<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ハイキング

b0027781_20304710.jpg週末は友人家族と一緒に高尾山ー城山ー相模湖ハイキング。

息子君もハイキングデビュー。急遽、中古のキャリアーをゲットして。笑
基本は私じゃないと駄目な息子君、とりあえず最初は私が背負って出発。重いけどまあ、なんとか・・・?息子12キロ、キャリアー2キロ。バックパッカー時代を思えば、そんなもんかな・・・。

キャリアーになれて、私もそろそろ重いなあと思っていた頃にローレンスにバトンタッチ。
その後背負ったリュックの軽いこと。まるで何も背負ってないと思えるくらい。
中にはカセットコンロとかいろいろ入っていて、ワインまで入ってたけど・・・(持っていくかなあー・・ほんとに・・)

友人家族もまたハイキングデビューに等しく・・・彼らはランチ時で既に結構バテバテでした。
よくよく考えれば、私も妊娠時からハイキングはしてないから、ひさしぶりでもあったけど・・・

美味しくBBQしてゆっくり休んで(またまたローレンスのリクエストでてづくりハンバーガー&ソーセージ)、こどもたちはバッタ取りなんかも楽しんで帰途へ。


下りコースで帰れる相模湖コースへと進んだのだけれど、山を降りたところでカキ氷。おいしいーなんて思ったけれどこの代償は大きかった!なんと、次のバスまで1時間半以上・・・。相模湖駅までの3キロも歩くことに・・・。

それなら高尾山まで戻ったほうが早かったかも?だけれど、基本的に同じ道を戻るの、好きじゃないんだよね・・・笑


さて、土曜日の早朝にはイギリスへ出発。
娘の一学期も明日で終わり。早いなあー。

そうそう、週末をはさんで、懐かしい船友達も泊まりに来てました。
娘は猫カフェにも連れて行ってもらって大満喫・・・とまあ、いつものごとく、出発前ラッシュ?
[PR]
by nu2meg | 2012-07-18 20:53 | 日常

あおむし

b0027781_1144881.jpgイギリスにはあまり虫がいないし、私自身もあまり虫は好きではないから、娘はとっても虫が怖くて、幼い時に日本に遊びに来た時に、ハエを見てすら「きゃー!」と叫び、初めて蚊に刺された時は流血にもショックだった・・・

そんな娘も小学生となり大きな変化が。
小学校では「みいつけた」という、自然の発見を推奨しているから、子どもたちが教室にいろんな虫を持ってきて発表する。

自分も発表したいという気もちから、「これ捕まえて!みいつけたにする!」と、なんやかんや、虫を捕獲することになった我が家。最初は捕獲はしても籠にすら触れないような状態だったけれど、最近ではだんごむしやあおむしには触れるように!(笑)

去年の今頃はベランダのパンジーについていたあおむしを蝶に育てた。1匹は孵化にちょっと失敗して身体障害蝶ちょうになってしまって、家の中で飼育し、実家にも持ち帰ったくらい・・・


そして昨日、突風にまぎれて飛んできたのか、ベランダにポツリとあおむしが・・・
多分、そこにおいておいても餌にも困るだろうし、娘が喜ぶだろうし・・・と捕獲。

もちろん娘は大喜び・・・したけれど、驚いたことにこのあおむし、威嚇のためににょきっと黄色い触覚みたいなものが出てくる!図鑑で調べると「アゲハの仲間」の特徴らしく、捕獲したのは「キアゲハ」の幼虫。
ニンジンなどを食べるというので、セロリの葉っぱとか、なんやらいろいろ入れてみたけれど、お腹がすいていそうなのに食べず・・・葉つきのニンジンもそうそう売ってないし・・

前回、キャンプで拾って来たあおむしもそうだった・・・。(砂利の中に落ちてた・・・)あおむしって意外と食べ物が決まってるから、その子は結局死んでしまったし。

今朝、ふとベランダを見て「パセリ」に目が留まり、これならいけるかも?と思ってあげたらむしゃむしゃ食べた!よし、これで蛹にまで育つかな?(もう少しで渡英だから、残念だけど蝶になるところまでは見届けられない)

田舎育ちだけれど虫嫌いの私が、大人になってから東京であおむし育てをすることになるなんて、夢にも思わなかったけど・・・この子がアゲハになると思うと、かわいいー。笑
[PR]
by nu2meg | 2012-07-12 11:02 | 子育て

ほたるキャンプ

b0027781_21295593.jpg日本で是非こどもに見せてあげたいものの1つがほたる。
子どもの時、「今おるらしいで」と親に連れられて近所に観に行って、小さいころは捕獲もしてた・・・。幼心に、すぐに死んじゃうほたるだけど、かごの中でも光ってるというのは嬉しかった・・・。

ほたるの出る時期は限られているし、週末にわざわざ実家に帰るのもなあ・・・なんて思っていたけれど、東京でも野生のほたるが見れる・・・と、この間のキャンプの時に観光案内所で知った私。

これはもう、来るしかないでしょ?と、数人の娘の友達にも声をかけてみた。
キャンプといっても、テントと寝袋ではないキャンプ・・・でも、こればっかりは好き嫌いがあるからどうかなと思いつつ・・・・笑

結局友達2人がいくということになったのだけれど、1人は用事が出来てしまって、たまたま遊びに来ない?と兄家族が誘ってくれたので、直前だったけれどじゃあ一緒にキャンプはどう??と提案したら来る事に!

