<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

警察沙汰・・・

昨夜、寝る前になってからローレンスが「信じられない!!」と叫びだした。。
どうしたのかと思って、下りてみると、「誰かが8000ポンド(約160万円)引き落とした!」という(現金と言うよりはローンだと思う)。ネットバンキングだから、ハッカーにやられたということだけれど、こわすぎ。

もうオフィスはクローズしてしまっているから、誰も電話には出ない・・・
とにかく朝まで待つしかない。もし自分達が負担する事になってしまうのなら、どうなってしまうのか・・・と、ピリピリ・・・。

ゆるし、ゆるし・・・こういう、盗み盗まれる、騙し騙される、利用し利用される、裏切り裏切られる・・・というのは、表裏一体で、タロットで言う、7ソード。「罪悪感カード」だから・・・。そういえば、昨日、ローレンスのエネルギーはなんだかいつもよりピリピリしていたから(仕事の面でも不透明だから、しょうがないんだけれど)、どういう具合でか分からないけれど、引き寄せたんだろうなあ。

とにかく、私は瞑想し、ローレンスに参加を求めたけれど、そんな気には全くならないと言われ(無理もないけれど)、そんなローレンスも自分の鏡だと、ゆるし、ゆるし・・・のレッスンをしていた。


朝、現金化へのプロセスには3日かかるから・・・ということで、引き落とし手続きをキャンセルできたようだけれど、手続きしたのは英国北部に住んでいる人であったよう・・・。ローレンスは警察に被害届けを出し、口座を解約した。明日から数日留守にするけれど、もし、これがその間に起こっていたら、「遅すぎた」となっていたはずだから、不幸中の幸い。


パソコンの買い替え時でもあると、ローレンス。
うちにあるXPにノートンとか入れたら、重くて動かなくって、大変だったし、ネットバンキングやショッピング用にセキュリティシステムを強化したものが必要だなあ。


そんなこんなして、ほっとしたところに、ビルダーがランチから帰ってきて、私を呼んだ。
「ほら、見てみろよ。運転免許証だろ?学生証明書だろ?・・・そしてコレ。空っぽの財布。」

道端で拾ったという。
誰かが盗んで、無用なものをポイと道路に捨てたんだろうとのこと。
警察に届けた方がいいと思うよ・・・と彼。

そりゃそうだ・・・と、なぜか私が警察へ電話して報告。
そしたら、財布は警察署へ届けてほしいと言う。
特に詳しい話も聞かないで、適当なもんだから、警察署へ届けた折にもっと詳しく聞かれるのかと思ったけれど、ただ渡しただけ。しかも、渡すまでに、10分は軽く待たされた・・・。

なるほど、ビルダーが私に託したわけだ・・・。

なんだか、警察沙汰の1日。
[PR]
by nu2meg | 2008-10-30 06:45 | 日常

びっくり初雪

今夜はちょっと用事があって出かけていたのだけれど、帰りに雪!
10月末とはいえ、ロンドンで雪が降ることってそんなに多くないから、これは記録的!・・・というか、一応雪国の実家でだって、10月に雪なんて記憶がない。

2週ほど前の週末は、ぽかぽか。
夏よりも夏らしかったよねーというくらい。
ほんとにエクストリームな異常気象だぁ。
[PR]
by nu2meg | 2008-10-29 06:30 | 日常

宣伝とお知らせ

今日は宣伝とお知らせ。
まずは、お友達編。

クリスタル&スピリチュアルヒーリングのケーススタディー募集。

私は現在、ロンドンでヒーリングの勉強をしているのですが
来年6月までに沢山のケーススタディーを行い
レポートを提出しなくてはいけないので、
ご興味のある方に、どちらかのヒーリングを最低3回
ボランティアで受けていただけると非常に助かります。

チャクラセンス、エネルギーフィールドのクレンジング
バランスを整えるというのが主な内容です。

11月9・10日に第1回目のケーススタディーセッションを行う場所を手配しています
ご興味のある方は下記までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
lijiansatomi@hotmail.com   さとみ

