TESCO

徒歩1分の所にあった、さびれたスーパーが突如閉店した・・・と思ったら、もう新しいスーパーになったのだけど、できたのが、テスコ!!

以前、日本ではなかなか砂糖なしのミューズリーが手に入らないと書いたけど、その後テスコでテスコブランドのミューズリーを発見していたので、開店と同時に中身チェックー。笑

ちゃーんと、砂糖抜きミューズリーも売ってて、よく見ると、モノによっては、Finest(ワンランク上シリーズ)まで置いてたりするー。クロテッドクリーム入りのビスケットとかね・・・笑
全粒粉のペンネ(パスタ)が、英国パッケージのまま置いてあったり、一人で感動!笑

大きさ的には、イギリスのメトロ店版程度だけど、小さい割には充実な品揃え。

帰宅したら、おとなりのおばさんが、シンガポール土産に・・・とマークス&スペンサーのお菓子をくれて、なんだかとっても、英国な日・・・笑 
[PR]
by nu2meg | 2010-05-28 17:05 | 日常

お風呂場、その後・・・

未だに、工事現場です。
先週の、更なる調査(なんと、配管に内視鏡まで入れて!)と、高圧パイプクリーニングにより、ゴルフボール大のコンクリートの欠片を3つ回収。

どうも、改装の前の壊し作業段階で入ったと見られるもの。
(それプラス、軍手でもおかしくないけど・・・笑)

今日からようやく、再改装が始まったものの、バスタブどころか、浴室のタイルまで全部剥がされたバスルーム。完全なる工事現場です。(あと2週間とかかかるんだろうか??)

そんな中で、そういう状況をうまーく楽しんでいるのが娘。
大家さんが毎日のように「遊び」に来てくれるので、遊んでもらっていて、幼稚園の送り迎えに車を出してくれたりもして・・・笑 

近所の大家さんのお姉さんの家にも、遊びに行っていて、その家でも可愛がられて・・・
今日も、大家さんと一緒に、お姉さんの家に1時間ほど遊びに行ってました。ほーんと、ラッキーな私たち。
[PR]
by nu2meg | 2010-05-25 21:33 | 日常

昨日、ヒーリングメディテーションIN東京第一回目でした。
参加者と自分を重ねていき、ゆるしあうワーク。やっぱり好きだなーと思っていたら、参加者の一人から、同じように、「やっぱりこういうワーク好きだなあー」というコメント。

彼女はいろいろあって、敢えてスピリチュアル系には寄らないようにしていた・・・らしいのですが、こっちにきてみて、スピリチュアルなものが信じられないほど「ビジネス化」していることを目の当たりにして、引いていた自分とも重なる。あちこちで重なり合って、気が付いたら1つになってた・・・そんな内側に戻る作業としてのメディテーション会、やっぱりいいわーと感じました。

ランチはみなさんお弁当を・・・ということだったけど、近場で買おうと思っていた人が多くて、結局みんなでサラダとパンを一緒に食べました。そこでまた・・・やっぱり同じ釜の飯?を食べるのが一番だなあー・・・と。笑
次回からは、みんなでシェアできそうなもの持ち寄り、とか、かんたんに料理する・・・でもいいかな。(結局ロンドンスタイルが理想ってことなんだな・・・笑)

昨日のテーマは、カードによると、「みんなは1つ」でした。
あっちからみても、こっちからみても、やっぱりそこに繋がる。
これからどんどん一体感を感じあうことができればいいなあ。


さて、話は変わり、実は数日前からうちにフランス人カップルが滞在中。
北海道の友人宅へ来ていた旅行中の2人が、東京の私を訪ねてきた。

聞けば奥さん、ソーシャルワーカーだし、えらい控えめで礼儀のある感じの2人。2人は半年のサバティカル中。(フランスでは6年ごとに11ヶ月までの休暇(無給だけどね、もちろん)を取れるシステムがあるらしい。日本の10年連勤で2週間と大違い・・笑)

