<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

文字化け

そういえば、リニューアルしたサイトが英国から見ると文字化けしてしまうケースが多いそうなのだけど・・・ブラウザの「エンコーディング」という部分を、オートにするか、日本語で選択してみてください。(それで見れるようなら教えてくださいね。)
[PR]
by nu2meg | 2010-02-25 13:15 | 日常

simple is the best

日本に戻ってきて6週間。
やっぱり、気分的には2ヵ月半以上かな?というところですが・・・

この間に、ローレンスと共に感じていること。

    もっとシンプルにしろー。

「何かと」複雑にしてしまうのが、日本文化?
細部まで、気を遣ったり、気を配ったりするから・・・というのもあるだろうけど、その裏目でしょうね・・・。

前にも書いたけど、包装。
宅配の野菜も、ちゃんと包装して来るもんだから、せっかくの生き生き野菜も、そうでなく見える。
うんざりなのです・・・包装してあると。

イギリスのオーガニックボックスも、野菜によってはもちろんビニール袋を使っていたけれど、それはリサイクルできるタイプのやつで、綺麗な透明のパリパリじゃない。

トマトやマッシュルームは、リサイクルダンボールのボックスに入れられて来る。
フルーツもジャガイモも紙袋に入ってきたりする。
「紙」に包まれているだけで、野菜が柔らかく扱われている気がする。

本当は、古新聞でもいいのに・・・
綺麗なパリパリのビニールを被って来る野菜たち。
そして、宅配システムといえば、驚くばかりのチラシの量。

   わたしたち、エコです・・・ってどこか??

それでも、野菜のエネルギーがすごかったら、それだけの価値はある・・・と思ったのだけど、結果的には「まあまあ」程度で、これなら、別ルートを試してみよう・・・という気になり・・・とりあえず、大手Dさんはお試し期間でバイバイ予定。

ちなみにエネルギーは、ダウジングでチェックしたのだけど、もちろん悪くはないです。
たいてい20センチくらいはバイタリティーが出ていて、(英国的には十分だと思うけど、日本だとスーパーでもその程度のものは買える)、中には40センチくらい出ているものがあって(いつも2種くらいのみ)、中には10センチ程度の、普通のスーパー程度のものも混じってて・・・という状態。

わりと近所に農家直送の美味しい野菜を売ってる店があると分かったし、無農薬、無肥料の個人農家さんが宅配をしているというのも分かったし、あちこちから集めている大手はまあ、いいわ・・・。(英国のリバフォードは、大きいオーガニック農場だから、取れたてを直送してくれるシステムで外れがなかった。ネットで他の食材もちょっと選べたけど、ロンドンに住んでいれば、そんなの小売店で買えるから必要なかったし、自家製野菜とお肉と乳製品を扱う・・・というシンプルなシステムは心地よかった)


そうそう、複雑化といえば、食べ物も加工品が多くて・・・
もっとも、もし娘が加工品を食べる子なら、「こりゃ楽でいいわー」と重宝していたのかもしれないけれど、基本的に加工品食べないし(お菓子は除く。「日本はお菓子がいっぱいあるね、いいねー」と言ってるくらいだから・・・)チラシ見て、何か食べたいものがないかと一生懸命に(笑)吟味したけど、欲しいものない!

それにしても、通常は100%果汁のジュースにすら、香料が添加してあるって、どういうことよ・・。
なんで入れるわけ???(あ。これはスーパーの話。こだわりの宅配とか、こだわりのお店だったら、ストレート果汁を売ってるけど、それは値段が倍以上する。もちろんレバーフラッシュ用にと思ってみてたから、そこまで良いものを入手する気はなくて、濃縮還元の100%をシンプルに探していたんだけど・・・)

食べ物が複雑化しているものが多いからか?人の心も習性も複雑なようで・・・笑
ローレンスは相変わらず、職場で奮闘中。
ただし、11時まで仕事していたのを、ミーティングがない限り9時までにする!と割り切ることにして(ぱちぱち。それができるようになったら、もう大丈夫だろうと思っていた私)、その為に朝はロンドンのときみたいにまた早くなってきたけれど、帰宅が午前様直前ということはなくなってきた。

 いいやん、シンプルでー。
 終わりたければ終わる。
 充分、仕事したんだし、終わっていいんだから!!