前にクリスタルヒーリングしてもらったけれど、とっても気持ちよかったです。
せっかくのチャンスなので、この機会にヒーリングの世界をどうぞお試しください。笑

もひとつ。

リンクもしている、おなじみのなおちゃん。
羊毛フェルトの小物&スピリチュアルアートのネットショップができました。
http://rainbowspirit.cart.fc2.com/

今のところ、日本在住のお客様対象です。
きっと、なおちゃんの良いエネルギーがこもってますよー。


そして、私からもお知らせ。
10年以上使ってきた、AOLなのだけれど、今月末でホームページ機能がなくなるということになり、ホームページを閉鎖&移動することにしました。

化石化しているけれど、意外と知名度の高い(笑) 旅留学といぎりすぅ暮らしは、これを期に閉鎖します。10年以上経っても、時々感想メールなんかが来たりして、特に「私も入国拒否に遭いましたメールはびっくりするほどたくさん頂いてきたのだけれど。

Flow*ersヒーリングルームのサイトは、リニューアルしました。(まだ一部はできてません)
短期貸しフラットの方も、移行しています。

コレに伴って、AOL脱会する予定なので、AOLメールともお別れです。
なんだか強制的にシフトを強いられているかのようです・・・笑
では、よろしくおねがいしますー。
[PR]
by nu2meg | 2008-10-29 02:52

シフト

ココのところ、エネルギーが大きくシフトしていると感じている。
いろいろなことが、停滞していて、その抜け道がすーっとできた感じ。

家の改装も、ようやく(信じられないだろうけれど、未だにキッチンの改装は続いている!)終盤に来た感じだし、いろいろな良いニュースが舞込んで来ている。

もちろん、ポピーの事も。
ポピーはシリカ2粒で大きくシフトしたみたい。

先日のお姉ちゃんとの遊びの時の、「良い距離」というのが、明らかに他の友達との間に出てきた。まだ、誰かの家ではなくて、外での遊びだからなのかもしれないということもあるけれど、今までは、「なんとか一緒にあそばなきゃ」という妙な焦りがあったのが、なくなっている様子。(そういうのがある事自体が、子どもらしくない)

基本的に、自分ひとりや、周りが知らない子であれば、1人でもハッピーに遊べるのに、知っている子や友達がいると、「遊ばなきゃ」「面倒見なきゃ」モードになって、気を取られ、1人で遊べないし、関わろうとしすぎて、空回りしてしまう。

ここ数日、その傾向が薄く、友達といても自然体で、自分のペースを保てている感じ。
いろいろと気を回さない。たったそれだけのことかもしれないのだけれど、それがまだ4歳にならない小さな子を悩ましていたんだと改めて気付かされた感じがする。

うーん、鏡、鏡・・・
母である私も気を回しすぎてるんだろうか???
・・・というよりは、気付いてしまう性分。
それはまあ、否定できないか。笑
そういえば、子どものとき、私も子どもなりにいろいろと考えていたなあ・・・笑

どっちにしても、いろんなことがスッキリとシフトしていて良い感じ。
身を任せて「今にフォーカス」を続けよう。
[PR]
by nu2meg | 2008-10-23 05:30 | ヒーリング

一瞬わからない・・・

今日、誕生日だった。
妹からのメールが、「あれ?もう38歳になるんだっけ?」という内容だったから、そうかー。私もとうとう38になったんだーっと思っていたけれど、良く考えれば37歳のはず・・・。

恐ろしく、自分の年がわからない・・・
計算しないでも分かる人なんているんだろうか・・・

そう考えると、子ども達が「何歳?」と聞かれて答えられるのは、ただ単に「暗記した答え」を言っているだけで、実際的な理解は全くないものだと思い知らされる。(あったら、その方が怖い!)

