タグ:タロット ( 9 ) タグの人気記事

夜中タロット

b0027781_128586.jpgそして今夜は、また夜中にこそこそ起きてきて、依頼されてた遠隔タロット。すっかり魔女の世界。笑

いつもながら、タロットは私にとっていつもあっちの世界と繋がっている(サポートされている)ことを思い出させてくれるツール。

そろそろ、自分のリーディングもしようかなあー。
そういえば、311以降、逆に何が起こってもいいやと思ってるから、必要性を全く感じずにいたのだけれど、自分の位置確認のために。
[PR]
by nu2meg | 2011-11-20 01:37 | タロット

リセットとディープな気づき

今日は着床判定日だったのだけど、血液検査の結果リセット。
そう聞いて、やっぱり・・・という気持ちの方が大きかった私。

実は金曜日の夜、「存在」を感じなくて、駄目だったかな・・・と思ったのです。
でも、いやいや、そんな風に思ってしまったらいけない・・・と思う自分もいて。
そして、寝る前にどういうことか知りたい・・・という気持ちで寝たら夢を見た。

海のような場所を素足で歩いていて、足の裏が珊瑚かなんかで切れて痛いけど、歩いてて・・・
気がつくと、陸に上がっていて、ボロボロに傷ついた足を見ていたら、「今回は残念でしたね」と言われた夢。
その時、その残念でしたは、なぜか直接妊娠のことと結びついていて、そうでしたか・・・という夢。
朝起きて、「ああー。見ちゃったよー・・」と・・・。

そんな夢を見た翌日は、2度目のメディテーション。
とっても素敵な時間で、再度、やっぱりこれこれー・・・みたいな。笑

そして、私の元に現れたカードが、バッチフラワーのゴース。あきらめ。
逆を言えば、まだ希望はある・・・のだけど、そうだなー、あきらめの気持ちが実現化してるなあーなんて思っていました。結局の所、メディテーションのおかげもあって、「残念でした」という夢も、ありのままに受け止めればいいのか・・・と納得して。そうしたら、再度、もしかしたら妊娠している可能性もあるかな?と、またまた5分5分くらいな気持ちになっていたのですが・・・笑


クリニックでは、とにかく、待ち時間が長い・・・(血液検査だけでも結果が出るのに1時間かかるから)
その間に、IPHONEにダウンロードした、女神カードとタロットをやってみることに・・・。

これが、「もう削除しちゃおう」と思わせてくれるくらい、ガツン!
(基本的に占いって嫌い私・・・自分でやるカードは占いだと思っていないけど、やっぱり機械操作は占いに過ぎないという気分、直後はやっぱり、機械っていやあね・・・みたいな気分でした。)

まず、タロット。
メジャーアルカナだけで占うスタイルで、一般的な正位置とか逆位置とかあるのだけど、意味が出てくるので、たまにはそういう「普通」なリーディングも勉強になるかなと思ったアプリ。

全体的にはまあまあ良い感じなのだけど、「方法」に「死神」=はい、やり直し!
 
  ひええーっ

もっと凄いのが、追い討ちをかけた女神カード。
カードの中には、ちゃんと受胎系の女神がいる・・・のだけど、出たのが、アフリカンな女神で、妊娠したくても出来なかったという女神。人生出来ないことは出来ない、割り切ることも大切・・・みたいなカード。

  こ、こ、これってー・・・ 
  今、この場所で引いてる私ってー・・
  まんがなら、思いっきり縦線入ってる・・・とか思いながら・・・。

気分はとっぷり、夢の中の「残念でした」状態。

そして、結局血液検査の結果、「今回は残念でした」と医師に言われたというわけで、即座に「もう削除しちゃえ」と思っていたアプリに対して、手のひら返して「なかなかやるやん・・・」と、ほめ言葉を与えることにした私・・・。

実際に、医師にそういわれたら、もっとショックかと思っていたけれど、クールな自分がいました。

ローレンスが帰宅して、根掘り葉掘り、「もっと感情をさらけ出さないと、何も無かったふりをしてはいけない」と言い出すまで・・・。(実際に、彼がそうできるかといえば、そうではないから、結局は鏡なんだけど・・・)

