<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

イースター

b0027781_744457.jpgイースターと言えば、エッグハンティング(卵探し)。ポピーは楽しく、木製の卵。ゆで卵。チョコレートの形の卵を集めた。



b0027781_75048.jpg


b0027781_7492618.jpgホットクロスバンは、私が作ってみた。
等分とか、しなかったので、残りがちょっと多くなって、亀さんに・・・(何も考えずに、そうしたけれど、イースターだから、亀じゃなくて、ウサギにすれば良かった。笑)



b0027781_7504073.jpg
そして、家に帰って来たら、天井が開けられていた。
屋根裏部屋は、もうそろそろ、階段を付ける段階。

でも、このイースター、雪が降っただけあって、寒い寒い。
断熱材がたっぷりと使われている屋根裏だけれど、まだ窓も入っていないし、寒々。
そして、話に聞いていた通り、ススがすごいー。
あちこち、真っ黒・・・。

ちなみに、今日付くはずだった階段。
信じられない事に、サイズが間違って作られてきた・・・。
[PR]
by nu2meg | 2008-03-26 08:02 | 日常

ようやく・・・

落ち着いてきた気がする。

実はこの2-3週間、なんだかヘクティックだった。
エネルギー的に、あちこちが、パチンと跳ねる感じで。
ローレンスもすごく短気になっていたし。(またか?笑)
あちこちで、「怒り」のエネルギーがフツフツ浮き上がっていた感じ。

そんな中、私も火曜日に腰を捻った。
そのおかげで、普段よりも深くメディテーションもして、自分でハンズ・オン・ヒーリングもして、レメディの力も借りて、もうすっきりしたのだけれど、数日間、ベッドから起き上がるのも、一呼吸置かないといけない状態。咳でもしようものなら、痛くて痛くて・・・という状態だった。

腰といっても、ちょうどソーラープレクサスの辺り。
今まで腰痛を体験したことのない部分。
感情をつかさどっているエリアだから、そりゃそうだよなーと思いつつ。
現実的な問題として、里帰りするのに、どうなるんだ?とも思いつつ。

明日、ロンドンへ帰るけれど、今、北デボンの義理の両親のところへ来ている。
義父の友人で、サイキックなダウザー&ヒーラーのジョンが遊びに来てくれた。
彼と話していても、「そういえば無性に怒りがこみ上げてきた」というし、義母といろいろ話していたときも、「そういえば、夫もなんだかすごく怒りっぽい日々だった」という。

まだ、続いているとも言えるけれど・・・笑

悪いサインではなくて、良いサインなのかもしれない。
怒りを赦す事と、自分を赦す事はストレートラインにあるし。
出るべきものは、いつかは出るのだから・・・。
そして、今までなら、そういう周囲の態度に対して、100%リアクトしていたと思うけれど、60%くらいのリアクションで済んだ気がする。

どっちにしても、すべては自分の投影。
自分の中にもある、怒りの投影。
うまく手放せるように、腰痛になったのかな?

話は変わって、ジョンが教えてくれた。
私がタロットしているときに、私のオーラが中心からパッと緑に変わって、シルバーの光がサーっとハートに降り注いでいると。緑は無条件の愛の色。シルバーはスピリチュアルなコネクション。タロットしながら、リーディングしてもらうって、おもしろいー。
[PR]
by nu2meg | 2008-03-24 07:07 | ヒーリング

スプリング・フェスティバル

b0027781_621549.jpg今日は保育園で、スプリングフェスティバルの日だった。いわゆる、イースター(復活祭)なのだけれど、子どもにとっては「春のお祝い」。今年はイースターが早いので、気候は冬だったけれど・・・。