ちなみに38歳と言うのは、私が多分初めて母の年を意識した時の、母の年。
12歳の時、妙に母は38年も生きたのかーっと思ったことを覚えていて、その後数年間、「母は38歳」で止まっていた様にすら思う・・・笑


今日は最初からローレンスが夜遅くまで帰宅できない事を知っていたから、特にお祝いも何も考えずに(ケーキだけは作ったし、ポピーは朝から何度も誕生日の歌を歌ってくれた)、ポピーのクラスの6歳の女の子を家に呼んだ。

彼女はハンガリーから来たばかりで、英語は全く分からない。
ハンガリーでもシュタイナースクールへ行っていた子。
2週間、クラスにいた時に、ちょっと仲良くなったこともあって、白羽の矢がたった。
なんてったって、「ポピーもこんな風に優しい瞳の子に育って欲しいな」と思える子だから。笑

片言の英語しか喋れないお母さんに、「彼女が望めば遊びに来て欲しい」と伝えていた。
クラス内で、彼女が英語ができなくて、葛藤している事も知っていたし、本当は同年代の子と遊べればいいだろうけれど、もうすでにグループが出来ていて、会話が遊びの中で大きな部分を占める中よりも、もしかすると会話に重点をおかないポピーとの方が負担もないのかもとも思って。

2人とも、今日はお互いと遊べるーっと強く楽しみにしていたらしく、学校でもずーっと一緒に遊んでいたらしい。そんなこともあってか、家に来てからは、それぞれが違う遊びをしたり、一緒に遊んだり、うまくスペースをつくって遊んでいたような感じ。多分、言葉が使えたら、もっと楽しいんだとは思うけれど・・・。


誕生日だからって、特に何も思わなかったのだけれど、夜お風呂に入っていたら、ふとルートチャクラがアツアツに・・・。温シップでもしているかのような感覚。(まだホクホクしてる)なんだかよく分からないけれど、エクストラに安定感が与えられた感じ。マテリアルなものを全く求めなかったから、サプライズプレゼント?
[PR]
by nu2meg | 2008-10-21 04:30 | 日常

シリカ(クリスタル:水晶)

先日、学校の図書棚(図書館と言えるほど大きくないので:笑)で、なんとなく惹かれて手に取ったのが、homeopathy for the soul -ways to emotinoal healing by cassandra lorius だった。図書館で妙に惹かれたら、まず借りてみることにしているので、夜寝る前にナナメ読みしていた。

2日前。シリカのセクションを読んでいて、「これだー!」と思ってしまった。


  以下、要所要所をテキトーに訳します

このレメディの大きなテーマは「繊細さ」。このレメディに適合する人は、凄くデリケートなエネルギーパターンを持つ人である。彼らは扱われ方によっては、とても傷つきやすい。もし、誰かがデリカシーのないことを言えば、酷く傷つき、野蛮な世界から自分の世界を護ろうとする。

友達や家族の中では、とてもリラックスし、機知に富、人を楽しませたりもする。そればかりでなく、かなり自己主張も強い。

ファミリーセラピストのスティーブ氏は言う。生まれながらシャイな子どもはいない。シャイと言うのは、この世が安全な場所ではないと体験した反応にすぎない。もし、シリカタイプの子どもが、無神経な扱いをされたら、その子たちは自分の世界へ逃げる事によって身を護るであろう。

シャイである事で、人との関わりを持とうとしないので、それはとってもハンディのあること。世界に出て、いろいろな経験を味わってみることをできなくしてしまうからだ。彼らが勇気を出してトライしても、また嫌な目に遭えば、また自分の殻の中に入ってしまう。

・・・・

彼らが心を開くには、時間がかかる。彼らは1対1で会話する方が大勢の中にいるよりも安全に感じる。彼らは多くの分野で恵まれた才能を持っているが(特に文学・アート系)、人間関係を難しいと感じる事で、その才能を発揮するだけの自信が持てない事もある。

