フラワ

あと1ヶ月でもう2歳になってしまう息子君。
おねえちゃんに引き続いて、ちょっと言葉も遅いかなとは思うけれど、最近出てくるのはほとんどが英語。春休みに英語環境だったというのが大きいのか、読んでほしいと持ってくる本が英語の本が多いからなのかは判らないけれど・・・

その中でも、私が一番嬉しいなと思うのが フラワ(ー)
しょっ中あちこちで、花を見つけては、フラワ、フラワ、と言ってる。

そして、多分キャンプ場で実体験した アー。(スター)
絵本を見ても、星にはすごく惹かれているらしい。

その他、恐竜系は ダイノー(ダイナソー)なのだけれど、亀も ダイノーらしい。わかるけど・・・

そして基本的に大きな動物は ホーシーズ (馬・ホースの複数形)
何度言っても、ゾウはゾウでもエレファンとでもなく ホーシー。

車はカー。電車系はトレイン。
でも飛行機は「ひこうき」でエアロプレインとは言わない・・・

しょっちゅう 「こわいよ、こわいよ」・・・という怖がりでもあり・・・
なくなったら 「ゴーン」 だけれど、もともと無ければ 「ないよ」
そして、やってほしくない時は一丁前に 「ドーント」 
ほしい時は、「プリーズ」(チーズにも聞こえるけど)

美味しいは「ナイス」とも「おいしい」とも言うなぁ。
あ。基本的に好きなものが「ナイス」かもしれない・・・

2歳児らしい自己主張もかなりして、おねえちゃんに似てやっぱり強情だけど・・・笑 まだまだ可愛い。
[PR]
by nu2meg | 2013-05-30 16:05 | 日常

またまた3週弱でレバーフラッシュしました。
できれば夏までにクリアにしちゃえ・・・と、スケジュール帳みながら(満月に当たらないようにとか:満月は手術とかも避けたほうがいいのです)。笑 予定調整してる私。

結果は5ミリ程度が10粒程度。もうちょっと細かいのが同じくらい?
でも結構年季が入った感じのモノだったので、奥から出て来てくれたのねーという感じ。古いのでカルシウム化?はしているけれど、重いわけではないのでコレステロール胆石だろうな。

今回はしずんだ石もなし。
せっかくフラッシュするなら、やっぱりたくさん出てきてほしいけど・・・もう残りが少ないのか、次回へ待機なのか??

そういえば、前回出たまんまるい綺麗な胆嚢からと思われる胆石は、その後気づいたけれど、中がカチカチに硬かった!正真正銘の胆石だーっとちょっと感動。大きさは小さなビー玉という感じで直径1センチ強くらいかな。きっと、胆嚢の中でぐるぐるまわって研磨されて綺麗になっっていたんだと思うけれど、面白かったのは表面から1-2ミリくらいかな?やわらかく溶けていたということ。

これは明らかに胆石をやわらかくしようとしている、リンゴジュースかウラジロガシの効果だと思う!(そうでなければあんなに綺麗な硬い丸はできない)これはちょっと感動でした。もう入ってないのかな?あるなら早く出てきて欲しいー。笑
[PR]
by nu2meg | 2013-05-20 11:56 | ディトックス

b0027781_19433531.jpgえらくアップが遅くなってしまったけれど、春休みに訪ねた茅葺屋根の古民家。ほんとうに素敵でした。

友人経由で知った茅葺屋根の古民家滞在はいろりはもちろんのこと、五右衛門風呂つき。
友人家族も一緒に大人5人、子ども4人で行きました。
そのうち日本人の大人は私一人でもちろん、みんなこんな体験は初めて。

もともと、友人が築300年の茅葺古民家(写真とは別物件)でやっているイベントに参加しようと芦川を訪れる計画をたてたのだけれど、古民家ステイで更にスペシャルな週末に。

もちろん、イベントもとっても良い感じ。
こどもたちはお抹茶をたてさせてもらったりもして・・・
友人も英語ができるので私がいちいち全部説明しなくても良いのも楽で・・・笑

