人気ブログランキング |

無条件の愛

一週間ほど前、日中にちょっとエネルギーを整えよう・・・と目をつぶってメディテーションしてたら、ポピーがやってきた。「ちょっと調子が悪いから・・・」と伝えたら、じゃあ、私がヒーリングしてあげる・・・と、あれこれしてくれ、その際に歌まで歌ってくれた。

you are my love, you are my love, lovely my little girl, mummy...

いつものごとく、口からでるままに・・・
作詞作曲ポピーなのだけど(スタートはメジャーなラブソングにありそうだけど。)

それを聞いててはっと気づいた。

過去世の復習をしている幼少期、子どもは無条件の愛を親に注いでくれているんだなあーと。

そんな時期が自分にもあって、無条件の愛を親に注いでいた・・・ってことはすっかり忘れているけれど、少なくとも、「絶対マミーガール」のポピーはいつも、私をありのまま受け止めてくれる大きな器がある様に思うし、全てをゆるしてくれている感覚がある。

先週のメディテーションでも出たけれど、今の私の親としてのテーマは、あめとむちならぬ、スプーンとナイフ(たまたま出てきたギフトというのが、シルバーのスプーンとナイフだった)

ナイフのように、サッと切る厳しさ。
それは、タロットのソードでもあるから、「思考」と過去が作り出すもの。

スプーンのように、優しくすくって、口元に届けてあげる優しさ。
それは、タロットではカップ。「感情」であり、今へのフォーカス。

はじめにナイフがでてきて、げーっと思ったとたんにスプーンだった・・・ので、思考の中で処理しようとしている過去があるというか・・・

振り返って考えてみたら、すっと解けてきた感じ。
銀だからちゃんと磨いてあげないといけないし。


子どもが生まれる前から、「4歳児」というのは、私の中でちょっとしたテーマ。
それは、セルフヒーリングの中で出てきた4歳ゴロの涙がらみの記憶が潜在意識にあるから。
5歳過ぎて、「社会的にはこうすべきである」という社交性が身についたら、抑えてしまう感情。

まだ、社会性の比重が大きくなっていないポピーは、最近「私は悲しいんです!」という泣き方を覚えて、その「訴え泣き」が時にげーっそり・・・なのだけど、それをソードでバッサリ切っちゃいたい自分がいたんだと思う。

・・・で、もしかしたら、幼い自分は「切られた」と感じでいたのかもしれない・・・。
だから、テーマにもなってるだろうし、「分かってほしい」に繋がってるんだろうし・・・。
(というか、幼児期の体験は過去世の復習で今世のテーマをクリアにするものだから、そうなるべくしてなったんだけど)

・・・で、実際に必要なのは、スプーン。
ポピーであり、ポピーというフィルターを通して見る、自分の心をやさしくうけとめること。

そうそう、そういえば思い出したけど、子どもの頃、「お母さんなんか嫌い!」と言って泣きながら布団に入って、「もう絶対に口なんかきかない!」と心に誓って寝るのに、いつもいつも、朝になるとすっかり忘れてしまっていて、気づくのは「おはようー」と言ったあと。

無条件の愛だなあー。ほんとに・・・笑
by nu2meg | 2009-08-27 05:57 | 子育て

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る