「ほっ」と。キャンペーン

てづくり保湿クリーム

b0027781_1513677.jpg
早速作ってみました。

ネット検索してみると、どうやら50-50でシアバター:植物油の割合くらいなので、適当にアーモンド油・ホホバオイル(無印の)・市販のベビー用オーガニックオイル(ひまわりの種とかいろいろなオイルやカモミール配合ブレンド)を合わせて湯煎。ネロリとラベンダーエッセンシャルオイルを足して、更にホメオパシーのレメディ(カレンデュラ・ハイペリカム・シリカ)とフラワーエッセンス(リカバリー・クラブアップル)も調合のスペシャルバージョン。

エネルギーもたっぷりでとーっても良い感じに出来上がりました。
なんで今まで作らなかったんだろう・・・
というか、これから手作りスキンケアにはまりそうー?
まるでお料理するみたいで、わくわく。(料理同様、面倒でわざわざ測らないから一期一会なのです)

今回は家にあったありあわせの素材で作ったのだけれど、もっとアロマオイルとか植物オイルを勉強したら更に素敵なものもできるかも・・・ せっかく湯煎したので、かたくなっちゃってたビーワックスベースのリップバームも湯煎して、オイルとシアバターなど追加で生まれ変わり。(こんな使い方していいものかどうかは不明だけど、捨てちゃうのもったいないし。笑)

こどもたちが乾燥肌になってくれて感謝!
[PR]
by nu2meg | 2012-11-17 15:21 | 日常

指先ケア

2週間くらい前かなあ。まだ鼻ずるの息子の肌に異変が。
プツプツ・・・と、まず足の膝あたりにできたのは見たことのある「水いぼ」そういえば、娘にも出来た・・・そして、その時は私も2年ものくらいのイボが足裏にあって、娘のいぼきっかけに、治療しようといろいろ試したっけ・・・。

それにしても、右も左も、あっちこち。
まじまじ??と思っていたら、右の指の間あたりからも、プツプツ・・・
全身??

風邪で免疫力下がっているからなのか??
もしや、この間から、ケースから飛び出していた放射能レメディを、ちょくちょく自分でつまんで食べていたから?(放置しておく母も母だけれど、そんなに多くなかったから、自分で摂るなら体が欲してるのかもねなんて様子を伺っていたから、4-5日連続で食べてたのです。それも一気に食べるんじゃなくて、まるでレメディのとり方を知っているかのように・・・そういえば、彼に直接レメディ与えていなかったから、そろそろ必要なのかもねとか思って横目で見てみぬふりをしていました。)

どっちにしろ、まあ、排出ということで良いといえばいいけれど、いぼ・・・。一度出来たら厄介者。
が、うちには希望のあるクリームがあった。これも数週間前に入手したばかり。
おもしろそうだから入手してみたのだけれど、いぼにも良いという事例があったから、早速娘の指にできていた(この2ヶ月くらい?)いぼに塗ってみた。そしたらなんと翌朝にボロっといぼが取れた!

うーん、これはほんとにこのクリームのおかげ?早すぎない?とかいいながら、もっといぼで試してみたいねと言っていた矢先に息子のいぼ。

結果的に、1週間もかからないうちに、いぼはほとんどなくなりました!全てではなく、ちょこちょこと芯が黒くなってポロッと取れた感じ。あまりにも小さい出来立ていぼたちだったから目立たなかったけど、紛れも無くいぼだった。

・・・が、その次には局部的な乾燥肌が。
特に指先がまるで40代の主婦。(自分)
娘に、息子の指をみせて、「ほら、かわいそうにこんなになっちゃった」と言ったら、娘は「ほんとだ!マミーの手みたい!」だって・・・ははは・・・ マイクロファイバーがガサガサ引っかかる感じのガサガサ。

今まで、そんなに子どものお肌のケアなんてしたことない私。
これをきっかけに、せっせとオイルやクリーム塗ってます。
・・・と、気づけば、娘の肩とお尻もガサガサ乾燥・

なんなんだー!?
うるおいに欠ける我が家・・・。

テネモスの生きているクリーム
WELEDAのカレンデュラオイル
WELEDAのスキンフード
DR HAUSHUKAのセントジョンズウォートオイル

をたっぷり塗ってケア。特にセントジョンズウォート(ハイペリカム)はかなりいいかも。(でも、オイルは浸透しちゃうので、コーティングはスキンフード。これは大のお気に入り。香りもいいし。)*ちなみに生きているクリーム以外はネットで検索すれば上記リンクの定価よりも安く買えます・・・

友達にもらったオーガニックのシアバターがあるので、これにホメオパシーのカレンデュラやハイペリカムのティンクチャーも混ぜて、フラワーレメディとか、アロマオイルとか入れた特別クリームでも作ろうかな・・・。

とりあえず、指先も回復中で、同時にケアする私もケアされている今日この頃。
母親思いなのね・・・きっと・・・笑
こどもたちは若いということもあって、ちょっとケアするだけで着実に潤いを取り戻しつつあります。

あ。そういえば息子君、ようやく鼻ずるが終わったと思ったら、それもたったの2日のみで、また新しい菌を取り込んで、免疫力アップ試練中。今回はたまにコンコン、ちょっとずるずるで、今の所熱なしで軽くすみそうです。そんなに急いで免疫力をつけようとがんばらなくてもいいのになあーなんて思うけれど。

