レバーフラッシュ(肝臓のデトックス) 第4回目終了

恒例の?レバーフラッシュ、もう、今回は3ヶ月ほど間が空いてしまったものだから、したくてしたくて・・・
先日のブログにも書いたけれど、ちょっと食べ過ぎたら、肝臓が重いし、こりゃあー、「一回はじめたら、完全に除去するまで続けること。」という意味がよーく分かると思いました。

ただし、その際に、残り少なくなった肝臓ハーブティーが切れちゃったらどうしよう・・・と思っていたところに、近所の御茶屋さんでみつけた、まるごとのはと麦茶に惹かれ・・・はと麦茶がいろいろと解毒を手伝ってくれたように思う。(きっと、西洋バーブだけが解毒作用のあるお茶ってわけじゃないと思って試してみた)


あ。レバーフラッシュって??
なんのことを言っているか分からないという方は、興味があればこちらをどうぞ。かなりキョーレツですが。


4回目。
もうかなりシリアスさにも欠け、土曜の午後も、ついつい何か食べよーなんて思ってしまうほど・・・
まずいエプソン水にも慣れてきて(笑)かなり普通に飲める。(調合まちがってる?って思うくらい)
それでも、最後の一杯は「よし、いくぞっ」という気合が必要だけど。

そして今回は、ちょっとルーズにしてみました。
腸の洗浄を当日の夜、グレープフルーツとオリーブオイルのミックスを飲む前にのみするという風に。
多分、週末だけでリバーフラッシュしてる人はこういう風にするんだろうし、洗浄そのものもしないかもしれないから・・・と。

普通にお通じのある私は、エプソン水だけでは下すことも無く、9時ごろに水エネマをしてみました。
やっぱり汚れてるのね・・・本にもあったけど、水エネマを引き金に、エプソン水の下し効果を体験しました。おまけに、翌朝も2回目くらいまで、結構残っていた便(といってもほぼ水様)が出たので、やっぱりレバーフラッシュする際には、3日前くらいに、水エネマで一旦腸をきれいにしておくべきだなと実感。

オイルとグレープフルーツのミックスも、前回同様、うん、おいしいやんー。と思えるくらい余裕。
しかも、特に一回目にはあったオイルのにおいのげっぷ・・・というのも無くて、スムーズに寝られました。
ただし、3時半から4時ごろに、管の詰まりを感じて、その時には「やっぱりオイルって気持ちわるー」と思ったので、分かったこと。

要は、胆石があればあるほど、気持ち悪くなる度が上がって、肝臓・胆嚢・腸がきれいであればあるほど、お腹もエプソン水に反応しないし、グレープフルーツ・オイルミックスも何の負担にもならないんだなあーと。

詰まっていた感覚も、すーっと消えて、気持ち悪さもまったくなく朝起きて。
前回同様、胆石が出始めたのは10時ぐらい。

今回は、とっても緑でした。
ビルビリンがちゃんと出てるんだなあー(笑)
最初の頃は、あちこち詰まっていて、ビルビリンも少なかったんじゃないかと思うのです。
(*追記 ホントはビルビリンは黄褐色で、酸化したものが緑だそうです・・・なので、上の一文は勝手な勘違いですね。でもこれって、古いほうが緑ってことなんだろうか?奥に詰まっていたのが後から出ているという意味では、筋が通るけど、謎だ・・・)

そして、今回も210個くらいで全部出たかな?と思ってから、数時間後に第二段で30個くらい出て・・・
その、後から出たほうは、いままでと同じように、微妙に違ってカルシウム化してるので、もしかすると、後で出てくるのが胆嚢からの排泄なのかもしれません。

まあ、何でもいいのだけれど、ヴィジュアライズすると肝臓はかなりスッキリになりました。
もしかすると、まだ腸の中に石が残ってるかもしれないので、今回はさっさとコロサンも服用。


・・で、お待ちかね?の胆石画像は下です。(見たくない人は、これ以上スクロールダウンしないでくださいね。)緑色がきれいでしょ?笑 ちなみに色の薄いほうが後から出たもので、その後やっぱりカルシウム化している感じの色に乾いています。















b0027781_20291484.jpg

















追記なおまけ: レバーフラッシュに必要なもの 
かなりの回数でやってみたからこそ?な意見&おすすめです。

EXヴァージン オリーブオイル  
あまり香りの良いものだとスパイシーすぎるかも・・・逆に安価なものだと、サラダオイルっぽい・実は市場に出ているオリーブオイルのほとんどは、完全にオリーブオイルではないという噂です。それでも普通にフラッシュには使えてきているので、実はそんなにオイルの質にはこだわらなくても良いのかも。