そして、「じゃあ、向かい合うか」と、夫婦でタロット。笑
そしたら、HOPEちゃんを遠ざけていた1つの理由がわかりました。

それは、なんと、私自身が「また1から子育てって面倒・・・せっかく、私の時間ができて、私の人生を歩むことが出来始めたのに・・・」という気持ちでした。

実はこの台詞、ちょうど今日、クリニックから戻って幼稚園のお母さん友達と話していて、初めて口にして、「そうだよねえ?」なんて言っていた事なのだけど。(あっ。でもうちの母親も言ってたっけ・・・)カードにバリバリ現れて、大きな一因だと気づいた時、なんのこっちゃない、実は当事者の「私」が拒否していたというとんでもない事実に気づきました。

大きなセルフヒーリングの課題が、こんな風に出てくるなんて・・・

そうそう、ほんとに娘の時はむちゃくちゃ大変だったし。
それでも、いつ次が来てもいいよと思っていたけれど、もう5年。それが「人生チャリティーで、尽くすもの」という人生観を持ち合わせている私(これも今回のタロットより)には、「主人が望むし、娘にとってもきょうだいがいた方がいいし」と、自分の気もちは最後で、IVFだってなんだって・・・と受け入れることにしたんだなあ。。

そうかあー。2人目不妊って、実はこういうケースも多いのかもねえ・・・なんて思ってしまいました。
(うちの場合はピュアに、男性不妊と決めてたけど!これも結局エゴがよそに理由付けしていただけなのね・・・ちなみに、ローレンス側の問題があるとしたら、本当にやりたいことが出来ていないということ。だから、結果のわかりやすい家族を求めているのかもしれない・・・。)


実は、もうひとつ、大きな夢を見た私。
それは、移植の夜の話なのだけど・・・。

新生児を抱っこしてる夢を見たのです。
ちょうど、寝る前に瞑想してて、お腹の中にある生命の光を感じながら、この子は「ひかりちゃん」だ・・・と、妙に納得していたので、その新生児を抱っこしながら、「ひかりちゃーん」と呼びかけたら、新生児なのに、にーっこりと笑ったのです。

なので、移植してすぐは、その光を感じるたびに、「ひかりちゃん」の存在を感じていたのだけど、数日後に感じなくなった・・・という部分で、「残念でした」の夢につながるのだけど・・。
(いや、すべて妄想だと思ってくれてOKなのだけど!笑)

そして翌朝、娘が「きのう、だれか小さな子が、これでこうやって遊んでた夢を見た」というのです。
「これ」というのは、小さな時から大好きなおもちゃ。もしかしたら2人目ができるかもしれないから、一応持って行って置こうと持ってきた、小さい子向けのもの。

最近、友達がでてきたら、なんとかちゃんと遊んだ夢だった・・・とか言ってるのだけど、「誰か」というのは初めてで、ひかりちゃんの存在を感じたのかなーと思いました。

まあ、夢つながりの夢の世界だけど・・・笑


そんなこんなでリセットです。
続けてIVFなら、また生理3日目からクリニック通い。
私自身のヒーリングワークの進み具合によるかな?笑
なんってったって、実は土台がまだ出来てないというのだから・・・

男性不妊、高齢のせいにしていた自分が情けないー。笑
そうそう、この世は自分がつくりあげた世界に過ぎないんですよね・・・
わかってます。「あたま」では、もちろん!

クリアにすべきポイントも見えてきたことだし(まだ氷山の一角かもしれないけれど)、クリニックに行く時はサポートしてくれるお友達もいることだし、全てに感謝しながら、とりあえずセルフヒーリングしてみます。
HOPEちゃん(ひかりちゃん)いろんな気づきをありがとうー!
[PR]
by nu2meg | 2010-06-16 19:21 | 体外受精

