「ほっ」と。キャンペーン

先週、友達がご近所に住んでいる日本人のお母さんたちと子どもに絵本の読み聞かせをする会をする・・・と案内を受けて、友達と図書館へ出かけた。

・・結局、子ども達の年齢も低いので(ポピーが年長さん。通常2歳半過ぎたらみんなナーサリーに入れてしまうことが多いから、4歳児が2時ごろにフリーという事はあまりない)公のスペースで読み聞かせは無理がある・・・ということになって、それならちょっとした日本語のプレイグループをと言う話になった。

しかも・・・私と私の友達はシュタイナーつながりなので、できるのであれば、大人が盛り上げるスタイルでなくて、シュタイナー的に。。。(と、マイノリティーの意見を主張し・・・笑)

まあ、とにかくやってみよう・・という話で、うちでそのプレイグループをすることに。


ポピーが幼稚園に言っている間に、シュタイナー風にレセプションルームを用意。
幼稚園から帰ってきたポピーが帰ってきて、最初の一言。

「あ、マミー!学校みたいにしてくれたんだねー!おなじだー!」
その顔も声も、喜びに満ちていて、こっちまで嬉しくなった。
さっと、おにぎりランチを食べたところに、友達が来てくれて、あっという間に2時。

近所に住んでいる日本人が、こんなに多いのにはびっくり・・・なのだけれど、10組以上の親子が集まってくれた。

大きなポピーとMちゃんが、ポピーの部屋に行って遊ぶー・・・ということが一番の懸念だったのだけれど、2人はシュタイナーの雰囲気に作り変えられた部屋にすっかりはまっていて、パン作りも、フルーツを切るのも、手遊びも、お姉ちゃんらしく率先してしてくれた。

2人があの雰囲気に安心感を感じているのが目に見えて、とっても嬉しかった。
小さな他の子ども達も、用意されたシンプルでナチュラルなおもちゃを手にして、穏やかな表情で遊んでいてくれたりして微笑ましかった。(もちろん、みんながみんなではないけれど!笑:ポピーも最初の頃は、遊ぶよりも人を観ている方が好きだったし、私と一緒でないと遊べなかった子だから、ポピーがあの子達の年代で始めてだったら、後者組みだな・・・笑)

あっという間の2時間。
「日本語」で喋ったり、歌ったりする時間がまとまって取れると、私も日本語モードに戻れるし、なんでも日本語で歌って誘導したくなる。

1人っ子のポピーにとって、小さな妹分、弟分の存在ができるのもとっても良い事。
今日も、Mちゃんとだけ遊んでいたところにやってきた子がいて、最初は「2人だけのー」という態度だったけれど、Aちゃんも一緒に遊ぼうって言ってるね。と声をかけたら、ちゃんと「妹分」として認めて?3人で遊んだりもしていた。(Mちゃんとポピーは本当の姉妹みたいに似ているし仲良しさんなのです) 顔なじみの子が来ると、嬉しそうだったから、時間が経てばみんな近い存在になるんだろうなーと思う。


そして、さすがは日本人。終わったら片づけをお手伝いもしてもらえた。そういうの、「いいですよーと、遠慮しない自分が好き。笑)ありがとうございます。

もちろん、準備するのはある程度時間もかかるから会場提供はそれなりに負担もかかるけれど、子ども達が楽しめて、日本の文化を身近に感じてくれるなら、苦じゃないなー。たくさんの人の笑顔があって、この家に幸せのエネルギーがあふれるなら、単純に嬉しい事。

引っ越してきて2年。
ようやく綺麗になったお家には、ほんとに次から次へとお客さんが来てくれていて、嬉しい。


ずっと前に、宝くじに当たったらどうする?という話を友達とした事がある。
そうしたら、ヒーリングセンターでも作って、安価で癒しの空間を作りたいなあーと言う話をしていたのだけれど、ココのところ、私が求めていたのは、こういうスペースだったんだなあーと改めて気がついた。

友達が来る事。
みんなで楽しい時を共有する事。
それを可能にするために、このスペースに恵まれたのだなーと感謝。(ってほど広々はしてませんが・・・私には充分)