・・・

彼らにとって、スピリチュアルな世界は、現実的な世界よりもリアルであるとも言える。彼らは、研ぎ澄まされた感覚で、目に見えない世界とのコネクションを強く持つ。彼らのサイキック能力はとても長けている。ただ、時にはあまりにもサイキックである事にたいして、どうすればいいか分からなく不安になる場合もある。



今のポピーにぴったりかも!
この子は私が考えている事は、筒抜けと思える場合が凄く多い。
(だから、言葉による会話が最低限で済むのだけれど・・・)

特に、ポピーの友達のことをふと考えていたら、(そろそろ遊びに呼んでみようかな?とか)、その瞬間に、何の関連性もなく、「●ちゃん来るの?」と言ったりする。どういう形で、彼女に伝わっているのか分からないけれど、「人」だと訳すことがないから分かりやすいのかもしれない・・・

*多くのサイキックはいろんなことをシンボリックなイメージで受け取ったりする・・・。例えば「赤いドア」が見える・・・「赤」は情熱で、「ドア」は新しい世界を示すので、何かすごくやりたいことがある。けれども、こっち側から見ているので、まだその時じゃないと立ち止まっていませんか?という具合に・・・

どっちにしろ、私が言葉にする前に、同じように気づいた事をポピーが口にする事は多いし、赤ちゃんの時から、言葉の裏まで読んで、少しでも誰かの否定的な感情が入ると、妙に抵抗していた。


世の中、ばら色の安全な世界ですよ・・・というのも嘘。
あちこちで、嫌なニュースもあるわけだから、それにどこかで適合していかないといかない。

そういえば、サイキックなクリスタルチルドレンって、シリカチルドレンなのかも・・・とか思いながら、とりあえず、セットに入ってるシリカ30Cをあげてみた。

別の本では、シリカタイプは人口の1-2%程度しかいない・・・そうだけれど。
[PR]
by nu2meg | 2008-10-16 03:55 | ヒーリング

人智学医のコンサルテーション

今日は、人智学医のコンサルテーションを受けた。
人智学医というのは、普通の医者の資格を持った上に、ホリスティックな視点でみていく医師。クラスのオブザベーションをしながら、気になる行動を取る子を発見したら、ドクターから「あの子を診たい」という提案もしてくれる。

今回は、私がプライベートで診てもらうつもりで、担当の人に予約を入れていたのだけれど、「学校からの予約で診て貰えることになったから(イコール無料)」と連絡が来た。先生方とも連携しているので、私が親として困っていたので、推してくれたのかもしれない。(ラッキー!)

まずは、親が医者と話をして、その後クラスにいる子どもを連れてくる。

学校内の改善点を指摘すべきかどうかは、迷ったのだけれど、実際に医師と話し始めたら、彼のオープンさに引きずられるように、「実は、あまりにセトルダウンしないので、2週間付き添いに入っていて・・・」と、その話もした。

医師は、自分の立場からできることは限られているし、トリッキーだけれど・・・と前置きをしながらも、どうにかできることをしていきたいと言ってくれた。思うに、彼も気付きながらも、触れたくない部分でもあり、タイミングを待っていたのかもしれない・・・。少なくとも、彼の言葉の中には、そういう部分が含まれて入るように感じられたし、私に他のクラスにも参加するようにと薦めてもくれた(これは先生には既に希望の願いを出しているという事も伝えておいたので、スムーズに運べばいいな・・・)

この話は、おまけのようなもの。
本題は、ポピーの事。

会おうと思ったのは、ポピーの言葉(コミュニケーション能力)のこと。
私が英語日本語ちゃんぽんで喋ってしまっているというのも、難点の大きな部分なのだけれど、小さな頃から、あまり喋らずに、お互いを「言葉のない会話」で理解し続けてきた結果かなーと思っている。

人智学医的には、母があまり喋らないのは、良いことでもあるので、(多くのコンサルテーションを受けた母たちは「喋りすぎ、説明しすぎ」と怒られている。)医師が私の相談にどう答えてくれるのかはとっても興味のあることだった。