キャンセル & ワークショップ

b0027781_6471944.jpg昨日はハロウィンでした。・・・といっても、このかぼちゃおばけは、義父母達とも楽しもうーと、小旅行中に作ったものだけど。(ポピーのリクエストに沿って顔をくりぬいたのだけど、ほっぺをつけろ・・・と、かなりアンパンマン化。)自宅には、トリックORトリート と子ども達が後から後からドアを鳴らし、総勢30-40人くらいがお菓子を貰いに来た様子。ポピーはお菓子を貰いに連れて行ってもらわなかったのだけど、貰いに来た子ども達にお菓子を配る役を楽しんでいて、6時ごろから8時過ぎまでの間、ベッドに戻っては、ベルがなって降りてきて・・・を繰り返していました。

実は木曜日に起きたら、鼻が重かった私。
すーっごく久しぶりに、鼻カゼというのを引きました。ビックリするくらい頭も詰まって重い感じで、かんでも、かんでも鼻が出る・・・。大人になってこういうの、はじめて?ってくらい、久しぶりかも・・ もしかしてレバーフラッシュで機能回復してて、この数十年は機能不全だったのかなあ??(ストレートに喉や肺に行き着くことが多いってそういうこと?)

結局、今でもまだ鼻は出るのだけど、初日にけだるいなーと思って早く寝たら、悪化する事もなく、クリアになってきています。

が・・・初日の夜のタロットはキャンセル。次の日のにほんごの会もキャンセル・・・と、キャンセル続き。
おまけに、3年ほど貸しフラットにしていたフラットも、長期貸しする運びとなり(これも突然!)予約を頂いていた人にもキャンセル・・・。まだサイトにその旨を伝えていないから、長期貸しが決まってからも数件予約の依頼があって、それもキャンセル・・・と、ほんとにもう、キャンセル続き。(すみません・・・更に来週のメディテーションもキャンセルします)

一瞬、土曜日のワークショップもキャンセルしろってことかなと思ったけれど(参加者のキャンセルもたたっと続いて・・・)いやいや、私は元気になってきているし、1人でも100人でも一緒にワークできることの重さは同じと気づいて、少人数で決行。メディテーションでも感じていた事だったけれど、少なければ少ないなりにメリットもあるし楽しい。時間が足りなかったけど・・。

数日前にふと、タロットの親子関係スプレッドというのを思いついて編み出してみたのだけれど、これはなかなか興味深い結果だった。もっといろいろと使えるミニスプレッドをつくってみようー。

ちなみに、うちの家族関係はというと

ポピー: 正義感の強い子で、着実にコツコツと努力した事(子ども時代に心に栄養を与える事?)は実る大器晩成タイプ?(なんでも吸収ってのもあるのかな) 親としては、この正義感のバランスをうまく調整してあげる事が鍵と言う感じで、本人が納得できない事に対して、どうニュートラルに対応することもできるのか柔軟な姿勢を示してあげる事が大切だと感じた。

母(わたし) 家庭内にいて、良き妻・母であること 更に自宅でやりたいこと(仕事)をしていくことが大切。

父(ローレンス) コントロールな人。一生懸命にがんばる。責任感を果たす。(やりすぎ傾向あり)

*私はエンプレス・彼はエンペラーと出ていたので、ある意味理想的な関係だと思えた。

みんなへ共通している事・アドバイス 将来的にローレンスがとても安定した存在となる。

そういえば、ローレンスは結婚してから&子どもが出来てから、どんどんそれなりに出世もしているし、自分に自信をつけてきている感じがするのだけれど、私とポピーは彼のサポーターでもあり、お互いを高める存在なのかも?と気づきました。(私が家庭内でこういう仕事とかをすることを可能にしているのも、ローレンスのお陰でもあるし)もちろん、キングペンタクルズで出ていたけれど、「ローレンス」だけじゃなくて、みんながそれぞれ安定した存在と言う意味もあると思う。1つ言えば、将来的・・・ってことなので、もうちょっと今にフォーカスしてもいいのかもしれないけれど。
 

そして今日、カレッジにワークショップへ。大好きで何度も受けているステファンのワークショップ。これまた彼のワークショップにしては少人数。でもまた、とってもヒーリングの深いワークショップでした。最後にエジプシャンのグループヒーリングをしたのだけど(そういう内容でもないし、予定はなかったんだけど・・・)1人だけのエクスペリエンスって感じで、パワフルなセッションをした後、ちょっとチーキーな私がステファンに言いました。

