ぴーまん

ようやく新学期が始まった。
ポピーは先週から、「今日は学校(幼稚園)?」と毎日朝起きるなり、幼稚園のスタートを楽しみにしていたくらい。

私は今日は、保育園のボランティアに。
新学期からスタートの子ども達がいて、お母さん達もいて、今まで小さく見えていた子が、ちょっと大きく見えて・・・。ほんとに子どもの成長って早いなあーと、よその子を見て実感。

ドイツのシュタイナー学校から、実習生の17歳の女の子も来ていて、新しくスタートした子たちのお母さん達も合わせると、たくさんの大人が一緒の日でした。

そんな中、ちょっと面白かった事。
スナックタイム用に、子ども達はオーガニックのフルーツか野菜を持ってくることになっているのだけれど、ピーマンが入っていて、スープにするにも合わないし、ご飯といっしょに炊くにもキツイから、生でフルーツを食べるように食べればいいのでは・・・ということになり、スープの後の、フルーツタイムに一緒に出した。

意外と、生のピーマンを食べられる子も多く、へえー。すごいなあー・・・と思っていたのだけれど(ポピーなんか絶対に無理!)

日本人混血の男の子が、気に入ったらしく、「ピーマン、ピーマン!」(多分、もっと食べたいと言う意味で)と言い出した。

そしたら、隣に座っている英人の子まで、「ピーマン、ピーマン」と妙に嬉しげに・・・

そうこうしているうちに、先生が「そういうコトは言わないよ・・・なんて風に諭し始め・・・

??? 
笑  

英語で、ピーマンはペッパー。
子ども達が使うのが好きなピーと言えば、ウィーに並ぶ、「おしっこ」

どうやら、先生は「おしっこ マン」と理解し、友達も、周りも、同じように理解したらしく・・・
思わず先生に弁明。

「あのー。日本語でペッパーのことをピーマンって呼ぶんです。」


自分達の気づかない所で、こういうこと、たくさんあるのかもしれない。
そういえば、ローレンスが昔、カルピスのことを、「カウ・ピス(牛のおしっこ)だと聞き取ってたこともあったっけ・・・。

カタカナ語、危うし。
[PR]
by nu2meg | 2009-04-22 03:43 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