<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新緑の中

b0027781_3581.jpg今日はハイゲイトの森へ行った。フラットにステイしている茉莉ちゃんと一緒に。茉莉ちゃんはポピーよりも1歳強上のお姉ちゃんなのだけれど、2歳以上上に思えるくらいしっかりしているし、身体も大きい。お母さんのお仕事の関係でお父さんは日本に置いて母子で滞在。最初に会ったのは、2月。

2人の関係は面白い。茉莉ちゃんはリーダー格なので、仕切って遊んでくれるのだけれど、ポピーは全く従順ではない。笑 その上、日本語が中途半端にしかわかっていないので、茉莉ちゃんにとっては、無視されている様にすら思えるに違いなく、怒ってみたりもするのだけれど、ポピーはひたすらマイペースでニコニコだったりもして、怒り甲斐がない・・・。
茉莉ちゃんはおねえちゃんであることも自覚しているので、優しいし、ポピーは最初から茉莉ちゃんのことが大好きになっていた。

ポピーに、「お姉ちゃんが来るからね」と話をしたら、必ず「まりちゃん?」と聞いてくるし、沖縄でふた従姉と遊んでいても、ふと「まりちゃん」と呼んでしまったりするくらい、ポピーの中での茉莉ちゃんの存在は大きい。

b0027781_3172288.jpg茉莉ちゃんたちが一時帰国して、更に私たちも里帰りして、ブランクがあったのが残念だけれど、彼女達は残念ながら、明日帰国してしまう・・・。ということで、今日は茉莉ちゃんとポピーのプレイデイ。

どんよりとしたお天気だったけれど、森は新芽が鮮やかで、とっても気持ちよかった。
ブルーベルも咲いていて、イギリスちっく・・・。なのだけれど、私はちょっと混乱。
今、何月だっけ???という錯覚に・・・。
どうやら、沖縄で「真夏」を体験したばかりに、春はとっくに過ぎ去ったはずという思い込みがどこかにあったらしく、呆然と「なんで今時ブルーベルが???」と頭の中が「?」だった。新緑だと言うに・・・

混乱と言えば、数日前は、買い物に行って、カードのPINナンバーを度忘れ。。。。
頭の中、真っ白になってしまった・・・。持ち合わせのデビットカードで精算しようとしたら、そっちのPINまでも度忘れ・・・。やばすぎー!と思えば思うほど、全く数字が出てこず・・・。サインさせてくださいー。と懇願して、ギリギリできたものの、1枚のカードはPINがブロックされてしまったし、むっちゃくちゃ恥ずかしかったー。ウェイトローズだったから、対応は親切だったことが救いだけど・・・。そして当然のごとく、帰りの車の中でPINが脳裏に浮上・・・。

b0027781_3253293.jpg話が思いっきりずれたけれど、最後の写真は、「妖精を探す2人」。茉莉ちゃんが持っていた、フェアリーダスト。木の根元に妖精さんがいたよーと、言ってみたら、一生懸命に2人で探しながら、ダストを吹きかけてみてた。ポピーはとりあえず、キラキラで綺麗なダストを舐めてみていたけれど・・・。笑  
[PR]
by nu2meg | 2008-04-26 03:34 | 日常

埃の館にただいま。

月曜の夕方、ロンドンへ到着。
岐路もお約束。ポピーは2時間弱しか寝ず。私は一睡もせず。でも、子連れだとやっぱりフライトは長時間と言えども、あっという間・・・・。

ロンドンに着いた時、ポピーに「ダディーが待ってるよ」と言ったら、ポピーは大きな声で、「ダディー、どこ?あっちで待ってる?」と何度も繰り返すものだから、周囲の人たちがニコニコ。笑
さすがに、日本時間では夜中1時を過ぎていたことだし、車の中でポピーは寝た。

帰宅したら、家が本当に埃まみれ・・・。
ローレンスに聞いてはいたけれど・・・。
階段はちゃんと付いて、屋根裏部屋もほぼ完成・・・。
そう、ほぼ・・・。3週ほど前に終わるはずだったんだけど、やっぱりねというか・・・。

ローレンス曰く、壁土塗りで埃が・・・ということだったけれど、掃除してみると、そうじゃなくて、スス!屋根裏部屋に溜まっていたススが、のんびりと下りてきて、溜まってる。
というわけで、帰宅早々、とりあえずは掃除!