更にメディテーションを通せば、すっごくディープな癒しになるから、グループメディテーション(↓の記事読んでください)がとーっても楽しみ。
[PR]
by nu2meg | 2009-01-30 05:50 | 日常

つい先日、イブニングメディテーションは無理だなあ・・・と書いた所だけれど、「やるべき」という気持ちにならされる出来事が続いて、思い直してみた。

7時過ぎに寝るポピーが7時半から9時の間に起きることは、よく考えれば滅多にないし、ローレンスが帰ってきていなくても出来そうかも・・・と思ったり。それなら具体的に・・・と考え、ぜひ参加したいと言ってくれた友達が凝れそうな日を・・と消去してみたら・・・これがまた結局不可能。

そうこう考えるうちに、週末でもいいか・・・という気になり、でもローレンスは週末の夜は嫌・・・ということなので、結局、夜でもなく、平日でもない、「土曜日の朝」にグループメディテーションをすることにしました。

考えてみれば、主婦もお仕事をされている人もが参加しやすい時間帯かもしれないし、たまーには持ち寄りランチとかも楽しいだろうし、午後にミニワークショップしても良いだろうし・・・といろんな可能性を垣間見れて、平日の夜、「起きないでね」と心の片隅に思いながらするよりも健全。とっても楽しみです。


  Flow*ers ドロップイン グループメディテーション

現代と言う日常を生きていると、先のことを心配したり、過去のことから抜け出せなかったり、「今を生きる」ということを忘れがちになってしまいます。そして、そんな中不安になってしまって、求めるのは「自分の外」ばかり・・・人生は空回りするばかり・・・

「こたえ」も「平穏」も「愛」も「自分の中」に入ることで、アクセスする事ができます。

メディテーションの方法や意図はいろいろありますが、ヴィジュアライゼーションという誘導法を使いながら、「ヒーリング」をテーマにしたメディテーションを、毎週していきたいなと思っています。

グループでのメディテーションの場合は、そのエネルギーの大きさから、より深くメディテーションしやすい(イコール、深い癒しがもたらされる)という利点もありますし、メディテーション初心者の方にも是非参加していただければいいなと思います。

また、ドロップイン形式ですので、かならず毎週参加しなければいけない・・・というものではなく、1度だけ参加してみるということでも全く問題ありません。

早速ですが、来週の土曜日(2月7日)が初回です。
参加ご希望の方は、メールを下さい。
住所等、案内をさせていただきます。
flowerslondon@googlemail.com

時間: 土曜日 10時から11時半まで。
場所: 自宅N19(アーチウェイ駅から徒歩10分強)
費用: 5ポンド

[PR]
by nu2meg | 2009-01-29 06:19 | ヒーリング

b0027781_538013.jpg年末に愛用しているFISSLERの圧力鍋が上手く使えなくなっていた。

うまく圧力がかからないから、しっかりとお掃除が必要なのかと、ネジを空けたら、何故か二度とネジがはまらないように・・・(明らかにパーツが飛んじゃったんだと思うけど、バタバタしてて探せず)

フィスラー社へ連絡しよう・・・と思いながら、直接電話できる番号が見つからず、メールアドレスしか探せなかったので、めんどうだなあー、デパートに持っていったほうが早いかもぉーなんて思って、アフターケアも充実したジョンルイスに持って行ったけれど、今は取り扱っておらず。(凄く意外だった・・・元々プレゼントとしてもらったから、JLで買ってないけど、あそこなら良質なものばかり取り揃えているからあると思ったのに)

その後、どうせ時間のかかることだし、急いだってしょうがないだろうーと、ようやく腰を上げたのが、先週の金曜日。朝にメールしたら、午後には電話が来て、蓋と一式を送ってくれれば、アナライズして交換パーツの必要なのを伝えます・・・とのこと。

通常なら、1週間以内にメールの返事がくればいいくらいで、交換パーツが届くのは早くても2週間だと思っていた。

蓋をようやく郵便局へ持っていったのが、火曜日の朝。
水曜日には早速電話があり、3パーツの交換が必要だと言われ、カードで支払いしたら、なんと木曜日の朝には、郵便で届いた!!