なんせ、お風呂場使えなくなったので、どうしたもんかと思ったけれど・・・笑
2人を受け入れて、つながりの輪がグルグル回ってるんだなあーなんて思っていたら、北海道の友達からも同じようなメールが入った。

タロットで7ソード「罪悪感」を説明するときに、よく使うのがこのエネルギーの循環。
例えば出産祝いや結婚祝いなんて、あげるばかりで貰う日が来ないかもしれない・・・という人だっている。この人にこれだけのものをあげたから、この人からはこれくらい返して欲しい・・・とか思うのは、条件付の愛のデビルで良く示されるけど、「罪悪感」のカードでもよく示すことができる。

だから、与えられるものに対しては「神様ありがとう」で貰えばよい。
与えられる事が苦痛だと思ったら、実は自分自身がデビルになっていることに気づくチャンス。

エネルギーの循環だけでみれば、チャリティーカードである、6ペンタクルズも同じようなエネルギーを持つけど、6ペンになろうと思ったら、やっぱりデビルではなく、ラバーズ(無条件の愛)がないといけない。

画像抜きに話してちんぷんかんぷんかもしれないけれど(オリジナル画像は著作権にひっかかるので使えないのです)・・・言いたかったのは、私たちが旅をしているときに、いろんな人に、無条件に助けてもらったように、感謝の気持ちは、つながっていく、めぐっていく・・・ということ。


そうそう、昨日のみんなに共通するカードも、「感謝の心」でした。
人が繋がること、感謝の心でつながること・・・それこそが大切なこと。
心の底にグンとひびいたメッセージでした。
[PR]
by nu2meg | 2010-05-16 10:17 | ヒーリング

お風呂場・・・

今住んでいる家は、1年間かけて改装された新築同様の家。
改築後の初めての住人が私たちなのだけど・・・

住み始めて「ん??」と思っていたことがあった。
ファミリーバスの洗面の床タイルの目地が、妙に汚れて湿っていること・・・
それが、更に酷くなってると気づいて、これはおかしい・・・と思っていたら、タイルが浮いてきた。

連休前に、連休明けに一度チェックをお願いしますーと連絡。
そして、チェックに来る予定が今日。
でも週末に気づいたこと・・・

廊下のカーペットまで浸みてきている・・・
  さすがに、これはやばいよ!

そこで、翌日、大家さんと責任者が日曜に見に来て、事態は深刻へ。

昨日、今日と業者がオエライさんも含めてたくさんやってきて・・・
洗面所とトイレのタイルは撤収。
完全にタイル下浸水。(防水してあるので、下の階からはほぼ水漏れは不確認)

その間に・・・大家さんは弁護士さんも連れてきて・・・
どんどん、大事に。
今日は、バスタブの横(丁寧にタイル張りで囲ってある)も壊され、更にバスタブそのものに、穴が開けられ!!(原因究明のため)

どうやら、「何か」が排水管に詰まっていた らしい。
でも、その「何か」は説明無し。
大家さんいわく、棒で突いて落としたとかいう曖昧な説明をされていたらしいのだけど・・・

で・・・みんなが帰った後に、ビニール袋に入っている「何か」を見つけた私。
(そんな中、友達が遊びに来てくれていた。バタバタしててごめんねー。)

  袋の中身は「軍手一組」

わざわざ置いてあるって・・・これ、詰まってたのかなあ・・・(思わず、大家さんに連絡)
うん、そうであってもおかしくない・・・。(ちょっと探偵気分)

うちも、貸しフラットを作ったとき、どうもキッチンの排水が悪くて、おかしいなあーと思い、床下の配管を確認したら、ボールみたいな欠片が入っていたんだった・・・ (ああ。そういえば、バスルームも同じように、何か工事中に入り込んだものがギュッと詰まってたっけ・・・)

・・・とまあ、フツーに問題があるのが当然な土地から来ていると、そんなに大したことでもないように思えたりもするのだけれど、ここは日本。しかも大家さんは大金使って、大手を通して改装。我々のDIYな改装とはわけが違う・・・。