翌日は、朝5時に起床。(実は3時ごろにも起きて、ポピーは自分の部屋で遊ぼうとした・・・)
余裕で、保育園にも行く。しかも、昼から突然、友人から近所まで来ていると電話があり、来客。(工事中&まだまだ埃まみれだったけど:笑)

という感じで、半強制的に、太陽に時間を合わせているので、特に時差ぼけもなく、しかしながら、ちょっと疲れた感じで、さっさと日常生活に戻ってます。
ちなみに、埃まみれ状態も、しっかりとあちこち水拭きしたら、大分マシになりました。


沖縄はというと、良かったですー。
最初4泊は、なおちゃんと一緒に3人旅行。離島。
後の2泊は、大家族・親族25人旅行。沖縄本土。

b0027781_18504894.jpgあ・・・ でも、どうなることやら・・・のスタートでした。
なんせ、出発当日の朝、4時半にふとポピーが熱を出してる事に気付いたから。

朝起きて体温を測ったら38度5分程度。飛行機の中では39度2分。
竹富島の旅館についたら、40度弱。
その間、ちょこちょこと、ホメオパシーのレメディーをあげて、様子を見ていた。ホメオパシーでの熱は、『押し出す』という感じだから、高いのはレメディの作用ともいえるかもしれないけれど、さすがに、大丈夫かなという気にもなって、島の診療所にも行ってみた。(熱が出ても、横になることがない子なのに、横になりたがってたから。あたりまえだけど)

しかしそこは、自転車でぐるっと回れる小さな島の診療所。
「先生は出張中です。」と言われ、でも、親切な看護婦さんが、お薬を出すにしても、医師の判断が必要なので、携帯で連絡を取りながら・・・という方法での診察は可能だといわれる。(既に診療時間を過ぎていたけれど)

でも、「熱さましが欲しい」ワケではない私・・・。一応、喉の様子とか見てくれるというので、それだけはして欲しいけれど、様子をみて、明日も具合が悪いようであれば、医師が戻る明日の午後に来る・・・と、のどを診て貰ったら、そんなに赤くないとのこと。もし、夜中に苦しそうで、熱さましがほしくなったら、それからでも遅くないから、携帯に電話して下さいね・・・なんて、とっても親切にしていただいた。

当人は、外に出たら身を乗り出してキョロキョロしているし、元気に「ありがとう」も言えたし、やっぱり結構平気そう・・・。

結局、ずーっと40度弱のまま、夜が来て、早朝3時半頃にようやく熱が下がった。
b0027781_18513478.jpg翌日、いや、数時間前まで寝込んでいたのにも関わらず、ポピーは早速観光。
しかも、海水浴まで・・・笑
b0027781_18522532.jpg

b0027781_1853034.jpg

これは、島の学校。暑い場所なのに植木鉢で花が満開!毎日の手入れがあっての事!学校を掃除しているPTA?の1人には、学校裏の聖地に入ろうとした時に、注意を受けました。
b0027781_18553116.jpg

なんとなく、惹かれるように、入ってみようーっと自転車を降りた時に、「入らない方がいいですよ。そこは、島の人間も入らないんです。木が倒れても、そのままにして置くんです。そっちに看板がありますので、読んでください。」と・・・。私たちは奥からはいってきたから、見てなかったのだけど、『むやみに立ち入らないように』と書かれていた。

伝統を大切にしていて、人情豊かという感じの竹富島には2泊して、今度は西表島へ・・・。
b0027781_1859106.jpg
亜熱帯の濃い緑の茂る島。島の半分を巡る、一本道の道路が、「イリオモテヤマネコ」保護のためといわんばかりに、制限時速40キロの島。写真の場所では、ポピーは「トトロどこ?」と、真剣にトトロ探しをしてた。笑

b0027781_18583425.jpg子連れでなければ、カヌーやトラッキングで島の内部のジャングルを散策するところ。
水牛で渡る由布島は、自然豊かな植物園。水牛たちは酷使されているというよりも、愛されて大切にされているという感じだった。

b0027781_1962293.jpg
竹富でも、西表でも、会った人たちはみんな優しかった。浜辺近くで貝などを売っている、おじいさんやおばあさんまでもが、商魂を露にしてというよりは、にっこり座っているという感じで・・・。
また来たい場所だなーと思ったのでした。


b0027781_1904390.jpg
家族旅行は、ハードスケジュール。
ポピーは従姉や、ふた従姉たちと遊ぶのが嬉しくて嬉しくて、「ずーっと」走り回っていた。

考えれば、沖縄は2度目。
小学生の時に家族5人で行った。それって25年近く前?

b0027781_19121100.jpg
ポピーの記憶にはどこまで残るのか分からないけれど、前回、今回と、あまり時間をおかずに日本へ帰ったこともあってか、ポピーの日本語はかなり上達した気がする。(といっても、レベルは低いけど) 今日も、「来ナルでー(来るよ)」と八鹿弁・・・。
b0027781_1914658.jpg
b0027781_192654.jpg