細かい数字を忘れてしまったけれど、この集落の多分ほとんどと言えるくらいの家が茅葺きの家。
でも、日常的に火をたかなくなったこともあって(茅葺きを保存するには不可欠)現在、ほとんどの家はトタンで覆ってある。単純には数字的には茅葺屋根の家の数は白川郷よりも多いとか。

こんな町なので完全に過疎地となっていて、小学生は全生徒数が10名代。
だけれど、村に活気がないかといえば、決してそうではない感じで、上記のイベントにも地元のおばちゃんたちが大活躍。

農産物直売所も、地元のおばちゃんたちのごちそうらしいけれど、コロッケも巻き寿司もすごく美味しかった。そして前におみやげでいただいていたのだけれど、生こんにゃくが最高に美味しく・・・。
古民家でみつけた観光パンフレットによると、町ではこんにゃく作り体験や蕎麦打ち体験などもできるらしい。(今度ぜひ、こんにゃくをつくりたいー。主人も娘も普段こんにゃく食べないのに、このこんにゃくだけは美味しい!と食べてたし)

とまあ、そんな感じの場所。

帰り、友人に河口湖まで送ってもらったとき、噂の河口湖の水位低下を見てほんとにすごいね、不気味だねーなんて話をしていた時、富士山噴火の噂もあるよね・・・なんて話していたら、地元のおばちゃんは

「生きてるうちに富士山の噴火も拝んでみたい!噴火したら山に登って見てみたいなー(山があるので距離的には近いけれど富士山は見えない場所。近年になって河口湖に抜けるトンネルができたけれど、できるまでは実際にこんなに近かったなんてーと思うくらいだったみたい)。」と言っているらしい・・・。さすが!

b0027781_2055727.jpg古民家ステイの詳細はリンク先でみてもらえればわかるけれど、二階はこんな感じ。下に畳の和室があり、そこは妊婦のいる家族に使ってもらって、私達はこの床張りの2階に寝ました。布団はリースするか、持ち込むか。私達は寝袋持参で行ったので、思いっきり雑魚寝という感じでした。

実は、いろりに火をかけて、となりの座卓で夕飯の鍋をつついていた時、なんか「燃える」においが・・・。
総動員で、あっちか、こっちが探したものの、特に何もみつからなかったので、気のせいかとまた食事に戻ったら、私の目の片隅に煙が入ってきて・・・びっくり!!

いろりの周りに座っていた時に使っていた座布団に、火の粉が落ちて、じわじわと座布団を燃やしてた!!
大事に至らなかったから、こうやって笑い話になり、是非おすすめですーなんて言えるけれど、ほんとにびっくりー!やっぱり勝手を知らないのは怖いことだ・・・。

五右衛門風呂の方も「勝手を知らない」から、適当にくべられた木が、ごうごうとお風呂をあたため・・・笑
でも隣に普通のステンレスバスも置いてあるので、こどもたちはそっちにはいって、ぬるいお湯とアツアツのお湯を交換するために何度も行き来して遊んでました。

そういえば、2階への急な階段もまた「勝手を知らない」ローレンスが足を踏み外して落ちる・・・というミニアクシデントもあったっけ・・・笑

外でホンモノのお釜でご飯を炊いて食べたり・・・ということをする人もいるらしく(電気ジャーも置いてあるし、食器や調理器具は一通り揃ってます)大人数でのーんびり田舎ライフを楽しむのはすごくいいかも。(人数に関係なく一泊2万円)

ということで、かなりのお勧めです。
里帰り中にも、外国人へのお勧めスポットにも、もちろん国内旅行でも!
そういえば山歩きもいろんなコースがあるみたいでうちは次は山歩きメインかな?

