<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

気質

久々に?シュタイナー。
シュタイナー教育の本を読むと必ず目にするのが、「4つの気質」
正直な話、私はあまり興味が無くて・・・だから何?という程度にしか感心が無かった。

だいたい、4つに分類することには無理があると思う・・・。
バッチフラワーレメディでも38種類。38の気質にあったレメディということになるのだけれど、いろいろと人生の通過地点によって、必要なレメディも変化する。こどもらしさはよく「多血」と言われるのだけど、多血の老人がいたら、微笑ましいけど、ちょっと怖い気もするし?

まあ、4と言えばタロットの4つのスーツに近いかとも思うのだけれど、シュタイナーの4つは必ずしも、置き換えられない・・・。

先週、幼稚園の親の会の勉強会で呼んだゲストが、篠先生。
ブログにかなり詳しく、いろいろと書いてあるのだけれど・・・ もともと物理系という先生は、なるほど、物理的に気質を解釈したらしく、既存の本からは読めない部分までいろいろ発見した・・・らしい。ということで、話もかなりわかりやすく、面白かった。(率直な意見で申し訳ないけれど、その前に、別の先生にシュタイナー教育の話を聞いたのだけど、これがもう、とんでもなくつまらないものでゲッソリしていただけに、ちょっと希望の光が見えた感じ。笑)

先生のノートからかいつまむと・・・

+ 多血質 +  反応性がよい感情

 社交的。
 楽しいことが好き。楽しそう。
 みんなと一緒が好き。
 こだわらない。
 人の影響を受けやすい。

+ 胆汁質 +  強い感情

 行動的。
 自分が正しい、一匹狼型。
 現実的。
 チャレンジ大好き、頑張りや。
 頑固。
 目的に向かって突進タイプ

+ 粘液質 +  安定した感情

 傍観的。
 落ち着いていてマイペース。
 独創性はないが、与えられたことは辛抱強くする。
 ぼーっとすること、一人の方が気楽。

+ 憂鬱質 +  豊かな感受性 不安定な感情

 内省的。
 不安、臆病、好き嫌いが強い。
 こだわりが強くて頑固。融通が利かない。
 変化を嫌う。
 傷つきやすく、すぐ泣く。
 自意識が強い。


とまあ、こんな感じなのだけど、日本人は文化的にも憂鬱質が多いらしい。
楽しいことに生きているラテン系は、どう考えても、多血。

先生いわく、気質によって感じ方も違うから、子どもの気質にあった子育てと言うのが必要と言うことなのだけれど、基本的に人の気質は、何が強いという傾向はあっても、4つの気質を持ち合わせているもの。その度合いが個性を作る。

今の私と娘を見ると、2人とも、胆汁・多血組みなのだけれど、根底には憂鬱質がある。(粘着だけは非常に遠く感じるけど、ローレンスはその系統ありだな。笑)

娘なんか、成長過程では自閉症かというくらいの時期もあったし、私も幼少期は今から考えられないくらい、恥ずかしがりやだった。

話を聞いている時には気づかなかったのだけど・・・先生いわく、この憂鬱と胆汁というのは、非常にミックスしにくい厄介なタイプらしく・・・笑 ある意味では悩めるアーティストタイプだそうだけれど、バランスを崩すと、躁鬱者。やばすぎー。笑

子どもも、憂鬱質の子が一番育てにくいそう・・。
娘の子育てが大変だったわけが、胆汁・憂鬱・多血だったからってことか・・・・。笑

先生は、子どもによって叱り方も違ってきて、憂鬱質の子には、寄り添うように・・・胆汁の子にはガツンと・・・ということだったけれど、わが子が両方の性質を持っていたことを考えると、やっぱり、小さな子には、感情をこめずに淡々とリンとした態度で、善悪を示すことが大切で、気質で分ける分ける必要は無いかな・・・。

娘のことを思うと、憂鬱質の強い子でも、自信をつけてあげることができれば、どんどん他の要素を伸ばすことが出来るんだと思う。娘にとっては、日本に来て、周りにイギリスでは普通にいた胆汁質の子達が欠けているからこそ、より胆汁質の要素を発揮できているのかもしれない・・・とも思うし。

