<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

友達と遊ぶ事

b0027781_4513474.jpg2ターム目になったからか、3歳という年齢がそうさせているのか分からないけれど、ポピーの中で「友達」が大切になってきているのが分かる。

保育園に行くのが楽しみになってきているし、終わっても、すぐに帰ろうとしない。

そして、先週という中途半端な時から、クラスメートが1人増えたのだけれど、その女の子のお母さんは日本人!(まだ会った事ないけど)娘さんは日本語がちゃんと喋れるので、ポピーにもグッドニュース。

彼女の初日に、ポピーに「お部屋まで案内してあげたら?」と言ってみたら、喜んで、2人で手をつないで教室へ入って行った。翌日も、まったく振り帰ることなく!(これまで、ドアのところでバイバイできたのは、数回で、だいたい、部屋まで一緒に入って、それからバイバイだったのに。)

保育園のない日にも、「保育園は?」と聞くようになった。
楽しいんだろうなーと思うと、成長を感じる。

昨日は、近所の公園で、近所のクラスメートたちと仲良く遊んでいた。
帰りはドロだらけ(保育園では、防水ズボンはいているから良いけど、はいていなくても、お構いなく、泥んこの水たまりをバシャバシャ歩くから、よそのお母さん達の目は引いていた・・・)
みんな、仲間意識がちゃんとあって、見ていてほのぼの。
[PR]
by nu2meg | 2008-01-26 04:50 | 子育て

またまた里帰りしますー。

まさかの展開です。
つい数週間前まで日本に帰っていたというのに、3月末にまた日本へ帰る事になりました。
いや、まだ正確には、チケット代を払えば・・・という最後のプロセスが残っているのだけれど。

1月1日の時点では、次に帰るのは1-2年後かな?なんて思っていた。

「春に2-3日の家族旅行に行く」と言う話があって、親族が数泊の旅行先をいろいろ考えていた時も、私は参加しないものだと思い込んでいた。・・・それが、帰国直前になって、日程が確定して、実はその日の辺りというのは、ポピーの春休みである事が分かったもんだから、冗談で「私も連れてってくれる?」と言ったら、来れるなら来れば?という話に急展開。

父は別れ際にも「家族旅行もこれで最後だから・・・」と言っていた。
実は家族旅行といっても、盆と正月に顔をあわせている、母方の兄弟3世代を含む集団20名強。(そりゃ、そんな旅行は最後に違いない・・・)

それでも、春休みだし、なんかローレンスが企画していたんじゃないかなー・・・。そうだとしたら無理だわー・・・なんて言って帰りの飛行機に乗り込んだら・・・。

同行の直ちゃんまで、「また春に帰ろうと思うねん。」と言い出す。
「え?。。。私もそんな話が・・・」
「じゃ、また一緒に帰る?」
(一体、私たちはナンなんだー!笑)


ローレンスに話をしたときは、「ローレンスも一緒に帰ろうよ」というノリで。。
そしたら、その辺りであれば、日本に行けるかも・・・と言い出し、それなら、大家族旅行の沖縄の前に、石垣とか島に行こうー・・・という事に・・・。

・・・が、やっぱり年度末決算の忙しい時期が終わるか終わらないかの忙しい時期。責任のある立場として、休みを取るのは・・・と言い出した。

外のトイレが怖いポピーを連れて、一番困るのは、自分がトイレに行きたい時。
今の状態のままでは、1人で連れて帰るのはキツすぎる。
なおちゃんに、「春どうするの?」とメールしたら、私と全く同じ状況だった。

要するに、2人とも、帰国するのは、嬉しくもあり、面倒くさくもある。
そして、「理由」を探していた。

ずっと帰っていないし、そろそろ・・・。という理由は適合しないし、帰らなければいけない理由は実はない。たった2-3日の旅行、しかも昔行ったことのある場所の旅行に、絶対に行きたいというわけでもなくて、どっちでもいい・・・。


イマイチ乗り切れない自分達を、ずーっと突き詰めれば、やっぱり罪悪感というエゴの産物にぶち当たった。

英国に暮らしているのだから、しょっちゅう祖国に帰るのは、まるで逃げているよう・・・に思われるのでは・・というような罪悪感。(特にこっちの家族に対して)
帰るイコール出費も多くなる・・・という罪悪感。
残す羽目になるパートナーへの罪悪感。
ポピーを振り回すという罪悪感。
その他モロモロ、もっといっぱいあるはず。

