<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

4ヶ月

息子君も早、4ヶ月になりました。

ちょうど、4ヶ月の昨日の朝、寝返りも成功したらしく・・・
私、みてなかったなーと思ったら、今朝してくれました。
まだ、ゴロゴロ転がるほどじゃないからいいけれど、そろそろ動き始めたーという感じです。笑

週末はハロウィンパーティー×2で親子ともども楽しくちょっとハードに過ごし、もう明日は11月!

そんな中、妊娠中からうずいていた虫歯が急激に悪化・・・
どういうわけか、先週はゲスト続きだったので、日中は痛みにフォーカスこそしなかったものの、普通だったらこういうの、緊急治療じゃあ?ってくらい、時折痛かったー。まさに時限爆弾抱えてる感じで。ごはんつぶ1つでも噛み合わせに触れると飛び上がるくらいの勢い。

授乳中だからクスリは普段以上になるべく避けたいので、全てホメオパシー&瞑想(笑)で対応。
ちょうど月曜にクリーニングの予約を入れていたので、それまで持つか・・・というところだったのだけれど、無事に痛みは安定(ここ数日の方が落ち着いてる)、今日から根幹治療が始まりました。(息子くんは一時保育)

痛みと向き合う時、それはエゴの世界だとわかっているから、瞑想・・・なわけだけれど・・・
痛みが始まった時は、夜寝る時が一番辛かったのに、瞑想始めてからは、夜は楽に。あっちの世界に行っちゃえば、痛みなんて不要というか・・・笑(だから、授乳で起きるたびに、あ。そういえばまだ痛いし・・・なんて思ってました) まあ、そんなふうに、認めつつ手放す作業しながらの日々でした。


話がちょっと変わるけれど、今日もまた、先日のブログをフォローするような話に出会いました。
ようやく初めて妊娠したけれど、心臓が弱い遺伝子異常(18トリソミー)で先月、中期中絶したという話に。。
一瞬迷ったけれど、私が関係者に聞いた話しは彼女には伝えられなかった。
医師には「たまたま運が悪かった。誰の責任でもない。」と言われたそう。

そう。だって今までだって同じように「たまたま」遺伝子異常は起きていたのだから、そこに偽りはない。
もし、放射能の影響も考えられるとしても、因果関係は特定できない。

そんな話を聞きながら、中絶された赤ちゃんは、次に元気な子が生まれてくるために、自ら母体を浄化してくれるために来たんだ・・・と感じました。チェルノブイリでも、事故後第一子は母体を浄化してくれるという話があり、1子を生んだ後、お母さんはとても元気になったそうで、そのかわりに子どもは幼少期から何かと病気を持っていたりしたそう。

日本みたいに、頻繁に超音波で赤ちゃんを確認していれば、遺伝子異常や奇形児は産まれて来る前に回避できる。彼女がもういちど妊娠して、次は元気な赤ちゃんを産めるようにと祈りながら話を聞いていた私。
[PR]
by nu2meg | 2011-10-31 13:48 | 子育て

哀しい現実

311後、ツイッターでも安定期に入ってからの流産がすごく増えていると目にしていた。

息子くんは311の時に器官形成期を過ぎていたこともあって、なんとか大丈夫だと思う・・・と妊婦期間を過ごしてきたけれど、311の時に妊娠初期だった人、またその後すぐに妊娠した人たちは、どうなのか・・・私の中では他人事と思えないだけに、気になっていたことだった。そろそろ、その胎児たちが産まれて来る時だし・・と。

そして今日、産科関係者の友達から聞いた。
哀しい現実を目の当たりにした話だった。

東京にある産科。
これまで年間死産は1人程度というレアなものだったのだけれど、ここ数ヶ月で既に数人。
10月予定日の赤ちゃんの心臓に異常が見られ、検査すると遺伝子異常。生まれても余命半年程度なのでどうするかという選択を臨月に・・・。そしてその間に心停止。
その他、選択肢がない中期中絶が増えているという。