・・と、とっても胆汁らしい(自分が正しいと思っている)私の意見。笑
ちなみに胆汁質は、見るからに、骨格もシッカリ。筋トレしなくても、力もあるって部分も思いっきり私。
[PR]
by nu2meg | 2010-11-30 12:50 | シュタイナー

ご縁

昨日は数ヶ月前に、2時間ほどの講演をお願いします。と頼まれていた有宵会の定例会?に行って来ました。

私は元々、占いとかあまり好きじゃなくて(笑)友人経由のご縁でお話を頂いた時にも、その方面に明るくない分、かなり有名な福田先生のことも全く存じ上げていなかったのだけれど、日本占易協会副会長でもいらっしゃっる。このたび、占いという面では日本初のNPO法人を作られたということなのだけれど、本当に正統派に福祉的な活動として易学を・・・という感じ。(通常はこういう部分が宗教法人になっちゃって、怪しい雰囲気になってしまうのかな・・・と思う。)

夏に一度、うちに来ていただいたときに、すぐにまっすぐで暖かい方だなーと感じたので、私でよければ・・・とお受けした話なのだけれど、基本的に計画するのが苦手というか、面倒な私・・・あまり話の内容は練らずに、自分史と、取り入れているツール(ヒーリング・ダウジング・タロット)を簡単に紹介して、後は、タロットのショートリーディング、デモンストレーションという形にして、あっという間の2時間でした。

会は4時間で、最初と最後の一時間は、易と四柱推命?のお勉強プラスα。
最初の一時間もお邪魔したのだけれど、神道系のことだま数秘学?の補足というお話が、なんだかすごいインパクトのあるものでした。

それぞれの言霊を数字に置き換え、例えば名前を足していくと、いくつになり・・・・と言うものの中に目には見えない法則があって、神道の神様の名前は足せば必ずこの数になる・・・とかいう、うそみたいな話。ちなみに、私も旧姓の名前だと、神の位置!?(カタカナで、シュとかッとか、多分、数字が異なると思うから、今の名前では正確に出せてないし、その他の位置が何を示すのかよくわからないのだけど・・・)

易と言うのは私にはえらく遠い世界なのだけれど、夏の段階でちらっと見ていただくと、11月初旬はえらく忙しいですねー。まあ、講演の時にはちょっと落ち着いた頃でしょうか?という話で、もちろんバザーなどの件、不妊治療の件などで、ピタリでした。簡易版のサイコロみたいなのを持っていらっしゃっていたけれど、それだけみると、ルーンとか、英語で言う中国のI CHING? サラっと短時間で読まれるから面白い。

ご縁を作ってくださった友人も、一緒にサポーターのように来て下さったのだけれど、先生とは20年来のお知り合い。会場には60名くらいいらしたのかな?うちの親の世代の人が多かったのだけれど、先生の人徳に合った方たちなんだなーと感じました。

日本に来て、スピリチュアルな世界がかなりビジネス化していることに興ざめしていた私なので、なんだかほっとしたというのが、素直な感想。まあ、実際にこっちにきてスピリチュアルなイベントには参加ししたいと思えなくて、参加していないから、単に思い込みなのかもしれないけれど・・・ (カレッジがちょっと恋しいかも)

ホームページをご覧になればわかりますが、年末まで無料相談キャンペーン中だそうですので、この機会に是非どうぞ? 
[PR]
by nu2meg | 2010-11-28 16:04 | サイキック・スピリチュアル

つわり

つわりが本格的になってきた・・・

正直な話、6年前がどんな状態だったのか思い出せないのだけど、ちょうど仕事を辞めてのんびりヒーリングすればいいわーっと思っていたときなので、時間がたっぷりあって、睡魔にまかせて寝ていた気がする・・・。あとは、えらくゲップが出て、匂いには耐えられないくらいクラクラで・・・
とりあえず、フルーツ食べておけばOKって感じだったなあー。

唯一、もうだめーっと思って早退したのは、その頃最終タームで取っていたタロットのクラス。
女性ばかり多いクラスで、生ぬるい空気の夏。香水の匂いとかにも耐えられなかったうえ、かなり気持ち悪かったことをよく記憶している。
カレッジのクリニックでも週一でヒーラー活動いたけど、そういえば、あれは、なんとかなっていた・・・