 無理までしてすることはない。
 ほんとにそうだと思う。
 だって、無理する影には、罪悪感に値するものがあるから・・・なのだから。
 (タロットのデビル!!)

ははは。今日、幼稚園でもそんな話をちらっとしたっけ・・・笑 
どうしても日本人、無理してまでがんばっちゃうんだなあー。


ロンドンにいたときには、ここまでいろんなことに対して「シンプルにしようよー」なんて思っていなかったから、やっぱり日本の色なんだろうなー。
こうして、私のクリーニング作業も延々と続くのです・・・。

そういえば「シンプル」といえば、娘の食事。
英国的な、ただゆでただけとか、塩味だけとかいうのもが好きで、肉じゃかみたいな煮込みなんてもっての他、子どもが好きなオムライスだって食べない子。「シンプルがいいの、シンプルがいいの・・」と言っている子がうちにいました・・・笑

そんな本人は、ほんとにストレートでシンプルな子だわ・・・。

日本人ってグルメ思考高いから、こだわった、一生懸命な料理ばっかり好んでて(もしくは、加工食品ばっかり食べてて)、どんどん複雑化してるんだろうか・・・??
[PR]
by nu2meg | 2010-02-24 22:50 | 日常

aconiteで強制終了

昨日は朝起きると雪景色。
雪道の自転車は危ないから・・・とバスで幼稚園に行く予定で家を出たら、道には雪がなかったのだけど・・・まあ、どっちにしても送った後に都内に出かける用事もあることだし・・・と、バスで幼稚園に。

その後、上野で友達とランチ。魏志倭人伝とか古事記とかにはまっている?とかいう友達が、邪馬台国は岡山にあったらしく、福知山(実家から約1時間)に卑弥呼がいた・・・とか、但馬の国(実家)がどうのこうの・・・とか教えてくれたりもして、綺麗でおいしい和なお食事(やっぱり食は日本食が一番だわ)を楽しんで・・・娘の迎えに。

帰宅して、泊まっていた友達も帰って、3時半ごろ。
あれ?なんか寒気が・・・。
そう思ったら、骨の髄まで寒く感じてきて・・・やばいー。

夜タロットセッションが入っていたのだけど、急遽キャンセルしたいとメール。
無理すればできたのだけど、こういうときに無理すると、回復までに数日かかるに違いないから・・・。

電話番号貰っていなかったので、どうかな・・・と思ったけど、大丈夫、きっと見てくれる・・・と信じて。
そしてアコナイト(ホメオパシーのレメディ)一粒。

万が一のために、1時間でも寝ようと5時ごろにスープを飲んだのだけど、アコナイトがガツンと効いて強制終了モード。一刻の猶予もなく、寝なきゃ状態に・・・。お風呂にも入れずに娘も一緒に強制的にベッドへ直行。
6時すぎに、メールを見ましたと電話が入り、安心して寝続けられることに。

寝汗かきながら寝て、途中目が覚めたときに、セルフヒーリングもして、朝にはかなりスッキリ。今日は普通に生活できました。

身体の声を聞いてあげることって大切だなと再確認したし、アコナイトが強制終了させてくれたのも良かったなあーと思う。

身体の声・・・といえば、早く次のレバーフラッシュしたくて・・・。
クリスマス以降、かなり食べすぎでもあり、日本に帰ってきてからは、懐かしい美味しいものを調子に乗ってたくさん食べてきたからなあー。

前回から3ヶ月近くになるので、肝臓が重い!のです。
次の排出を待っていて、詰まってるのがわかるのです・・・(なるほど、一回はじめたら、なくなるまで続けないと・・・というわけだと実感。何回しないといけないんだっていうものではなくて、必要性を感じなくなるまですればいいんだなという意味では、わかりやすくていいけれど・・・)

でも、来週は週末が満月だから、あきらめて・・・再来週に第四回目をする予定。
ああー。待ちきれないくらい、はやくスッキリしたいー。
[PR]
by nu2meg | 2010-02-19 19:43 | ヒーリング

