人気ブログランキング |

レメディはお守り?

アップが遅れましたが、イギリスからレメディが届いています。

オーダーしてから、賛否両論あることを知り・・・しかも、その賛否両論が、一般のプラシーボでしょ?根拠あるの?というホメオパシー否定派からではなくて、ホメオパシーの宗派的な違いから・・・というので、いろいろ考えさせられました。

まあ、友達が言うように、そんなのとんでもない!といわれる肝臓デトックスとか、予防接種を受けさせない・・・とか、結局、誰がなんと言おうとわが道行くでしょ?という部分では、今回もいろいろ忠告をうけながらも、わが道をいくのだけれど・・・笑 世の中、100%の人が同じ意見であることはありえないし、よく考えれば色んな意見があって当然。

今回の災害においては、その中で何を自分にとって大切な情報としていくか・・・どこで「おかしい」と見抜くか・・・いろんな角度から試されている気もします。情報にふりまわされる現代人の葛藤であると思うし、混乱の中でも自分の中心に戻る力を試されているようにも感じるし・・・何だか意味不明ですが、住居の選択も含めて、深い部分でも自分の場所確認(ありかた確認)をしている気がします。 


母乳にヨウ素・・・のお母さんの1人は、水道の警告の後、ボトルの水を飲用と煮炊きに使っていたらしい。
そう思うと、私たちは本当に自分の身を護れるのか・・・と思ってしまう。。。
神風が吹いて、放射線の多くは国土ではなく太平洋に流れた・・・と言っても・・・
また、チェルノブイリの10分の1の放射能流出というのも、オーストリアのZAMGという研究所の発表によれば全く異なっていて、チェルノブイリを上回っているという話。先日、少なく見積もってました・・・なんて話もあったように、・・・ということは、やっぱりそうだったんだ・・・と思ってしまいます。

先日とどいた本、「食卓にあがった放射能」早速、途中まで読んだのだけれど、チェルノブイリ・・・を福島に置き換えて読めてしまうのがリアルすぎ。ただ、チェルノブイリで食べ物によっての放射線被害(=内部被ばくの危険性)が出たのは、1000キロ以上離れた欧州の町だったりもするので、250Kそこそこの東京って思いっきり至近距離に感じる・・・なるほど、国内にいれば関西なら安心と思ってしまうけど、海外から見れば国内にとどまっている気が知れない・・・になるわけだ。(繰り返すけれど、多くが海に流れ、飛んだ放射線物質量はそう多くないことで、同じ規模とはいえないけれど、垂れ流しが続いているという面では、危険度は高い・・・そして、半減期が30年のセシウムによる汚染はこれから長期にわたるもの・・・・)

事故から3年半たって、避難したほうが良いと政府が判断した町があるというのだけれど、その町はなんと現場から300キロ離れた場所・・・ ただし、本によると旧ソ連のみでなく、欧州諸国も今の日本のように[大丈夫だから]というような曖昧な情報を与えることで、返って一般人の内部被ばくを促進させてしまった様。本には、だからこそ、確実な真意のある情報提供こそが必要というような文章があって、そうでない現実がもどかしいのだけれど。 

そして、私自身いかに無知だったかということにも気づかされたのだけれど、欧州に10年以上住んでいたということは、私もすでにちゃっかり、ある程度は食品から内部被ばくしてるんですね・・・。国によって安全基準が違うのだけれど、半減期30年のセシウムひとつとっても、まだそろそろ半減するかという段階。

そう思えば、国の言う「ただちに健康を害することはありません」というのが、全く持ってその通りの正しいコメントにしか聞こえないくらい、ある意味では「そうそう、それくらい平気」とも取れる。そしてそりゃあ、ガンとの因果関係を無視できる程度の被ばくだとも思う。

とはいっても、子どもに関しては特に、5年10年経って、症状が出てから・・・じゃあ、やっぱり遅いと思う。
症状が出ないまま、大人になった娘が妊娠してみたら胎児には頭が2つ・・・じゃあ悲しすぎる。

もし、今の段階でレメディを採ることによって、放射線物質からの内部被ばくを最低限に抑えることができる可能性があるなら・・・ と、私はやっぱり思ってしまうのです。(ようやくレメディに話が戻ります)

でも、答えは誰も教えてくれません。
警告をくれたホメオパスの友達にメールで質問しても・・・
薬局にもこういう意見があるのですが・・・とメールを入れたのだけれど、まだ返事は来ず。

当然かもしれません。
結局、個人の選択に過ぎない。


・・・で、結論を言えば、私たちは取り寄せたレメディを摂取することにしました。
ただし、考えた結果・・・というよりは、ダウジングでまず、「レメディが適合しているか、採ることがベネフィシャル(有益)か」とチェックして。

