忘れた頃に・・・

2ヶ月ほど前に、旅行者に短期貸ししているフラットが水害になって、ひと騒動だったのだけれど、実はその被害がまだ続いていた事が今頃になって判明。

木曜日の夜に、お客さんが来て気づいた。
電気をつけて、電球が切れたわけでもないのに、ブレーカーが落ちて・・・。

日本からのお客さんの到着時刻が、たいてい明るいうちの夕方だったので、日が落ちた後の9時頃と言うのはひさびさ。

帰宅の際に車の中でふと、もしかすると、キッチンの電気が原因だったのかも??と思っていたら、帰宅後にお客さんから電話があって、その後もなんども落ちて心配・・・とのこと。

そこで、キッチンの電気が原因かもしれないので、電気はつけずに様子を見て欲しいと伝えると、「あ。もうつきません・・・」とお返事。やっぱり、あれだったかーと翌日、電気屋さんに来てもらう事に。

金曜日、ポピーが突然熱を出してしまったのにも関わらず(朝はスカイプで元気に話してたのに、突然寒いと言い出して・・・)、結局フラットに2時間ほど電気屋さんといて、とりあえず、使えるようにしてもらった。

電気屋が言うには、ケーブルを繋ぐ部分は見事に錆びてしまってて、それが原因だろう・・・ということだったのだけれど、電気を新しいものに交換しても解決せず。調べるとスイッチから電気までのケーブルにフォルトがあり、、多分、濡れてしまってボロボロになってしまった部分があるんだろうとのこと。

でも、壁の中に入っているケーブルをそのまま抜いて差し替えるなんてことは無理なので、簡易処置として壁の外を這わせる方法で・・・(こういうの、ローレンスは大嫌い)でもまあ、全体をつないでいる方の線がぼろになっていたわけではないから(今の所は・・・)不幸中の幸い・・・?
いや、これからそんなこともありえるのかもと思うとゲッソリもする・・・。

どっちにしろ、驚くべきは、誰もそのことについて文句言った人がいないこと。
もちろん、その問題が起こり始めたのは極最近なのかもしれないけれど、2ヶ月間ずーっとそうだったとも考えられなくはない・・・。

チェックインの時に、ブレーカーが落ちたら・・・と説明もしてるから、「落ちるもんだ」と思うんだろうか??と思ったりもしたのだけれど、それも私の投影なのかもねー・・・なんて思ってみると、おかしなもの。

気づいていても、相手に嫌な思いはさせたくないという「優しい心」からかもしれないし。
普通に比べたら安い料金設定だから、「こんなもんだろう」とか思うのかなあ・・・。
ま、なんでもかんでも、ホオポノポノ・・・。笑

もうひとつ、面白いかもと思ったのは、傷口は治っているようで、実は内部で大事にすら発展しうるということ・・・。もちろん、放っておいたつもりはないし、100ポンドも出してドライヤーで乾かしてもらったんだけど。放っておくと大事になるのは分かっていても、放っておいた「つもりではない」ってのが、またミソだなあー。エゴのトリックだなーなんて・・・。(どれくらい「つもり」で蓋をしてるエゴがあるのか・・・)

そうそう、もう1つ面白かったのは、電気やさん探し。いつもの人がまだ全快でないようで、連絡とれず・・・ネットに載ってるリストで探していたのだけど、最初にぱっと目に入った人には電話せず、上から順番に、近そうでよさそうな人を・・・と選んで電話。ほとんど留守電に通じてしまって、今日は無理というのもあって、ようやく通じたのが、最初に目に入った人だった。

結局、彼に来てもらって正解。性格良さそうなお兄さんだったから。なるようになってるんだなー。
いつものおじさんも、留守電にメッセージ残していたから、後々電話してくれて、ちょっと世間話したり。

そんなこんなで、今に始まった話じゃない潜在の「問題」は、表面化してようやく「問題」となったのでした。
[PR]
by nu2meg | 2009-08-16 04:59 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る