バレンタインズデー

b0027781_20422413.jpg久々に、日本のヴァレンタインズデー。すっかり忘れていたけど、かなりの商戦ですよね・・・。私は買わず、見ず・・・だったけど、ローレンスが私に1つ買ってくれていて、娘と一緒に作る用に無印で手作りセットを買っていた。娘は妹の旦那さんからも貰っていて・・・うちは逆パターン?笑

無印の溶かして混ぜるクランチーチョコセットは、なかなかでした。笑
ほんとは、娘にさせようと思っていたのに、実際にやってみると、細かい作業ばかりで、ちょっと無理・・。娘がやったのは、デコペンだけ・・・ しかし、こんなものが手作りキットとして売られているところも日本だなあー。ほんと。ハートの抜き型は毎年リサイクルできるし、毎年の恒例になったりして。


b0027781_2047471.jpgこれは、昨日焼いた、にんじんとりんごのパン。ジューサーミキサーを買ったので、時々朝から絞りたてジュースを飲めるのだけど、ジューサーを使ったときに出る搾りかすの再利用をいろいろ試みていて・・・ハンバーグに入れたり、ケーキに入れたり・・・今回は、パン生地に混ぜました。

ロンドンでは全粒粉と白粉を半分ずつくらいで、パンを作っていたけれど、日本では普通のお店には全粒粉は売っていないし、特別なお店でしか買えない全粒粉は高い!だいたい、小麦粉自体、日本では高いからね・・・。先日、アーモンドミルクの搾りかすアーモンドを、パン生地に混ぜたら、かなり全粒粉のパンっぽくなって、美味しかったので、今回はにんじん・りんごパンというわけ。

結構いけました。もともとパン生地が白だから、もっちりふわふわだし。
りんごは、1センチ弱の角切りを混ぜ込んでもフルーツパンとして美味しそう。強力粉25キロ入りをネットでオーダーしたので(笑)、いろいろ試してみようっと。

PS チョコの載っているプレートは、先日買ったオーストリアのグムンドナーのモノ。全部手書きで、もっとも有名な緑のグルグル(炎)シリーズは、17世紀から続く代物だそう。実はこのプレートを輸入しているのが、ローレンスの両親のキューピーッドのヘルガさん。彼女は義母と同じ学校に通っていたことがある幼馴染的な存在でもあるのだけど、日本人と結婚し、今ではパスポートも心も日本人。笑 
ローレンスが日本に来て見たきっかけにもなっているから、間接的に私たちも結んでくれた人?輸入品だからちょっと高価だけど興味のある方はどうぞ。
[PR]
by nu2meg | 2010-02-14 20:56 | 日常

家族との再会

週末に兵庫の北から両親が・・・南部で妹と双子ちゃんを拾って車でやってきてくれた。
木曜日には、神奈川県に住む兄夫婦と2人の子どもも合流して、楽しく過ごしてました。

子どもたちも、いとこ同士、楽しい毎日。
一緒にお風呂に入って、一緒に寝て(そういう予定じゃなかったんだけど・・・子どもたちは「当然」のようにそうしたがって・・・)朝から夜まできゃーきゃー言ってました。

約2年ぶりに再会したのだけど、こどもたちの成長振りイコール個性くっきり、おもしろかった。
ちなみにローレンスは「英語のパパ」と呼ばれ、私は「マミー」と呼ばれてた(固有名詞になってる?笑)
2年前と大きく変わったのは、父が新しく「料理」を趣味としていて、いつも夕飯を作っているということ。ここでもあれこれ作ってくれました。

両親、妹たちとピューロランドにも行って来ました。
初めて着ぐるみのキャラ?を見た娘はかなりびっくりもしていたけど、まんざらでもなく一緒にうれしげに写真も撮ってて、想像以上なショーに唖然として・・・ ある意味、とっても新鮮な世界・・・笑 
それにしても、こてこてドレスのキティーちゃんが登場したら、大人も子どもも待ってましたとばかりで、私もついつい写真撮っちゃうってのが、我ながら笑えた。