「次、私やってもらっていい?」
彼はこういうリクエストに弱いのです。笑
「しょうがない、じゃあ皆にサービスだー!」

ということで、ぐおんぐおんにパワフルなヒーリングを受け、何か再生した感じ。私も要な役をやらせてもらって(まるでバスケでボールをパスするように、ステファンとエネルギーを受けては投げ返す・・・をすごい勢いでしたのだけど、数人したら、もうあまりのエネルギーの重さ?にヘトヘトでした。笑(気分的にはビーチボールで始まるのに、いつの間にか鉄のボールに変わってて、よっこらしょーっとプッシュバックする感じ)

しかしまあ、気分は爽快。
みんなスッキリキラキラ輝いてました。
[PR]
by nu2meg | 2009-11-02 07:36 | 日常

けっこん

ローレンスの友達の結婚式が夏にある・・・と言う話がひょっと口から出たとき、ポピーが聞いてきた。
「結婚って何?」
「一緒にいたい人とずっと一緒にいること。マミーとダディーも結婚してるよ。」
「ポピーも結婚する?」
「ずっと大きくなったらするだろうね。」
「いやだー!」
と、突然泣き出した。

結論。
「マミーとダディーと結婚したら、ずっと一緒にいられるから、マミーとダディーと結婚する」んだって。笑


話は少し変わって、週末。
前の週に、ローレンスのタロットをした。
そこに出ていたカードが、ラブラブ、ハッピーカップル〔2カップ)のカード。

思わず、解説しながら、自分で突っ込みいれたりして(笑)
全体像であって、アドバイスの位置でもあって、自分自身の位置。
しかも、「全て」を示すワールドと一緒にでていた。

へえーっ。笑

そんなこんなで、それがちょっと頭に残っていて、ふとした拍子に気がついた。
そういえば、最近全くけんかもしてないなーと。・・・で、そのことを伝えたら、時間差があったものの、本人もふと考えてみたらしく・・・

そういえば、ほんとにけんかとかしてないねー。

ハッピーカップルのカードは、恋に落ちて盲目な2人のイメージが強かったのだけれど、結婚して10年以上経っても、ありえるんだー。笑

ローレンスの考察によると、ストレスフルだった家の改装も終わり(といっても、こまごまと続いているけれど)私も好きなことを好きなように出来ていて、充実しているからけんかにならないんじゃない?ということだったけれど、私の中では「鏡の存在」としての認識が深くなっているからに過ぎないと思う。

どっちにしろ、何気ない幸せを再確認するために、あのカードが出てくれた様子。
[PR]
by nu2meg | 2009-05-19 03:07 | 日常

リペア(修理)の日々・・・

車も元通りになり(結局ガレージで90ポンド強もかかってしまったー。涙)
ようやく・・・だったのだけれど、そういえばこの間から、携帯がサイレントモード・・・(実は車より先に壊れていた)

新しい携帯なので、ポピーにでもいじられて、勝手にサイレントモードになっちゃったのかと思っていたら、どうもスピーカー機能に障害がある様子。
常に肌に持ち歩くのはあまり好きじゃないから、保障期間中に直しておかねば・・・と、携帯会社に電話。

じゃあ取りに来ます・・・というので、どれくらい時間がかかるか聞けば3-5日。
英国の3-5日は、2週間くらいだろうし・・・と(笑)仮の携帯を貸してくれるのかと聞いてみたら、もちろんNO。急いでいるなら、エクスプレスサービスをやっている電話小売業者へ行きなさい。24時間以内に修理してくれるから・・・ということで、そうすることに。

念のため、その修理サービスの大元へ電話を入れてみると、50ポンドの保証金は頂くけれど、電話を貸し出すサービスもあるということ。

。。。で、でかけた。フィンチリーロード。
全然、商店街にないそのお店。・・前に並んでいるのが3人。
次の人・・・がイライラ待っていた時、目の前の親子が車の駐車料金を足さないと・・・と出て行き(実は店の専用駐車場があり、私は運良く見つけたのだけれど)、その前の人も痺れを切らして出て行った。