ローレンスも半日休みをとってくれて、金曜日に学校が終わってから奥多摩へ。(正確には鳩ノ巣)
泊まったのは鳩ノ巣バンガロー。娘にはキャンプといえばキャンプだけどテントじゃない。でも泊まるというと、「ホテル」についたら・・・なんていうので、いや、ホテルというより「小屋」だ・・・と伝えると、おじさんが案内してくれる時に、「ねえ、私たちの小屋はどこかなあー」なんて言っていた。バンガローって英語だと「平屋」みたいな感じだし、説明するの難しい!笑

現地には5時ごろ着いて、薪で火を起こしてBBQ。やっぱりみんなで食べると美味しいねーなんてかなり満喫していたら、雨が・・・ん??本格的に・・・・。涙 天気予報では降水量0ミリ程度だったけど、そんなの嘘って降り方で、呆然・・・。いや、そのうち止むでしょう?なんて思っていたけれど、なんのその・・・

しょうがないので、BBQの後花火して、もうバンガローに入って子どもたちをお風呂に・・・そうこうしている間に9時前・・・。ほたるの飛ぶのは7-9時と言われているのに・・・

そんなのなんのこったないという感じでこどもたちは楽しんでいるものの、ああー、残念感・・・
止みそうに無い雨で9時。そんななか、ローレンスが「まあ一応見てくるよ」と出かけてくれ、私はその間にお風呂に。もし平坦な道路であればみんなで出かけたのだけれど、このバンガロー、すごい階段ばかりのがけっぷちみたいな場所を降りないといけない川辺にあって、息子抱っこしたままはかなりきついのでパス・・・笑

ちょうどおふろからあがったら、電話が。
「ほたる、いるよー!ちょっとだけど、飛んでる!」
の一言に、思わず「ほたるいるってー!」とはしゃぐ私。そしてこどもたちはパジャマのままお出かけ。私はちょっと遅れで(息子も裸だったし)後を追い・・・ほたるのいる場所に・・・(若干、道を間違えちゃったものの)

川辺で光るほたるがちらほらいて、いたいたーっと言うけれど、やっぱりこどもには???
そんななか、ほたるがふわーっと舞い上がって蛍光のふんわりラインをつくっていく。
みんなで盛り上がる、盛り上がる!

もっとこっちにたくさんいたから・・・と、ローレンスが小さな橋の所へ連れて行ってくれた。10分前にはたくさん飛んでいたらしいけれど、さすがに9時20分過ぎだし、飛んでない・・・
・・・と、そこへ、遠くに3-4匹の蛍がふわり。。。

いたいたー、あっちあっちーと、みんなで騒ぎ、ふと歌ってみる。
「ほ、ほ、ほーたる来い!」
そしたら、なんと、ほたるが本当にこっちに来た!!

もう、これにはみんな大感動。
もし、大群がいたら、あんなに遠くから私たちに会いに来てくれたなんて、夢にも思わないと思う。
でも、本当にこっちに来てくれたから、こどもたちも一生懸命に歌ってて、とっても素敵な一夜になりました。
さすがローレンス!!

もう駄目だろう・・・と思っていたから、ほんとに嬉しかった!

そんなこんなで、ほたるの夜は終わり、イマドキ珍しい真綿のすっごく重いせんべい布団に雑魚寝して朝(さすがに寝心地が変だったのか、息子はずっと一緒におきてて眠いはずなのに、夜1時間おきにおきてくれた・・・はあ、疲れた・・・そして娘は4時からおきてるし・・・)。

朝ごはんを食べた後、こども達はお目当ての川遊び・・・といっても、寒いんだこれが!
でも、こどもたちは川に入りたくて仕方なくて、ちゃんと入ってた・・・笑 うちの娘はすぐ歌をつくるんだけど、「楽しいな、気持ち良いな・・・」みたいな歌をまるで自己暗示のように歌いながら・・・笑 でも、ほんとうに景観は美しくて気持ちいい。