お風呂が2つあって良かったと初めて実感もしつつ、ちょっとテンパってる状況の中、ひたすらホオポノポノ・・・な私。ちなみに娘は、大家さんに遊んでもらって、近所の大家さんのお姉さんのおうちにもお邪魔して・・・と、すっかりご近所めぐり。工事現場も見慣れているからか、驚きもせず・・・・笑

しっかりとタイルを張ってしまったら、何かあったときに外せないから困る・・・というのがDIYで学んだことだから(イギリスの場合は数十年ごとに、改装を繰り返すから)、実はこの家に引っ越してきて、こんなにタイル張りしちゃって、何かあったらどうするんだろう?と思ったことを思い出した。(同時にさすが日本。きっちりできている自信がないと出来ないよなあーなんて・・・。)
[PR]
by nu2meg | 2010-05-12 20:04 | 日常

東京に引っ越してきて、そろそろ4ヶ月になりました。
たまに、ナツメグ(猫)がいないことをすごく淋しく思うし、娘も同じで、彼女の会話にはよくナツメグが出て来る。更に、はやくイギリスに帰らないと、ナツメグが淋しがってるとか・・・そういうことも。

この家だったらナツメグも安心して住めるなあーとか、いろいろ思うけれど、彼女の年を考えると、やっぱりイギリスにずっと住んでいるほうが幸せかなあ・・・。

そんなこんなですが、今週末はこっちにきて初めてのヒーリングメディテーション。
顔なじみのメンバーがほとんどなので、日常の中にこそ癒しありなんだなーと再確認。
もちろん、まだ参加希望の方がいらっしゃったら、是非お仲間になってください。


6月のヒーリングメディテーションは 6月12日(土曜日)を予定。

7月のヒーリングメディテーションはお休み。その代わり、前回チラッと言っていたように、主人と娘のいない間に・・・


あ。まずは、ワークショップには興味ないけど、おしゃべりしようーっ
久々に集まろうーっという友達、スピリチュアルな仲間、ママ友たちへ・・・
 
7月22日(木)に遊びましょうー。笑 
 子連れの人はランチタイムくらいに。 
 お仕事帰りの人はディナータイムから・・・(お泊りOKです)
 食べ物は、持ちよりって事でよろしくですー。
 


以下、ワークショップのお知らせです。
興味のある方はどうぞ。

● ヒーリング・タロット コース
7月17日(土曜日)18日(日曜日) 
10時ー17時 ランチ付き 15000円×2日

かねがね、いろんな人にタロットを教えて欲しいと言われつつ、自分がカレッジで1年間60時間かけて学んだものを、どこまで伝授できるのか・・・・うーん・・・と思っていたのだけれど、やってみないとわからない。ただ、私が習った方法は、とてもユニークであり、すごく良いツールとなるので、多くの人が使いこなせるようになるといいなーと思っています。

もう1日設けないと、44枚のフルリーディングは無理かなあ・・と思いつつ、とりあえず、24枚使うメインリーディングは2日あれば、教えられるかなと思っています。

 ライダーウェイト(バリエーションはどれでもOK)デッキはご持参ください。
 初心者でもOKです。(かなり論理的なタロットなので、サイキック能力云々は問いません)
 レッスン中にサンプルとして遠隔リーディングをしますので、遠隔リーディング希望のご友人など
 いらっしゃったら承諾を得てきてください。


● ディープに、セルフ・ヒーリング ワークショップ
7月19日(月曜日・祭日)
10-17時 ランチ持ち寄り  3500円

ヒーリングメディテーションの延長版のようなもの。
ぐんぐん、ディープに自分自身とコネクトして、スピリチュアルな自分自身に戻る1日。

 
● ダウジング入門 ワークショップ
7月24日(土曜日)
10-17時 ランチ付き 7000円

ダウジングのいろいろな方法、活用法などを教えます。
ペンデュラムとロッドを用いて、自分にあったフラワーレメディも探してもらいます。(調合したレメディはお持ち帰りいただけます。)