てんころりん村 (古民家ステイ)
芦川倶楽部
[PR]
by nu2meg | 2013-05-14 21:28 | 日常

大島キャンプ

b0027781_1451100.jpgGW後半(木曜日の午後から)4泊5日で大島へキャンプに行ってきました。
GWの予定がうんぬん・・・と言っていたとき、もう既に船の予約を取るのが難しい状況になっていて、希望だった神津島は却下。でも大島ならいける・・ということで大島になったのだけれど、近いし良かった。笑

基本的にのんびりキャンプ目的。
お昼すぎのジェット船で2時間弱。ローレンスは午前中仕事に行って港で合流。

到着した日はテントはって夕飯食べて終わり。
この日は平日とあって、キャンパー少なしで貸しきり気分。こどもたちはあっちこち走り回って、木の根っ子とか多いので転びまくってた。

翌日は近所の遊歩道を探索して、大島公園内にある動物園にも足を伸ばす。(キャンプ場も公園内だけど、動物園まで徒歩30分以上かかった。

b0027781_14371448.jpgしかも遊歩道経由で行くと、どうかんがえても閉めてあるんじゃない?というロックがかかったゲートがあった。ところがそれがなんとか開いたために、忍び入るように入ったら、案の定?「そっちは立ち入り禁止です!どうやって入ったんですか?」なんて言われてしまった。笑 

この動物園は無料。さすが東京都、太っ腹・・・?立ち入り禁止区内を通ってきた様子だと、昔はだだっぴろい場所にぽつんぽつんと動物がいたみたいだけれど、今は廻りやすいように、すごく綺麗に整備されていて、動物たちものんびり。もちろんライオンとかはいないけれどこどもたちは充分楽しめた。

帰ってきたら、キャンプ場は案の定大盛況。
グループも多くってちょっとうるさいけど、キャンプらしいといえば、キャンプ場らしいかな。

3日目は観光日和。
バス停までまず40分くらい歩いて(キャンプ場から送迎してもらえただろうけど)島の中心の三原山という火山へ。パンフレットに「いつかはまた、この火山は噴火して、私たち島民もまた一面焼け野原になった島とともに変わっていくことでしょう・・・」みたいな文章がかいてあったけど、こういう自然と共に生きる的な思考はすごく日本人的かもーと思いつつ、現在は牧歌的な風景の中で山頂へのぼって、噴火口周囲も歩く。

歩き終わって気づいたけど、午前中、ここまでですでに9キロくらい歩いてることに・・・。
息子君も結構歩いたし、最近彼はとっても歩くのも早くなった。

その後、島の南の港町まで行き、元町港に戻って露天の温泉へ。
でも、もう最終バスまで1時間弱!ちょっと急ぎ足でGWの混み込み温泉へ。温泉のおばちゃんも、ふだんはこんなに人いないから、もう忙しくてたいへんたいへん・・・と、てんてこまいに貸し出し水着を洗ってました。笑

b0027781_14375021.jpg4日目はまたまったり日。
すぐ側の石ころ海岸で遊んで、残りの食材でいろいろご飯作って一日が終わる・・・

そしてさっさと5日目最終日。
13:30の大型客船で東京へ帰るまで、お片づけ。岡田港発というので(当日朝まで、どっちの港か決まらないそう)元町までいくのはやめて、動物園の側の芝生の広場でゆったりして、バスで港へ。

キャンプ場辺りはちょうどソフトバンクが使えるようになる工事をしているということだったけれど、GWだったからか、全く使えずだったので、携帯の存在を忘れる日々。

個人的には白い砂浜がある新島の方が好きだけれど、大島もまた椿の咲く頃に行くといいかも・・・
[PR]
by nu2meg | 2013-05-08 14:38 | 日常

ふううー。
出産および授乳のために2年ぶりにやった前回の7回目レバーフラッシュ。
排石なしでもうクリア?なんて寝ぼけたことを言っていたけれど、ほんとに甘かったー!

