<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

食欲&机

b0027781_20193787.jpg16週過ぎて、ようやくつわりが消えた気がする。
そして、食欲が増してきた・・・というか、ここのところ、久々にいろいろな物を作りたい食への欲が戻ってきたという感じ。

先日も、たくさんいただいたピーナツで、ピーナッツバターを作った。・・・とはいっても、ミキサーにかけて、それをすり鉢で練るだけ・・・しかも、すり鉢作業は娘がやりたがったので、その間に私は、黒豆ハンバーグ作り。(なかなかもっちり美味しかった)

今日は、先週末に餃子を作った時に、「そういえば、トルテリーニとか、ラビオリとか、食べてないよねー」という話しになり、今週末に作ろうと思っていた通りに、つくってみた。私は基本的に出来合いのものというのは買わないのだけれど、ロンドンでほぼ唯一買う、出来合い品ってトルテリーニというくらい。笑 基本的にはパスタバージョンのゆで餃子みたいなものにすぎないんだけど。

娘はチーズしか食べないだろうからと、普通はリコッタチーズベースだと思うけど、ここでは入手しにくいので、裏ごしコテージチーズと、クリームチーズ&ピザ用チーズで代用。ナツメグと・塩こしょうだけの味付けだけど、美味しかったー。

ラビオリは、ひき肉ベース。ちょっとしいたけ入れすぎて濃かったけど、シンプルトマトソースにぴったり。
ちょうど朝、パンもなくなったので、やきたてのパンと、サラダと一緒に美味しいディナー。満足満足。


全く関係ない話だけど、娘に買った机が届きました。
b0027781_2031864.jpg届いたのは木曜日で、週末になったら組み立てよう・・・と。この机と椅子は、身長180センチまで対応のもの。大きくなっても使えるように・・・と購入(実は、そんな買い物する気はなかったんだけど・・・)。娘はえらい気に入ってくれて、お絵かきに熱が入ってました。

そして、お年玉から1500円ずつ抜き出して、私とローレンスに・・・
半泣きで、「こんな良い机買ってくれてありがとうね。」だって。
律儀なんだか、甘えられないのか、よく分からないけれど、なんか感動。
いつもピンクだった娘も、最近は「どんな色も好き」と言って、黒も着れる様になり、ジーンズもはいてみるというので、買ってきたら、お揃いーっと嬉しそうにはいてました。。(今までなんだったんだ?ってくらい)


もうひとつおまけです。
今朝、私からきちんとお腹の中にあかちゃんがいることを話しました。
どっちかなあーってずっと言ってたから・・・(おばさんなのか・・、)
写真がみたいというので、ブログの写真を見せたら、自分の赤ちゃんの時だと思い込んでいたらしくて、笑えた。でも、かわいいねー、かわいいねーって。

赤ちゃんがきてくれたんだねー。うれしいねー、たのしみだねー。
そして、ヒーリングしてあげる・・とさすってくれたり、とうとう、本当にお姉ちゃんになれるねーと、何度も繰り返していて、嬉しい限り。
[PR]
by nu2meg | 2011-01-23 20:47 | 食べ物

おばさん・・・

みるからに、出てきたお腹をマジマジと見つめている娘との会話。

娘「ねえ、ママ、おばさんじゃないよねぇ?」
私「そりゃあ、ママだっておばさんだよ。」
娘「えー!やだー。そんなお腹嫌い。」
私「えっ?○ちゃん、赤ちゃん欲しいんじゃなかったの?」
娘「うん。赤ちゃんだったら欲しいけど、おばさんだったら嫌だよ。」
私「??」
娘「ねえ、何が入ってんの?ただのおばさん?あかちゃん?どっちー?」

どうも、娘の中の「おばさん」は、太っちょのおばさんで、赤ちゃんが入っているわけじゃないのに、赤ちゃんがいるようなお腹をしている人・・・と言う定義に基づくらしい。笑
[PR]
by nu2meg | 2011-01-21 19:51 | 日常