これ、日本に住んでいれば、何がそんなに???なのだけれど、英国においてこんなサービスはありえない!!真剣に、こんな迅速なサービスを受けたのは、10年以上ここに暮らしていて、初めて!

こんなことで感動できるという自分にも笑えるけれど(日本に帰るたびに、コレに似た「すごいー!」という事が起こる。

感覚と言うのは、こうやって、徐々に感化されていくものなんですねえ・・・。

失って分かるありがたみ・・・。
失うこと、恐るべからず?

今、世の中はそういう一掃のために、大恐慌なのかもねえ。
(ちなみに英国は今日、オフィシャルに「不況に入った」とアナウンスがありました。しかしポンドの下落はすごい。1ポンド120円切ってます。:1年前の半額?:高い時は260円とかでした。その為、こっちで買える輸入モノの日本食はかなり高騰してます・・・、あ。輸入物一般という方が正しいですね)


写真は、毎週一回、ボランティアのお母さんのオーガナイズで、クラフトのもの。初めて自宅を提供。これは子ども達のスナックタイムの様子。子ども椅子の数が4つしかないので、行儀悪いけど、立ち食いスタンド。笑 作ったのは、シードベイビー。とっても可愛く出来たから、写真とっておけばよかったなあー。(学校のクラフトショップでの販売用なのでもう手元にない!)
[PR]
by nu2meg | 2009-01-24 06:19 | 日常

いろいろ・・・

特にコレということはないのだけれど、いろいろ。。。


まず、年が開けたら、週に1度、メディテーションイブニング・・・でもしようと思っていたのだけれど、ローレンスの仕事が忙しすぎで、ほぼ不可能。(ポピーが起きないと言う保証がないから・・・)グループでメディテーションして、グループでセルフヒーリング・・・と思っていたんだけど・・・。なんかグループに惹かれるし、週末のワークショップでもそろそろ考えようかな・・・。

昔の職場のボスがアダルトスクール的なカレッジでケアを教えていて、オータナティブセラピーを教えてみない?・・・と言う話もあったけれど、これも同じ理由で却下。

仕事のつづきで話すと・・・
ヒーリングもタロットも、ようやく物理的な環境も整ったことだし、月・金は、ポピーが幼稚園に行っている午前中も再開予定。いつものことながら、自分にゆとりがないときは、依頼もない。ゆとりがでてきたら、依頼が来る・・・という「丁度良い」ペース。いや、依頼をずーっと待たしていることもあるので、ちょっとは嘘ですが・・・。

あと、明日から、プレイグループ(シュタイナー保育園)のボランティアを週一ですることになった。先生から声をかけてもらったので、ちょっと嬉しい。笑 

+++

全く関係ないことだけれど、年末に近所のポピー友達の誕生日会に行ったら、お母さんが2人の家庭だった・・・。学校にもそういうカップルがいるし、お隣さんはゲイ(男)カップル。ロンドンじゃ、別に珍しくもないといえば、ないのだけれど、「知らなかった」から、パートナーを紹介されてちょっと驚いた。これを先入観と言うか、勝手に決め付けた常識というかは別問題だけれど、自分の中にある勝手な価値観の存在に気付かされた時だった。

ちなみに、ポピーはパーティーに行く前に、「Dちゃんのお父さんもいるかな?」と言っていたので、帰ってきて「お母さん2人だったねー。」と言う話になったけど、子どもの頭は柔らかい。そのまま吸収と言う感じ。

パーティー話題を続けると、週末に呼ばれたポピー友達のパーティーはすごかった・・・。マジックショーなどのエンターテイナー付きで、彼が2時間仕切っていたのだけれど、ディスコタイムに泡の雪が振ったり・・・子どものTV番組のイントロクイズがあったり(子ども達、またよく分かってて、こわかったよ)、4歳でこれって・・・10歳ぐらいになったらどんなパーティーなのだろう・・・。(もちろん、シュタイナーの子のパーティーじゃないです。笑)

+++

あと・・・いつだったかすら忘れてしまったけれど、友達にもらった「黒砂糖きのこwater kefir」なるものを、育てている(こういうの、初めて)。ヨーグルトが牛乳を餌にして増えるように、黒砂糖水(じゃなくてもOKなのだけど)を餌にして増える善玉菌。

便秘の人にはすごく良くて、かなり解毒作用がある・・・ということ。私は便秘じゃないから、そんなにコレと言った大きな効果は発表できないのだけれど、汚い話だけれど、スムーズに巨大便(笑)が出るのは確か・・・笑 あと、しっかり飲んでいると、あまりお腹が空かない気がする(単に水分による満腹感?)