その罪悪感を感じないようにするために、一生懸命に理由を探していた。
帰らなければならない理由。
帰ったほうが、良いという理由。
家の工事中だから・・・とか。笑


ふと、昔、もう辞めたいなーっと思っていた仕事が、そう思っても、すぐには辞められなかった事を思い出した。『辞めなきゃいけない理由』がないと、辞めたいものすら簡単に辞められない。

そこには、やっぱりいろんな社会的な罪悪感が存在していた。
結果的に、同僚の不適切な態度等を理由にして、私はその仕事を「辞められた」のだけれど、これもまあ、今考えれば、なんとも酷い罪悪感の押し付けであることか!


ちょっと前に、「ネガティブな感情」とは「正当化すること」から生まれているということを書いたけれど、本当に、そのもの。

理由をつけようとすることは、正当化しようとしていることで、罪悪感から逃げようとしている事・・・。


たまたま、今回は「里帰り」ということで、こんなことを感じたのだけれど、世の中にはたっくさん、『理由付け』している事があるように思う。そして、『動機』というのが、ワクワクした自発的な心を伴うものであるのに対して、『理由』というのは、結果を出さなければいけない、思考の中で生まれているような感じ。

私は、大学2年生の時に、ふと、どうしても休学したい・・・と思って、翌年に休学しているのだけれど、その時の私には、本当に『理由』が見つからなかった。ただ単に、あのまま通学して、卒業してしまったら、自分がちっぽけなままに人生が終わってしまうんじゃないかという気持ちがこみ上げてきて、居ても立ってもいられなくなってしまった。

たまたま(何故か:笑)兄に電話して相談したら、「海外にでも行くつもりか?」と言われて、初めて「海外」がオプションに加わったという程度だったのだけれど、今考えれば、あの時の私は、思考を超えた、魂の意図みたいなものに、身をゆだねる事にしたのだと思う。

自分で行くと決めたくせに、行く直前まで、怖くて、どうすればいいのかわからなくて、泣いていたくらいだから・・・。笑


今回の里帰りは、あの時のように、『身をゆだねる事の大切さ』に気付くためのプレゼントなのかもしれない。ACIM的に言えば、ホーリースピリットの選択。

・・・ということで、せっかくの機会なので、久々に東京にも寄りますー。
3月27日から4泊ほどの予定。時間の作れそうな人は、遊んでくださいね。
[PR]
by nu2meg | 2008-01-24 05:42 | サイキック・スピリチュアル

オーガニックボックス

b0027781_5262162.jpgいつからだったか、私は買い物に出かけても、『食べたい野菜』に出会うことなく、買えなくなってしまっていた。

前は、イタリアで「新鮮で美味しそうなローカル野菜」に見慣れた後・・・とかだったのだけれど、歩いてすぐの場所に、ファーマーズマーケットがあるわけでもないし、たまに野外のマーケットでコレコレ・・・と手にする他は、本当に気が進まなかったから・・・。

保育園が始まって、学校でオーガニックボックスを共同購入していると知った。
値段はそのままだけれど、売り上げの1割が学校へ寄付されるという事。(自分達にプロフィットはないので、家に直接宅配してもらう方が楽ではあるけれど)

ボックスを買っているお母さんに聞いたら、「お薦めよ」の一言。
・・・ということで、週に1度、オーガニックボックスを購入している。

とっても美味しいし、スーパーや、オーガニック食品屋で買うよりも、新鮮でお得でもある。
いろんなボックスがあるけれど、うちでは、

 野菜と果物セット(14ポンド弱)
   *写真は今日のセット。10アイテムだから1品1.4ポンド程度。
   モノによっては、オーガニックでないものをスーパーで買うよりも、安いと思う。
  
 季節のローカル野菜セット(10ポンド弱)