残った「次の人」に「ずっと待ってるんですか?」と聞いたら「ええ。40分もね。私、しかもトップアップするためだけに来てるのよ・・・」おいおい・・・。なんてかわいそうなんだ・・・。

そうこういっているうちに、すぐに私の番になった。(とってもラッキー)
・・・が、購入証明書がないと、受け付けられない・・・と言われ(そんなこと、電話では聞いてないのにー)
預かりから3-5日で返却予定だけれど、もし修理できなかった場合は、送ることになるので2週間くらいかかることもある・・・という。そしてもちろん、貸し出しサービスの電話は、在庫がない。

それならもういいですー・・・と帰ってきて、結局今日、修理サービスに取りに来てもらった。
よく考えれば、3-5日携帯が使えなくても、そんな大きなことじゃないんだけれど、勝手に1週間も使えないなんて困るよなーと思ってしまった「マインド」の落とし穴にすっかりはまってしまった感じ。

手放してしまえば、もうどうでもいいのに・・・
物質ってそういうものなのかもしれない。

なんでもそうだけれど、実際にそうなる直前の方が不安だったり、抵抗があったりする(もちろんマインドの仕業) 案じるより生むが易し・・・。

物質を手放す恐怖に気付くことの重要性を教えてくれたのかな。

タロットで言えば、4ペンタクルズ。
思い込みあって、どこか保守的になりすぎているのかもしれない。

とにかく、こだわらず。とらわれず・・・。
エゴがこだわるから、エゴに囚われるんだろうなあ・・・。
[PR]
by nu2meg | 2009-03-27 05:04 | 日常

ヨガ仲間とワイワイ

b0027781_343325.jpg今日はマタニティヨガ仲間と手巻き寿司。このブログに良く登場するヴァネッサ親子とタムジン親子。そして今日は引っ越してきてご近所になった(でも彼女も引っ越しちゃうんだけど)テリー親子も。ちなみにテリーには超かわいい2人目がいる。

今回は、テリーが巻き寿司を教えて・・・というので、そのリクエストに応えて。
前にテリー以外の2人には、巻き寿司を教えたのだけど、その後タムジンは週に1度は寿司・・というくらい、はまっているらしい。タムジンは完全にベジタリアンなので、寿司というと魚・・・のイメージがあって、自分にはNONO料理だと思っていたらしい。そして日本食のレシピブックも数冊入手したらしい。

テリーは旦那さんがちょくちょく日本へ仕事で出張に行く事もあって、「和食で一番好きなのは、揚げ出し豆腐」と言う位の和食通。巻き方だけ知りたければお昼頃おいで・・・でももっと習いたければ、11時には来てね・・・と言っておいたら、気合を入れて11時にやってきた。

そして、卵焼きもマスター。高野豆腐の煮付け、好きな一品だと言うほうれん草の胡麻和えも。太巻きは今日は2本だけ作って、あとは手巻きにしようーっということで、1本目でちょっと説明しただけで、2本目は1人で完璧!さすが、好きだというだけあってか、覚えるのが早い!

ヴァネッサの娘、エラは最近、玄米ご飯しか食べない子。しかも彼女は味噌汁の大ファンでもあるから、玄米と味噌汁も用意して・・・。

と言う感じで、「日本食」は簡単なものでも、ちょっとしたおもてなしになるし、みんな喜んでくれるから、日本人でよかったなーっとつくづく思う。イギリス人なら「教えてー」なんて言われないだろう・・・??