それでも、医師は放射能との因果関係を問うていない。
そして、親もまたそうらしい。。。原因は高齢だから?という感じらしい・・・(イコール、彼女達はあまり放射能を心配せずで、大丈夫だと思って普通に生活していたのだとおもう。)
そして、関係者としては、声を挙げる事も不可能らしい。なぜなら、そうすることで、今関わっている妊婦さんに不安を与えてしまうから。だから、大丈夫でしょう・・・というしかないと。

国がやったこと全く同じ。
不安をあおってはいけないからと、大丈夫の一点張り。

でも、現実が・・・。
友達も言っていた。
こんな状況だけど、福島辺りの産科で実際に何が起きているのかは、まったく情報が入ってこない・・と。

ああ、本当にこうなってしまったんだなあ・・・。
自分の妊娠期間を思い出しても、臨月に「なかったこと」になるなんて、考えるのは辛すぎる。
[PR]
by nu2meg | 2011-10-26 19:59 | 日常

40代スタート

昨日で私も40歳になりました。
(お祝いメッセージありがとうございます。)

シュタイナー的には7年ごとで42歳から次なるステージ。まだあと2年くらいは若造?笑

ここの所、また息子君1時間半ー2時間おきペースで夜中に起きるので、ちょっと睡眠不足中。
・・で、朝起きたら6時20分過ぎ。大変、お弁当作らなきゃ・・・と下に下りると、ローレンスと娘がハッピーバースデーを歌ってくれて、ケーキとプレゼントが用意されていました。平日で時間が無いから、週末にお祝いしようということだったけれど、幸せなことです。


ということで、朝からケーキを食べ・・・
イコール母乳の悪循環スタート。笑
息子君も娘と同じで、ほんとに母乳の味にうるさい。砂糖を食べると駄目だなあー。やっぱり。笑
(のみながら怒るし、お腹すいててもストップするし・・・という感じになる。)


それはさておき、吉祥寺のカフェで、卒園した幼稚園の方の小学生クラス・オイリュトミーの先生とランチを兼ねて懇談会へ。
ほんとうに、こどもたちをよく見てくれてて嬉しい限り。
そして、忘れかけていた良いアドバイスもいただきました。

9歳まで・・・正確には思春期ごろまでは、子どもは大人と反対。
大人は頭で考えて、気持ちを整理して、行動を起こすけれど、子どもは「まず行動」・・・それを忘れないように。

「なんで?ちょっと考えたらわかるでしょ?」というような場面は多い。
最近よくげっそりするのは、せっかく寝た息子を娘が起こしちゃうパターン。
本人、悪気はないんだけど、そうすることで娘との時間はなくなる・・・って言ってるんだけど・・・

そうそう、頭で考えないで行動するから、弟がかわいくて遊びたくなっちゃうんだろうな・・・。
小学校がスタートしたというだけで、成長段階からみたら、まだまだ7歳前の幼児期ということ、言葉があやつれるようになったからといって、考えて行動するわけではないということを忘れないように、せめて家ではいままでどおり、ヴェールに包まれたような優しい環境で・・・というお話でした。


ちなみに、先生のお子さんは娘の通っている小学校から高校まで通っていらっしゃって、低学年のうちは、45分間も座っていられないから、授業中に歩き回れるように、席を先生が配慮してくれていたとのこと。(まんなかだと他に迷惑だけど、はしっこだといつでも好きな時に歩いてもOKということで。いかにもうちの学校らしい。笑)でも、第3・7年期に入ってから、一気に学問を深めることが楽しくなって、学力もめきめき伸び、大学でも楽しく勉強をしているらしい。

ランチを終えて、吉祥寺でちょっとお買い物したら、ちょうど娘が帰って来るくらいの時間になったので、サプライズでお迎えに・・・

眠りが浅い息子くんは、「一緒にいて欲しい」と言わんばかりに、置くと起きてしまうので、結局わたしも7時半ごろに一緒に寝て・・・笑 10時過ぎてから下に下りて、ローレンスと会話し・・・ベッドに戻って・・・ その後2時過ぎから1時間ほど息子の「うーん、うーん・・・」につきあって起きて・・・(母乳がまずくなっていると、母乳では絶対に寝付かないんだなあ。。。)