を、交互に注文している。
前に使っていた事のある会社のものよりも、断然鮮度が良いし、是非お薦めです。RIVERFORD


b0027781_5434345.jpgかなり、場違い?だけど、この写真は、この間撮った、ポピーのメイクアップ。

私が化粧をしないので、実家に帰ったとき、母の化粧の様子を食い入るように見ていたポピー。リップライナーで、おばあちゃんに描いてもらったのを、「再現」したらしい・・・。私は料理中で、後ろから、「プリンセス・ポピー♪」と歌っているのが聞こえて、振り返ったら・・・。赤いサインペンで描いてました。鏡を見せたら、満足そうに「うっとり」してた・・・笑

1歳半の従姉も口紅を顔中に塗りたくっていたらしいけれど、3歳になると一応、ターゲットが定まるらしい・・・? そういえば、昔私も、お出かけ前に、自分と妹をメイクアップしたことがあったなー。母は忙しさで全く気付かず。外に出て、近所の人に指摘されて、怒られたのを思い出す。。。
[PR]
by nu2meg | 2008-01-18 05:51 | 食べ物

100年分の垢を落とす・・・

b0027781_482998.jpg今日は朝からローレンスがポピーを連れてスイミングへ行き、その後はサイエンスミュージアムへ・・・。ということで、私は前々から、ちびちびと作業をしていた「コーニス」のペンキ落としをした。

コーニスというのは、天井の隅を飾っている石膏作りの装飾。
大抵の家では、どんどんとペンキを塗られて、原型がわからないくらいの状態になってしまっている。

うちの家はまだ築100年くらいの新しい方なので、前に住んでいた150年以上のフラットのコーニスよりも、状態は良いのだけれど、前のフラットでこの「ペンキ落とし」という気の長い作業を貫徹したものだから、ここもすれば綺麗になるのになーっと、密かに『綺麗にしたい願望」があった。

前のフラットの時は、「ピールアウェイ」というアルカリ性の薬品を使用して綺麗にしたのだけれど、たまたま「蒸気」で綺麗に出来るという風に聞いた。

一部が破損している事もあるので、その修理にどれくらいかかるのか、見積もってもらったのだけど、その時に、他の人たちは、「クリーニングするのは、大変な仕事だから、レプリカを作って付け直すのがお薦めです」というところ、1人だけ「蒸気でクリーニングする」と言う人がいたのだ。
*ちなみに、値段的には確かにレプリカにするのもクリーニングするのも大差がない、60-80万円ということだった。(本当に何でも高い・・・)

壁紙を剥がすために使うのは、スチーマー。
そのスチーマーでコーニスを温めると・・・確かに、何層にもなっているペンキが柔らかくなってきて、そこに上手くナイフなりなんなり入れると、ペンキをこそぎ落とす事が出来る。ただし、もとが石膏なので、力を入れすぎると石膏も削れてしまうのだけど・・・。

前、フラットでクリーニングした時に、もうその大変さは知っていた。
1時間に15センチー30センチとか、そういうエライ時間のかかる発掘作業だと言うことは・・・。


・・・ということで、いつからだったか、ちびちびと始めていた作業。
今日は6時間ほど延々と作業を続けた甲斐あって、とうとう、1部屋が終わった!!(コーニスのある部屋は2部屋しかないから、あと1部屋!)正確にはまだ終わってはいないのだけれど、ラフにペンキを落とす事はできた。

ちまちまと、100年分の垢かー・・・と思いながら、表面的に綺麗にし続けても、やっぱり最終的には内部から綺麗にしていかないといけないんだなーなどボケーっと考えたり・・・。

そうかと思えば、これで約半分だから、30万円分セーブしたかなー。と、ちょっぴり嬉しくなったり・・・

いや、こういうのは、忍耐力と手先の器用さだけがあればできることだから(これが、ローレンスにはないんだな・・・笑)、語学学校に通う日本人学生とかにバイトさせて、コーニスクリーニングの派遣でもすれば、儲かるかもよーと思ったり(笑)

どっちにしろ、あと一部屋・・・。
誰かやってみたい人、遊びに来て、是非、やってください・・・笑
[PR]
by nu2meg | 2008-01-13 04:38 | 家づくり

3歳の誕生日

b0027781_48494.jpgポピーも
3歳になりました。

誕生日パーティーをするかどうか、迷ったのだけれど、まだ家はたくさんの人を呼べる状態ではないし、外でやるとなると、どう考えてもポピーは警戒モードで、楽しめないだろう・・・ということで、今年も親子水入らずの誕生日をすることに。