喉もと過ぎれば・・・本当に忘れちゃうんだなあー。笑

今回は、前ほどげっぷげっぷはしてないのだけど、基本的に気分が悪い。
そしてやっぱりエラく眠い。昨日も7時半に寝たし。(娘は6時半にベッドに送り込んで。今日なんて6時前!もう、これからすぐに自分も寝る予定だから・・・笑)

眠い時に、眠ることができないから、気分が悪いのかなあー?
とはいっても、子どもがいる生活で、オンデマンドでは眠れないし。
妊娠中、ずーっと仕事を継続しているお母さんたちは、ほんとに凄いと思う・・・
[PR]
by nu2meg | 2010-11-25 18:09 | 体外受精

秋のキャンプ

バザーの打ち上げ兼親睦キャンプということで、相模湖プレジャーフォレストと言うところに一泊で行って来ました。
参加人数23人(プラス3人のおチビちゃんたち)、子どもたちは、想像通り出発時からハイテンション。嬉しさと楽しさで一杯で、見ててほのぼの。

目的地に到着してすぐ、キャンプ場周辺でランチ。
2時にチェックインということで、ランチの後は空き瓶にトランスパレント紙を貼る、ランタン作り。
子ども達は、自然の中で楽しそうにゆったりと遊んでいて、ランタン作りをしようと声をかけるのが億劫になったくらい。でももちろん、ランタン作りを始めたら、みんな楽しそうに作ってくれていました。

予約していたのは、12人用のログキャビン2棟と、4人用1棟。
子どもたちは、2段ベッドに大はしゃぎ。何をするわけでもないのに、本当に楽しそうで、それから夕飯時までまったりと過ごしました。(その間に大人たちは、まったりお茶タイム)

そしてランタンウォーク。
これは、日本でもやりたいなーと思っていたこと。
子どもたちも大人たちもみんな、ロウソクの光を手にしながら、日が暮れる中をBBQディナー場へ向かって歩きました。

・・・で、キャンプ場を抜けて遊園地側に足を踏み入れたとたんに、キラキライルミネーション。笑
一気にランタンの優しい明かりがくすんだ。。。笑 
ディナーの後は、キャンプファイア。特に火を囲って何をしたわけでもないけれど、子どもたちには始めての、大きな炎と音と熱。無意識下でこどもの心に自然の大きさが伝わったかなあー。

炎がまだ消えないうちだったけれど、7時20分ごろ、子ども達はもう眠い限界。笑
キャビンに帰って、寝る支度をして、創作で小人の人形劇をしました。
小人たちはすやすや夢の中・・・で終わって、小人たちを起こさないように、みんなもねんね・・・という流れに持って行き、素直な子たちは、スムーズにねんねタイム。

とはいえ、一番最後まで起きていて、寝る様子ではなかったのはうちの娘・・・
周りがみんな寝静まって、他のお母さんたちが、キャビンを出るのと(4人用は夜のお喋り用!)私がどこに行くのかが気になってしまい、収集がつかなくなった。・・・結局、ローレンスと交代してもらって、私もお喋りに参加。さすがに11時ごろには寝たのだけど、遅い組は2時ぐらいまでお喋りしてたそう。

翌日は、朝食後に遊園地コースへ移動。
フリーパスで遊園地を楽しむ組と、そうでない組に分かれて自由行動。
私たちは遊園地組み。こどもたちは本当に楽しそうで、丸1日遊んで・・・帰宅したら夕方6時過ぎてました。

ちなみにローレンスはというと、2日目は朝食後に一人で山登りへ行ってて、私たちより一足先に帰宅。

7時半過ぎには私も就寝。笑 身体は正直で疲れ果ててて(笑)朝までぐっすり。
プラスαで、朝食後にも眠くなって、娘もなんか眠いかも・・・というので、また2人でおねんねタイム・・・起きていても、今日は悪阻が厳しくて、もう寝ようーって気になるくらい・・・