という具合に、40代スタートしました。
[PR]
by nu2meg | 2011-10-21 09:28 | 日常

3-4ヶ月検診

区の検診に行って来ました。
息子君3ヶ月と18日目。

体重7840G
身長65.2CM
胸囲42.1CM
頭囲43.5CM
カーブ指数18.44
全て良好。

最近、日中はあまりのまなくなりました。脳の「満腹」センサーが働いてきたのだと思うけれど・・・ということで、ここの所あまり体重は増えていないと思うけれど、ずっしり重い!ぱっと見たところ、うちの子が一番大きかった。

平均値をみると、なるほど、そーんなにでかすぎることもなく(もちろん大きいけれど上限ではない)
・・・が、頭は明らかに94%が入る帯の上限から飛び出してて・・・実は非常にあたまがでかいと判明。

それにしても、凄い人でした。
3-4ヶ月検診に55人強いたみたい。
中野区が4つに分かれて・・・の数字だから、少子化といっても多いんだなぁ。

たまたま、同じ時間に到着した人が徒歩5分の距離にすんでいることが判明。誕生日も数日違いということでお友達に。娘の時は妊娠中から近所に友達がいたけれど、公立に通っているわけでもないので、この家の近所にはお母さん友達なんていないから嬉しいわ。笑

長時間待たされて、あかちゃんたちも疲れてて、ようやく寝たからそうそう起きまい・・・とランチに一緒に行くと、ついたとたんにばっちり起きたから、ゆっくりはできなかったけど。

息子君、必ずといっていいほど、食事時になると目を覚ますんだなあ・・・・
絶対に、くいしんぼうになる・・・と思う!

娘同様、予防接種はスルーの予定。前回も今回も「予防接種は・・・」と聞かれたけれど、直球で「させる予定は無いです。」ときっぱり言うと、特にうじうじ何も言われず、紙に「させない主義」と書かれた。笑


この間まで、昼間も起きていられるのは2時間くらいだったけれど、それが3時間くらいには伸びている。日中はお散歩がてらに外の空気に触れながらバギーで寝るのが好きらしく、そういうパターン。そして、前は外に出るとシャットダウンしていたのに、今は外に出るとあれこれ気になって仕方が無いから、気が安まることなく、きょろきょろ・・・。今日もあちこちのベイビーちゃんに話しかけて・・・表現方法ちがうけど、娘にそっくり。うるさくないけれど、いそしいわが子。小さいなりに、いろいろ感じて生きてるんだろうなあー。つぶやきとか聞いてみたい。笑
[PR]
by nu2meg | 2011-10-18 15:08 | 子育て

幸せだー。

今日は九州からお野菜やお米などが届きました。
サプライズで友達から。うれしいなあー。
先日も、北海道から自家製の自宅で挽いた全粒粉(強力粉)が。

嬉しいサプライズ。
ラッキーだなあ。

+++++++++

最近、出かけるたびに笑顔に迎えられる。
視線はみんな、ひかる君に向けられているのだけれど、みんなが温かい目で見てくれて、妊婦の時よりもずっと世の中が優しく思える。笑

そして必ずと言っていいくらい、誰かしらが、喋りかけてくれる。「かわいいねー」とか、「りっぱだねー」とか。うちの母が、きっとお孫さんがいるから気になるンやで・・・と言っていたので、時間があると、「お孫さんいらっしゃるんですか?」と聞いてみる。(確かに、そういう年齢のひとが多い)そうすると、大体答えはYESで、おしゃべりになる・・・。

こういう笑顔の会話、幸せだなあーと思う。
そして東京も捨てたモンじゃないなあと。

++++++++++

今日は、シュタイナー小学生クラスの保護者会がありました。
先生方が、こどもたちをちゃんと包みながらサポートしてくださっている様子がわかって、嬉しいなあーと思ったところ。

余談ながら、ドクターハウシュカのムーアラベンダーオイルの話が出たので、それも紹介。私も前にちょっと聞いたことがあったけど、忘れてた・・・から、即ネットで注文。円高還元もあってか、今、安く買えます!