ただし、私はあーんまり好きな味じゃない。。。気の抜けたビール(もしくは林檎サイダー)という感じの味なんだけど。「きのこ」と言われる、菌の塊は、砕いた寒天という感じなのだけれど、何故かポピーはこれが気に入っていて、喜んで食べる・・・(これも、「菌」なんて大人的な先入観がない故だろうなあー)。まあ、彼女が飽きるまでは、私も続けて飲もうじゃないか・・と言う感じ。笑

ちなみに、この菌、すーんごい勢いで増えて、かなりあちこちに里子に出したのだけれど、友達でアトピー持ちの人が試したところ、かなり効果てきめんという話。英国に住んでて、里子が欲しいと言う人は、おすそ分けしますよー。

あ。別のお友達は、普段からスムーズな便が、緩みすぎて大変だった・・・と言う話もあるので、何事もそうであるように、もちろん、全ての人に素晴らしいものであるとは思えないけれど、抗生物質を飲んだ後、「3ヶ月」は腸内のバランスが崩れてしまって、免疫力も低いまま(だから、風邪引きを繰り返したりする・・・)というので、特に抗生物質を取らざるを得ない状況にあった人とかにはお薦めです。


ほんとに話がいろいろ・・・になりました・・・笑
[PR]
by nu2meg | 2009-01-20 07:43 | 日常

突然の事つづき・・・

世の中が大きくシフトしているに伴って、そのシフトについていけないように、中心軸から飛ばされて、はみ出すように、直接的な友達ではないといえ、クリスマス前に友人の義理のお母さんが事故死。そして友人の旦那さんが病死した。

両方とも、ポピーの幼稚園の関係。
だから友人と言ってもすごく深くは知らない。
後者の方は数日前に知った程度。自宅の上階で何かが倒れた音がしたと思ったら、旦那さんが命を落としていたと言う・・・。

肉体(マテリアル)というのは、あってないようなもので、でもとっても大切なものに思えて、こうやって、「死」というカタチでの知らせからは、いかにそれがはかない物であるのかに気づかされる。

世界が両極化していて、物質が全てではなく、物事の本質こそが大切と気づかされる中、まったく遠いわけではない知り合いの死のニュースは、象徴的なのかな・・・と思っていたら、昨夜、ローレンスが帰宅して言った。

「前のボス、とうとうナーバスブレイクダウンしちゃったよ。」

金融の世界は9月からずっと、ほぼ戦場状態らしい。
始まった当時は、電光掲示板に現われるニュースにみんなが叫んでたとかいう修羅場状態だったらしいし。

そんなこんなで。ローレンスはずっと「クレイジーだ、クレイジーだ・・・」と言いながら、ホントに毎日残業だらけの日々。彼のチームはクリスマス直前に3分の1がリストラされ、ほんとに明日はわが身の状態。ただ救われることに、ローレンスは「そうなったら、そうなったでしょ」・・・と、心配しすぎてないこと。最初に彼の口からその言葉を聞いたとき、私は「これなら何が起こっても大丈夫だ・・」と思えたから、現実的なことは別としても、そんなに心配はしてない。

さて。元ボスには気に入られていたから、彼の元にいれば、ちゃんと仕事ができるし、自分の腕を買ってくれている・・・と言う話だったのだけれど、そのボスの直接下で働かないことになり、距離ができて別の仕事をしていたボスが、明らかに豹変し、発狂状態だと言う。

