タグ:サイキック ( 5 ) タグの人気記事

風邪ひき プラスα

ちょうど一週間前に、娘が持って帰って来た風邪。
娘は一晩熱を出して、数日かれ声でスッキリ・・・だったけど、私は徐々に声が枯れ、なんかだるい状態に。
火曜日からは、少しでも時間があれば寝よう・・・という状態で、昨日もほぼ寝ていた。(送り迎えはするけどね)昨夜なんて夕方6時にねかしつけて、一緒にそのまま寝たくらい。

金曜日からちょっとホリデーに行くので、寝て治そう!ということなのだけど、朝起きてもスッキリしない。
レメディも、あれこれ飲んでもそれでもスッキリしない。
どういうこっちゃー・・・・と思いながら、今朝、お弁当のたまごやきを作りながら、立っているのがしんどくて、ちょくちょく座って、すべきこと・・・をこなす。

  そうしているうちに、ふと思った。
  これって、なんか憑いてる??

そう。レメディのんでも回復しない時は、そうそう、そうだった・・・。
朝ごはん食べながら、待ちきれずにダウジング。
すると、憑いてました。7つほど・・・
この数日間に集まってきたらしい。
早速、ヒーリングして(浄霊というけど、ヒーリングにすぎない)ちょっとスッキリ。

もちろん、風邪はひいているので、重いけど、クリアになったから自己治癒力が戻ってくるはず。
どうりで、セルフヒーリングしようにも、グラウンディングできないし、なかなか繋がれずに、変だったわけだ。

憑く憑かれるということ。
実は私もよく説明できない。
あまり信じる必要も無いと思う。

でも、こうやって実体験すると、否定する必要も無いと思うし、むしろ、気づいてもいいのかもしれないと思う。(でも怖がらないで下さいね)

体験上、いわゆる中毒患者さんや、精神障害者、うつ病患者さんなどには、必ずといえるくらい、憑いている・・。普通に生活してる人にも結構憑いていたりするから、特別視する必要ないけど、挙げたような病気は、憑いている霊が、意外にも実権を握っているようなところがあって、病気の克服が困難になるのは確か・・・。(要は、改善から足を引っ張る。)

今回体験したように、「わたし、どうしちゃったの?」「なんでレメディがヒットしないの?」という状況に陥ったら、そういう場合もあるということ。。

そんな時、どうしたらいいのか・・・。普通の人はどうするんだろう??と逆に思ってしまうけど・・・
前に友達と話をしていたら、そういうときに、ホメオパシージャーパンで出している、「般若心経」のレメディが良いと言っていた。

なるほど、般若心経ー。
拝むこと、祈ること、大いなる存在とつながること、感謝すること・・・・なんでも良いのかもしれないけれど、「我を取りもどす」ことが必要ってこと・・・。

でも、あくまでも、怖がらないで下さいね。
除霊的に、あっち行きなさいーというのもあるけれど、それじゃ、大きな意味での解決にならない。

自分の状況に似たエネルギー体は、あくまでも、同じ部分で癒しが必要であるという存在に過ぎないから、除去するのではなく、一緒にクリーニング(ヒーリング)作業すること。

今更ながら、ヒーリングって実は、こうやって妨害された「自己治癒力」をちゃんと活性化できるように整えてあげることなのかな・・・なんて思ってみたり。

あまり考える必要ないし、とらわれる必要ないし、全ては自分の鏡に過ぎない。
拒否するかわりに、受け入れて手放す。

気がつけば、こういうことが出来るようになってからというもの、セッションに来たり、遊びに来てくれた友達に憑いてたりすることもすごく多くて日常茶飯事。クリアにすれば、一気に肩の重さが消えたり、気分が軽やかになったり・・・。目の前でそういうのを見ていて、自分でもこうやって体験すると、なるほど・・・と思うことだらけ。そういいながら、基本が論理的な私は冷めた目でこういう自分を見てる部分もあるのだけど。

ちなみに、今回私に憑いたのは、不妊系のものだと思う。
・・・というのも、体調崩すってやっぱり私の中で自覚している以上に、ショックだったのかなあーと思ったから。その思い(念)というのが、成仏できていない「残念・無念」系の念を引き寄せたのかな? まあ、何でもいいんだけど・・・。
[PR]
by nu2meg | 2010-06-24 13:50 | サイキック・スピリチュアル

