さよならホリデーフラット & ガイホークス そして・・・

b0027781_4245096.jpgこの週末は忙しかったー。タイトルどおり(先日もちょっと触れましたが)、ホリデーフラットはお終いになりました。最後の旅行者が去ったフラットで、土曜日に契約書を交わし(私は大掃除!)日曜日に新しいテナントの親子が入居してくれました。

短期貸しフラット・・・事のはじまりは、5年以上前に遡るのだけれど、そういえば、この家の工事中に引っ越せる場所がある方がいいし・・・なんていう理由も大きかったっけ。

時には半年以上先まで予約が埋まっていたりしたフラットだけれど、何故か11月以降の予約があまり入らず状態だった。私も妙に焦って宣伝しなきゃ・・・という気にもならず。明日は明日の風が吹くさ・・・みたいな感じでいた。ただし、自分の人生の流れが停滞してるかな?と思うときには、フラットの予約も停滞・・・ということが当たり前のようになっていたので(この5年ほどの間にかなりこのことには気づかされました)なんか停滞中?とは疑ってもみたけれど。笑

終わってみれば、自分でつくったWEBサイトだけの宣伝で(たまーにジャーニーとかにも載せてたけど)、ほーんとにたくさんの方にご利用いただきました。別に何曜日に入居とかいうルールもないのに、不思議と予約と予約の間のロスも少なく済み、空室状態もあんまりなかったし。もちろん、お客様が来る時間に合わせてフラットへいったり、大量のシーツやタオルを洗濯したり、隙間の時間で庭の手入れしたり・・・と、シンプルに楽なものではなかったけれど。

そんな時・・・実は、2ヶ月くらい前から、もしかしてローレンスが東京転勤?という話が湧いて出てきた。日本に帰っちゃった友達はたくさんいるし、その中には旦那さんが日本人で無いカップルもたくさんいるのだけれど、全くの他人事で、自分達にはありえないと思っていたのだけど。

まあ、この話は未だに宙ぶらりんで、どうなるかは、「神のみぞ知る」と思っているのだけど、東京転勤となれば、ホリデーフラットも経営不可能。そろそろ長期的に貸さないとねー・・・と話をしていた。そんな10月半ば、WEB上で広告を出しているサイトに、フラットを探している人を見つけ・・・なんとなく気になったので、予約が終了する2月以降なら・・・とメールをしてみた。

そうしたら、電話がかかってきて、11月の頭に引っ越さなければいけないという。それじゃ駄目ですねえー・・なんて話していたら、「みちこさんってもしかして・・・OOくんの誕生日パーティーでお会いしませんでした?」と言われ、実は友達の友達であったことが判明。息子さんはポピーと誕生日も近いし。まあでも2月じゃ駄目ですね・・・といって電話を切ったあと、ローレンスにその話を一部始終したら、「予約キャンセルして長期で入ってもらうべきだ。」と言い出し・・・

あっという間にホリデーフラットは終了することになったのでした。
面白いのは、長期で・・と言う話が出て、ほぼ確実となった時に、一気に4件ほど予約の問い合わせが来たこと。お互いのために、予約が入らないようになっていたんだなあーと改めて思いました。

そんなこんなで、明日の我が身はどうなるやら・・・の毎日。
金曜日に、「週末は何かするの?」と友達に聞かれたときも、「うーんと、なんだっけ??あーっそうそう、そういえば、引越しが・・・それから、それから・・・」と、ホントに明日のことすら頭の中に入ってない私。

b0027781_573551.jpg土曜日、手続きと大きな片付けの後は、友達のアロットメントへお呼ばれして、ボンファイア(焚き火)をして、美味しいスープと、デザートをいただき、アレクサンダーパレスの花火 プラス プライベートの花火を鑑賞しました。

子ども達にとって、初めてのスパークルズ(線香花火の針金版のやつ)は、かなりの盛り上がり振りでした。笑 イギリスのガイホークスは、歴史的にはちょっと それがお祝いになるんですか?って感じなのだけど、基本的には花火大会。(夏は夜10時ごろまで明るかったりするので、花火は秋のもの)あちこちで、バンバンすごいです。

個人レベルでここまでするか?ってくらい、すごいのもあるのは個人主義の国だなあーと思うのだけれど、花火を見ながら気づいたこと。これできるの、電線がないからだなあ・・・。笑 アロットメントでも、大パーティーをしているグループがあり、目の前でかなりの打ち上げ花火をしているものだから、子ども達はかなりエキサイト・・・いや、あまりにも頭上で行われているものだから、ちょっと怖いくらいみたいでした。

日曜の朝、またまたフラットへ戻って、最後のお片付け。
そして、それが終わったら今度は南ロンドンへ・・・。
友達に遅めのサンデーランチを招待されていて・・・。
とまあ、ほんとに盛りだくさんの週末でした。

今朝は、幼稚園のお母さん友達がメディテーションに来ていて、とってもいい時間を共有。
ポピーは予定外だったけど、友達が公園へ連れて行ってくれたので、4時ごろまで留守。私は恐ろしいばかりに大量の洗濯物を何度もまわし、上から下まで延々と掃除をし、引越しの片づけをし(まだ終わってないわ・・)主婦のONONモード。

で、夕飯時・・・トイレに行ったポピー。
「大きいのでたー、みてみてー」とポピーがうるさいので、しょうがないなあーとトイレに行くと、「あ。なんか動いた!」とポピーが言い・・・

ビックリしました。
初めての体験です。
ギョウチュウを生で見てしましました・・・。

ちょっとー・・・おいおい・・・。
でもまあ、子どものいる手前上、「そんなの普通」くらいに装っておかないと、固執しそう・・・なので、なるべく普通にリアクションしたら・・・「よかったねー。お腹から出てきて。」と本人はちょっと安心していた様子。いや、まだお腹の中に住んでいらっしゃるんですけどぉ・・・ということには気づいてないだろうな。

そういえば、1週間くらい前に、夜、お尻が痒いとか痛いとか言ってたっけ・・・。(フラワークリームつけてハイ大丈夫ーと済ませてたけど・・・)

普通、排泄物をまじまじ見たりしないから、気づかないだろうと思うけれど、まあ、見せてくれて発見できたことだし、良かった良かった。本人も、いつもそんなにマジマジ見ているわけではないし・・・ 日本と違って、ギョウチュウ検査なんて一般的じゃないし、ほとんどの親が、もし子どもにギョウチュウがいたとしても、気づいてないだろうなあと思う・・・から、きっと幼稚園中で蔓延しているんじゃないかと思うんだけど・・・。どうなんだろう?

CINAというレメディをオーダーしてみたけれど、ハーブとかで駆除という方法もあるらしい。ちょっと調べてみよう・・・。(体験者の方いらっしゃたら、アドバイス下さいー。)
[PR]
by nu2meg | 2009-11-10 06:27 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