<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

達成感

ちいさな子どもの日々の成長はすごい。
息子君はかなりの筋肉質。
線実は、もう鉄棒にぶら下がって、自分でゆらゆら揺れてる・・・と、ローレンスが言ってた。

うちのキッチンはカウンターバーみたいになっていて、ハイチェアが置いてある。
今日はそのチェアも一人で登ろうとチャレンジして・・・あまりにも見ているのが怖かったから後ろから支えたら、登れた。

そしたらもちろん、自分ひとりでもやってみようとするので撮ってみた。



 やりたい気持ち。
 できない葛藤。
 できた達成感。

ほのぼのー。

そういえば、姉にも「達成感」を味あわせてあげたくて、今日の漢字のテストのために、月曜・火曜で一夜漬け特訓。笑

先週には、テストがあると聞いていた。(しかもテストはいつも、もらったプリントと同じもの!だから、私の感覚的には、超楽ちん。うちの小学校は昔はテストどころか宿題もなかったらしいし、今でも低学年のうちは、通知表が無い。娘をみていると、こうやって宿題やテストでもない限りなにもしないので、少しだけでもあるのは良い加減のストレスだなと思う。)

さて、177個の2年生で習った漢字テスト。
先週、やってみたら、あと120個くらい覚えなきゃレベル!

でも「マミーのやり方じゃなくて、自分で覚えるから」と主張するので、じゃあそうしてと放置しておいた。
そうして週末、いつものごとく、あっち行ったりこっち行ったり、イベント尽くしで忙しかったのだけれど、自分なりに「練習」していたのだけれど、なんと、1時間かけて4つくらいの漢字を30回ずつとかかいている・・・

いや、すばらしいよ・・・ あと10個覚えるレベルならそれで充分。
あと、100個はあるんですけど・・・。あと2日なんですけど・・・しかも実質2時間とか?

「あのさー。テストで何点とっても別に良いけど、わかんないなあーって悲しい気持ちになるの、いやじゃない?」と聞いてみる。

「そりゃいやだよー。私100点とりたいし。」

「え?・・・・(そんな無謀な・・・) この調子だと30時間くらい寝ずに、このペースで練習続けたら、大丈夫かもだけど、時間ないよ。水曜日でしょ?今のままだと残り90個とかだよ?」

「いいの。私は私がやるやりかたで練習するの。」と言い続けていた娘も、さすがに月曜には折れて、「マミーのやり方」で練習することに。

とにかく、やってみて、出来なかったところを3回ずつ練習して、どんどん少なくなるようにする。
そのために、出来なかった部分を抜粋して、プリントまで作って・・・(この時に、この子はガイドがないとできないと悟った・・・きっと大きくなれば自分でやり方がわかるようになるだろうけれど、今はそういう段階じゃないんだなと。。)夜も7時半就寝を1時間くらいはオーバーしてもOKということにして・・・。(とってもじゃないけど、時間が無い!)

なんて面倒くさい子なんだー。
(こんなに宿題を手伝った貰ったことはもちろんない)

面白いことに、プリントに「あと何個かな?がんばれー」とかメッセージも書いておいたら、その横に「でもさあ、こんなやり方で本当に177点取れるのー?」と、ひとこと。。。あんた一体何様や!

案の定、漢字は練習していても、「新記ろく」ってどういう意味?と、最後の最後まで30回くらい初めて聞くように訊ねていたし・・・(いつもだけど、まるで痴呆症老人との会話のようだけど、熟語の認知および記憶力は低い)

ただ覚えるだけ・・・という漢字は、公文式大好き丸暗記大好きなら得意だろうけれど、娘には難しい。
漢字のなりたちの本を出してきて、ちょっと読めば、「ああ、そうそう、そうだったー」とか、学校で習ったなりたちとかを思い出せるようだけれど・・・。

例えば、遠いという漢字は、ふところに何かを入れて遠くまで行く・・・とか、近いは近くで斧を使って木を割っている音がするから近いとか・・・ 私自身が「丸暗記」でしか対応していなかったから、そうなんだーと思えることもあって、興味深いのだけれど。