西表の2泊目と、本島の2泊ともは、温泉つき。
最後の3泊は、1日に2-3回温泉に入ったから、お肌しっとりーっで帰ってきたのだけれど、埃掃除で、すっかり手はガサガサに・・・。

b0027781_1925746.jpg

[PR]
by nu2meg | 2008-04-24 04:12 | 日常

写真

日本滞在もあと1週間。明日から沖縄旅行へでかけます。
とりあえず、滞在中の写真だけでもアップ・・・。(いや、覚書を兼ねて追記しておきます)
b0027781_12575077.jpg


東京。
到着早々、前回も会った、タカシ君とお母さんに会う。何故かお決まりの「日本で食べたいもの」なラーメンを食べにも・・・。ここでもらった、ハート型の飴玉を、ポピーはしっかりと握りながら寝て、翌日に食べてみるのだけれど、飴は初めてなので、食べ方を知らないポピーは、「固い」と言いながら、ガリガリ噛んでいた。。

翌日はトトロの森(ジブリ美術館)へ、セーイチさんと行く。前もって予約しておかないと行けない場所。しかも館内は撮影禁止。三鷹についてから、ふと吉祥寺から歩けば、井の頭公園の桜をみながら行ける・・・と気付いて、わざわざ吉祥寺まで戻った。
ポピーはかなりワクワクモード。一番気に入ったのは、何故か屋上の庭。1人で脱走して屋上に上がってしまうほど・・・。美術館はあちこちに気が配ってあって、とっても良かった。
井戸の写真が、中庭になるのだけれど、子ども達が井戸の水をくみ上げて遊んでいたところ、ポピーは足をちゃぽんと水に入れて・・・周囲のお母さん達が「ああー!!」と大慌て。その後、裸足で外を歩いてちょっと注目を浴びた。

翌日は大学時代を過ごした清瀬へ。まずは卒業後介助の仕事をしていた牧子さんのところへ。(犬3匹の写真)相変わらず、ギリギリ、精一杯に頑張っていて、タロットしてもその通りで大笑いだった。笑

その後、大学時代の友達と子ども達と一緒にカラオケ屋に。子どもが騒げる場所ということで、カラオケ屋は、友人達の中でよくあることとか。。びっくりしたけれど、子どもの歌がたっくさん入ってる。ポピーもちゃっかりマイクを握って嬉しそうだった。そうはいっても、子ども達、狭い部屋の中で満喫するわけでなく、気付いたら、脱走・・。ポピーは階段を登って別の階まで行ったりして、お姉ちゃんを困らせていた、、大学時代とちがって、子連れでお母さん同士として会って、またなんだか雰囲気が違うのだけれど、全然違和感ないのも楽しかった。

更に、その日は移動・・・。まりこさん宅に一泊させてもらう。そこには、まりこさんの友人夫妻&娘さんと、妹さん&娘さんも来ていて、わいわい。とりあえずポピーは早く寝かせて、その後はみんあんでタロットしてたのだけれど、その時に怪奇現象もあり?まるでポピーが飛び起きて歩いたようなハッキリした音を、「みんな」聞いたのだけれど、正体はわからず。まりこさんが妊娠したばかりだから、赤ちゃんだったのかなあ???

翌日ものんびりさせてもらってから、都内のホテルへまた移動。(送っていただいたのだけど)
夕方、船の友達ココに会いに行く。エレベーターを降りたとたんに、とも君とゆみちゃんがお出迎え。ポピーはちょっと驚いて私にくっついていたけれど、すぐに3人ではしゃぎだしていた。夕飯をご馳走になったら、すぐに帰宅の時間になってしまったけれど、聞けば、ココは、同じ日に関西へ移動・・・ということで、同じ新幹線に乗ることにした。

翌日、ランチタイム目指して、品川のマクロビカフェ、リトルママンへ。仕事前のちはるさんと会うために。なおちゃんとも再会。ただし、朝からお腹の調子があまり良くなかった私は、控えめなランチ。ポピーはかなり満喫してて、スイーツもたくさん食べた。

その後ちょっとだけ、時間が会ったので、無印良品で買い物して、ホテルへ戻る。

riekoさんが来て、タロットして・・・入れ替わりのように、大学時代の友人やまぐちが来て、そうこうしているうちに、夕飯時。ポピーは眠そうなので、近所でお弁当で買うことに。何故か、弁当は木の下で食べたい・・・というポピー。花見の様子を見ていたのかなあ??? やまぐちに本読んで寝かしつけてもらって、同じく大学時代の友人、さちが来てくれた。

夜中に3人でわいわい喋っているものだから、ポピーはむくっと起き上がったのだけれど、その時、目ざとく、食べ物をみつけたポピーは、途中参加。笑 終電に間に合うように二人が帰って、翌朝は、病院へ。