まず、ポピーを部屋に連れてきて、私の膝の上に載せた。
医師はポピーに聞いた。
「何歳?」

ポピーは蚊の泣くような声で「3歳」と言ったけれど、そこで私が特に、質問される事に慣れていないから、質問されると動揺してしまう部分があるということを伝えた。医師は、優しく1月は寒いよねー。僕や君のお爺さんの国では冬は雪が積もるよ・・・・と、話をして、アイスブレイク。

そして、目の前にある紙の上部を青で塗って、「これが空」
下を赤で塗って、「これが大地」「人を書いてみて」と言った。

ポピーはか細い声で「できない・・・」といって、私の手を使おうとした。
私は第三者のつもりでいたけれど、医師に説明した。
「この子はまだ、形を描くということができないから、書けるはずの、私に書いてと頼んでるんだけれど、別に形じゃなくて、好きに描かせてもいいですか?」と。 

多分、これは人智学医的には、この子がどれだけ夢から覚めているかを確認する方法だったんだと思う。(夢の中にいる子は、具体的な形を書こうとしない&人智学的には、ポピーの年齢であればまだ、そうあるべき・・・)

医師はもちろん、とうなずいて、ポピーも安心して、グルグル絵を描いた。
医師が「終わった?」と聞いたら、ポピーが終わったというので、新しい紙にした。

今度は、お母さんは手を後ろに組んでください・・・と言われ、言われるままにする。
ポピーには、「また書いていいよ」と医師が促すのだけれど、ポピーは貝殻に閉じこもったように身動きひとつしない。

医師が「いつもこんな風?」と聞くので、友人宅へ言っても、おもちゃを触れずに、私の手をつかうことを具体例として話して、どこかで「やっていいよ」という安心感を与えられないと、どうして良いのかわららなくなるようであることを伝えた。

医師はそれなら、いつものように、サポートしてあげて・・・というので、クレヨンを目の前に置いて、後ろから抱っこするように手を回した。

その途端に、ポピーは安心して楽しそうに絵を描き始めた。

これは、私にとっては、まったく不思議な話ではないのだけれど、改めて気付かされた。
ポピーには「安心できる」土壌がないと、何も出来ない事。
そして、やっぱり幼稚園に馴染めなかった理由は、これであることに・・・。


次に、お手玉みたいなものを、ポピーに投げて、投げ返すように指示。
その後は、立ち上がって、同じ事。
そして、直立して、足を一本上げて・・・と真似をさせて・・・・

これで、ポピーとの面談は終わり。
ポピーをクラスへ戻して、コンサルテーションの続き。

医師はポピーが私の腕を使うことが、コミュニケーションスキルの遅滞に影響しているといった。
まだ小さいので、子どもは親から離れきっていないものではあるけれど、徐々に自立していくのが健全。ポピーは私の腕を使うことで自分の意志を表現しているけれど、本人がしていかなければならないもの。今は、母とまだ一体化している部分が多く、自分のボディをフルに使うことを学ぶ必要があると言われた。そしてそうすればもっと言葉が発達すると・・・。

そして、それは、1対1のユーリトミー(オイリュトミー)セッションで、緩和されるはずだから、リファーすると言ってくれた。オイリュトミーというのは、シュタイナー独特のものであるのだけれど、日本風に言えば、言葉には言霊がある。その言霊は、体全体から湧き上がってくるもので、その言霊を表現するのがオイリュトミー・・・ということだろうか・・・。

つまりは、言葉・サウンドには、エネルギーがあって、例えばTであれば、TreeのTだから、木のイメージの動きをする。Treeと言いながら、木のイメージを身体で表現するというもの。そこには、頭で考えるには大きすぎる、深いものがあるのだけれど、本来、言葉というものは、そういう体の底から湧き上がって来るエネルギーということ・・・。

そして、親としてできることの提案は、定期的に、友達が遊びに来る日、友達のところへ遊びにいく日というのを決めて、それをルーティンにすること。友達のところへ行くときは、親はついていかない。その中で、自信と社会性を身につけさせなさい。ということだった。何人かの友達の家であったら、私不在でも大丈夫なので、その枠を広めろという事・・・。(来てもらうのは、本人大好きなので、問題ないけど)