休日には、井の頭公園に行くつもりでいたけれど、天気悪いからとこどもの城に行こうということになり・・・(学生時代にボランティアしてたし・・・)でも結局、自宅で遊ぶ方が子どもたちにもいいかもね・・・と、ランチの後、両親と母たちはみんなでお買い物に・・・笑

ローレンスは、ちょっとした英語教室?していたようす。笑
あっという間に家族に囲まれた時間も過ぎたけれど、これから何度も家族で過ごす時間が出来ると思ったら、日本に戻れてよかったなーと思う。(ちなみに、ドライブで12時間ほどかかっているから、飛行機に乗ってる時間と同じくらいかかったって意味では、まあ、遠いんだけど)


ちなみに・・・
この間に、お隣さんが毎週売りに着てくれる「おとうふやさん」の存在を教えてくれました。
買ってみたら、昔ながらの正統派な美味しいお豆腐。

また、前回、宅配サービスの件を書いた後に、友達が情報をくれて、個人のご自宅で作っている低農薬野菜の宅配を頼んでみました。自家製の干し芋がまた、昔ながらの正統派。両親も「なつかしいー」と言っていたのだけど、野菜も母の実家からもらう野菜みたいで・・・笑

昔ながら・・・ついでに、今朝はお隣さんが、大正時代に建てられたお隣のお蔵を見せてくれました。
このお宅、貸家なのだけど、もともとうちの大家さんのご実家らしく、正統派の日本家屋に日本庭園。
娘は、一気に気に入ったらしく、「あっちの家が良いー。この家は綺麗でカフェみたいだけど、あっちの家の方が日本らしくて良いー。ダディーに買ってもらおうよー(ありえん・・)。」とコメントしてくれました。

花を選べば、菊を選ぶし、正統派な日本人素質大有り??


最後に。
ようやくWEBをリニューアルしました。
来週から、セッションもスタートします。
今までワードで変換してサイト作っていたのだけど、今回は初めてソフトを使ってみました。いやはや、こんなに簡単になっていたなんて・・・
[PR]
by nu2meg | 2010-02-12 22:08 | 日常

イギリスはアイスクリームだけど・・・

日本は、やきいもだね・・・

ベッドに入って寝ようとしていたところに、「♪ いーしやーきいもー ♪」が鳴って、飛び降りてきた娘が言った台詞。かなり爆笑だけど、そうそう、イギリスでバンがきて売りに来るのは、アイスクリーム!
やきいもは、ローレンスと一緒に公園に行った時に、通りかかって買ってもらって、かなりのお気に入りなのです。


昨日でこっちにきて3週間になりました。
もう、倍速生活も終わり、余裕がでてきました。
今、ホームページも新しく作っていて、数日中にはアップできるかな?
来週は家族が来るので、再来週から、セッションも開始しようと思ってます。(基本的には月・火・金の10-13時、月ー金の夜7時半以降)

さて、3週間たって日本に対して思うこと。

店が多い!ほんっとに消費社会なんだなー。昨日ロンドン時代の友達と六本木のミッドタウンのレストランでランチしたのだけど、あれは何??すごすぎる・・・

でも、開店時間が遅い!
もちろん閉店時間も遅いのだけど、9時15-30分に子どもを預けて、その帰りにちょっと買い物して帰ろうと思ったら、開店時間が10時か11時のところがほとんど。時間を有効に使おうと都内に出かけた時も、店が開いていなくて、結局カフェで時間つぶしとかして・・・。なんか効率悪いー。(って、ロンドンから来た私の方が、効率の良さを求めているところが自分で笑える)

もう1つ、びっくりしているのは、富の貧富差が確実に開いているということ。
昔はもっと、みんな一緒、みんな中流階級じゃなかったっけ??100円ショップが充実していると思えば、高級ブランド店も、昔に劣らず、それ以上に?出店しててすごく違和感。

それと並んで、エコ・オーガニックブームもすごいと思う。
この間、通りがかった青山でファーマーズマーケットやっていたので行ってみたら、高級品という感じの陳列におどろいた。ロンドンでも確かにファーマーズマーケットって直売の癖に安い買い物ではないんだけど・・・