なにはともあれ、超短期記憶にすぎないだろうけれど、なんとか今朝には「ほぼ覚えて」登校。多分、数個はまちがえてるかもしれないけれど、全部かけたらしい。

本当に何点でも構わないけれど、「私にはできないんだ。」という体験ではなく、「私だってやればできるんだ!」という体験をしてほしくて・・・ 本当に、小学校に入ってこの2年間、たっくさん「やればできるんだ」ということを体感してきていると思うから、やっぱり学年末の〆は頑張ってほしかったんだよね・・・

しかしまあ、手のかかる娘だ・・・。
そして、とうとう危険に回転するハイチェアに登りつめた息子もまた、カウンターにたくさん放置してあるものをバンバン落としかねない。。(早速ティーポットをガンガンやってたし)ふううーぅ。
[PR]
by nu2meg | 2013-03-14 00:08 | 子育て

あれから2年・・・

この2年、早かったのか、遅かったのか・・・なんだか微妙。
個人的な日常生活としてはあっという間だけれど、被災された方にとってはきっとそうではないだろうし、そういえば、震度3以上予測のたびに、どっきり速報が鳴るというのも、もう2年もかあ・・という気になる。

蒸留水をつくったり、煮炊きは未だにボトル水のみ・・・ようやく麺類をゆでるのに、水道水簡易ろ過でも抵抗なくなって、お米も最初と最後は蒸留水かボトルだけど、ゆすぎに水道水でも抵抗なくなった。

食べ物は放射線測定の結果を常に気にしているので、少しでも「出ている」ものは西のものしか買わない。でも頂き物などに関しては、感謝していただく。東都生協の検査結果ももちろん参考にしているけれど、店頭流通品の方が同じ食材でも東都よりも数値が高いのは、やっぱりそれだけ「放射能対策ケアされている」商品を提供してくれているのかなと思う。(例えば茨城産のれんこん、東都だと出てもキロ当たり2Bq程度だけれど、流通品の場合は2桁超えていることがかなり多い。)上リンク先のマダムトモコさんのレポートはMLで毎日流れてくるのでとっても助かっています。

それにしても2年かぁ。
日本に帰ってきて3年ちょっと。最初の1年だけ特になにも考えずにのほほんと平和だったという気がするけれど、その生活の方が今の「気にする」生活の半分だなんて・・・。

息子君はまだ生まれていなかった。
でも、息子が生まれてからの時間をかんがえるとあっという間。
ほんとに、時間のトリックなのかなんなのか・・・。


それにしても、昨日の東京は怖かった。

午前中の晴天。
お昼を食べた後、主人と娘がおでかけし、その30分後くらいに息子をつれてバギー散歩。風もきつくないだろうしーと、朝の陽気を思って、カバーも持たずにでかけた。

徒歩1分で、西の空の色が黄色いことに気づいてどっきり。
東をみると、まだ新宿高層ビルは綺麗な青空バックグラウンド。
なにこれ、ちょっと、やばいんじゃない?(いや、ホオポノポノ・・・)

でも3分も歩かないうちに、ユーターンすることに。
突然、突風が吹き始めて、黄色い空が拡大して近づいてくる!

えーっ、なにこれー??天変地異やーん。

とにかく、自宅へ戻って・・・
とりあえず息子を寝かせようとベッドルームへ直行。カーテンをしめようとして、新宿の空の色が変わってきていることに気づいて、またどっきり。その後一気に暗くなって、カーテン閉めるとかなりおひるねには良い感じに。。

結局、息子はすんなりおちつかずで、30分ほど寝かしつけにかかって、そっとリビングにおりると、もう、高層ビルなんてまったく見えない。空は別に黄色でもなくなっていて(反対側は黄色だったのかもしれないけれど)灰色一色。映像で見た北京の空やんー。

その頃にはもう、突風がゴーゴーすごくて、台風みたいだった。(夜中まですごかったー。)
そして一気に気温も下がって・・・

やっぱり、2年前を思い出した。
地震の後、それまでの晴天が、一気に雲行きあやしくなったよなあーと。(今回ほどではないにしても)