春にまた、リヴューをしましょうということ。
そして幼稚園の先生側の問題は、自分からも出来る限りの事はしていきたいと言ってくれた。
こうやって、出会うべくして、出会うべく時にドクターと会えたことをとっても嬉しく思う。
[PR]
by nu2meg | 2008-10-14 05:25 | シュタイナー

10周年

結婚10周年!
朝起きたら、テーブルの上に花が飾られていて、プレゼントが添えられていた。

10年前にはもちろん、今の生活なんて想像もつかなくて、今じゃ更に数ヵ月後すらも想像つかない(笑)

時ってあってないようなものというけれど、最近感覚がずれてる気もする。


ここ数日、ロンドンはとっても秋晴れで気持ちよいお天気。
ポピーは昨日から、リングタイム(歌の時間)が終わったら、すんなり「バイバイ」できるようになったから、ようやく自分の時間が取り戻せている。(といっても、殆どの時間は家事に追われているんだけど)幼稚園にいればいたで、一気に過ぎていく時間だけれど、やっぱり自宅へ戻るとそれなりにまとまった貴重な時間。

今日はだらだらと買い物に行った後、帰ってきてケーキを焼いて、夕飯の下ごしらえをして・・・幼稚園が終わってから、友人の畑に遊びに行った。帰宅したのは5時前。

この調子で、毎日が一気に過ぎていく。
次の10年はどうやって過ぎていくのかなあー。


話は変わって、最近になってやっと「ゆるし」というのが、「無条件の愛」そのものであることに繋がった。ちょっと考えれば、そんなの一応理解できるのだけれど、考えずに、解かったという感じで、自分の中の「無条件の愛」というのが、広まっている事に気付いた。(漠然としすぎだけど)

気持ちのシフトの仕方1つで、こんなにも変わる。
無条件の愛が、心の中心にどーんと構えてくれたら、世界がゴロっと変わりそう。
本当は、もうそこにあるもので、それに気付くことなのかもしれない。

少なくとも、10年前の私には理解できない話だなあー。笑
要は・・・ 自分をゆるす=ありのままにうけとめる=無条件に愛する ことが、この世の人間の共通の課題であると言うこと。そして、その課題をこなすために、他人がいて、パートナーがいて、子どもがいるということ・・・。


日常生活でいろいろあっても(笑)、10年前よりも、私たちは近い存在になっている。
[PR]
by nu2meg | 2008-10-11 05:36 | 日常

ようやく

ポピーも落ち着いてきた感じ。
今日はリングタイムの後に、1時間強抜け、スナックタイムで合流した後、外に出たのを見送って、教室のお片づけをしていたので、フリープレイの時間はずーっと1人でも問題なかった。

朝、家を出るときは、「本当に学校は嫌なの」と言っていたから、どうしたものかと思ったけれど・・・。

1時間ばかりの久々の自分の時間、どうしようかと思っていたら、クラスメートのお母さんとバッタリあって立ち話。そんなこんなで、一気に時間も過ぎた。

先週末に学校の行事として学校の将来的な展望を・・・というワークショップがあった。
私の中にある、もっと親が参加していくことで、全体の雰囲気を良く出来ないか・・・という思いをなんとか伝えようと思っていたのだけれど、ワークショップの内容からはちょっと離れていたので、公的には提案できなかった。でも、個人的に先生に直接そんな話もしてみて、先生がティーチャーミーティングで話してみてくれるとのこと。

他のお母さんたちとも話をしている中で、いい感じの雰囲気でちょっとした新しい風を吹き込むきっかけづくりができそうな感じ。

ちなみに、担任の方はと言うと、明らかに努力していてくれる感じで、それも嬉しい。
[PR]
by nu2meg | 2008-10-07 03:17 | 子育て

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