子ども達も仲良く遊んでいて、あっという間に4-5時間。
それぞれ、疲れて眠たそうにもなっていたけれど、心地よく疲れていたようで平穏だった。

大人たちも、みんな喋りまくって、とっても楽しかった。
それぞれが、いろんな思いを抱えながら、子育てもしていて、先日書いたことも、夫婦関係のことも、気付くとやっぱり、同じところへ行く。(エネルギー的に、やっぱりソコに気付くようにという流れがあって、それぞれの話はあちこちでシンクロしていた)

最後までいたタムジンには、タロットリーディングも。
そして、またまた、ズバリ。同じところへ行く・・・。

もっともっと、自分が既に得ている、幸せに気付いて、感謝して、全てを受け止めていこうと。
頑張って、ああなろうとか、こうしなければ・・・とかいう型を捨てて・・・。
「もうすでに幸せ」なのだから・・・。
[PR]
by nu2meg | 2007-04-13 04:18 | 日常

アイロンと心のゆとり

b0027781_6114754.jpg今日は2つ続けて。しかもまた偶然にも?「アイロン」ネタ。(写真は、2人がお散歩して帰ってきたとき。いつもポピーは郵便受けのところから、家の中にいる私を確認する)

セルフヒーリングのクラスに行っていた時、強烈に印象に残っている事がある。

「旦那のYシャツのアイロンがけを、妻だからと言う理由でしなければいけないわけじゃないから、それは旦那さんにさせなさい。」

あのクラスに通ったのは多分7年ほど前なのだけれど、その夜に「かくかくしかじかで・・・私はもうアイロンがけはしないからね。」宣言した。

なぜそんなことになったかと言うと、私が「忙しくて自分の時間が無い」と口にしたのが発端。先生はすかさず、「何が忙しいの?」

当時フルタイムで仕事をしていたから、「仕事に行って、家事もして、・・・・アイロンがけだってしないといけないし・・・」

すかさずに突っ込み。『誰のシャツのアイロンかけなの?』
「主人のです。」
『なんであなたが、ご主人のシャツのアイロンをかけないといけないの?あなただって仕事をしてるんでしょ?』
「いや、でも私は主人の半分もお金を稼いでないですし、彼の方が私よりももっと忙しい仕事をしているから・・・」
『そんなのは、ご主人の問題よ。あなたは自分が忙しいと思うところに、更にご主人のアイロンかけをする必要はないのよ。』

クラス中のみんなは、「そうだそうだー。そんなの信じられない。そんなのするほうが可笑しい」と言う。かなりのカルチャーショックだった瞬間でもあるのだけれど、先生の意図が深く解かったのは、なんと昨夜だった。


実は仕事を辞める時に、アイロンかけは私がするよ・・・と再度アイロンかけを担当もしていたのだけれど、それもポピーが生まれるまでの話。この家に引っ越してきてからは、昨夜が初めての『アイロンがけ』だった。

理由は、ローレンスが忙しいとはわかっていて、でも週末だからとポピーのお世話をして欲しいと、強く願望している自分がいて、『休みの日くらいもっと手伝ってよ!』と言った後、『休みが欲しいのはお互い様』だと深く気付いて反省したから(笑)

そして、たまには、私がやってあげよう・・・と、アイロンをかけながら(ローレンスはいつも日曜の夜に5枚アイロンをかける)、あんなこともあったなーっと、上記のアイロンかけを巡る議論を思い出し、一方でアイロンをかければピッとキレイになっていくのを快感に思いながら、自分がブログのコメントに残した『大切にする事が何よりも必要だ』と言うことに繋がっていった。

1枚1枚、丁寧にアイロンをかけて、忙しい旦那の仕事をねぎらうこともできれば、面倒くさいなーっとため息混じりにネガティブな気持ちを悶々と込めてアイロンをかけることも出来る。

当然のことながら、愛を込められたシャツを着れば、仕事ははかどり、ため息の詰まったシャツではため息が倍増しそう。

あの時、先生が私にアイロンかけをするな・・・と言ったのは、わたしが『ため息交じり』のアイロンがけしかできないくらいのゆとりしかなかった時だと解かっての話だったと気付いた。


タロットカードに、6ペンタクルズというのがある。これは、チャリティーカード。基本的には『与える』カード。カードにポジティブもネガティブも無い。どちらかに偏ってしまえば、どちらにでもなりえるから。