ちなみに、友達が教えてくれた風邪の特効薬は生にんにく。彼女はケニアで「だまされたと思って試して」といわれたそうなのだけど、にんにくひとかけ、スライスした生のものを水と一緒にのむだけ。にんにくの殺菌力と元気パワーでインフルエンザも吹き飛ばす・・・そう。

とりあえず、私はここのところ、ちょっとひきそうかもと思ったら、オリーブオイルを口に含んで3分グチュグチュ×2-3回、塩水でリンスのオイルクレンジングで、おもいっきり風邪引きにはなっていないけれど、次回が来たらその強烈に匂う方法も(笑)試してみようー。
[PR]
by nu2meg | 2012-11-16 21:04 | 日常

ハロウィンパーティー

b0027781_21205366.jpgなかなかアップできずにいたけれど、今年はハロウィンパーティーしました。(ちなみに息子君、実はあれからずっとクリアになりかけてはまだスッキリせず、で鼻たれ小僧くんで当然、授乳ばっかりな日々です・・・)

実はハロウィン数週間前にご近所さんが声をかけてくださいました。「去年は何も用意していなかったけど、今年はお友達が6人くらいきても平気なようにちゃんとハロウィンの用意しておくからね。」と。

去年・・・は特に自宅でハロウィンを祝っていないんだけれど、入試で休みの日に娘の友達を呼んで遊んだら、こどもたちが家の前にピクニックを広げて、なんとなく「おすそわけ」にご近所さんめぐりをした(もちろん、うちの娘が勝手にそうした)・・・そして、ちいさなケーキで「わらしべ長者」な風にたくさんいろいろもらってきて・・・ということがあったのです。

そういっていただけるのであれば、ハロウィンパーティーをしようかーという気になり、友達6人呼ぶことに。
・・・が、子どもの世界は噂の世界・・・あっという間に他の子にも話が広まって追加。もう、これいじょう広げたら、ご近所さんにも迷惑だからと内密にしてもらったけれど、どのこもこの子も、楽しみで楽しみで、みんなしょっちゅうハロウィンパーティーの話をしていたみたい。笑

うちでハロウィンパーティーは初めて。
あれこれハロウィンの飾りをちゃちゃっと作って飾ってみた。羊毛お化けなんて所用5分の手仕事・・・笑 でもすけすけな所がまたかわいい。

飾ると息子君が意外と嬉しいらしく、にこにこ。
飾るたびに、嬉しそうなので、たくさん飾っちゃった・・・

ハロウィンの日は短縮授業の日。お昼からお母さんたち4人でランチ会して、2時過ぎに「みんなで帰って来るの、遠足みたいだったよ」という子どもたち9人が帰宅。

お母さんたちが仮装でお迎えしたので、こども達は大うけ!
ハイパーに磨きがかかって、そのままみんなお着替え。きゃーきゃーいいながら・・・
近所の廃校になった学校でハロウィンイベントもあると聞いていたので、こどもたちを送り込み・・・帰ってきて、ちょっと間したら、夜のためにランタンを作りました。

b0027781_13323299.jpg空き瓶にトランスパレント紙を貼り、針金で持ち手をつけて、ティーライトキャンドルを入れたもの。(2年前に幼稚園の仲間とキャンプに行ったときもこれでランタンウォークした)

ちょっと暗くなりかけた頃、ご近所さん3軒にトリックORトリート。
その後、さすがに日本ではあらかじめ声をかけていないのに、トリックORトリートはできないけれど、夜の街をキャンドルライトのランタンで歩き回るのはしようよーっと、ランタンウォーク。

ただ、ランタンを持って歩くだけというのもほんわり良い感じ。
こどもたちも、それで楽しかったみたい。
家に帰って、家の前の木にランタンを飾りました。

そしてまた、こどもたちは遊び・・・
夕飯を食べ・・・
花火をして・・・
みんなが帰途についたのは8時。
最初から、スペシャルな日の予定だったから、それがかなったという感じ。
とはいえ、みんな遠くから来てくれているので、大変だったと思うけれど・・・
家に帰ってもお父さんにああでね、こうでね・・・とずっと興奮したまま喋りまくっていたという子どもたちが多かったみたい。

親切なご近所さんたちと、楽しく遊べる仲間たちに恵まれてラッキーです。
この週末はご近所さんに呼ばれてBBQパーティーだったし!(イコール食べてばっかりということです。息子君もこんな調子だからゆっくり休めないし・・・)

b0027781_2146858.jpgそしてこれは、きっとスイーツだらけだから、あまり意味が無いかなとも思いながら作ってみた、クモの巣ザッハトルテ(ジャムをはさんだチョコレートケーキ)みんなやっぱり見た目に惹かれて食べたい・・・けど、けっこうお腹いっぱいかもということで、ちょびっとずつ食べてました。笑(ホントに家中いただいたスイーツの山だった・・・)

ちなみに黒いモールで作った蜘蛛もあちこちにデコレーションしていたのだけれど、翌日、掃除をしていたら、すぐそばにホンモノの大きめの蜘蛛がいてびっくりした!普段いないのに、ハロウィンでやってきた??と娘とびっくりしていたのだけれど、最初娘は、友達がもってきていた蜘蛛のアクセサリーだと思っていて、それもまた笑えた・・・
[PR]
by nu2meg | 2012-11-06 13:40 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。