今の直属のボスも、かなりの過労死タイプらしいし。。。
1月2日から残業状態で新年が明けて、先週末のポピーの誕生日会までも、週末出勤でずーっと休みなし。。。

そろそろ、うちがヤバイ?なーんて事になる前に、ゆるしゆるし。
全ては自分達が作り上げているのだから。
[PR]
by nu2meg | 2009-01-16 06:39 | 日常

パスタマシーン

b0027781_575966.jpg
キッチンが完成したら、やりたかった事の1つがパスタマシーンを再登場させること。
・・・で、週末にこのキッチンに「2度目」の登場。

一回目、久々にパスタを作ったら、やっぱり美味しいなーと思って。
そして、ポピーが楽しんで手伝ってくれるというのも、早速リピートした理由。
へえーっと思ったのは、2回目だったのに、ポピーがちゃんと手順を覚えていた事。

この頃のポピーは、臭覚が更に発達した様子で、そのお陰もあってか、好き嫌いが更に酷くなっているので、パスタも基本的には、茹で上げプレーン(ただ茹でただけ)しか食べなかったり、かけてもお醤油か、クリーム程度。チーズさえも拒否・・・。(チーズそのものは、食べる事もあるから、他と同じように、混ざり物が嫌いということかも)そんなこともあって、パスタを食べる事もあまりなくなっていた。(だいたいちょっと食べてもういらないー・・・となる)

でも、手づくりパスタは、おいしそうに食べてくれた。
そして、1回目にちょっと残ったものをハート型のすいとん風にして茹でたのが気に入っていたので、2回目は、シート状のまま、それを型で抜いて(クマとか、星とか)茹でた。

そういえば、子どもの時、ワンタンとかああいうの、大好きだったなーなんて思い出したけど、ああいう感じ。パスタマシーンは、ずーっと前に買ったけれど、今一歩、大活用というまで使ってなかったので、ようやく出番と言う感じ。

(*友達が、旅をしてた時にパスタマシーンを持ち歩いていたイタリア人がいたそうだけれど、なんとなく、その気も分かるかも。笑 ちなみにパスタマシーンはもーのすごく重いんだけど。)
[PR]
by nu2meg | 2009-01-14 05:46 | 日常

ビッグパーティー

b0027781_7103052.jpg
そして今日はビッグパーティーの日でした。

呼んだ子ども達と、その弟や妹を合わせて、総勢24人の子ども達がワイワイガヤガヤ。
大人たちも20人弱?ちょっとしたハウスウォーミングパーティーでした。笑

1時半に始まって、フェイスペインティングの人に来て貰っていたので、子ども達はフェイスペインティングとバッジつくり。バッジメーカーは、ローレンスが友達に借りてきたのだけれど、絵を書いて、それを透明のフィルムでコーティングしたバッジにするというもの。
両方とも大人気でした!

3時過ぎには人形劇。
お人形は義父が作ったもの。孫達に披露するために・・・というものだけど、なかなか本格的。それをクリスマスに持って来てーっと頼んでいたのです。

で、誰が劇をしたのかというと、私とローレンス。笑
人形の雰囲気をみていて、思いついたのが、「金の斧、銀の斧」・・・だったので、金銀鉄の斧を作って・・・。

数日前から、「私」が練習。
ポピーは観客件、ヘルパー。(落とした斧を、頼みもしないのに拾って届けてくれる・・・笑) ポピーにはまだ、金の価値が分からないんだなあーとシンプルな価値観の違いに気付いて、どうなる事かと思ったけれど、繰り返してうやっているうちに、嘘つきが悪いということには気付いた模様・・・??(希望)

b0027781_7214339.jpg
これは、人形劇が終わってから。「今度は子どもの番だよー。」とポピーが率先して友達を引き込んで遊んでた。

話が飛んだけれど、練習しながら、一人でなんとか出来そうだ・・・と思っていたら、ローレンスが自分もやると言う。ただし、話的に金銀の斧は面白味に欠けるから、もっと面白おかしいのをしたい・・・と言って、別の話を見つけてきた・・・のだけれど、ローレンスにはそんなものを準備している時間はない。相変わらず仕事が忙しくて10時前に帰ってくることはないから・・・。