おもーい肩・・・

久々に?怪しい系です。

実は数日前から、どーんと重い肩だった。
なんてったって、3週間前にレバーフラッシュしてから、肩がすっかり軽くなったものだから(まだこれ以上軽くなるんだと思うけど)数日前に、重くなったとき・・・げ・・・。そろそろ戻ってきましたか・・・肩こりさん。。。なんて思っていた。〔来週、2度目を予定してるので、2回目すればスッキリするのにーなんて思ってたし)

肩こりの時は、夜寝る前に、ホメオパシーのルストックスとか飲むと、大抵は朝にはスッキリしているはず・・・

なのだけれど、どうやら、今回は様子が違う。
おかしいなあー・・・と思いつつ、風邪気味だから?とかエゴはいろんな理由をつけて、「いつからはじまった」かという所にわざと意識を逸らしているようだった。〔今思えば)

そんななか、土曜日のメディテーション。
いつものように気持ち良い・・・けれど、何かが違う・・・
参加者は、これまでで一番、最高に気持ちよかった!みたいな反応なのに、まあ、それなら良かったわ・・・と、また自分のことは後回しになっていて(無意識下)今朝おきて、ふと気がついた。

あ。サイキック系のエネルギーだ・・・。

ダウジングでチェックすると、憑いてました・・・笑
サッサとクレンジングしたら、その途端に、肩はスッキリ。
たった、1分間で解決できる事なのに、数日なんだか重い思いをしていた私・・・。

憑けたというか、ちょっと意図的に拾って来たの、すっかり忘れてた。

サイキックアタックといえば、生霊とか浮遊霊とか、場所にくっついてる系とか、いろいろあるけれど、最近、まあそんなのどうでもいいやん・・・と思っていたのも確か。だって、自分のエネルギーの投影に過ぎない部分もあるし・・・。

でも、ちょっと前にタロットしていた時にも、依頼主のパートナーさんに憑いているという話しに(どういうわけか)話が流れ、チェックしてみたらかなりその存在が大きかったことが分かったので、あなどれないなあ・・・と思っていたところだったんだけど。

慢性肩こりのままだったら、こんなにまで「重い」と思わなかった気がするから、身体のバランスを整える事ってやっぱりすごく大切だなあーとも思ったし、これからは、瞑想前に参加者のエネルギー確認もしてからスタートすべきだなという部分でも、良い学びになった。

遠隔霊障チェック&クレンジングってセッションでも増やそうかなー。笑
[PR]
by nu2meg | 2009-10-05 02:22 | サイキック・スピリチュアル

キルリアン写真

昨日もカレッジにワークショップに行った。キルリアン写真をヒーリングワークと言う感じのものだったので、まあ面白そうカナと言う程度の気持ちで・・

ホメオパスであり、トランスパーソナルサイコロジーとキルリアン写真を使ってヒーリングワークしている先生で、実際にはトランスパーソナルサイコロジーのアプローチでのワークショップだった。

キルリアン(英語読みではカーリアン)写真というのは、高電圧(20000-30000ボルト)低電流(1.5-2マイクロアンプ)の交流電圧をかけて、エネルギー体の持っている『気』を写す写真の事。

ファントムリーフといって、一部を切り取った葉っぱをキルリアン写真で撮ると、現実には切り取られた部分も、エネルギーとしてはもとの形を映し出した・・・というのが有名。これは、実際に身体の一部を切断された人が、切断されてしまった部分がまだ痛く感じるとかいうファントム現象をエネルギーレベルで証明している・・・。

ちなみによくあるオーラ写真は、多分この応用編。
実際には、手に流す電流への反応をコンピュータ処理する事でオーラのイメージを作り出したもので、体全体の本物のキルリアン写真というのは、現実的には不可能だと言う事。

b0027781_791011.jpg昨日は、手を3回撮った。(のだけど、私のは1回、アシスタントの間違いでボツ・・・)これはありのままの自分と言う感じ・・・。特にエネルギーを意識せずに・・・。(でも、ボツ&時間がなくて、意識的にエネルギーを濃くした写真がないから比べられないけれど)