まず、庭でエッグハンティング。
真っ赤に染められたゆで卵が15個ほど、庭のあちこちに置かれていた。
それを、子ども達が見つけて、先生の所へ届けに行く。

先生のバスケットは、いつまでたっても、一杯にならない・・・。
一杯になりだしたら、親がそっと貰って、また隠しに行くから・・・笑。

子ども達は、あったー。またあったー!と、とっても可愛い。
ポピーは時折、先生のバスケットから、卵を貰おうとしていたけれど・・・

そしてその後、手づくりパンを頂く。
イースターといえばホットクロスバン。
生地はホットクロスバンだけど、三つ編みにして輪にしてあった。

ちょうど、花瓶が輪の中に納まるサイズで、花瓶には春の花たち。
スナックの後は、イースターバニーの人形劇。
ほのぼの。

子ども達は、本当に成長したなーと思える。
どの子を見ても、9月の時とは違う。

それぞれがちゃんと歌詞を覚えていて、歌っているし。(歌を歌おうという状況はないけれど、キャンドルを灯す時や、いただきます、ごちそう様の時、人形劇の前や後など、歌で誘導するからしょっちゅう、歌ってる。

写真の紙バスケットは、子ども達のにじみ絵でつくったもの。花も子ども達がつくっていた。赤いゆで卵の横の卵は、卵の殻に、濡れた色紙を貼り付けて、子ども達が染めていたもの。
数週間前には植木鉢に芝生の種を蒔いていて・・・と、言う感じで、数週間前から、木曜日はフェスティバルへ向けていろんな準備がされていた模様。b0027781_874561.jpg
[PR]
by nu2meg | 2008-03-21 06:21 | 日常

人智学医の話2

火曜の夜、また学校医(人智学医)の話があった。

テーマは、教育と子どもの発達。

イギリス政府が今、早期教育を押している。
4歳までに読み書きが出来るように公教育で徹底する・・・というモノ。
シュタイナー関係者はもちろん、大反対。でも、それが通ってしまうと、シュタイナー学校と言っても、逆らうわけにはいかなくなる。

政府の考えというのは、知識を詰め込む事が一番という、「わからないではない」理論に基づいているのだけれど、そういう動きがある中で、現場の教育者(通常の公教育の)達からも、反対の声が上がっているそう。
現場の教育者たちは、今でさえ、子ども達が教育の場でストレスを感じているのに、それを政府は理解してない。教育の場が危険だ・・・と言うのだ。

そんな新聞記事を元に、医師は「子どもの発達」を無視している現状の教育と、将来への警告を、シュタイナー的な考えで説明してくれた。


前回のトークと、基本は変わらない。
人を、頭・上半身・下半身と四肢に分ける。

頭:        吸収       IN     思考  MIND 
上半身:     循環 リズム  FLOW  感情  
下半身と四肢: 消化と動き   OUT   行動・体 WILL

思春期までは、感情や体を作る時期。(思春期というのは、体が熟成した証拠ということからも、それまでは、身体も感情も未熟と考えられる)

逆に言えば、思春期を過ぎてしまってから、感情や体、行動力を発達させようというのは、難しいということ。そしてその時期に、頭の発達へと集中した教育をしてしまうと、身体や心が未熟なまま、大人になってしまうということ。


新聞記事に、テストに落ちて絶望的になっているティーンの写真が載っていた。
顔に手を当てて、頭を落として・・・。

これ以上吸収できない → 頭が1杯
感情は循環できなくなって → 停止状態
何も行動が出来ない → 停止状態

好きな人ができて、ドキドキしたり、ワクワクすることばかり考えて、パーティーに出かけたりする時期。人との関係が大切で、仲間と一緒に行動するのが好きな時期。
その時期に、どきどきも、わくわくもしないで、1人で頭を抱える。

日本は早期教育において先進国だから、この状態は今の日本に多く見られるとおもう。人と付き合うことが下手だったり、自分の部屋に閉じこもったり、命を絶ったり。


人は、年を取れば、どんどん頭が固くなる。
若い枝は、しなやかだけれど、年季の入った枝は、曲げるとポキッと折れてしまう。
今の子ども達は、いろんなことに、しなやかに対応することが出来なくなって、ポキッと折れてしまう・・・。