まず私にはYESと出たので、試しに関西に住む両親でやってみたら、全く不適合とは言わないけれど、必要ではないという感じ。

まあ、もともと頻度などはダウジングでチェックする予定でいたし。
頭で考えても答えが出ない時、魂は知ってるから・・・。
いつもどおりのパターンです。


私の基本姿勢。ホメオパシーのレメディは、エネルギーの粒に過ぎない。
ただし、過剰摂取はしないこと。全身で反応をみながら摂取することが原則。

ACIM的に、やっぱりこれも、程度の差こそあれ・・・。

でも、今回のことは友人からの警告もあったことで、慎重にならざるを得ず、エゴも入りがちかと思って義父にも遠隔ダウジングをお願いしました。
その結果、ミニマムに・・と思ってる私より、チェルノブイリ体験者のオーストリア人の義父の方が、頻度も期間も多く出たのだけど・・・といううことは、私の結果は「過ぎない判断」ということになるので、一応安心です。

意外と、もう40近くて別に影響受けないでしょ?というローレンスに最も必要性を感じました。
まあ、彼が一番[逃避期間]も短いし、時々皇居でジョギングとかしてるし、昼食は気分転換を兼ねて、いつも外食だしね・・・それよりも、小さいときからかなり頻繁に飛行機に乗ってることもあるかな・・・なんて思ったけれど、実際には欧州で育っているわけだから、ある程度の低い内部被ばくをしてるということかもしれません。(それが男性不妊の原因かなあーなんて思ってみたりして)

レメディの処方箋には週に1-2回、被ばくした時は1日1-3回ということだけれど、義父の結果は週3回×12週。私の結果を基礎にして、実際には4-5日に1粒×6週。6週後に再度チェックという方法で採る予定。



あと、別の友達がクラシカルホメオパスの勉強会に参加して教えてもらったことを教えてくれました。
参考になると思うので、ちかちゃん、ここにコピペさせてねー。

講座に行ってきたよ~やっぱり放射能レメディーでなく、自分がいままでに取って一番効いたと思われるレメディーの低ポーテンシーを頻繁に取るほうが良いと言われた。レメディーは安全とはいえ、プルービングもある通り、レメディーを取ればなんらかの症状が出る恐れがあるからだって。

いままでに効いたレメディーが特に分からなければフェルムメタリクムを取るといいそう。血液系は、免疫系と共に、放射能に対して最もセンシティブな系だからだって。

私もそれを手に入れようかなと思ってるよ。家族全員に毎日取ってもらうつもり。

あとは免疫力を高めるメニューの試食もあって、もうどこでも言われているけど、ご飯(米・雑穀)と塩(自然海塩・味噌・醤油)プラス 海藻、漬物、生姜、根菜だけ食べていれば良いそう。そこで食べたものがすごく美味しかったから、真似して作りたくなった!レシピを今メールで聞いてるところだよー。

あとは瞑想だね。余裕があるときは瞑想をして、家族にもそれを送ってみるつもり。大事なのはやっぱり精神の持ちようだから、ホオポノポノなんてちょうど良いよね。

また会ったときにでも話せたら・・・お互いリラックスして過ごそう!



 参考までに・・・
チェルノブイリ事故でホメオパシーを使った例
http://www.fitnessgoop.com/2011/04/homeopathic-remedies-for-radiation-therapy-and-nuclear-crisis/
http://www.alternativepethealth.com/radiation-help.html
http://blogs.yahoo.co.jp/setsu_forum_k/23403630.html (この方は日本人クラシカルホメオパスの方ですが、ホメオパシージャパンを真っ向から否定もしていないので好感が持てます e.i.さんありがとう。)


その他。

先日友人と「アレクセイと泉」を観に行きました。
チェルノブイリの避難地区だけど、聖なる泉のある故郷に住み続けている、老人たちと1人の若者の話。
まわりはかなりの汚染区。なのに泉からは放射線物質がまったく検出されないという場所。そして、この癒しの水で、住民たちは健康を保ち続けながら生きている。なにもかも、自給自足で。

水からの伝言の江本勝さんのツイッターでも、「恐れではなく、愛と感謝の気持ちを持てば、放射能やウィルスに犯されることはないのです。」という内容のメッセージが流れた。


精神論ではもちろん、それそれその通り!
でも現実は??

しかもACIMでは、現実もあってないようなもので・・・(またここで話がややこしくなる・・・)

結局のところ、私は大丈夫。
護られていると思っている(感謝をしている)以上、大丈夫。
そこに尽きる気がする。

・・・なのに、レメディというのは矛盾して聞こえるかもしれないけれど・・・
前出の通り、エネルギーに過ぎないから、私には肉体レベルでのお守りみたいなもの?かな・・・笑
by nu2meg | 2011-04-22 22:23 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る