知ってるし。」と自分から言い出した。

。。。で、せっかくなので、ダディには内緒にして驚かせよう!ということにした。

GPSでどこまで帰ってきているかはわかるので、吉祥寺を出た時点で私も自宅を出る。
ちょっと待ったら帰ってきたはずの電車が来て、1人でスッキリした、にこにこの娘が階段をおりてきた!
吉祥寺までいつもの友達と一緒に帰ってきたけれど、プラットフォームで同じ方向の友達にも合い、『一緒に帰ろう」と声をかけてもらったから、途中までは3人だったんだよ・・・とのこと。

そして、2日目の今日は吉祥寺からちゃんとひとりで電車にのって帰って来た。
「もう怖くないよ。」と自信をつけて。

なぜか、宿題まで「楽しいなー、こういうの、簡単だし大好き。」とかまで言っちゃって、人生ばら色状態。笑

大きくなったねー。よかったねー。
もちろん、ダディも突如のことに大きくサプライズ!
それでも、朝は毎朝当面、吉祥寺まで送るらしいけど。(人が多いし、そうすべきかな。)

少しずつ、でも着実に、こうやって自信をつけて親元から離れていくんだろうなー・・・。


そして、息子君はといえば、昨日保育園デビュー。
美容院に行く間の2時間だけど・・・

あの子のことだから寝るかなーと思いきや、最後の20分だけ寝ていて、あとはご機嫌におしゃべりしていたり、子どもたちの様子をみていたそう。

・・・が、やっぱりストレスなのねー。家に帰ってきてから寝る寝る・・・
そして、夜は5分と離れれば起きる・・・という状態で、私がいなくなることを恐れていた。(たいてい、最初の30分くらいはそんな状態だったりするけど、昨夜は最初の4時間くらい、そんな状態で、私もしょうがないから6時半過ぎから一緒にベッドに・・・笑)

娘と息子は、表現方法が違うけど、やっぱり似てるのかも・・・。(まあ、誰だってお母さんが一番だから同じ反応かもしれないけれど)


何はともあれ、コレで私も普通の小学生を持つ親並みに、ちょっと時間ができることに。(新生児がいるから、そうはいっても、あまり自由になる時間はないか。)臨月まで、1日3-4時間は送り迎えに費やしてたもんなあー。それが駅までの迎え20分程度!うれしすぎるー。
by nu2meg | 2011-09-15 19:36 | 子育て

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る