環境から身を護るムーアラベンダーオイルは、シュタイナー医学のソーラムオイル(処方されるもの)と同じらしい。放射能からも身を護るといわれていて、さすがに内部被ばくは避けられないと思うけれど、エーテル体(いわゆるオーラに近い)を護ってくれるとのこと。腎臓のあたりと、手足を中心にお風呂上りに塗ってあげると良さそう。私がオーダーしたのはこちら

せっかくなので、お疲れローレンス用にとセントジョンズウォートもオーダー。(疲れを内部から取るとか。この植物はハーブティーとしては鬱の人にいい&ホメオパシーではハイべりカム。神経にいい。黄色の花よりも赤い実として花束とかにも使われてます。)楽しみー。

++++++++++++

娘はほんとうに、この数ヶ月でぐんと成長した。
夢の中をフラフラしていた感じだったのに、一気に現実の中に・・・でも、まだM学園だからこその、自由な雰囲気のなか、何を否定もされず。

10までくらいしかまともに数えられなかったのに、100までの仕組みが判ってきた。
ひらがながようやく読めだしたくらいで、自分の名前もかけなかったのに、少しずつ、文章がかけるようになってきた。本が読めるようになってきた。
蚊やハエを見ても怖がっていたのに、バッタだってつかまえられるようになった!(先日、遠足でバッタ取りに行った)
側転もできるようになったし、てつぼうも出来るようになってきたし、縄跳びもできるようになった。
そして電車に1人乗れるようになったこと。
などなど・・・

今まで、出来なかったこと(あえてさせていなかったことでもあるかもしれないけれど)が出来るようになって、弟も出来て、一気におねえちゃんになった・・・。しかも、顔もすごく大人びてきて、毎日一緒にいる私でさえ、どきっとするくらい、一気に成長した気がする。顔がスッキリ細くなっちゃった・・。

2学期から、英語のレッスンにも通い始めたのだけれど(あまりにも英語が廃れてきて・・・笑)そのためにいろいろ忙しく、昨夜、明日は英語のレッスンも、シュタイナーの土曜日クラスもあるから忙しいね・・・と言ったら、本人はケロリと言った。「えーっ 忙しくないよ。大好きだモン。いろんなこと、学べるってね、すごく楽しいんだよ。」

親として、幸せだなーと思った。
こういう幸せを大切にしたいな。
[PR]
by nu2meg | 2011-10-15 19:25 | 日常

でちゃいましたね・・・

広島在住の人と、東京から疎開して広島に住んでいる人の母乳から、セシウムが・・・。
もちろん、「広島」ってところが、微妙な場所でもあるけれど、食物による内部被ばくだろうなあ。
疎開した人にしてみれば、「安心な土地」であるはずだったろうから、ショックだろうなあ。

同じく母乳生産中の母として、ほんとに明日はわが身だと思う。
気をつけていても、しょうがないときは、しょうがないもんね・・・。
私もたまには外食するし、マスク常用してないし、実家では心配しなくていいわーっと通常通りの生活をしていたし。

・・・ということで、全国規模で内部被ばくさせられる日本。
きっと、福島・茨城産の野菜とかの数値がまだ高かった頃に、大手のスーパーや外食産業が安いからという理由で、被災地応援の善意の仮面でもかぶって仕入れて、危機感の薄い地方のひとびとを被ばくさせてしまったのだと思う。


そして世田谷に出た、高濃度の汚染スポット。除染前は毎時4マイクロSV以上でていたという・・・。
地面が吸収しないと、集合してしまうんだということがよく判った気がするけど、世田谷に限るなんてことはない。どこでも同じで、こどもの通学路になっているのかもしれない・・・。


さらに、横浜で出たストロンチウム。
やっぱりかあー・・・。
セシウムみたいに体外に排出されるならともかく、ストロンチウムは一旦入ったら出て行かない。これは避けられるものなら避けたかったなあー。

まあ、これも今に始まったことではなく、たまたま今頃確認されたというだけであって、プルトニウムも多分同じ路線。横浜で観測されたということは、間違いなく東京でも観測されるはず。アメリカで観測されているという噂のプルトニウムが日本全国で観測されないのは風向き云々いっても都合が良過ぎる。