それにしても、両日ともいいお天気に恵まれて、最高でした。
言いだしっぺの私は、雨にだけは降られたくないー!と思っていたので、天気予報で雨マークが潜んでいたにも関わらず、快晴だったことと、みんなでたっぷり楽しめたことに感謝。

* MIXIの方にはちょっと写真もアップしますね。
[PR]
by nu2meg | 2010-11-22 19:20 | 日常

エコー写真

b0027781_1910776.jpg先日のエコーの写真です。
上部の白いリングのまるいのは、卵黄嚢。これが初期の赤ちゃんの栄養源。

でもー。イギリスだと、思いっきり、まるまる含めてのサイズを測っていたと思う・・・
今のサイズだと、ちょうど頭部かなと思えるバランスだし。
ちなみに、胎芽は6ミリ。まだまだ小さいけど、お迎えした胚盤胞は0.16ミリ・・・ということを考えたら、大きくなった!!

今日、電話した助産院さんから留守電が入っていて、「経過を見ながら相談していきましょう」ということになりました。提携している総合病院も、親子の立会いOKで、水中出産も可能とのことで、そしたらどっちに転んでもいいかという感じ。それにしても、展開早すぎ・・・そういう忙しい感じは日本らしいわー。

なのにその一方で、未だに、母子が別室だったり、産後は15歳以下の子どもと面会不可能(立会いなんてありえない!)だったりする病院があることを知って、ちょっと唖然。ほんとうにもう、極端すぎる・・・。


このまま妊娠が継続すれば、イギリスに帰ろうと思っていたのは11週目。
まだ、器官形成が完全に終わっていない進化途中な分、環境には気をつけてあげたい時期。
イギリスまで飛行機に乗ると、放射線の被曝度は、X線を受ける5-10倍に相当するそう・・・。

携帯電話の電磁波が、男性不妊を助長しているというレポートとか、高圧電線の近くの子どもが、小児白血病を起こしやすいというレポートとか、パイロットやフライトアテンダントのガン死亡率の高さとか、電磁波的なものを考えても、今回の帰英は(「も」か・・・)見送ろうかなー。ナツメグに会えないのがとっても淋しいんだけど・・ 
[PR]
by nu2meg | 2010-11-19 19:47 | 体外受精

心拍確認

今日、1日早く心拍確認に行って来ました。
友達が泊まりに来ているので、彼女に娘を見てもらって・・・といっても、友達が帰ってきたのが4時半過ぎ。それから、KLCまで自転車で。

夕方のKLCは初めてだったけれど、スキスキで良い感じ。
すぐに4階に降りて受け付けでは、2週間前に出した助成金の書類がもう出来上がってきてラッキー。(2-3ヵ月かかることがあると言われていた)

内診室にもサッサと呼ばれたものだから、心の準備も出来ていないのに?ご対面。
すぐに、ベイビーちゃんが見えました。
そして、じわじわと動く心臓。(ロンドンで見たときは、ピコピコだったけど、見え方が違った)
先生が、丁寧に説明してくれました。

じゃあ、診察室の前で待ってくださいねーと言われ、普通はここで30分くらいは余裕で待つのだけど、3分くらいで診察室へ呼ばれた。

順調そうなので、このまま順調であれば、2週間後に紹介状を出しますとのこと。(卒業!!)
「助産院でも紹介状って必要なんですか?」と私。
「???、えっ 助産院?なんでまた?」と先生
「いやあ、できれば、自宅出産したいくらいなんですけどねー。」と私・・・

通常1分で終わる診察のはずなのに、先生、私の助産院発言に、そりゃないでしょうー?発言。
「だいたい、ここで、こうやって、ようやく妊娠できたって人は、普通は安全な出産を望むものでしょう?あなた、39歳になってようやく妊娠できて、自宅出産って・・・」

まあ、私の中で、日本での自宅出産はやっぱり良いかな・・・と思ってきているので(英国だと病院の助産師のチームワークだけど、日本の場合は個人だから、偏りも有りそうかなあと思って・・・)、とりあえず、自宅出産の希望は希望で終わると思うから、まあ、多分、助産院です・・・と伝える。