子どもは「フレキシブル(柔軟性がある)」なはずなのに、今の子どもは「フラジャイル(壊れやすい・傷つきやすい)」。新聞記事には、「フラジャイルな子ども達」と書かれていた。


たまたま、生後3ヶ月ほどの赤ちゃんが来ていた。
まだまだ、明らかに消化器官が発達していない、赤ちゃん。
歩く事もできない、あかちゃん。
成長しよういうエネルギーが、下半身に注がれている。

そんな赤ちゃんを見ながら、医師が目の前に立って、言った。
赤ちゃんには、リズムが必要。だから、母の胸にピッタリとくっつけてあげて、心臓の音を聞かせてあげると安心する。そして感情を豊かにする。

子どもの目を見れば、子どもは『頭』にエネルギーを注いでしまうから、目を見なくても良い(もちろん程度の問題だろうけれど)。会話しようとしなくても良い。ただ、包み込んであげれば良い・・・。

コレはびっくりしたけれど、腑に落ちる話だった。
私は赤ちゃんだったポピーと会話したくて、よく見詰め合っていたから・・・。そしてポピーはとっても頭でっかちな赤ちゃんだったから。

歩く事が早かったのは、バランスを取るためだったのかもしれない。
そして、行動できるようになってから、ポピーのエネルギーはもっと下に集中するようになったのかも。。。


もう1つ、印象に残ったのは、子どもに喋リかける時に、良いとか綺麗とかいう、大人の判断で形容しない事。

たいてい、ポジティブな形容をするとはいっても、それはネガティブなものの存在があって成り立っている事。『良い天気だね』の裏には、『悪い天気』があるし、「綺麗な絵」の裏には、「醜い絵」がある。

『今日は晴れてるね』『鳥が書いてあるね』というノン・ジャッジメントな言葉かけをしてあげれば、子どもの感情を育てる事が出来る。『小鳥さん、お腹空いてるから、えさあげよう。』とか、想像力も養われる。

これは、気にかけてみれば、すごく難しい・・・。
でも、「ジャッジしない」というのがACIMでも訓練したい事だから、ちょうど良いかもしれない・・・。

ちなみに・・・ACIM的に解釈すると、
頭=エゴマインド。

確かに、小さな子にはエゴマインドは少ない。自分と他人の区別がないから、人形と自分を一体化することもできる。
どんどん大人になって、どんどんエゴが発達して、どんどん頑なに、卑屈に?なっていく・・・。

そういえば、世界青年の船で出会った、フィジーの人々は、他人が泣いたら自分も泣いてしまうような人々だった。どでかい身体の男性でさえも・・・。

そして歌を歌えば、素晴らしいハーモニー。
即興だって、みんなが主旋律で歌うのではなく、10人いれば10部合唱という感じ。
それが出来るのは、他との関わりを大切にしている感情をつかさどる上半身が発達しているからに違いない。

彼らは決して、個人個人で目立つ存在ではなかったけれど、国の代表として参加していたのだから、それなりにフィジー国内では「個性的」なのかもしれない・・・。エゴマインドの少ない大人というのは、ああいう穏やかな人々なんだろうなあ・・・。


さて。頭が詰まった時のストレス解消法。
メディテーションで意図的に思考を流す。(呼吸も使うから、FLOW)
呼吸を使うといえば、ヨガやマーシャルアートも。(これらは体も使うから運動という意味でも、OUT)
音楽やリズムを楽しむのも、FLOWで良し
運動やお出かけも、OUTで良し

上記は、健康的で理想的なストレス発散。ドイツ人の、ユーモアたっぷりのこの医師曰く、英国人は日常生活で詰まってるから、パブで発散させている(アルコールによって、抑圧してた感情を外に出す)けれど、歯止めが利かなくなって、乱暴になるケースも多い・・・とのこと。

日常でもっと詰まってるのは日本人だと思うけれど、日本の飲み文化も同じか、それ以上にタチが悪い(英国ではあまり接待で飲むというのは少ないから)から納得。 

ちなみにアルコールのアンチドーズはコーヒーだそう。確かに、コーヒー飲んでシャキッとするかー。しかもアルコールが飲めなくなった私、前は大好きだったコーヒーすら、あまり飲めなくなったから、的を得てる!
[PR]
by nu2meg | 2008-03-15 08:17 | シュタイナー

クリスタル?