ストロンチウムやプルトニウムが、セシウムとまったく切り離されて行動するとは思えないので、やっぱり食物に同じように検出される可能性が高いってことじゃないかと思うのだけれど・・・やっぱり、この辺りをちゃんと調べて発表してもらえないと、一概に「もう大丈夫そうだから」と言えないなあ。

AERAの「放射能と母」特集。
ついつい買って読んじゃったよ。。。笑 
別に珍しいことが書いてあるわけではないけれど・・・


今、自分に出来ることは何かと言うと、やっぱり「最大限気をつけながら、現実から目をそらさないで、自分の中にある不安や怒りを洗い流すチャンスにすること」かな。


一方でKAYOさんサイトに紹介されていた、福島のシュタイナー園での除染活動をつづった絵本も購入しました。(売り上げは除染活動に使われるそうです)バイリンガルで書いてあるので、ローレンスも読んで、娘が読んで欲しいといい真剣に聞いていました。今まで、「虫さんが入っているから、気をつけなきゃ」と言っていた「目に見えない虫」のことも、娘にそれが地震と関係していたことだとわかった様子。

こちらも、内容としては特に珍しいことが書いてあるわけでもない。
でも、できることを、出来る範囲内でするしかない。心の平穏を大切にしながら・・・という姿勢が伺えます。

マザーテレサが、「何をするかではなく、どんな気持ちでするかが大切だ・・・」という言葉を残しているそうなのだけれど、それに当てはめると、避難することが全てでもないと思える。
そうは言っても、私が現地に住んでいたとしたら、やっぱり避難しただろうと思うのだけれど・・・。

現地に残る選択をしたこどもと親と共同体がいること、そこに希望のひかりをみていること・・・アレクセイ・・・のように、希望のひかりを持ち続けることこそが大切。それは素直にそうだ・・・と共感できる。


どうしたら良いか迷った時、私はよく、山奥で修行をしている僧侶をイメージする。それはキリストでもいいのだけれど、いわゆる悟った聖職者。そして、こんな時、彼らだったらどう行動するか・・・。

一休さんみたいに「あわてない、あわてない、ひとやすみ、ひとやすみ・・・」とまず心の平穏を取り戻すことを教えられ、その場であるがままに、来るべきことを受け止めるにちがいない。僧侶やキリストが、「こりゃやばい!」と荷物まとめて逃げたら変だもんね。笑

やっぱり、まだまだ修行が足りないけれど、心の平穏と愛が鍵なんだろうな。ほんとに。
[PR]
by nu2meg | 2011-10-13 09:51 | 日常

続・放射能汚染について

ここの所、ずっと迷っていたこと。
23年度産以降の玄米を食べるかどうか。

精米すれば汚染ゼロに近くなっていいと考えて良いのだろうけれど、白米ばかりは飽きてしまう・・・。
そうはいっても、玄米を通常に食べるようになったのは、この10年くらいで、イギリスでは確か(笑:記憶が無い・・・)毎日はお米を食べていなかったから、そんなに玄米じゃないと!って感じる必要はないはずで、ここのところ、分づき米にしているから、白米に近いんだけど・・・

どうも、白米だと「せっかち」になる気がする・・・というのが、体感的な理由。
WHOLEフードで身体にいいから・・・という理由でもなく。
エネルギー的に濃いというか・・・せっかくなら・・・と思ってしまう。

もちろん、白米も美味しいんだけど。

とりあえず、白米なら無洗米が一番てっとりばやいということで、生協で西のものを購入。確かに便利。研がないで水でたくだけだから、水も無駄にならないし楽々。でも、これがずーっと・・・と思うとやっぱり物足りない・・・。22年度産の秋田から取り寄せた無農薬玄米の残りをちょっと惜しみながら、次をどうするか考えていた。

そんな時、取り寄せているお米も、農家さんが自ら、無農薬検査をお願いしている機関に放射能検査に出されて、無検出と出た。嬉しいニュース。・・・でも、本当に安全なのか・・・

23年度以降の玄米は決して食べるな!と主張する人もたくさんいて、それは結局無検出といっても、プルトニウムとかストロンチウムとか測ってないから、全国規模でもうヤバイはず。カリフォルニア産だって侮れないとか・・・言い出したらきりないやん・・・ってレベルなんだけど。