そんな調子だったので、やっぱり2人で金の斧銀の斧をしようという話しになり、そうするからには、ちょっと妥協しあうということになった。

つまり・・・私はシュタイナー的に、「わざと盛り上げず」に穏やかな人形劇をしたく・・・。ローレンスは子どもを盛り上げたい。シュタイナー的に、「枠」を作るつもりはなかったのに、ローレンスは人形劇には枠が必要だ!と、ダンボールで枠をつくった。

昨夜はパーティーのスナック作りなどしていて時間もなかったので、結局2人でリハーサルをしたのは、パーティーの始まる1時間前! ポピーは枠で私たちが見えないのが嫌で、観客になってくれないし、自分もしたいし・・・と、邪魔してくれるし・・・ローレンスとは意見が合わないし、どうしたモンかと思ったけれど、本番ではまあまあ順調にいきました。(ナレーターは私なのに、途中で勝手に彼がナレーターしていたりもしたけど)

4時前に、スナックタイム。
人形劇の前にも幼稚園で歌っている歌を歌ったので、スナックタイムの前にも、「大地と太陽の恵みに感謝していただきます」という内容の歌を歌った。もちろんシュタイナー幼稚園に行っている子だけでないけれど、手をつないで歌うので、子ども達がみんな手をつないでいるのはとってもほのぼの。

誕生パーティーのスナックなんて、子ども達はあまり食べない・・・という話だったけれど、みんな良く食べてくれた! ヒレカツ、コロッケ、オーブンポテト、スティックサラダ、ピザ、パン、玄米豆おにぎり、枝豆、フルーツスティックを手づくりして出した。(ピザはその場で作る余裕がなくて、シェフの友達にお願いして焼いてもらったけど。ありがとう!)子どもはサッサと食べ終わって、大人の番?なんて期待してたけど、あまり残ってなかった・・・笑 

実はこのメニューもローレンスの反対を押し切ったんだけどねえー。パーティーには子どもの好きなソーセージロールとクリスプと・・・と、ジャンクフードを並べてくれて。笑

そんなこんなで、結構スナックに時間がかかって、その後すぐにケーキタイムだったけれど、当初の予定4時半までだったのに、ケーキタイムは4時半近く。

b0027781_7421857.jpg
イギリスの冬。4時半はもう暗い。ろうそくの明かりだけで良いムード。みんなでハッピバースデーの歌を歌って、歌い終わったら、ポピーがケーキの前に行く前に、お友達がサーッと走っていって、ろうそくを吹き消した・・・。笑

そんなハプニングも交えながら、無事にケーキタイム。
みんな、次は自分ーっと、お皿をもって差し出してきて・・・。ちょうど子ども分が終わった頃に、ローレンスが2つ目を持って来てくれたら、大人たちの目が輝いたそう。笑

いつもパーティーに行って思うけど、大人だってケーキ食べたいもんね!笑
・・・ということで、1スライスずつ配ったのだけれど、早く食べた子は、お代わりを待っていて・・・そこでミニカップケーキと、チョコレートブラウニーの登場。

多めに作っておいて大正解だったと自分を褒めた瞬間でした。笑

しかしまあ、あっという間にパーティも終わり、ずーっとあれこれしていたので、哀しいかな、写真は10枚にも満たず・・・。友達にカメラ渡しておくべきだったー。

パーティーが終わった頃、近所に越してきた友達がプレゼント持って来てくれて・・・残ったケーキと引き換えに、お片づけを手伝ってもらったし。笑


そんなこんなで、ポピー初めてのバースデーパーティーはお陰さま大成功に終わりました。


でもまあ、今回、気付いたのは子どものパーティーって、親の「こうして欲しかった」とか、「こういうのが楽しかったから・・・」という特別な感情というのが、反映するんだなーということ。というのも、私は日本の文化的に?大きな誕生パーティーなんかしたことないし、行った事ないから、「こうあるべき」もない。 

でも、英国では1歳の誕生日から大きなパーティーをする人が多い。もちろん、今みたいなバリエーションや(例えば、プールやプレイエリアの貸切とか、マクドナルドのキッチンツアー込みとか)、派手さはなかったというけれど、それぞれが、子どもの頃の「パーティーゲーム」なんかにこだわっているようだ・・・。(ローレンスがやりたがったけど、する時間はないと思うから・・・と結局しなかったゲームもある。友達のパーティーに呼ばれてやってたこと何度もあるけれど、子ども達が楽しんでいるように見えないのもある・・・) 