昨日の午後、ポピーと一緒にスコーンを作った。
我が家(ポピーと私)は夕飯が早いから、夕飯後に食べようねーと、ご飯を食べていた。

次に食べたいという気持ちから、「ごちそうさまー」とポピー。(食べながら何度も言うから、ホントの意味は解かってない)そして、まだかと言わんばかりに言った。

WHERE is C****?

ん? 

また、なんか勝手な言葉でもつくってるのかなー。
と思っていたら、しつこい・・・。
そしてよくよく聞けば、「クリスタル」。なんで??

あー。スコーンの事だ・・・。

ポピーは、スコーンと発音出来ずに、「ストーン」作ると言っていたから・・・。
ポピーの頭の中では、
ストーン=クリスタル=スコーン 

1人で、大笑いしてしまった。
[PR]
by nu2meg | 2008-03-11 19:13 | 子育て

水疱瘡だった?

ちょうど先週末のこと。
ポピーは38度5分程度の熱が2日ほど続いた。

そうはいっても、いつもどおりで普通に元気。
通常、熱の時は、息遣いがちょっと荒くなるから、熱?と気付くようなものなのだけれど、寝息もピースフルだったし、ちょっと「何か違う?」と思っていた。

そして、ささやかな期待は、「はしか」
ちょうど、クラスの子のお姉ちゃんが、「はしか」に罹ったと聞いていた。ただし、そのお母さんの話によると、同じクラスにいる妹の方が、実は先に罹っていたんだと思う・・・というから、そうだとしたら、もらうにしても遅すぎるのだけれど。

*ちなみに、その姉妹には、ダウン症のお兄ちゃんが居るのだけれど、そのお兄ちゃんは、MMR(はしか、風疹、おたふく風邪)の後に明らかに自閉症になったから(ダウン症のように、天真爛漫な気質からの変化だから、写真を見ても、ビデオを観ても、他人からみても、明らかな変化だったらしい)、下の妹達は予防接種を受けさせていないとのこと。

熱が下がっても、はしかの症状である、「口の中に白いブツブツ」が出来るわけでもなく、ポピーは元気に月曜を迎えた。
ただ、口の周りがちょっと荒れていたのだけれど・・・。(いわゆる熱の花+ヘルペス?とか思ったりしていた。)

火曜日、まだブツブツの赤みがひかないねーと、朝、「サルファー」(ホメオパシー)をあげてみると、スーッと効いたらしく、保育園から帰ってきた頃には、落ち着いた感じに。

んー、ヘルペスだったんか?
そしたら、水疱瘡に近いけど、違うかー。
なんやったんやろう・・・。

そう思いながら、まあ、元気だし・・・と、日常が過ぎ、木曜日の夕方。
水曜日の夜にみつけた、小指の先の、小さな傷口に水ぶくれができていた。

傷口から「感染」したことは察しが付くけれど、「とびひ」というのでもなさそう。
どっちにしても、感染だから、傷口の消毒を兼ねて、「カレンデュラ」、「リーダム」「ハイペリカム」など、いろいろあげてみる。

傷口は、赤くて、水ぶくれ。
パッと見、虫にさされたみたいだし、と「エイピス」もあげてみる。

そうして、なんだかよく分からないまま、土曜日の夜。
今度は、胸に赤い発疹が1つ。

これって、水疱瘡?
そうだとしたらと、「ルストックス」。

寝る前には、虫刺されみたいだった発疹は、その後すぐに水疱瘡らしくジュクっとして、朝になるともう乾いていた。(1箇所だったから、レメディがすごく効いた?)