一方、玄米推奨派は、今こそ解毒のために玄米を!とかも言ってるけど・・・。


悩んだ末、とりあえず22年度産の北海道産玄米をネットでみつけて30キロ注文。
この30キロがなくなるまでには、心が固まるかな・・・と思って。

  *** ***

本当に安全なのか・・・疑いだしたらきりが無い。
これもまた、自分を信用できないという心の現れに過ぎないとも思う。

お米についても、野菜についても、このサイトで割としっかりと移行していないことが伝えられていて、福島の農家の方もそれは不思議と移行していないという風に書かれている。

きのこ類は、チェルノブイリでも有名な汚染度の高い食材だから、これはほんとうに気をつけるべきだと思う。昔、何かの本で読んだけれど、きのこは地球が取り込んだ毒を排出する植物でもあるので、毒キノコが多いとか。確かその本では、大地がアスファルトで覆われてしまって、都会では毒を排出する場所が少なくなってきたというようなことが書かれていて、ロンドンの森にたくさんあるキノコをながめながら、出られる場所にはこぞって出るんだなあーなんて思ったことがある。

オーガニックハウスでも放射能の検査をしているので、気持ち安心しながらカフェにも行った。ただ、基準値は政府基準はしたまわるものの、そんなに厳しい値ではないそう。・・・でも、結局は、厳しい値で無検出だとしても、お米のように、「でもプルトニウムとか・・・」とか言い出すんだろうし、徹底しなきゃ!という人にとって、これで安心というレベルはいつまでたってもやってこないのかも・・・ 

そう考えると、やっぱり放射能汚染というのも、シンボリックな感じがして、程度の差こそあれ、いかに心が平穏であるか、自分を信じられるかを投げかけてくれている存在に過ぎないと思えてくる。

この半年で、物質的レベルで大きく日本は変化した。
この間に、人々の怒りもどっと表出しているし、同じように慈悲の心も高められたとも思う。
でも、怒りというアクションは、崩壊(分離)への道にしか進まない・・・
被害者意識というのも同じで、東電が悪い、政府が悪い、ゆるせない・・といっても、先に進まない。

ホオポノポノ的にも、全ては自分に責任がある・・・わけだし、ACIM的にも分離の先には分離しかない。
イギリスに帰れば、もう心配しなくていいーという問題でもないと思うし。

盲目的に大丈夫というのも、物質レベルに生きている私たちにはまた違うと思う。
盲目的になっている部分に、恐怖からの分離が存在する以上・・・。
盲目的にかわいそうだから・・・というのも、恐怖からの分離を感じる。
「なかったことにする」というのは、最初の政府の「大丈夫です」と同じ。

検査できる機械があるのに、物質的な検査をしないで大丈夫は無いと思う。


実測できない世界も現実と捉えている私がいうのも何だけど。
(そっちからみたら、人の健康に害があるものはやっぱり、不安や怒り・・・こどもは親のエネルギーを正面から受けやすいから、こどもがいるほど、不安や怒りを愛に変容していく必要性があると思う)

・・・ということで、続編もまた、ぐるぐるぐる・・・。笑


自分が母であるばかりに、食材には本当に気をつけている私だけれど、そろそろ、野菜や麺をゆがくのくらい、水道水に戻そうかなあ・・・と思ってきていて・・・でも、踏ん切りがつかない日々。ああー、修行が足りないわー。笑 それにしても敢えて、この時期に日本に住んでいるって、ほんとにいい修行だ・・・。笑
[PR]
by nu2meg | 2011-10-11 10:28 | 子育て

生後100日!