「いや、きっぱりと、言うと、お勧めできません」と言われ、まあ、それも自己責任だから・・と言われる。
そんなこんなで、非常にマイノリティーな私。多分、今までKLCから助産院に行った人なんて、いないのかも。助産院でもきっと驚かれると思いますよ・・・とも言われる。笑

順調に行けば、予定日は7月6日だそう。(姪っ子は七夕生まれ!)
心拍確認後に流産したと言うケースも意外と多いので、両手放しに喜べないけど、嬉しいです。

帰路、雨の中合羽着て自転車こぎながら、
「そうだよなあー、妊娠初期にこんな風に自転車通いする人もいないだろうなあー。やっぱりマイノリティーだよねー。」笑いながら。。。

今日のKLC滞在時間はなんと45分!
[PR]
by nu2meg | 2010-11-17 20:53 | 体外受精

20分ヒーリング

土曜日の幼稚園のバザーはお蔭様で大盛況でした。
友達や兄家族もやってきてくれて、東京に住んでるっていいなーと実感。

日本でヒーリングコーナーってどうなるかなと思っていたのだけど、ちゃんと興味を持ってくれる人もいて楽しい時間を過ごすことができました。

20分ヒーリングは久しぶりでした。
カレッジのクリニックではこの、20分の間に、サッとクライエントさんとお話をして、ヒーリングして、レポートを書く。次から次への流れ作業的でもあるけれど、20分がもたらす神聖な時間と、クリニックだから出会っているクライエントさん、翌週もご指名でアポを取って下さってくれる人たちとの出会いはとっても貴重でした。

今回のヒーリングコーナーは4名さま限定。
スピリチュアルヒーリングに来てくれたのは、そのうち、お二人がお子さん連れでした。

ロンドンのシュタイナー幼稚園でのヒーリングコーナーも、たまーにお子さん連れが来ました。
大きな子だと、一緒に手伝ってもらうようにしていたのだけど、今回も一人は結構真剣にお母さんの背中なでなでしてくれて、可愛かったー!

親子ヒーリングだと、2人のハート繋がってがほくほく暖かくなる。
子連れヒーリング、いいかもー。笑
それよりも、不特定多数に20分でできるヒーリング、大道芸人ならぬ、大道ヒーラーすると楽しいかも。笑
なーんて、そんなゆとりが私の生活の中にあればいいんだけれど・・・。


ちなみに、12月2日のヒーリングワークショップ&養生ランチ、募集が始まっています。
幼稚園を通しての予約受付なので、どうぞよろしくお願いします。

ホリスティックフットマッサージを教えるのだけれど、これは私がヒーリングを習ったカレッジの先生に、2日間のワークショップで習ったもの。それを2時間そこそこで伝授というのだから、かなり無理があるとは思うけれど(私のワークショップっていつも短期集中型なんだなあ・・・汗)、深い部分は置いておいて、ヒーリングの基礎と家族間でのヒーリングについての根本をシェアできればなあーと思っています。

また、バッチフラワーレメディを持参で行き、必要な方にはランチタイムに500円で調合いたします。
養生ランチ、楽しみだなあー。
[PR]
by nu2meg | 2010-11-16 12:13 | ヒーリング

テレビ

自宅にTVのない生活も4年ほどになる。
TV大好きな母は、いつも「TVくらい買ったらなー、かわいそうやんー」とTVを推奨するのだけど・・・。
もちろん、娘だって受身で面白いTVは好きだし、いつかはうちにもTVがやってくる日がくるのかもしれないけど・・・

b0027781_20194694.jpgそんな娘の、今日の工作。テレビです。笑
ローレンスの話だと、ひとりでモクモクと作っていたらしい。

内容が、手動の巻物の絵で現われ、2人がかりでストーリーを進めていく力作。笑
昨日、ソニーセンターで3Dのテレビを見て来たからか、立体のお家?つき。
TVには足があり、上の部分には、ウサギとアンパンマンの絵がほどこしてある。

廃材見るたびに、全部クラフトになっていくのはいいけれど、こういうデカイもの、処分に困るんだけどね・・・
[PR]
by nu2meg | 2010-11-07 20:30 | 日常

