森のようちえん

息子はめでたく2才児ながらにして、4月からようちえん通いになりました。
日本の幼稚園は画一的に4月始まり(イギリスだとタームスタートあり)ということもあって、あとまるまる一年は少なくとも自分の手元にいるはずだったところでの、このスタートはまるでサプライズプレゼント!

とはいっても、まだお弁当始まって1日で・・・自分時間を取り戻すにはもうちょっとだけど。
しかも、はじまりの日の後に発熱、下痢嘔吐で(白い下痢便だったので、多分ロタウィルス感染)さっそくお休み状態だったので、まだ何日も通っていないのだけれど。

最初の数回は絵に描いたようにお別れ時に号泣。
そして泣かなくなった日、息子は「ほら、マミーはもう行くんでしょ?行っていいよ。」といわんばかりに、私を手で押しやった。

時を遡れば、娘も全く同じような雰囲気で、「中途半端にいるんだったら、さっさと1人にしてもらって良いよ」という感じでシュタイナー園になじんでいった。そんなところまで似るんだと思うと笑える。


この春に誕生した森のようちえんは、3歳児3人2歳児4人の7人でスタート。
3歳児は週4、2歳児は週3で園舎のないようちえんに通う。
あたたかいスタッフにふんわり見守られて、ゆったり優しい時間をすごしている様子。

そんなようちえんに、この月曜日、さっさとGWが始まった娘が突入!笑
「私も行ってみたいナー」と最初から言っていたので許可を得て。

ちょっと病み上がりということもあって(微熱でも学校に行っていたくらいだけれど、帰途はクラクラ、ふらふらして卒倒しそうだった・・・というくらい)本調子ではなかったものの、娘らしく楽しい日を過ごしたらしい。

どうだった?と聞くと、ちょっと照れながら
「楽しかったよー。でもね、ちょっと恥ずかしかった。私、4年生なのにこんなに小さい子どもっぽく遊んでいいのかなー?とか思いながら、でも楽しかったから遊んじゃったのー」と・・・

先生にはまるでナマケモノが木にぶらさがっているみたいに木にブラブラぶらさがってて、その反対側に小さな子どもたちが同じように木にぶらさがっている可愛い写真を見せてもらった。
娘がいると遊びが広がるとは思ったけれど、やっぱりそんな感じで、こどもたちも良い刺激を受けた様子。

その他もろもろいろんな遊びをしたみたいで、大満足だった娘。
・・・というように思いっきりまだまだこどもな娘でもあるけれど、同時にすごく成長したナーという一面も。
というのも、すごーくよく様子を見ていてようちえんのことを高評価していた。

「あのね、あのようちえんはすごく良いようちえんだと思うよ。だってね、こどもが好きなことをいっぱいさせてくれるの。ぜんぜんああしなさい、こうしなさいっていう感じの普通のようちえんじゃなくて、厳しいルールとかあるわけじゃなくて・・・でも、先生が放っておくんじゃなくて、ちゃんとヒントをくれるの。そっか、こんな遊びも出来るナとか、そういうの。・・・・やっぱりこどもは自由に遊ぶのが一番いいよね。そういうのがないとつまらないよね・・・」という感じで熱く語ってくれた。

今日、先生に聞いた話では、こどもどうしの喧嘩もとりあえず制裁ではなく、危険が無い限り「こちらでどうぞー」らしい。

娘に、シュタイナーの幼稚園とどうちがう?と聞いてみたら、もっと自由な感じー。と一言。
でも、もりのようちえんにはない、シュタイナー園のいいところもない?と聞くと、「そうだねー。例えば絵本を読んでもらうのもいいけど、やっぱりお話をしてくれたり(素話)人形劇があるといいよねー。もりのようちえんと、しゅたいなーの幼稚園といいところをお互いに学び合ったらもっといいのにねー!」と。

・・・で、水曜日には人形劇をしてあげたい!と、思いついた娘は超元気なおじいさんのおむすびころりんを練習して、張り切って2度目の森のようちえんへでかけた。

・・・雨の中!
森のようちえんの醍醐味ー。どんな天気の中でもお外!
バスででかけようと思いきや、自転車がいいというから、自転車で20分強、小金井公園までしとしと降る雨の中を自転車で。

人形劇は大成功でみんなとっても喜んでくれたそう。
娘いわく「みんなね、すごく好きだったよー。みんな立ってじーっと見てて、すごく楽しそうに笑ってて、ほんとうにすごくすごくかわいかったー。」っと。

雨の中、息子は水溜りの中で水を蹴り歩くのを楽しんだみたい。
・・・で、何度も転んで泥まみれ・・・
私が迎えに行ったときも、目の前でこけて泥まみれ・・・

「シャワーで洗っておいでー」といわれたシャワーは木から落ちてくる水だった・・・笑
正直、自転車できてよかったと思った瞬間。
どろどろでバスで帰る方が困難な状態だしー。
着替えても家にたどり着くまでに濡れそうだし。笑

息子はご満悦。
楽しかった?と聞いたら「うん。楽しかったー。どろどろー!」

子どもの時にしかできない体験をたくさんたくさんして、心豊かな人生の基盤を築いていって欲しいな。
[PR]
by nu2meg | 2014-04-30 21:22 | 子育て

今回は前回の反省もあって、成功です〜
ここ数回で1番スッキリかな。
硬めの石がゴロゴロ出ました。

息子の調子が悪かったので、まあ一緒にゆっくりすればいいかと思い、スプリングクリーニング(冬に貯めた毒素を排出:春の七草とか同じ原理)だと思って、強制排出バージョンで。
ゴロゴロっと大きめのが出て(最大1.5センチ)その後砂状のも出たので、つまり解消気分が嬉しい。

しかしまあ、いっぱい入ってる事…
そろそろと言い続けても、先が続く…
20回超えなのかなぁ…
こんなに続くとは思いもしなかった。

でも、確実に体調は良いかも。
もともとそんなに不調じゃないけど、高校時代から35度代の低体温だったのが、36度五分以上ある感じで、幼児並み(なので子どもの調子が悪くてもあまり体温計使わず… あー38度超えたな、とかコレ40度近いなとか...笑)

と言うわけでまだ続きます。
[PR]
by nu2meg | 2014-04-12 22:47 | ディトックス

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30