15週

b0027781_20544060.jpgあんなに、動き回ってて大丈夫なのー?と密かに心配をされていた、ベイビーちゃん、今日の診療で元気な姿を見せてくれました。

もうすっかり人間っぽい。
8.9ミリ、15週と1日。

今日はローレンスも来たいということで、11時半の予約時間を目指して、かけつけてくれたのだけど、なんと、診療は待ちに待って13時・・・。もうそろそろ・・・と待っていたものだから、ほんとに待ちくたびれちゃった。12時半に、「すみません、11時半の予約なのに、あとどれくらい待たないといけないんでしょう・・?」と聞いたら、もうそろそろです・・・と言うので、その時にランチを食べに行かなかったのだけど、のちのち考えたら、行っておくべきでした。

そんなこんなで、幼稚園のお迎えにはとうてい間に合わず、友達にヘルプメール。
助産師さんのお話があったので、病院を出たのはちょうど2時・・・KLCみたいに、予約制じゃないならいつまで待ってもしょうがないと思うけれど、予約時間があるのにこんなに時間がかかるって、げっそり。総合病院の宿命かな。

ふにゃり、ふにゃり、動いてたベイビーちゃん。この写真では左手で顔をこすっている感じ。早く胎動を感じたいなあー。
[PR]
by nu2meg | 2011-01-13 21:08 | 妊婦生活

6歳の誕生日

b0027781_2021820.jpgそして一大イベントも終わりました。
クリスマス・正月・誕生日が、1週間おきだから、ほんとに年末年始ってエンドレスな我が家。
まあ、今年は私にはクリスマスは無縁だったけど。

娘は今年もみんなでわいわいパーティーが良いーというので、日本に来てから誕生日会に呼ばれたことなんてないのだけれど(笑)、幼稚園のみんなプラスαの友達を呼んで、英国式にぎやかパーティーとなりました。

毎年恒例のフェイスペインター、日本ではあまりポピュラーじゃなくて、思うように見つからなかったのだけれど、ネットで探して来て貰ったのが、とめさん。ほとんどの子ども達は初めての体験だったみたいで、かなり興味津々な様子でした。個人的には、ワンポイントよりも、フルフェイスのちょうちょとか猫が好きなんだけど、最初にウサギにめをつけた娘が、ウサギを描いて貰ったら、みんなそろって、私もー・・・状態になったらしい。去年は、男の子はスパイダーマンとか、かなりどキツイ怖い系もいたけど・・・やっぱり文化の差かな。

そして今年の目玉?は、マジシャン!
ローレンスがどこかで生マジックを見てすごかったから、マジシャンを呼ぼうと言い出し・・・サーチするも、プロのマジシャンは30分5万円と言う相場。ひええー。ありえん。諦めかけていたころに、ふとアマチュアで探していると、千葉の地名にマジッククラブとついたグループ発見。もしや??と、中野マジッククラブで検索したら、どんぴしゃり!あったのです。

実はフェイスペインターさんからも、すぐに返事が無く、マジッククラブからも返事が無く・・・という状態の時、フェイスペインターさんから電話が・・・。何故かメールの返信が届いていなかったことが判明。そこで、マジッククラブの方にも電話をしてみると、メールは届いていないのだけれど・・・その場でじゃあ、引き受けますと言って貰えたというエピソード付き。しかも、「楽しんでもらえればそれで良いんです」と言う感じで、お礼の額も任意。
b0027781_19523566.jpgこんな風に、4名のメンバーの方がやってきてくださって、親子ともども楽しませてもらいました。

イギリス式ということで、これまで私が拒否してきた(笑)PASS THE PARCELというゲームもすることに。このゲームは、ちいさなプレゼントを包んで、その上に更に包んで・・・という数重のプレゼント爆弾?みたいなものを、音楽に合わせて回して、止まった所で1枚ずつ開いていくというもの。私がこのゲームを嫌いな理由は、たいてい、中身がジャンクであることと、普通は1つのパーセルを回すので、エライ時間がかかって、大人が当たっていない人がいないように、ちょっと操作的に音楽を止めるという部分・・・笑 でもローレンスは子どもの時にワクワクして大好きだったから、すべきだーっと毎年言い続けてきて、私が却下してた。笑