オーガニックのたまごなんて、ロンドンで買うより更に高いし、いったいなんなんだ??
一応、大地を守る会の宅配を手配したのだけど、今日、東都生協がやってきて、資料を置いて行った。同じように小さめのボックス有機野菜もあるのだけど、値段がかなり違う・・・そりゃ、高いほうが良いに決まっている?と思うかもしれないけれど、果たしてそうなのだろうか・・・と疑問が出てきた。

こうなったら、ダウジングでチェックしてみようーみたいな。

正直言って、日本に帰ってきて、あまりオーガニックかそうでないか気にならなくなっているんだけど、その理由は野菜の鮮度と「何か」なんだと思う。ロンドンだと、スーパーに行っても、おいしそうじゃなくて買う気がしなくて・・・ということが多々あったから、オーガニックボックスはかなり重宝していたのだけど、ここに来て、スーパーの安売りでも元気でおいしそうなものがたくさんある。実際にダウジングしてみたら、ちゃんと活力も多かったりする。

そんな話を友達としていたら、友達の友人もロンドンではすべてオーガニックだった人が、日本に帰ってきてそうでなくなったらしい。理由は「十分おいしいし、コストがかかりすぎるから」かなりなるほど。


それはさておき、そんなにオーガニックだ、エコだ、もちろんゴミの回収はかなり分別しないといけないのだけど、相変わらず日本はパッケージの無駄が多いなと感じるし、エゴバックもって買い物している人、あまりいないー。袋はいいです・・・と言うのに、「あってこまるものじゃないし、入らなかったら困るから、1枚だけでもどうぞ」とか言ってくれるし、いらないんですか?って驚かれたりもする。

バッグ=どこで買い物したかのステートメントみたいなのもあるのかもしれないけれど。


全然話が違うところでは、信号機。
英国では、赤・青(緑)の間には、黄色が必ず入るから、赤から青に変わるときに、黄色で発車の準備をするという数秒のクッションがあるのだけど、それがない。だから、発車に時間がかかって、大きめで見たらかなりロスがあるようにさえ思える。だって、ロンドンだったら青になったとたんに飛び出せるから。(自転車でも車でも、そうだったから、この数秒の差がエライ無駄に感じる(ここでも私の方がせっかちな所がまた笑えるんだけど・・・)

そして・・・最後に女性のお化粧!
自分が化粧しなくなってから長いからこそ・・・ではあると思うけれど、カフェで普通に大きな鏡を出して、化粧直し?をしているのって、ちょっと行き過ぎじゃあ・・・。

今、ローレンスが帰ってきて(11時半過ぎ)何かいてるの?と聞くからこうこう・・と言っていたら、電車がくさいも付け加えろーだって。とにかく、日本人はお酒を飲みすぎるのか、分解酵素が少ないから大衆になるのかわからないけれど、お酒を飲むと明らかにくさくなって、電車の中は異臭が漂っている・・・そう。毎晩11時過ぎに電車に乗ってるから、余計に酔っ払いも多いんだろうけど、ロンドンでは車内でお酒を飲んでる人がいても、あんなに腐ったにおいはしない!と主張してます。笑

あと、キットカットのコーヒー味、ホワイトチョコレートがけがセンセーショナルだそうで・・・。(私は知らないよー)ロンドンオフィスの同僚に言ったら、社内メールで送ってくれーと要請があったそうな。

そんなこんなで、ローレンスが帰ってくるのが遅いので、私もなんだか毎日午前様の日々。(待ってるわけじゃないけど)実は彼はと言うと、どろどろの病的な会社環境で大変そうなのだけど・・・。
[PR]
by nu2meg | 2010-02-06 00:12 | 日常

結局IKEAソファ

b0027781_15434960.jpgなんだかんだと、あっちこっち見て回った結果、結局はIKEAのソファに。笑

ほんと、あれこれ情報ももらって、見て回ったのだけど、サイズが大きいイコールシートの高さが高いとは限らず。ショールームで歩き回っていろいろ座ってみた感覚として、座ったときに膝が90度くらいだったら、やっぱりすわり心地が良い(というか、どっちーん・・・と座らなくて良い)。ふわふわのソファは好きじゃないし、皮ソファも好きじゃないし、できれば自然素材のカバーじゃないと、座っただけで静電気バチバチ。