やりたいことをしているとき、私たちは「それをする」というだけで、心が満たされるから。どんなに与える事も苦にはならない。

でも、やらなければならないことをするとき、「なんで私が?」「私だって忙しいのに」・・・と言う感じで、同じ事をするのであっても、それは時に苦になる。

最初はボランティアで始めた事も、いつの間にか、それが負担になってしまうようであれば、それは辞める時期。私もいろんなボランティア活動をしてきたけれど、ボランティアはあくまでも、『自分から進んですること』なのだから、それが無償ということであれば、まず経済的なゆとりがないとできない。そして、ボランティアする中から学べる楽しさや価値がなければ続かない。


子育てにも言えると思う。
やらなければならない・・・と言う気持ちでする子育てなら、仕事を楽しみながら子どもの世話をしている人に預けた方が健全かもしれない。

「心にゆとりを持つ事」「楽しみながらすること」の大切さに改めて気付かされた気がした。そして、これからは、ゆとりのある時に、感謝の気持ちをこめてアイロンかけをしてあげようとも思った。

ちなみに昨夜は一気に12枚アイロンがけした私。
ローレンスは「どういう風の吹き回し?」と言いつつ、「ありがとう」と言ってくれた。
「当たり前」になってしまうと、「ありがとう」すら言ってもらえない。
これも、実はお互い様なのだけれど、やっぱり言われれば気持ちいいもの。

敢えて口にして、お互いを大切にする事も、こうやって、仕事や育児、家の改装云々で忙しく、ゆったりとした時間をもてていない私たちには、すごく必要。
[PR]
by nu2meg | 2007-03-27 06:25 | サイキック・スピリチュアル

タロットに脱帽

ここの所、なんだかすごい勢いでタロットの依頼が来ていた。
ほとんどの方は出会った事もないリピーターなのだけれど、前回に比べてドーンとシフトしている場合も多くて、なんだかこっちまで嬉しくなってしまう。

一度リーディングをすると、人生を垣間見てしまうので、実際に出会った気持ちになってしまうし、タロットというのはシンプルに面白くて大好き。

昨夜、ようやく依頼分が終わり、ふと、そういえば自分のリーディングは久しくしてなかったなあー。・・・とやってみると、ガツン!

 はあー。(ため息)
 出る出る・・・。
 なんちゅうー厳しいんや???
 みんな良く、リピーターになって依頼してきてくれるなあ・・・勇気があるなあ・・・(笑)

実はこれ、毎回自分のリーディングをするたびに思うのだけれど(笑)
誰のリーディングよりも(?)厳しいーのが自分のリーディング。

最初の頃は、タロットも当たらない時があるのね・・・なんて言い聞かせたい時もあった位・・・(笑:だから、自分のリーディングは出来ないと断言する人もいるのかもしれない。でも、やればやるほど、リーディングは当たる、当たらないの問題じゃないことが分かるので、最近はサッサと片付けたくなる気持ちを抑えて、向かい合っている)

まあ、受け止める準備が出来ているから出る・・・のだけれど。

そして今日も・・・。
実は私は日本人のヘアドレッサーさんに出張に来てもらって、タロットと交換ーなんてことをさせてもらっているのだけれど・・・

出る出る・・・笑
カードこそ違うものの、要所要所のメッセージが似てる事、似てる事・・・苦笑
これでもかーというメッセージ。

人生で出会う人はそれぞれ、似た波長を持っているから、こういうことは当たり前。
実は、ほとんどのヒーリングやタロットを依頼してきてくれる人も、私自身の課題をある程度照らしてくれる貴重な存在の人たち。

私の課題。
 無理してまで頑張りすぎないこと。
 自分が正しいと一生懸命に主張しないこと(特にパートナーに対して!)
 こうあるべきであるという枠を外すこと。
 頭で考えすぎないこと。
 
前に比べれば大分ゆるくなってきた・・・と自分でも思うものの、まだまだ・・・
出会っていく人たちの中に、自分自身がいる・・・そんなことを改めて感じ、お互いに成長していくために手を取り合っていくことが何よりも大切だなーっと思ったのでした。

当面の対策は、身近な存在であるローレンスにもっともっと優しくなること!
今日も友人と言っていたのだけれど、ペットや子どもには完全に無条件に愛せるのに、パートナーには何かと「こうあって欲しい」と要求してしまう・・・。