白黒写真なので、黒い部分が光。
光が多ければいいというものでもなく、バランスやいろいろ・・・あって、この写真からでも読める人にはかなり、その人の性格が読める・・・。解説シートを参考にすると、なるほど・・・という感じ。

実は、ワークショップのことを書こうと思ったのは、別のことで・・。
トランスパーソナルの方法が、コースインミラクルに似ているなと思ったこと・・・。もちろん、それだけじゃなくて、実は全てがそこに繋がっているのだろうけれど・・・

例えば、感情や気持ち。それはその状況に応じたものであって、自分そのものもしくは、自分の人格ではない。だから、そのそれぞれの感情や気持ちは、「自分から切り離して置く」と言う事が大切。(感情や気持ちに飲み込まれる事もあるから)

人生、生きていれば、いろんな状況があって、それぞれの状況で、それぞれの状況にあわした「自分」を作っている・・・、でも、その中で「私は本当はこんな自分ではない」と思ったり、「本当はもっと違う自分なのに・・・」と思って、不必要に「人格障害ではないか」と悩んだりさえもする・・・ 云々・・・。

それぞれの状況は、「そう起こるはずであった」のだから、その状況に心を揺らされる必要はない・・・

一歩引いた自分というものを持つ事が大切・・・というようなこと。

そして、「将来を心配したり、過去のことで悩んだりする」のではなく、「今」に意識を持っていくことの大切さ・・なんかも、説いていた。


かなり断片的だけれど、更に言うと、

ポジティブな感情とは、覆す事の出来ないもの。
 イコール、無条件の愛。(高次の愛と呼んでいた)
 これしてくれたら、好きだとか、そういうのは、低次の愛で本物ではない・・・

そして「正当化」することのみが、ネガティブな感情を作り出す。
 イコール、自分を正当化しようとしなければ、無条件の愛だけで生きられる・・・と。


「正当化」の背景には、やっぱり「無意識下の罪悪感」なんだな・・・と、1人で納得していた私。

あまりにも、断片的なままだけれど・・・
せっかくなので、エッセンスだけでもシェアということで・・・。
[PR]
by nu2meg | 2007-11-06 07:09 | サイキック・スピリチュアル

青い風車みつけた!

家が見つかる前に、サイキックな友人がリーディングをしてくれて、言われたこと。
「丘の上・・・青い風車・・・光がたくさん差し込むお家・・・」

リーディングは必ずしも見えたものそのものを意味するのではなく、解釈の仕方によってかなり変わってくる。風車のコトが出た時、彼女はどういう意味かなー?と言っていたけれど、すぐに私には「それが目印になる」とピンと来た。

だから、家探しの時、実は密かに青い風車をずーっと探してもいた。
子どものいる家庭だと特に、ありそうな気がして・・・。

でもないまま、結局子どものいないあの家に決めてしまったのだけれど、その家は丘の上。まあ、良い線行ってる???なーんて思ってもいた。そしていつか青い風車を買おう・・・と。


今日、ローレンスは仕事を休みにして、一緒にお片づけ。
こんなのもある、あんなのもある・・・と、ポイポイ捨てていたのだけれど、庭で壊れた青い風車をローレンスが手にしてポピーに「見てみてー」とやっていた。

思わず叫んでしまった!
「ああー。これ、探してたやつー!」

引っ越すべき家だったんだなーっと再確認した気分。
[PR]
by nu2meg | 2006-12-09 07:40 | サイキック・スピリチュアル

大当たり

会社から帰宅したローレンスが、笑っちゃうんだけど・・・という前置きをして言った。
「仕事の内容が変わるんだよ・・・」

ずばり、数週間前にオーラ写真を撮った時に、リーディングしてくれた人が言っていたのと同じ状況!!マネジングを含み、責任が重くなるから、忙しくなる・・・けど、彼にとって良い事だよ。という内容だった。(もちろん、彼には伝えてあるので、本人も急展開で予知されていた内容に驚いていた)

本人は、お給料は変わらないのに、負担が増えるだけなんて、そんなの嫌だー・・・らしいけれど、「良い事らしいから、がんばって。ポピーも寝てくれるようになって、仕事帰りを急いでくれる必要もなくなったからねー!」と私。
[PR]
by nu2meg | 2006-06-14 05:18 | サイキック・スピリチュアル

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31