 ペンデュラムを持っていらっしゃる方はご持参ください。
 持っていない方は、指輪などちょっと重みのあるもの、細いチェーンのネックレスで
 振り子になるくらいのペンダントトップがあるものをお持ちください。(なければ5円玉でOK)
 L字ロッドは、お持ちで無い場合、針金ハンガーで作ります。ハンガーをお持ちください。


お問い合わせ、お申し込みは 
flowerslondon(at)googlemail.com まで。(@に変換してください)
[PR]
by nu2meg | 2010-05-11 11:13 | サイキック・スピリチュアル

真冬から真夏へ・・・

b0027781_12571290.jpgゴールデンウィーク、4泊のキャンプ(うち1泊は旅館)プラス夜行バス2泊で白川郷へ行ってきました。

夜行バスにしたのは、友達が「最近の高速バスはすごいよ!」と教えてくれていたから・・・。とはいってもすっかり忘れていたのが、娘がそういう場所で眠れないということ・・・結局ほぼずーっと寝ないで金沢へ・・・。

金沢からバスで乗り継いだ白川郷。びっくりするくらい、トンネル続き・・・
ほんとに山奥なんだなあーとたどりついた先で、現地集合の両親と落ち合いました。バスの中から両親を見つけた娘は、思いっきり「おじー・・」と叫びかけて、ふと我に戻って叫ぶのはやめた。ふーん、そんな風に周りに気を遣うことも覚えたんだなあーと、ちょっと成長を感じたりして。笑

白川郷は、写真どおり、桜が咲き始めたところ。
つまりは、寒い!
そんな中、キャンプって・・・ 

実際にキャンプ場に行ったら、貸しきり状態!
ほんまに大丈夫なん??って心配されながら、両親が車で持ってきてくれた毛布と一緒に・・・
普段着の上、毛糸のパーカー、そして寝袋・・・その上に毛布・・・で寝ました。

娘はというと、前夜に寝てなくて、おじいちゃんおばあちゃんとはしゃいで、6時過ぎには寝袋の中にもぐりこんで寝てしまった。(フツーにTシャツだけ着て)

真夜中。私も寒くなってきて、冬物のジャケットも着こんで、毛糸の帽子も被る。
両親が持ってきたカイロも貼った。

娘はすやすや寝てるけど、冷え切ってる頭にもとりあえず、ジャケットをかぶせて様子見。

夜中3時。娘が起きてきて、寒いーと言って、私の寝袋にもぐりこむ・・・
むちゃくちゃ、きついんだけど・・・ そしてその間に、娘が寝ていた寝袋はローレンスが撤収。寝袋2重でふかふか、すやすや・・・(寒くて起きてたらしい)

教訓。やっぱり、桜の季節にキャンプは寒すぎー!


・・・と、話がずれたけど、白川郷はとてもおちついた場所でした。
合掌造りの昔ながらの民家。ずっと行ってみたいと思っていた場所のひとつ。


  「そっかー、あんたらには、珍しいんか?」

という両親の一言に、更に驚いた私。
両親が生まれた頃は、同じような風景だったらしい。

・・・え??合掌造りって、あの地方の豪雪に合わせた特別な建物ちゃうん???

ああー。こうやったー、なつかしいなあ。そうそう、ここに牛が・・・とか(白川郷の場合は馬。ちなみに玄関入ってすぐの場所、同じ屋根の下に大きな動物がいるってすごすぎ・・・)、そうそう、屋根裏は蚕さん・・・とか、両親にとっては単に懐かしい風景だったこと・・・それは、私にもローレンスにもある意味ショックだった。
だって、たかが65年ほどの間に、全国的に一気に変化したってことだし。