先日のブログにかいたとおり、その後体は絶不調に!!
たいてい、2-3週後に「奥の胆石が前に出てくるからちょっと不調になる」というし、その感覚はわかっていたつもりだったけれど、酷かった。

現実問題、あまり体ケアした食生活をしていなかったこともあって、すぐにもう一度フラッシュするのは肝臓に負担がかかりすぎると思い、その上超多忙の春休み直前の大ピンチ。

実際にどう不調だったかというと、私にはありえないのだけれど(笑)食欲がなくなった。
というのも、特に乳製品を食べると、胆汁が出ると同時に背中に鈍痛を感じるという具合。肝臓の面積から考えれば、右側の方が詰まってそうだけど、鈍痛を感じたのは左側。

これはもう、詰まりでしかないとすぐにわかった。でもどうしたもんか。
胆石を溶かす方法で考えるべき?と「抑石茶」の名を持つ「ウラジロガシ茶」をネットで購入。(リンゴジュースのみ続けるのもどうかと思ったし、リンゴジュースだと1週間の準備期間に肩が重くなるのよね・・・)

それでもやっぱり鈍痛が気になる。
すごく痛いというわけではないから、日常生活に困るほどではないけれど、明らかに人工的な不調だし・・・
これは困ったーと思いつつ、ひらめいたのは、漢方薬局。もしかして、全体ノバランスを整える的な漢方なら、助けになるものがあるかも?と。

あまり大きく期待せずに、漢方薬局に足を運んでみて、肝臓のコレステロール石を溶かすような漢方ってありますか?と聞いてみる。

おばさん、ひとこと
「そういうのはないですねー。漢方的には油には油だから、油で流すと考えますけど。」

・・・と、そのひとことに、あ。大丈夫かもと思った私。笑
実は、民間療法で、石を排出させる方法があって、それをしたら、長時間ブランクがあったせいか、明らかに詰まっちゃってるんです・・・と、おそるおそる、状況説明してみた。

おばさんは、へえー。実際にどうやって?なんて聞いてくるので、オリーブオイルとマグネシウムなんですけど・・・と軽く説明すると「なるほどー確かにそれなら排出するでしょうね・・・」なんていいながら、そういう詰まりであれば、これなんかいいかもしれません・・・と、ダイサインというのを薦められた。

基本的には体がっちり肥満で便秘タイプということで、体がっちりではあるものの、後者は適合しないけど、状況的に不自然なのでまあいいか・・・と。もし適合していなかったらどうなるかと聞いてみたら、基本的には血をきれいにするデトックスなので問題ないと思うけれど、下すのは覚悟してくださいね・・・といわれる。(後に知ったけど、他のメーカーさんから「肥満の人向けのダイエット漢方」的にも売られてる。。。

結局、便秘ではないので下すことも無く、でもなんだか詰まりがゆるむのは確か!体の循環がよくなる感じがした。
実は、翌日から韓国旅行だったのでもう、これにでも頼れれば嬉しいと安堵。漢方薬局では「民間療法といえば、ウラジロガシもありますよ」と、お茶も勧められたので、ティーバック入りでないお茶も購入。(癖がなくてのみ易い)

・・・ということで、「次回」のレバーフラッシュまではなんとかこれで乗り切ろうー。
(というのも、春休みは来客もあってむちゃくちゃ忙しかったので、レバーフラッシュそのものをする時間が取れなかった。もし悪化するようだったら、漢方医にみてもらうのも手かもと思いつつ・・・)


ANDRESの本にもかいてあるけれど、中途半端にレバーフラッシュすると、全くしないよりも不健康だ・・・という言葉は本当にその通りだったというわけ・・・。今回、日本語サイトのブログでたくさんレバーフラッシュ体験を見つけたけれど、これは本当に気をつけないといけないと思った。

とにかく、石がでなくなるまでは、リピートすること。
本当にそうだな・・・と実感。
私の場合は、妊娠中および授乳中にするべきじゃないかな・・・と思ってしまったから、こうなっちゃったのだけれど、とにかく、こうなった以上は、これからはストーンフリーになるまで続けます・・・。


・・・ということで、念願の8回目は春休みの来客も帰ってから。
振り返ると、最も辛い(絶不調)と感じたのは漢方に出会う前の数日だったのだけれど、さすがに、準備もちゃんとしたのに、石が出なかったら?もっと詰まっちゃったら?という不安もあった。