今年はプレゼントの半分は、羊毛フェルト中心の手作りクラフト。パーセルは3つ同時進行。多く当たったらラッキーという感じ。(私はその間、食事の準備で様子をあまりうかがえなかったのだけど)最初はあまりわかっていなかった子どもたちも、自分の所にきたパーセルは、なかなか回したくない・・・という風な感じで、結構楽しんでいた様子。

ゲームとマジシャンが入ったので、今年は毎年恒例の、私たち夫婦による人形劇は省略!笑

ゲームの後は、夕飯を食べて、最後にバースデーストーリーとケーキタイム。
バースデーのお話はシュタイナーなもの。友達に語ってもらったのだけれど、ああいうお話を聞きながら子どもたちが育っていくって大きな心の糧になるなあーっと再確認。蝋燭の光の中、じーっと聞き入る子どもたちの様子、(当の娘は話にちゃちゃ入れてたけど・・・)あれがあるのと、ただ「ハッピバースデー♪」というのでは、大違い。これはシュタイナー教育の中で出会えてよかったものの1つなのです。

今年は、ケーキを1台ソヤホイップ版にしたので、生クリーム版2台プラスの合計3台作りました。基本的に子どもの誕生日会に出てくるケーキって、親には一切れも廻ってこないことが多いから、自分も食べたいと言う単純な食いしん坊な理由で、毎年2台は作ってるんだけど、この家の冷蔵庫には3台も入れられると解ったので、3台に・・・笑

子ども約25人、大人約20人?のパーティー。
当日は朝から1人友達にキッチンヘルプを頼んで、にぎりずしとミニカップケーキ以外は結局あれこれ作りました。作るのは楽しいから好きで、苦ではなかったけれど、大変だったのは買出し。実家から戻ってきて準備期間2日間。余裕かまして?新宿にまで買い物にでかけたりしちゃったものだから(もちろん自転車で)時間的にもゆとりがなくなって、食材を仕入れるのは重くて大変。まあ、自転車に積む、降ろす・・・それだけが大変だったのだけど。当てにしていたスーパーのデリバリーサービスも、今日の受付終了・・・という時間帯に買い物に行ったものだから、使えず。飲み物だけは、あらかじめ生協でデリバリーしてもらっていたり、ローレンスが買ってきてくれたので良かったけれど、それにしても大量で、ここに越してきて初めて冷蔵庫に入りきらないほど・・・と言う感じでした。笑


実家から帰ってきた当日は7時半に寝たのだけど、その後丸二日間、夜遅くまで立ち仕事してたものだから、誕生日前夜にはさすがに肉体的に疲れが・・・。
でも、夜中にお風呂に入りながら、そういえばちょうど6年前の今頃にもこうやって、お風呂につかって「ああー、きもちいいー」と思いながら、お産をしていたなあーなんて、考える余裕も。まさか、6年後に東京で妊婦となり、ぷかぷかお風呂に入っているなんて、誰が想像したことか・・・。

お腹の中のベイビーちゃんには肉体的にちょっと無理を強いてしまったかもしれないけれど、私たちが幸せな気持ちで娘の6歳を祝えたことが、栄養となっていますように。

 * MIXIの方にはもうちょっと写真も載せますね。
[PR]
by nu2meg | 2011-01-11 20:30 | 子育て

日本でのお正月(回想)

b0027781_11562248.jpg娘とローレンスは29日の夜に実家に到着しました。(MIXI日記には書いていたのだけれど)私とは約2週間ぶりの再会。もちろん、こんなに長く離れたのも生まれて初めて。ちょっとの間、わがままの甘えん坊ちゃんになっていました。(時差ぼけと疲れもあるだろうけど、よっぽど、良い子でいたのかも・・・笑)