うーん、春の嵐?
確かにイギリスでは、突風と共にひょうがザーザー降ってきたかと思えば、一気に晴れ上がる、「いったいなんだったんだ?」という天気が春先にあるけれど・・・・こんなの初めて。

やっぱり、地球はちょっとおかしいぞ。。。
なーんて思ってたら、夜寝る前にUFOらしいものを空に。
数ヶ月前にも娘とUFOらしきものを見たんだけど、話によると震災後、特に放射能汚染や地震に対してのヘルプでたくさんのUFOが目撃されているらしい。

よくわからないけれど、なんとなく、護られているのかなと思うとほっとしたりして。

あれから2年。地震のたびに自動でホオポノポノな日々。
今年もまた、心地よい気持ちで桜を愛でる事ができますように・・・。
[PR]
by nu2meg | 2013-03-11 23:03 | 日常

卒乳

12月の頭に突如、オンデマンド授乳から、朝と夜の2回だけにして・・・

その後、旅行中にその朝夜2回がちょっとグラつきながら年を明け・・・
朝の定義が「夜明け」だとすると、普段起きる6時にはまだ暗くて「朝」ではなく・・・かといって、夜明けにしてしまうと、お弁当を作っている真っ最中に「ほら朝よ」なんて授乳することになるためにそれは不可能。かといって、時計が読めるわけではないから、例えば4時に起きても「朝でしょ?」となってしまい・・・「朝の授乳」が非常に難しいことに気づき、もう面倒だしややこしいので、便宜上も兼ねて「夜のみ(入浴中および就寝時)」となり、それに落ち着いて約2ヶ月。

オンデマンドを辞めた母体には生理が戻ってきて、カトウに保存されている「もう1個胚盤胞」が気になりはじめた私たち。さすがに気持ち的に「処分」する方向へという気にはなれず、戻すなら早いほうがいいだろうと。
どうも生理が3回来て、授乳もしていない・・・ということが、「戻す」大きな条件らしく。。。

10-19%の確立というグレードが低い胚盤胞ちゃん・・・
こんなに走り回る体力消耗させる息子がいて、ありえないという気持ちもあったけど、「戻す」という話が持ち上がるとそれも悪くないかな・・・と。(この間、4人の子どもがいる大学の先輩が遊びに来てくれて、もっと多くてもいいなんて話しすら聞いてしまったし!笑。このご時勢にだけど、友達と呼べる人で4人の子持ちは5人もいるし・・・・)

そんなこんなもあって、この週末にふとローレンスに「もう、卒乳でいいんじゃない?」と言われて、すんなり「そうよねー」と思えた私。(娘の卒乳も同じ時期だったし・・・。)しかも、きっと本人はどこかで「わかっていた」んだろうな・・・。ここのところ、突然、普段は日中にほしいなんていわないのに、日中に「ほしいなあー」的な合図までしていて、どこか名残惜しい感じだった。

ということで、ばいばいー。
昨日はお風呂で「なんでだめなのー?」って感じだったけど、さすがに今日は3日目だから「やっぱりだめかー」みたいな・・・。娘の時にくらべたら、断乳イメージの方が大きいけれど。

オンデマンド状態から突如辞めというわけではないから、私の方も体がゆるやかに適応している感じ。
そういえば1歳半検診の時に、医師に「え?夜中だけ辞めるってありえます?だいだい、夜中ぐずるっていう子が多いですよね?起きないんですか?」と言われたけど・・・。

そういえば、いちばん愚図ったのは、中途半端な年末だったなー。(実家で大勢で寝ていたから泣かしちゃうと迷惑だし、だからといって、オンデマンドには戻れないし)多分、私が「旅行もあって時差ぼけ的だからしょうがないよね・・・」なんて思って「中途半端」な気持ちでいたからなんだろうけれど。

さあ。そういうことで、心置きなくデトックスもできるー。笑
[PR]
by nu2meg | 2013-03-05 21:08 | 子育て

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31