人気ブログランキング |

最後の採卵

3回目だけど、私には最後の採卵。
今回は8時15分に来てくださいということで、大忙し・・・。
娘をどうやって幼稚園に届けようか・・・というのが、大きな難点。
ご近所さんに託そうかとか、幼稚園友達の家に送り届けようか・・・とか考えたけど、9時15分に登園と思うと、時間のロスが多いし・・・

そこで思いついたのが、登園途中の友達に託すこと。
8時45分に高田馬場なら、採精後のローレンスに届けてもらえるし、彼はそのまま会社へ行ける。
友達に快諾してもらって、今朝7時過ぎに家を出た。

・・・が、着いてみたら当然ながら、前に6人待ち・・・。
皆さんが、急ぎクイック作戦なら、間に合うだろうけど、そうじゃなかったら間に合わないー。
たらたらと電車に乗っちゃったけど、タクシーに乗ればよかったーと後悔。でも8時には名前を呼ばれ、10分後には(エライ!)脱出。パーフェクトなタイミングでした。

一人になったとことで、9時過ぎに呼ばれてリラックスルームへ。
待ち時間、ベッドの上で私は、ひたすらジーザストレーニング。(肉体の受難に心を奪われないようにってこと)笑

そしていざ採卵へ。
左の卵胞4-5個、右1個を吸い上げる。
針が刺さる時、あのキュッとした痛みを感じるけど、トレーニングの成果大。前回に比べても全然痛くない!
ひたすら、頭の中は、ホオポノポノしてたけど、痛みに意識を傾けないって大切だと思い知らされるように、大成功。かなり冷静に画面見てました。(前回は「いたいんですけどー」って画面なんてどうでも良くなってた気がする・・・)

その後、採卵数4と書かれた紙を渡されました。

でも、培養士さんからお話があり、採れた卵のうちの2つは成熟卵だけど、残りは超未熟卵。かなり未熟なので多分、成熟しないでしょうと言われる。

私にとっては2個でも充分。
今回は、精子の運動率も悪くなくて(これまでで一番良い?)奇形率は83%で良くないけど、ふりかけも可能ですよと言われる・・・が、「今回で最後のつもりなので」と言うと、「じゃあ、より確実に受精できるように顕微授精の方が良いですね」と言われる。

ただ、超未熟卵はというと、顕微授精しても無駄だと思うということで、顕微にはせず、万が一成熟した時に振りかけてあったほうが嬉しいかもしれないから、半ば放置すると決定。

医師には、前回がグレード良くてもフレッシュでだめだったから、今回はフレッシュでは戻さずに、胚盤胞に育てて凍結し、上手くいけば次周期以降に移植しましょうと言われた。

胚盤胞に育つかどうか・・・の前に、受精するか、分割が進むか・・・という関門があるけれど、胚盤胞に育つには5日くらいかかるそう。(育つ確立は40%くらいだそうだから、2個のうち1個が育てば万々歳くらい、道は険しい)
凍結した胚盤胞は、自然周期で排卵して5日目くらいに戻すと、38歳の私の場合、着床率は50%らしい。(フレッシュの場合は30%)もちろん、高齢になればなるほど染色体異常も起こりやすいので、その後初期化学流産の可能性も高い。(もし化学流産の可能性があるなら、ぬか喜びさせないでーって思っちゃうけど)

・・・ということで、卵ちゃんたちが戻ってこれるかどうかは、神のみぞ知る。

育たなければ、もうクリニックに行くこともないと考えると、ほんとうに諦めがつくのかなぁ・・・という気はやっぱりするけれど、(培養士さんも、最後ですって言ったら、「えっ、まだ事実上2回目でしょ?もうあきらめるの?」って反応だった)採卵後の気分は「やれるだけのことはやった」と、スッキリ。

もちろん、これが最初の子のトライだったとしたら、2-3回じゃ諦めきれなくて、せめて40歳まではとか、いやいや、42歳までは・・・とか、どんどんと長いスパンになってトライしてたかもしれない(あ。お金が続かないか。笑)。採卵後、歩くのも大変なくらい辛そうな人がいて、いつも採卵の時は1日動けなくなるんです・・・と仰っていたけど、ほんと、みなさん並大抵でない苦労と努力で脱帽です。

体から出された卵ちゃん、たくましく育ってねー。
by nu2meg | 2010-09-10 19:22 | 体外受精

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る