このブログを読んでくれる人も、多かれ少なかれ、似た波長をもっているはず。
お互いに、不要なものはパサパサ捨てて軽くなりましょうね。
[PR]
by nu2meg | 2006-11-10 07:46 | サイキック・スピリチュアル

結局は妥協

ロンドンの家探しを始めて9ヶ月ほどになる。
先日、ぼけーっと地図を見ながら実際に見に行ったお家の数を数えてみると、たったの40件弱。これは自分でもショックだった・・・。100件以上見たと言う友達も数人いるし、自分でも少なくとも50件は見たと思い込んでいたから・・・。

この9ヶ月、ずーっと「もうそろそろ物価高騰も終わる・・」と言われ続けてきたけれど、それは実は私が8年半前にイギリスに来てからずーっと「今がピークよ」と言われてきているのに続いているバブルな状態。そうはいっても、この数年は「横ばい」と言われていたけれど、9ヶ月前に比べて、明らかにロンドンの物価高騰は更に続き、5%くらいは余裕でアップ。同時にローンの利息率もアップしているのにも関わらず・・・。

しかも、市場にでまわっている物件の数はほんとうに極わずか。
1件が売りに出されれば、みんなが蟻の様に寄ってたかるものだから、ここ数ヶ月のマーケット事情だと、売り手市場も良いところ。大抵の物件は、売り出されれば数日のうちに、売り手の思う値段かそれ以上で売れていくという状況・・・。

そんな中、実は今日で「妥協」とともに、ロンドンの引越し先探しが終わる兆し。
イタリアに「ドリームホーム」を見つけたから、もうロンドンは「とりあえず今よりもスペースがあればいい・・・」という超妥協策へ転換。

立地条件は静かな住宅街の中という条件はクリアするものの、「まあいいか」というエリア(最寄り駅はアーチウェイです)。
ローレンスの一軒屋の夢はとりあえずクリアする、テラス・ハウス(家の両脇が壁を共有してすぐに家。今までのところは、2軒だけ続きのセミデタッチ)。
部屋数は見ていたほとんどの物件が5ベッドルームなのに対して、3ベッドルーム。
庭は、最初から妥協しないとしょうがないとは思っていたけれど、今の3分の1くらいになる。
オリジナルな素材もあまり残ってはいない。

でも、広い地下室があり(今もってるモノが全部余裕で納まるくらい)、屋根裏スペースも将来的に拡大しようと思えばできるかもしれないという可能性付き。そして、許可が下りればの話とはいえ、ルーフテラスも作ることは可能かと思われ、そのルーフテラスからは、ロンドンの街並みが見えるはず・・・(丘にある家だから)
お気に入りの公園や森も徒歩で行ける距離だし。

私が最初に見に行ったとき、「うーん、妥協策というなら、可能性はある家だよ・・・」とローレンスに伝えたのだけれど、それは3回見に行っても同じ。そしてローレンスもまったく同じ気持ちなので、オファーが受理されて(最後はもう1人買い手がいたものの、チェーンのない私たちが有利になった)とりあえずは良かったね・・・だけれど、万々歳かというと、そうとは言い切れないクールなもの。

けれど、実はこの気持ちは、今住んでるフラットを買うときも同じだった!4年前、「庭が欲しい」という気持ち一心で庭にだけ惚れて・・他は妥協したのだった。
でもそのおかげで、その時に、前に住んでいたフラットをキープして・・という投資プランが実現したのだから結果的にはそれで良かったのだ。

私たちにはなんだかこのスタイルが合ってるのかも知れない・・・
自分達の好みに改装すれば、きっと住めば都?

ちなみに、こういう時に必ずチェックしてみるタロット・・・。
ちゃーんとハッピーファミリーホームになる予定。カードの中でも妥協というのもちゃんと見えてて、笑っちゃうし、夢の家探しはその後もずーっと続くと出ました(笑) なので、住んでみて、気に入らなければ数年でまた引っ越そうーみたいなノリ。

今楽しみなこと?好みでない建て付けのタンスやカーペットなどを、だーっと豪快に解体して、身包みサッパリのブラックキャンバスにすること!
[PR]
by nu2meg | 2006-10-10 05:16 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