b0027781_1351697.jpg生後100日で食い初めのお祝いをする・・・というらしく、娘の時には気にもかけなかった行事をしました。笑

昼からローレンスと娘がお出かけということで、早めのランチ・・・のはずが、ぎりぎりランチとなり、慌しかったけれど・・・好き嫌い激しい娘の好きなものがメニュー。

赤飯・豆腐とアゲの味噌汁・叩きごぼうの梅煮・冷奴・長いもソテーとカリカリ蓮根・そして英国代表ソーセージ&マッシュポテト! ははは・・・鯛の尾頭付きはソーセージ&マッシュに変更したのです!笑 理想としてはローストビーフとロースとポテトだったんだけど、歩いて買える距離に塊り肉売ってるところ無いし、現実的にはそんな時間も無かった。

b0027781_13585411.jpgお宮参りの時に、祝い箸と〆こんぶ&するめを頂いていたので、じゃあ、お食い初めなるものもしてあげないと・・という流れになったのだけれど、頂いた干し昆布は機嫌よくなめてました。あずきも一粒つぶしてあげたけど、ん?って顔してぺっと出してた。笑。

ビデオで、「今日は生まれて100年目のお祝いー・・・」とつい言ってしまった私。笑
おおきいおばあちゃんは、来年数えで100のはずだけど。
[PR]
by nu2meg | 2011-10-08 14:16 | 子育て

手と足

b0027781_1926434.jpg娘の時のように、手と足の型を残してあげたいなあーと思って、娘と同じ7週目に採ったのがこちら。

キットを探してみたけれど、なんかキャラクターつきだったりして今一歩。
きっとイギリスにいればまたジョンルイス(デパート)にでかけて、同じものを注文したと思うのだけど・・・結局、オーブンで焼く粘土を使って、自分で作ることにした私。

実際に粘土はむちゃくちゃ固くて、ふにゃふにゃ赤ちゃんの型など取れそうになく・・・水を足してちょっと緩めて、ぎゅーっと押す作戦。(そういえば、JLでも思いっきり押してたわ!と思い出しながら・・・)水を足した事もあって、乾燥には時間をかけて、オーブンで焼いた。

ニスでも塗って・・・なんていっていたのだけれど、アクリル絵の具も塗れると言う事だったので、パールホワイトとゴールドでぴかぴかに。粘土も買ったユザワヤで額縁もちょうどのものをみつけ・・・背景はまたアクリル絵の具。上出来! 制作費2000円強(JLで作ったときはその7倍くらいした気がする・・・コレなら、10歳の誕生日シリーズも作るか。笑)

ちなみに丸いゴールドのにこにこマークは、娘のつくったもの。(ゴールドの部分は、違う色の粘土で作ってた)それにしても、やっぱりデカイのです・・・笑

大分前にできていたのだけれど、比べて写真撮ろうーっと言うまでに時間がかかって・・・今頃のお披露目です。
[PR]
by nu2meg | 2011-10-03 19:42 | 子育て

またまた?大丈夫??

どうも、先日の福島の地震で4号機が大変なことになっているとか・・・
ネット調べても、ほとんど出てこない・・・ところが怖い。


ローレンス経由でうちに廻ってきたのは、こちらです。


明らかに、現地の数値も高い・・・


拡散予報的には、まだ東京にはこなそうで、それ以前にどれくらいの規模だったのかも判りませんが・・・


その他、ミクシー経由でみつけたのは、こちらこちら


とりいそぎ、お知らせまで。


(追伸)
とりあえず、平気だったのかな・・・?(そうあって欲しい)

上の線量リンク、過去1週間をみると、数値に移動は無し。
事故前に化石化したサイトが惰性で動いているみたい。(事故前との比較は一目瞭然)
きちんと検証せずにおしらせしてすみませんー。
無事ならそれで良し。

 ===================

話しは大きく飛んで、今日は娘の通っていた幼稚園の運動会ならぬ親子で遊ぼうという行事の写真を撮りに、善福寺川緑地公園へ。

台風で折れた枝がたくさんあって、娘たちはきゃーきゃー言いながら、枝とかで遊んでた。
ロンドンの、クイーンズウッズみたいに、うっそうとした森ではないけれど、緑が豊かな場所で懐かしいメンバーと遊ぶ娘をみて、やっぱり子どもは緑のなかで活き活き育つべきだなあー・・・と思ったのでした。
・・・そして、去年を振り返って、1年の成長を大きく感じた日にもなりました。
[PR]
by nu2meg | 2011-10-01 07:46 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