日曜日、発疹が増えるのかと思いきや、そんなこともなく、元気に過ごす。

考えれば、口の周りにできていたのも、水疱瘡だったのかも・・・とも思えてくる。

そういえば、鼻の中に1個できていて、それが、どうしてもポピーは気になって触ってしまうから、まだそこだけは、治りが遅いのだけれど、傷口のある小指で、鼻をほじって、水疱瘡のウィルスに感染したのかなあ?

今日は珍しく、お風呂に入りたくないーと主張して寝たポピー。
それってとっても、「サルファー」・・・・。

さて、どうなることやら・・。


ちなみに今日、庭仕事をしていて、思いっきり、トゲが指に刺さった。
ついさっき、なんかやっぱり痛いよなーと、刺し傷に良い「リーダム」を摂ったら、口に入れた瞬間から、刺し傷の辺りがジーンとしてきた。レメディってすごいーと実感。
[PR]
by nu2meg | 2008-03-10 06:20 | 子育て

ロフト工事始まる

b0027781_7112669.jpg先週、ようやく足場が出来て、いつから工事がはじまるのやらと思っていたら、月曜日から始まった。

長い道のり・・・。
クリスマス前にはスタートの予定だったのに・・・笑

しょっぱなから屋根がなくなるなんて思っていなかったけれど、なくなってみると一番寒い時期でなくて良かったとも言える。さすがに、屋根がないと温度ロスは大きい・・・。(裏側は増築のために屋根の形を変えるし、表側は、この際だからと葺き替える)

工事は4-5週間の予定。
屋根裏部屋の増築が終わったら、ようやくキッチン工事も始まる予定・・・(まだビルダーを決定してないんだけど)どっちも、パーフェクトに仕上げてもらうのではなくて、荒のまま、多分自分達でできる部分はDIYすることになると思うのだけれど・・・。

普段から、タラタラとDIYとかしているから、1ヶ月後に自分達は何もしないのに、一部屋増えているなんて夢のよう。

普通の感覚だと、そんな工事中の家に住んでいるのは信じられないだろうけれど・・・
実は、貸しフラットがこの1週間ほどフリーなので、そっちに帰ろうとも話していたのだけれど、いざとなると、面倒・・・。車のパーキングは1時間2ポンドかかるし、日中でかけていれば、フラットへ帰るメリットもあまりないかも?と、様子見中。
[PR]
by nu2meg | 2008-03-06 07:32 | 家づくり

おひなさま

b0027781_5205442.jpgクリスマス前に、羊毛でエンジェルを作ってから、密かに抱いていた野心。

  羊毛おひなさま 
    を作るぞ!

1ヶ月ほど前から、ぼちぼちと始めて、昨日完成しました!
最初は、どうせなら、3人官女も欲しいわーなんて思っていたけれど、とーんでもない。2人で充分です・・・。

通常のおひなさまサイズと言う感じでデカイので、迫力たっぷり!
作り終えてみたら、手のひらサイズくらいにしたら、良かったかもーなんて思ったけれど。(あまりに場所を取るし)

ネットで、市販のおひなさまの具合を観察して作ってみたのだけれど、日本髪ってどうなってるの?とか、着物ってどうなってるの?とか、おひなさまは、実はハカマをはいているのね・・・とか、いろんなことも知った・・・。

「で、それは何のため?」とローレンス。
「そりゃ、これは結婚式だから、将来、幸せに嫁になれますように・・・という願いだろうね・・・」と私。(そうだったのね?気がつかなかった・・・笑)

今時、「可愛いお嫁さんになりたいです」なんて夢を語る子はいるんだろうか?
b0027781_5294060.jpg
肝心のポピーの反応はというと、(作るところをみていたから、驚く事は無かった)クールなもの。触ってはいけない大切なものというのは、なんとなく解かったらしく、眺めているだけだった。

でも夜、寝かしつけた後、ふとお雛様たちをみてみると、二人の前に、ティーカップとスプーンが並べてあった!(うるうる) よし、来年は、菱餅とか、小物もつくってあげようー。
[PR]
by nu2meg | 2008-03-03 05:37 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