何年ぶりなのか、あまりわからない、久々の日本でのお正月。
気がつかなかったけど、ローレンスにとっては初めての私の実家での正月。
多分、これまでおせちとか食べさせてきている(半強制的)から、正月は知っていると勘違いしてた。年越し蕎麦を、夜中近くに食べることにも、元旦の朝にお酒を飲むことも、ビックリしてた。笑(イギリスでも必ず年越し蕎麦は食べていたけれど、夜食の習慣がないから、夕飯に蕎麦を食べてた)

母がお惣菜屋さんをしていた時は、毎年「おせちのお手伝い」が恒例。2年ほど前から父が料理に目覚めて?夕飯は父親担当となっているから、おせち作りも2人で仲良く?分担。お店をしていた頃には全く手伝わなかった古希直前の父が、こんな風になるとは・・笑

友達が、毎年除夜の鐘をつきに行っている・・・と教えてくれて、大雪の中、真夜中にローレンスと歩いて出かけました。すごく寒い中、妊婦なのに出かけさせるかなあ・・・とか思いつつ、まあ、せっかくなので・・。
でも実際にはそれほど寒くも無く余裕。

お寺さんは小学校の隣。小学校まで歩いたのなんて何年ぶりか。
私たちは83-84番で鐘をつかせてもらいました。(友達いわく、せっかくきてくれたのだから・・・と、毎年108以上鐘が鳴っているらしい・・・笑)

ローレンスはとっても気に入って、次回はポピーも起こして行こうと張り切ってました・・・というより、うちの実家って本当に観光的なやることがないから、このホリデーのハイライトだ!とご満悦。その一方ずっと生まれ育った町で今まで行ったこともなかった(知らなかった:檀家じゃないからねえ・・)ことに驚いていました。笑

娘は、従姉やふた従姉たちと、毎日たくさん遊んで楽しい日々。

私が困ったことと言えば、食品添加物。
ここの所、東都生協で調味料も化学調味料とか入っていないものを買い揃えているので、あまり困ることも無かったのだけれど、通常のスーパー&生協でお買い物する実家は、大手食品メーカーの食材・調味料が普通のごくごく一般家庭。妊娠して化学調味料に拒否反応を示しているから、普通のケチャップやマヨネーズでも、食べた後の後味が嫌な感じがして、まあいいや・・・と気にせずに食べると、のちに気分が悪くなる始末。そんなこんなこんなで、父親にマヨネーズまで作ってもらったり・・・(作らせた?笑)

尾頭付きの鯛や海老を見てゾッとして、おせちをほとんど食べないローレンスと娘。いちいち化学調味料が・・・とうるさい私・・・で、両親もちょっとうんざりだったかもねー。笑(もちろん、いちおうちょっとくらいは手伝っていたけど)

そうそう、ローレンスはセントラルヒーティングなしの日本家屋の冬を「なんて寒いんだー」と言っていました。まあ、私もすっかり忘れていたくらいで、こたつの友生活(笑)娘は「おばあちゃんちは、こんな良いテーブルがあって、いいなあー。あまっていたらちょうだいよー。」と言っていました。笑
東京に帰ってきて、やっぱり全館空調っていいねえーと親子3人。

そういえば、イギリスから戻ってきてつかの間で、田舎に来た娘は、寒い中トイレに行って、あったかい便座にほっ。そして一言。「ねえ、マミーはイギリスと日本、どっちが好き?私は日本。だって、トイレに座ってもあったかいしー。」私も久々に里帰りすると「日本って良いな」と思っていたツボが同じところが笑える。

(追記)
お年玉をたくさんもらった娘は、私とローレンスと、おじいちゃん、おばあちゃんに、1000円ずつお年玉をくれました。そして1月2日も3日も、「今日もお正月?」と聞いては、「じゃあ、またお年玉ちょうだい。」だって・・・。笑 しかも、誕生日にレターセットをプレゼントに貰ったのだけど封筒見て、「これもお年玉の袋じゃない?」と一言・・・。
[PR]
by nu2meg | 2011-01-10 12:09 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31