そして、その後、ロンドンに住んでいたさなえさん宅へ行く。厳密には、さなえさん宅へ行く前に、娘のルーシーちゃんが遊びに行ってた、これまたすごい、豪邸へ連れて行ってもらったのだけれど・・・。(ここで、外国人の子ども達に会ったポピーは、さーっと英国へ戻った気分になった様?ちょっと混乱?) ルーシーちゃんは、小さな時から知っているけれど、一緒にちゃんと遊んだことは、そんなに多くない・・・なのに、何故か2人は気が合うらしくて、まったく躊躇なく遊んで、ルーシーちゃんの住み込みナニーに一緒にお風呂にまで入れてもらって(笑)、一時を楽しんだ。私も連日の睡眠不足がなければ、徹夜して喋ってた事だろうけれど・・・

で、とうとう翌日は最終日。
無事に品川でココたちと会って、一緒に新幹線でワイワイ言いながら、あっと言う間に関西へ。

下は、実家編。
b0027781_12583422.jpg


実家では、とりあえずは「のんびり」目的。
1泊の温泉にも連れて行ってもらって、砂がキュッキュ鳴る、琴引き浜にも行って来た。

その他は、いつもどおり、のーんびり。
犬のニーナは、おもちゃのようにいつも一緒・・・。

数日後に、妹と双子ちゃんも来て、うるさい日々・・・笑
ポピーはすっかり八鹿(実家)になれて、気付いたら、勝手に1人で外に出ていたこともあった。ロンドンでは、ドアのロックにまだ手が届かないから、一人で開けられないけれど、引き戸だと簡単・・・。いなくなって、ビックリして探していたら、裏の畑で遊んでいたり・・・。

中学の友達、ゆっこちゃんとしほちん、高校の友達、なおみにも、いつものごとく会ったけれど、東京での多忙な日々に比べれば、のんびり。
あれよと言う間に、荷造りしなくてはいけなくなり、タイムオーバー。

自宅にいると、何をするわけでもないけれど、時が経つのが早い。
そうそう、ふと気付いた、両親の結婚40周年記念。
写真のケーキは、サプライズで妹と一緒に祝ったもの。

しほちんが作ってくれたシフォンケーキが美味しかったので、早速シフォン型を買ってきて、焼いてみた。もちろん砂糖の代わりにメープルシロップで。・・・しかも、電動ミキサーなかったから、一生懸命に手で泡立てたけれど、なかなか良く、ふんわり仕上がりました!
[PR]
by nu2meg | 2008-04-13 12:59 | 日常

帰ってきた。

ようやく実家にたどり着きました。笑

今回も、なおちゃんと一緒に帰ってきた日本へのフライト中、ポピーは「慣れたもの」と言う感じで、さっさと寝ようとしたくらい。(でも眠れなくて結局、3時間半睡眠、私は1時間弱?)到着してすぐに、友人に会って・・・というノリで、6泊7日の東京滞在。

毎日、いろんな友達に会って、充実の日々でした。
タロットも13件したし。笑 

つかの間しか会えずの友達もいたし、日程が合わずに会えない友達もいたけれど、子連れ東京は、半年前には「絶対無理」と思っていたのに、これも自分の気持ちの持ち方次第だなーとも思った。

タロットにも良くでてたりした「今を生きる」こと。
「過去に捕らわれず」に、「将来を心配せず」に。

出発前、現実的に、東京にも行くと決めて、日程が詰まってくると、「大丈夫だろうか」と思ったことがある。1人だったら問題ないのだけれど、「ポピー連れてて」という前提がつくと、不安にもなって。

でも、「今を生きる」で、行けば大丈夫だろうーと思ってその心配を乗り越えた。
「私」が、「そのとき、そのとき」を楽しめば、「今」しか生きていないポピーは、大丈夫だろうという感じで。 

実際に、今を楽しみすぎて、どんどん睡眠不足になっていって、ポピーもある程度はそのとばっちりを受けてしまったのだけれど。毎日、楽しかったー。

ひとつ、友達以外の用事もあった。
ついで程度のつもりでもあったのだけれど、親の薦めで病院へ行くこと。
9年前、頬の内側にできた腫瘍を摘出した際に生じた、顔面神経麻痺。その道の世界最先端をいくというドクターに会ってきたら、筋肉と神経の移植手術は可能だと分かった。
手術を受ける、受けないは、まだ分からないけれど。

流れに乗って、抵抗せずに生きること。
自分でどうにかしようとせずに、身を任せること。
今、その流れにちゃんと自分がいる気がして、心地いい。
[PR]
by nu2meg | 2008-04-03 12:46 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30