・・・てことはポピー、自分が親になったら、パペットショーは必然? 笑
[PR]
by nu2meg | 2009-01-11 08:11 | 子育て

4歳

b0027781_746959.jpg今日でポピーも4歳になりました。

起床6時。「朝だから起きてー」と私たちのベッドに来て1日が始まった。
7時半過ぎにローレンスが出勤するまで、今日は「誕生日」しようということになっていたので、しぶしぶながら私たちも6時に起きて、ハッピバースデー歌いながら、レセプションルームへ・・・。

ポピーが発見したのは、義父母からのプレゼントである自転車と、自転車の後ろに乗っている、例のてづくりのポピー人形(+ミニ・ナツメグ)と、義理兄夫婦からのプレゼント。(うちの家族からのは、事前にあけちゃいました・・)

b0027781_754580.jpg
もちろん自転車に気を取られていたけれど、人形を見てにんまり。
でもなんとなく、自転車の後部座席がポピ人形の定位置となってしまいそう??
もっとにんまりしたのは、ポーチの中のミニナツメグ。
早速、ナツメグに見せたくて、ナツメグを捜していました。
(私が昨夜見せたら、ナツメグは喉鳴らしてスリスリしてました。まあ、羊毛のにおいが好きということもあると思うけれど、気のせいか特別と言う事は分かるようで。。。?猫馬鹿?)

その後朝食。
そしてデザートに?ロールケーキで、ハッピバースデー。

実はロールケーキは昨日の朝も焼いて、友達と一緒に食べた。ケーキを作る予定はなかったのだけれど、昨夜になってからローレンスが、そりゃ、ケーキは必要でしょう?と言い出すので、またまた作ったと言うわけ。手軽だからいいけどね。今週はケーキ漬けになりそう。

そして、今日は休み明け初登校。
ポピーはご近所さんが呼びに来てくれると、うれしい悲鳴をあげてご近所のお母さんに抱きついて、大喜びででかけました。

で、私はと言うと・・・本当は土曜日の誕生日パーティーの準備をする予定だったのだけれど、昨日、プレイグループの先生から、ボランティアの都合がつかないんだけれど手伝ってくれないか?と電話があったので、掃除云々して45分ほど後に、幼稚園へ・・・。

久々に、プレイグループ(保育園)に入ると、1年間ほどの違いがこんなに大きいものかとビックリ。子ども達がベイビーちゃんたちに見えました。

何度か、ポピーのクラスへ足を踏み入れる機会があったのだけれど、その時には誰かが、「ポピー!ポピーのお母さんだよ!!」と叫んで、ポピーがまたまた嬉しそうにだーっと走って抱きついてくれると言う具合。クラスの中にすっかり馴染んで自信を持って遊んでいる様子も垣間見れて、ほんとに成長したなあーと感じた。

保育園が終わり、幼稚園が終わり、ポピーは友達の家へ友達のお母さんと一緒に直行。
(全く未練もなく、「バイバイー」という所にもホントに成長を感じた。)というのも、今日は友達の誕生日会。彼女の誕生日はクリスマス前なのだけれど、時間的にゆとりがなかったから年明けにと言う事で・・。

そんなこともあって、ポピーは自分の誕生日だけど、友達の誕生日でもあって、自分の誕生日会は土曜日で・・・というのを、混乱しているかなとも思ったけれど、それなりに分かって、しきりに自分の誕生日は土曜日だ・・・と言うのでした。(要は誕生日パーティーが重要と言う事らしい。)

b0027781_87327.jpg私はフラットに用事もあったし、結局大したことができないまま、4時半にお迎え。ポピーは友達と楽しい時を過ごした模様。そして帰宅したらすぐにまた自転車にトライ。(人形さんは後ろに乗ってます)