そんな中で、まず石が出たことそのものに、安堵。
でも、その石はこれまでにない「沈むタイプ」がほとんど。カルシウム化していた。こういうのは肝臓ではなくて胆嚢でつくられたいわゆる胆石らしい。

見た目はちょっといつもより色が薄いけれどこんなに小粒でもしっかり沈むのねという感じでちょっと新鮮。しかもコレステロール石みたいな独特の臭さもない。

・・・ってことは、肝臓コレステロール石の詰まりは完全に取れてないってこと・・・
なのだけれど、明らかに石は動いたようでそんなに詰まりは感じなくて、ちょっとスッキリ。
でもやっぱり、詰まってるという感覚はごまかせず。


今回の不調で、CUREZONEサイトも結構読み込んでみたけれど、結構同じように背中に鈍痛を感じる人はいるみたいで、フラッシュ後も感じるようであれば、とりあえず、管を広げてあげるためにエプソン水をのむのも良いということだったので、8回目は2日目の夕方にもういちどエプソン水ものんでみた。(エプソン水もありがたいと思った!)

そうそう、あと7回目に石が出なかったもう1つの要因は、エプソンソルトを水とリンゴジュースで割ってみたことも影響しているかも?厳密に言えば、りんごジュースで割ると胆汁が出てしまうので、オイルミックスの時まで胆汁が溜まって一気に排出される圧力が弱まってしまうとのことだった。(日本語サイトでリンゴジュース割りはすすめられてるけど・・・)個人的には水割りでレモン汁でぜんぜんOKだと再確認。りんごは中途半端な味で返ってまずかったー。


前回、嫌な感じになったのは3週後だったけど、今回はまだ詰まりが取れてない感があるし・・・GW後半はキャンプだし・・・と、前回から2週間弱しかあいていないから厳密にはこれもNG(胆汁の生産状態や肝臓への負担とかを考えても)だけれど、ずーっとウラジロガシ茶ものんでるし、リンゴジュース準備もしたし、この数週間はなるべく肝臓に負担をかけない生活をしているから、もうこれは2週間きっちゃってるけど今がタイミングでは?と、9回目を実行。

そしたら、ゴロゴロと出ました!ホントに爽快!
ありがとう、レバーフラッシュー。笑
朝8時半までにほとんど排出し、その後もゴロゴロと大きめサイズが大漁。ふにゃふにゃで他と融合しちゃうようなタイプではなくて、ちゃんと個別に石になったタイプ・・・小粒たちが2年間でまとまったんだろうか?

どっちにしても、これが詰まっていたから、鈍痛だったって納得納得っていうか、すごい量だし・・・

今回もいくつかが胆嚢からの胆石だったのだけれど、その中にまんまるい綺麗なのもあった。お茶やジュースのおかげか、ソフトではあったけれど、ちゃんと沈んでて他とはあきらかに違った。(他の沈むタイプはカリっとした表面。今回のコレステロール胆石はみんなそんな風にカリっとしていて、かたまりになってから時間がたった感じだったけど)

こうやって出てみると、お茶で流すなんて気が遠くなる話だなと思う・・・
でも、レバーフラッシュみたいに極端なのは無理という人には、ウラジロガシをのむのと、マイルドな肝臓ディトックス(いろいろ方法あるみたい)でいいのかも?とも思う。(こうやって一時的といえ不要に不自然な不健康状態に陥ることも無いだろうし、やっぱりストーンフリーになるまで続けるのは覚悟がいると思う)

とりあえず、この3回で2年分のブランクがクリアになったかな??(そうであってほしい)という気分。


ということで、不要といわれそうだけれど、記録写真。
今回は大漁だったので嬉しくて。笑
しかも、前回のものがカルシウム胆石だったということもあって、匂わないし、乾くと本当に石っぽいので、なんとなく捨てずにいた・・・(笑 今回のと一緒に捨てます) その前回の子たちは左手の白っぽい軍団で、今回の詰まりの原因のコレステロール石たちが右側です。興味あるひとのみ閲覧を・・。















b0027781_21425691.jpg
[PR]
by nu2meg | 2013-05-01 21:30 | ディトックス

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31