バザー

シュタイナー学校は、コミュニティというのをとっても大切にする。

特に、核家族化が進んでいる今、昔みたいに「地域が育てる子育て」なんていうのがなくなっているから、昔的な地域社会は人工的につくってあげないとなーと思うのだけど、幸い、ロンドンでも東京でも「シュタイナー幼稚園の親たち」というコミュニティーがあるから、ちまたに聞く、親同士のいじめ的な話や、「うちの娘が一番よ!」的な親もいなくて、多分、世間一般から見たら「ちょっと変わった」自然派志向の親たちに囲まれ、居心地が良い。

今日、年長さんのお母さんが、就学前検診に行って、周りのお母さんにぎょっとした・・・と言う話をしていたけど(娘さんに対して「おまえさー、」という口調で・・・)そういうのを聞くと・・・ねえ。。


ローレンスは、ロンドンに比べたらここの親は「フツー」の人たちにしか見えないというけれど、うちの幼稚園のお母さんにはベジタリアンやヴィーガンもいる。それだけは、ローレンスも「かなり違う日本人」と思うらしい。

こっちの幼稚園に入って、もっとも驚いたのが、バザーへの情熱・・・
いや、親の意識の高さかな・・・
うーん、日本人らしい「ちゃんとしなきゃさ」かな・・・
行き当たりばったりのロンドンとは大違い。笑

何でもありのロンドンでは、最後まで煮詰まってないし、しらんぷりーな人もたくさんいるけど、当日になると何故かみんなちゃんと動いてて上手くいく・・・。ほんとに不思議なくらい・・。

さすがは日本、日ごろから協力体制ばっちりで、手先も器用だから、手芸品もほれぼれしてしまう作品だらけ。あれもこれも、売れ残ればいいのにと思うくらい。笑

去年の1月に転入してきた時点で、来週のバザーの話もでていたくらい、凄いのだけど・・・笑
そう、とうとう来週なのです。

    すみれの庭バザーhandmade market  11月13日(土)11:30-14:00

ヒーリングコーナー、それぞれ最初の1枠目12:40-13:00は予約可能です。

園のブログ担当も、ラストスパート。
そろそろ手作り小物たちをアップしてくれるので、要チェックです。

とまあ、私も最後の広報活動。笑
中野区のお近くの方、シュタイナー教育に興味がある方、お子さん・お孫さんがいらっしゃる方(手づくり品はクリスマスプレゼントにも最適)、ロンドンみたいに入場料取らないし(笑)、是非お誘い合わせの上、遊びに来てくださいねー。


あ、ちなみにまだ宣伝してませんが、12月2日には、同じく園の行事として、私が講師をするホリスティックフットマッサージのミニワークショップと、マクロビシェフの養生ランチ会があります。
[PR]
by nu2meg | 2010-11-05 20:20 | シュタイナー

胎のう確認

今日は胎のう確認に行って来ました。
血液検査がなかったので、スピーディー(それでも会計終わるまでトータルすると1時間半くらい)

内診で、胎のう確認。
なかなかパッと見えなくて、え?ないの??とドキッ
でも、その後フォーカスされて、「これが胎のうですねー。」
あと、ぐりぐりまわりを確認して?終了。

写真には7.4ミリと書かれていた。
ミニ卵ちゃんからの出発だから、こんなもんかな?
次はとうとう、赤ちゃん&心拍確認。

「今日で5週1日目ですね。じゃあ次は2週後にーっ」
と、いつものごとくあっさり終了。
心拍確認できたら、かなり生まれてきてくれる可能性が高くなる。

もちろん、心拍確認後に駄目になるケースも多いし、心拍確認できないケースも多い。
娘の時は、13週過ぎたら流産の可能性がぐっと下がるから・・・と、確か、それくらいまでお互いの両親にも内緒にしようとして、でも待てなくて10週くらいで伝えたんだっけ?(今回は、採卵から大公開!笑 英国の義両親には何も言ってないけど)

13週目にブタペストに旅行に行った時、ぽこッとお腹がでてきはじめていて、一人で妊婦気分だったなあー。(今のお腹と同じくらいのぽこっなんだけど!笑 体重はほとんど同じに戻ったのにね・・・笑)
なつかしいー。
[PR]
by nu2meg | 2010-11-04 19:33 | 体外受精

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。