私の1日は、だーっと過ぎて・・・、夜になってから、土曜日のためのスポンジケーキを2台と、ミニカップケーキを焼き・・・(やっぱりケーキはサプライズで見たいだろうしー) なんだか忙しい日々は続くのでした・・・。
[PR]
by nu2meg | 2009-01-09 08:13 | 子育て

今年もよろしくおねがいいたしますー。

年末、あまりにも忙しかった上、クリスマス期にあれこれたくさんご馳走をつくったので、正月だからと言っても、コレっといって食べたくなるものがなく・・・ 買い物に行ってもインスピレーションも湧かず・・・笑 (計画して買い物にいかないから効率が悪い)

・・・鍋もしたし、天ぷらも食べたし、1人でロブスター気分でもないし(ローレンスはああいう姿のある食べ物はゲテ物だと思っているから、骨付き肉ですら食べない) 結局、買い物に行ったけどポピーの好きな豆腐を買ってきただけの私。正月はベジタリアンに終わった。

朝は実家から送ってきてくれたお餅でシンプルにお雑煮。

昼はローレンスがラーメン食べたいという。。。でもさすがに正月からインスタントラーメンは哀しすぎるーと、スパゲッティに。(うどんも蕎麦もたくさん食べたから。)簡単にぺペロンチーノ風(ニンニク、チリ、野菜を炒めて、オリーブオイルかけて、パルメザンチーズたっぷりかけて。(本当にまったく計画してない私・・・)

夜は揚げ出し豆腐にした。小ぶりの茄子があったので(こっちの茄子は日本の茄子田楽サイズが主流)ズッキーニと共に半分に割ってス揚げしただけ(かぼちゃも)で、ゴロゴロしていてご馳走に見える・・・笑 オクラを湯がいて輪切りにして(星の野菜だとポピーに言ったら、興味は示したけどやっぱり食べず・・・)出しで和えてとろとろにオクラ玄米ご飯。(ポピーは納豆ご飯)

私たちは特に何をするわけでもなく(それでも、ちょっとDIYしていた私たちの悲しい性・・笑)

ポピーはしきりに「お店屋さんごっこ」をしていた。
これは、キンダーに通い始めてから主流になっている・・・。
自分のおもちゃをたくさん並べて私たちに買い物に来るように強要。買い物用に小銭がどこからか集められていて、買物に行くと、まずその小銭を私たちにくれるという良心的なお店屋さん。ただし、ありったけの品を並べたがるので、片づけが大変ー。


そういえば、大晦日も特に何をするわけでもなく、年明けが近くなるとあちこちで花火があがるので、ロフトの部屋の窓から花火を見たりもしながら、私はポピーの誕生日プレゼントを作っていた。誕生日が終わったらブログにも写真をアップするけれど、内緒で作っている(つまり、ポピーが寝た後にしかできない)のは、ポピー人形。ウォルドルフ人形と言われる、シュタイナー推薦の手づくり、綿と羊毛をたっぷり使った自然素材のお人形さん。

学校のクラフトチームの親が材料を用意してくれて、作り方を教えてくれたので、(3モーニング)あとは髪の毛をつけるだけという段階まできていた。髪の毛はまとめてつけることができるのだけれど、そうすると髪型を変えて遊べないなあー・・・と、とりあえず生え際の植毛をしていたら、これが意外にたのしくて、結局頭全体を植毛した。笑 当然、時間がたっぷり必要だったので、クリスマス後の夜はというと、この植毛作業。細い毛糸を2本茶色、1本黒の3本取りでつけたので、何が大変って、手元にある刺繍用の針にその3本を通す事だった!

昨夜はポピーのスカートをつくった余り布で、お人形さんのスカートも作って、お人形さん完了!これが、思いっきり自賛するけど、すーんごく可愛いのだ!余りの余りを捨てる前に、ポシェットも作ったら、その中にミニナツメグを作って入れてあげたくなったので、フェルトでカタチを作り始めた。そのうち残っている木材でベッドも作ってあげたいなーと思っている。


・・とまあ、話が反れたけれど、特に何の変哲もない、年末年始。
こうあるべきとか、そういう枠の中にはまらずに、自由にクリエイティブな新年になりますように。
[PR]
by nu2meg | 2009-01-02 20:37 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。