そんなこんなで、カスタマイズして足の高さを高く出来るという所もあったのだけど、注文して3週間まちでお値段もかなり・・・。

最後の砦はやっぱりIEKA。シートの高さは普通に45センチ。(高いところでも42センチだった)カバーの素材は85%以上綿。(100%毛のもあったけど今一歩だった)結局2シーターと3シーターを購入することに。
たまたま友達が泊まりに来ていたので、彼女に娘を頼んで夕飯後に2人で船橋のIKEAに行ったのだけど、ソファーは決まれど、カバーの色がなかなか決まらず。

無難な茶色に・・・と言いつつ、2シータの茶は映えなくて・・・(これは2人合意)
3茶と2緑を押していた私だけど、ローレンスが反対。
赤だ、青だ、グレーだ・・・と、あれこれ云々・・・
最終的に私が3赤と2緑でもいいかーと同意したら、今度はローレンスが「やっぱり赤は派手すぎる」と言い出し、もとの私のアイディアで良いということになってオーダー。ところが、3シーターの茶は在庫切れ。
IKEAの場合、もういちど店舗に出向かないといけないんだな、こういうとき。。。

じゃあ、2週間街のオーダーで・・・と手続き途中に、ローレンスまたまた変更。
3シーターは在庫のある赤でいくことに。
ということで、一件落着。もうこれ以上、ショールームに行くのも面倒だったし。
昨日デリバリーが来て、組み立てたので(もちろん1人で・・・)ようやくリビングスペースらしくなりました。


さて。この数日、4泊ほど泊まってくれた友達が今朝帰ったのだけど、濃い時間を過ごせて楽しかった。
彼女はローフードもやっているのだけど、機材の限られた中で、ローフードのチョコバナナムース、ホントはブラウニーだけどクランチートリュフになったチョコレート、アーモンドいちごミルクドリンク、ローフードツナを作ってくれました。素材を意外な使い方する・・・その発想は面白い!まあ、高い素材のナッツ類をふんだんに使うという意味では、日常的じゃないんだけど、試してみる価値大。
[PR]
by nu2meg | 2010-02-03 17:20 | 日常

そういえば回想・・

mixiにはアップしていたのだけど、後ほどといいながら、アップされてない・・と指摘があったので(笑)
日記の校正つき写真抜きコピーです・・・ なんかもう、数ヶ月前みたいな気分だけど。

***************

詳しくは後ほど・・・といっていた、ロンドンを離れる前の、クレイジーラストスパート。

年が明けて、デボンからロンドンに戻ってきた(1月2日)私たちを迎えてくれたのは、実はあと一週間程度しかないという現実!しかしながら、既にいろいろ予定も入っていて、まあ、別にたいしたことをするつもりではなかったから、最後に・・・と1月4日に、にほんごのあそぼーの会。

「おしょうがつ」の持ち寄りランチは、超豪華版のおせち!
海外に暮らすからこそ、すべて手作り。
これにプラス、お雑煮におしるこ・・・かなり食べまくり!

ほんとうに、良い仲間に恵まれていたなーと思う。
これから日本で、季節の行事をするたびに、会のことを思い出すだろうし、ロンドンでも祝っているんだろうなーっとみんなの顔を思い浮かべることでしょう。

そして、ポピーはロンドンで祝った日本の行事が、本当に日本のものだったんだ・・・と気づくんだろうなー。あの会のお祝いを超えるかは、いやー。微妙!あれほどまでスペシャルにできたのは、ロンドンのあのメンバーあって・・・な気がする・・・。

・・・話が反れるけど、幼稚園初日に見た「あやとり」に心奪われていたポピー。
しまった。あやとりだけは完全に抜けていたから、まったく披露もしてなかったねえー。私がちょっとやって見せたら、かなり興奮して手品でも見るようだった。あやとりの本も買ってこねば・・・笑