良質なオリーブオイルは、毎朝、大さじ半分のオイルを口に含んでぐちゅぐちゅ、オイルを吐き出してクレンジング、朝スプーン1さじのオイルを飲むことで、胆石の予防にもなります。(どうやら、プチ断食などすると胆汁が濃くなって、新しい胆石ができやすそうなので、朝食を抜くなら朝いっぱいのオリーブオイルがおすすめ。)

りんごジュース
準備期間に使います。これも、必須ではありません。ただし最初の数回は、石を柔らかくするという効果のあるりんごジュースを1週間という過程はいいと思います。りんごジュースのお陰で、お腹もあまり空かないし、プチダイエットの準備という意味でもオススメです。個人的には、濃縮還元よりもストレートの絞りの方が、甘さもすっきりしていて好きだけれど・・・

エプソムソルト
レバーフラッシュセットとか買うと入っているメインの必須アイテム。もともと医学的には、頑固な便秘のために使ったりもするそうで、薬局に売っています。通常の使い方は入浴剤としてなので、外用というくくりで売られているものが殆どです。内服用と外用の違いはグレードだと思いますが、事実上違うのかは私にはわかりません。大量で買う場合は入浴剤として使えるからまあいいや・・・という感じ?入浴用という場合には、アロマオイルが添加してあったりする場合もあるので、100%かどうか確かめて。

味が強烈にどキツいので、オブラート包みにしてみたりとか色々やってみましたが、慣れれば、あの苦さにも慣れます・・・笑
厳密には必須ではありません。でも何度フラッシュをしても、これは必須だなと思ってしまう怪しいアイテム。笑 腸が汚れていると気分が悪くなりそうだし、横になってからトイレに行きたくなることもあるかも・・・朝の段階でほぼお腹がすっきりして、排泄物はフラッシュで出たもののみにしようと思ったら、8時半ごろにお湯エネマがおすすめです。


オイル
別にホホバオイルでなくてもいいのだけれど、エネマを使うときはオイル必須です。ホホバオイルはアロマオイル、溶かしたシアバターと混ぜて手作りクリームを作ったりするのにも便利なので重宝。



グレープフルーツ、レモン、オレンジ
基本はピンクグレープフルーツです。
あと、エプソン水にレモン4分の1ずつの果汁。
でも、インド暮らしでグレープフルーツが手に入らなくて・・・本に書いてあっったように代用したのが、オレンジとレモン。インドのレモンは、レモンとライムの中間だし、オレンジもちょっと違うのだけれど・・・意外にもこれが美味しくて。グレープフルーツの味よりも好きかも!ということで、たまーにはオレンジxレモンxオリーブオイルでフラッシュするのもいいかも。

ハーブティー
フラッシュの後は、腎臓クレンズのハーブを推奨されています。それはフラッシュの際に腎臓への負担が大きいからなのだけれど、このハーブティーは、腎臓と肝臓両方のクレンズハーブティー。インドで見つけた超不味いハーブティー(最初は信じられなくて、買ったことを後悔した)なのだけれど、妙にはまってしまって・・・しかもiherbで買える!

多分30回以上のリピートしてようやく、ストーンフリー?まで達しましたが、正直言って、リピートのつもりがないなら、レバーフラッシュはお勧めしません。しかもリピートは2−3ヶ月以内で無いと、最初からスタートのレベルに戻るんじゃ無いかと感じられました。その気がないなら、フラッシュの代わりに次の方法を。

  1. とにかく少食を心がける。慣れて腸が綺麗になれば、お腹は不思議と空きません。多分、お腹が空くのは腸が汚れている印じゃないかと、プチ断食するたびに思います。そして心が「足りない」と感じるとお腹って空いてくる・涙 逆にヨーガや瞑想するとお腹って空かないー。わかりやすい・・・
  2. 朝、オリーブオイルでオイルクレンズ&1杯のオリーブオイルを食す。アーユルヴェーダではオイルを摂取することをかなり大きく推奨しているのだけれど、確かに良質のオイルなら、そうかもー。
  3. 時折、腸洗浄して腸を綺麗に保つ。本当なら、専門の人にやってもらうのがいいと思いますが、手軽におうちエネマでも。アーユルヴェーダでは、水ではなくオイルでエネマするそう。

[PR]
by nu2meg | 2010-03-07 20:29 | ディトックス

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