ローレンスには休みを取ってもらった。保育園のスナックタイムに呼ばれて、誕生日のお祝いをしてもらうから・・・。午後には家族で動物園にでも???と思っていた。

ところがあいにくの雨。
スナックタイムでは、誕生日のお話をしてもらって、昨夜作った砂糖の代わりにメープルシロップを使って作ったデコレーションケーキも売れ行きが良かった。

その後の、お外タイムは雨の中。
あんなに降る中でも、子ども達はシーソーしたり、地面に座り込んだり・・・。完全防雨なわけだ・・・。水たまりのある所では、じゃんじゃん思いっきり飛びまくるし・・・。

そして、帰宅してランチを食べた後、さてどうしよう・・ということに。
室内の方がいいからと、サイエンスミュージーアムにでも行こうとローレンスが言い出したのだけれど、なんだか、わざわざ市内に出かけて行くのも面倒になって、ふと思いついたのが、Art4Fun。昔の職場の近くにあったから、存在は知っていたという程度なのだけど、お皿やマグカップなどに、色を塗って、オリジナルな作品をつくるというやつ。

まだ、ポピーは絵を描くというよりは、色を楽しむ年齢だから、今のありのままというのを残しておきたいとも思っていた。

案の定、ポピーはとっても喜んで、1時間以上、ずっと集中して色を塗っていたから大成功。

私も1枚やってみた。・・・といっても、ポピーが横から手伝ってくれちゃうから、「なんでもアリ」と言う感じの自称モネ調?。仕上がりは来週。どんなものができているのか、楽しみ。
[PR]
by nu2meg | 2008-01-09 04:28 | 子育て

ただいまロンドン

b0027781_5163169.jpg昨夜、ロンドンへ帰ってきました。

帰りの飛行機、ポピーの機嫌が悪かったから、疲れたー。
騒いだ本人は、アムスまでに1時間半ほど寝て、アムスからのフライト、そして自宅へ着くまで寝ていた。日本時間に直したら、早朝3時ごろに寝付いた事になる・・・から、無理もない。

今朝は3時過ぎからごちゃごちゃ言って、寝たり、喋ったり・・・。
10時からは、保育園に。
私は、貸しフラットの掃除へ・・・。

帰国初日から、バタバタしまくった1日。
でも、ブログを書いている私・・・。だって明日はポピーの誕生日だから、タイムリーに書きたいし・・・という理由なのだけれど、これから保育園へ持って行くケーキも作らねば・・・。

ポピーはお風呂に入りながら寝てしまった・・・。


さて、日本での日々は、のんびりだけれど、何かしらしていた感じ。
とりあえず、写真でダイジェスト。

1泊で温泉にも行き、蟹づくし。

*ポピーは里帰り中、ずっと、梅干ごはん、納豆ご飯、おにぎり、うどん、そば、豆腐、おもち、干し芋、ブロッコリー、カリフラワー、だしじゃこ、干しカレイ、フルーツ・・・だけを食べるという程度で、完全に「素材のまましか食べない」を全うしてくれた・・・。

友人宅でのウスとキネでのお餅つきもさせてもらって、雪だるまもつくって・・・
いつものように、親戚で過ごすお正月。


私は高校の同窓会にも参加。
卒業18年にして、270人中100人強参加というパワフルなものだった。
卒業時に18歳だから、卒業して18年というのは、なんだか感慨深いものもあった。

実家で暮らしていたのが、人生の半分。
その後の人生の半分は、その半分以上を海外で暮らしている。
担任の先生が、18年前に36歳であったと言う事が一番の驚きだったけれど・・・笑
あと、同級生同士で結婚したカップルが10組と言うのも!


いろいろと、もっと書いておきたいこともあったのだけれど、家に帰ってきて、休む間なく日常生活が始まってしまうと、たった2日前の事すら、別世界に思えてくる。

とりあえず? 
遊んでくれたみなさん、ありがとうー。
家族や親戚にも、ありがとうー。
一緒に帰ってくれたなおちゃんにも、ありがとうー。
[PR]
by nu2meg | 2008-01-08 05:49 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