**********
そして8日は、娘の5歳の誕生日でした。
そもそも、出発を一月半ばにした理由は、せっかくだから誕生日を祝ってからってこと。
だって、本人はずっと誕生日パーティーを楽しみにしていたし。

今回も、前回に引き続き、フェイスペインティングしてくれる人を呼んで、バッジ作りをし。エコバッグへのお絵かきというアクティビティーもしました。

人形劇は、グラッファロ。
韻を踏む文章が、すごく賢い絵本で、子どもに大人気な本。年末にはテレビでも放映されていたという話だから、知らない子はいないんじゃないかな・・・というくらい。

子どもは知っている話だからこそ、期待感があってわくわくすることもあるし、去年の金の斧に比べたら、ローレンスも参加しやすい(朗読係)ということで、ちくちくと、登場動物とグラッファロ(怪物)を羊毛フェルトで作りました。かなり本格的!

来てくれた子どもは小さな子を含めて34人ほど。
話を暗記している子は、一緒に語ったりもしながら。子どもたちも楽しんでくれました。

スナックタイム。今回は子どもだけじゃなくて大人用にも用意しました。
っていっても、友達にケータリング頼んだので、私は子どものスナックと太巻きその他をつくったのだけど。

友達がつくってくれたのは、おでん、なす味噌田楽、がんもどき・・・
ビーガンの友達もいるから、大人の分はビーガンに。
子どものスナックも、ソーセージ以外はベジタリアン。(ベジタリアンの子はベジタリアンに育ってる&結構多い)

こてこての日本食すぎるーっと、前日になってメニューが判明したローレンスはちょっとご機嫌斜め。そこでピザもつくることに・・・ ただし、私の友達、みんな新しいもの食べてみたい人だし、日本食好きな人多いから大丈夫だよ・・・と言っていた、私の予測のほうが大当たりで、大人気でした。

その後、友達にバースデーストーリーを語ってもらって、ケーキ。
パーティーバッグはポピーのペイントがたくさんあったので、その紙を使ってつくったのだけど、一緒に渡すカードもポピーが一枚一枚手書きで絵を書きました。(だからかえって、渡すのがややこしくなったけど・・・)もう、この規模で誕生日パーティーすることはないだろうしね・・・。

50人以上の大人数だったけど、パーティー終了後にも、日本人の友達が残ってくれてお片づけしてくれ(もちろん、日本人だけじゃなくて、英国人その他の友達も、パーティーの最中にもいろいろ手伝ってくれた)一気にきれいに片付きました。ローレンスもこれにはびっくりというか、感心・感動?みんな、うちのキッチンの勝手を知ってくれているからねえ・・・笑

ということで、最後のイベントも終わって、あとは片付けあるのみ。

11日に引越し屋さんが来て、残り物を片付けて・・・
12日は最後の大掃除。(こういうのも、普通は業者に頼むらしいが、DIYな私・・・大好きな家のそれぞれの部屋にありがとうと言ってきました。)
13日。出発日。

ローレンスは前日まで仕事だったので、出発当日というのに、朝からあちこちでかけていていない・・・しかも、前日に丸一日大掃除したというのに、まだまだ実はやることがたくさん残っていた・・・

朝から、フル回転で・・・12時になってもローレンスは帰ってこず・・・
こうやって、いつものごとく、最後の最後まで、引越し作業は結局「わたし」なんだなーいつも・・・と思うといきなり、過去に引っ越した当日、ローレンスが友達とホリデーにでかけた記憶が蘇り、いいかげんにしてよーっという気分になりながら、ランチを食べる時間もなく、昼が過ぎ・・・ローレンスもようやく帰ってきて・・・

あっという間に2時!
タクシーのお迎えが来て、「あと10分待ってほしい・・・」という気分のまま、家を飛び出してさよならロンドン。後ろ髪惹かれる時間すらなかったなあー。。。

・・・ということで、その24時間以内に、新居に到着、電話もネットもつながったというわけです。まだ一週間ちょっと前(3週間ほどになった)のできごとっていうのもそうだっけ?って感じだけど。

******************
[PR]
by nu2meg | 2010-02-03 15:43 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