寒いのでそれなりの時間で切りあがり、今度は片付けの間にシャボン玉大会。そしていとこが誕生日だったので、ケーキデコレーション&ハッピーバースデー。
そして、チェックアウトして奥多摩に温泉へ。

b0027781_21305967.jpgここでローレンスは1人山歩きに行き、なんとその後夜の9時すぎに電車にのるまで、真っ暗闇の中歩いていた・・・そんな予定じゃなかったから、ライトも持たず・・・しかもクマに気をつけないと・・・と私がなんども言っていたのと、山の夜の獣の声でちょっと恐ろしくなった彼は、自分でも笑えるくらい変な音や奇声を上げながら1人で歩いてたらしい・・・かなりやばい人??笑

温泉の後は川原で手作りハンバーガー。予め焼いていた手作りハンバーグとてづくりパンをカセットコンロで温め直してボリュームたっぷりバーガー(でも授乳中の私には物足りなくて残りもののソーセージとかも焼いて食べたけど!笑)

ここで、友達は用事があるから帰って、またまた小雨で川原にはさようなら。
こども達は石やなんやで色んなもの作って、本当に楽しそうに遊んでた。
その後、ビジターセンターに行き、子どもはロッククライミングとクラフトして帰途へ。

b0027781_2131474.jpgたーっぷり遊んで大満喫。
ローレンスが奥多摩にはまるのもわかる・・・本当に自然の中にいるとリフレッシュする。

ちなみに、奥多摩はちょっと八鹿(うちの実家)みたいな感じなところがあって、車で来た兄たちは、「この辺り、日高っぽいとか、この雰囲気は八鹿っぽい」とかいろいろうちの実家の雰囲気を感じながら来たらしい・・笑 「されど東京!」なのだけど。

ちなみに最後の写真は七夕飾り。
お隣さんが、お庭の竹ザサをくれたので飾りつけ・・・といっても、短冊をかく時間が無くて、願いごとは無し・・・笑 いや、もう願わずとも全て手中にありということで・・・?? 
[PR]
by nu2meg | 2012-07-08 21:33 | 日常

再稼動と「希望」

とうとう、再稼動しちゃいましたね・・・
私は個人的にデモなどには参加していないけれど、首相官邸前のデモは15万から20万人だったとからしい。(でも警視庁の発表では2万弱らしい・・・これは情報操作であって誤差と言わないよね。)

ちょうど官邸内にお仕事で入った友人によると、官邸内は完全防音だったらしいけれど・・・でも、通常感覚なら無視できる人数じゃあない・・・。「お役目」だと心を鬼にするしかない・・・に徹しているんだろうな。


それでも再稼動。
もちろん、がっくりする。残念だと思う。
そして、政治の裏で操る力が大きいんだなと思い知らされた気分だけれど、多くの若者が世直しの希望や日本の将来を考える気持ちを持つという点ではなんだかホッとする気もする。
大丈夫じゃないかという希望が持てる気もする。

ひとつになった気持ちが「怒り」となるのも「希望」となるのも紙一重。
全ては「希望」に繋がって欲しい・・・。もし、希望に繋がれば、暗い方向へ傾きかけた船がふっと我を取り戻して、いかん、いかん・・・と方向転換できる希望がある気がする・・・


これは、私の心の中、日常生活の中に、もっともっと「希望」が必要だということで、「怒り」感情に振り回されることへの警告でもあるな・・・と思う。

    誰が悪いとかそういうレベルではもうなくて。


そういえば、息子の名前は「希望の光」から来ている。
どんな状況であっても、希望を持てるというのは、「絶対的な愛」を感じるゆとりを持つということかな。


週明けに漢字のテストがある・・・というのがここ2週間で始まった娘。
今までやる気無さそうだったのに、テストということでちょっとやる気になり、いい感じだったけれど、面倒になって知らん振り・・・。そんな中、「漢字練習したの?こまるの自分だよ?すれば?」と言ってもうざったがっていた娘に、気持ちを切り替えて言ってみた。

「ねえ、I LOVE YOU!」と娘の目をしっかり見て。

そうしたら、ちょっと驚いたような顔をした娘の表情がゆるくなって、スタスタと自分の部屋に行ったかと思うと、自分から漢字の勉強をしていた。


話が摩り替わったような気がするかもしれないけれど・・・日常をもっと愛で満たすことが、個人レベルでできることかなと思う。

    怒り感情は未来に繋がらない。

怒り感情をたっぷり引き出してくれる娘にも感謝・・・(ははは、まだそこまで人間できてないわー。でも、少なくとも頭の中では感謝できる。笑)


ちなみに、友人が教えてくれたこのサイト

東都生協で見る限りはほとんど食の放射能汚染は大丈夫かなという気がするけれど、一般的にはそうでもないものもやっぱり多いんだな。しかも、なんでこれが??という産地のものもある・・・。
[PR]
by nu2meg | 2012-07-02 11:36 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