携帯が戻ってきた!

ひやー。約束どおり・・・というか、木曜に修理に取りに来てもらった携帯が、月曜の朝、もう帰ってきた!
日本にいれば、当然のこと。
英国にいれば、感動なのです。笑

それもこれも、今まで何度「裏切られて」きたか・・・
言葉だけのカスタマーサービス・・・。
いい加減すぎる、サービスと言うにいえないサービス・・・。

ジャッジメント(判断)は過去の体験から来るもの。
日本で当たり前だった・・・から、こうあるべきだ・・・と思い、
英国ではありえない・・・から、どうせ駄目だろう・・・と思い・・・。

エゴが振り回される。
ジャッジメントに囚われることは、過去に囚われること。

結局、返ってきた携帯は、修理不可能で交換された新品だったのだけれど、おもわず微笑んでしまった。
ポピーがボディに貼ったウサギの立体シールが、古い本体から剥がされて、同じように歪んだアングルで、新しい携帯に貼られていたのだ。

それを見たポピーは、私が言う前に言った。
「シール貼ってくれたんだね、優しいねー。」

もっと自分を信用しなさいと言われている感じ。
(自分の環境への疑いは自分への疑いに過ぎないから)

こんなことを朝から書いている傍ら、ポピーは1人でもくもくと紙のお雛様式に、春の妖精たちを作ってます。
自分で和紙をちぎって準備して、ボディを作ってもらうのを待ってました。
[PR]
by nu2meg | 2009-03-30 17:26 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