ロンドンの自宅だって、約100年前から建ってるまま。
イギリスでは、ネット社会にだってふりまわされることもなく、マイペースで時が流れている・・・

でも、ここ日本では、ネット社会(個人の評価や口コミ)に社会がふりまわされている感じがする・・・そういう、根本的な大きな違いを、ぼんやり感じながら・・・ 昔ながらの風景を満喫しました。

b0027781_1327772.jpg
多分、白川郷があのまま残った理由は、本当に僻地だったから・・・だと思う。
それこそ、外部に振り回されないで、地域社会という小さな村社会で、いろんなことが成り立ってたんだろうなあ・・・。

結という、屋根の葺き替えが村社会の互助組織だったということが大きく取り上げられていたけれど、そのことも、両親の記憶には「普通」のことだったらしい。地域特有だと思っていたけど、社会の縮図に過ぎなかったんですね・・・。

世界遺産になった白川郷。
普通に畑仕事している人たちが、一瞬観光地の余興のようにすら見えたりするくらい、観光客だらけ。それでも独特の時間が流れている雰囲気は、とってもスローライフの見本らしく、実はとってもトレンディーなのかもしれません。

2日目、両親と飛騨高山へ行き、白川郷へ戻ってきて一緒に温泉旅館へ宿泊。
3日目は両親が岐路。私たちはキャンプ場生活。


b0027781_18514787.jpgキャンプ場は、のんびりしていて、近くに温泉があって、寒くなかったらとっても良かったと思う。3日目にはGWらしく、人も増えていたのだけど、ここでまたカルチャーショック。

英国のキャンプ場は、2週間ステイ組みとかザラにいるので、ちょっとした「お家化」していることも、不思議じゃなかった(いや、最初はここまでしてキャンプ場に住みたいか?と思ったけど)けど、日本って、休みがあってもせいぜい2-3泊なのに、みなさん「完全装備」。何から何まで揃えてきましたと言わんばかりのすごさに、テントと寝袋と、ミニガスだけで来ていたバックパッカーな私たちは唖然。

多数決で言えば、どう考えても私たちが「異常」なわけで・・・日本人としては、「私も揃えなきゃきゃんぷしちゃいけないんじゃないか?」という気にすらなる・・・笑

はああー。やっぱり日本って ALL OR  NOTHING なんだ・・・と再確認しました。
「足」のなくなった私たちは、のんびりと、その辺りを歩いたりして時を過ごし、最終日。
1日3本程度のバスで、白川郷へ。

数時間待ちで、金沢へ・・・。
せっかくだから、ちょっとくらい金沢観光をと思っていたのだけど、高山からのバスが渋滞でかなり遅れたこともあって、金沢について、武家屋敷あたりを探索していたら、ほとんどがもう閉まっていた。


b0027781_1903120.jpgそんな中、ひとつだけギリギリオープンしていた野村家。格式ある武家屋敷!中庭が最高に素晴らしくて、あれだけのスペースによくあれだけのものをこしらえた物だと感動。茶室までに小さな中庭の飛び石を歩むしかけになっていたりもして、粋だー。

そんなこんなで、古きよき日本三昧のゴールデンウィーク。
最終日はバスに乗る夜10時まで、飛び跳ねていた娘(眠たくないふりをしていたらしい)、さすがにバスの中で眠ってくれた。

実は、帰宅したら田舎から友達が一足先に泊まりに来ていて、翌日もスイス在住の友達が遊びに来てくれて・・・と、その後も盛りだくさんだったのだけど、東京に帰ってきたら、暑いこと!(全国的だけど)数時間前までのあの、防寒はなんだったんだろう???と思わずにいられない、気温差約30度・・・。

旅行帰りで、洗濯日和で嬉しいけど、日本の暑さ10年以上ぶりに体験することを考えると、ちょっと怖いかもー・・・。

あ。もう1つ。
この旅行で娘のカメラデビュー。
一眼落とされたらたまったもんじゃない・・・と、カメラは触らせてなかったけど、撮ってみる?と提案したら飛びついた。

b0027781_19123090.jpgこれが最初の1-2枚なのだけど、その後も「撮りたい」が続いて、ひさびさに夫婦ツーショット写真が増えた・・・笑 記念に1枚。
[PR]
by nu2meg | 2010-05-06 13:09 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31