<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ちょっとブーム?

b0027781_4371192.jpgようやく写真を撮った。この間から、ちょっとブームな手づくりお菓子。ホットプリン。

これを知ったのは、友人ちはるさんのサイトから。(そこからレシピの載っている、はるちさんのサイトへもリンクしています。)

ちはるさんのブログには、あちこちからの素晴らしいレシピが集まっていて、すごいです・・・。ほーんと、真の料理人とはこういう人たちを指すのだろう・・・というくらい、素材を活かす事が好きなクリエイティブな人たち。ベジタリアンメニューを増やしたい人にも超お薦めです。



b0027781_4591549.jpgさてホットプリン。ポピーにもローレンスにも大好評。
要は、卵と牛乳抜きでもカスタードクリームが出来る・・・という感じで・・・(ミルク系が好きな私はミルクを入れたりもしてます) カスタードクリームのノリで、バナナを入れたりもしてアレンジ。今日のは、ポピーのリクエストに応えて、チョコレートソース付き。

チョコソースと言っても、鍋に残ってるクリームに、キャロブパウダーとアガーシロップを加えたものでヘルシー系。

2-3分でできるというお気軽さがまた最高。
レシピ、気になるでしょう?
葛を使うのだけれど、英国で手に入りやすくて似ているのは、ARROW ROOTだと思います。自然食品屋にもKUZUって売ってますが・・・ 
[PR]
by nu2meg | 2007-10-31 05:05 | 食べ物

3年半ぶり

・・・に、友達と会った。
カレッジのヒーラー仲間。

今週末は、私1人の時を過ごす予定だったから、ファビオラに『会おう』と連絡してた。
ちょっとお茶・・・の予定で、約4時間しゃべりまくり。タロットもしたからディープにも・・・。

いろんな話をする中で、ポツポツとファビオラが見える(彼女は透視のできるサイキックでもある)ことを伝えてくれる。うんうん、興味深い・・・。

『久々に会う友達』は、あまり久々に感じない友達が多い。
彼女もそんな1人だなーっと改めて、時を越えたつながりを感じた。


1つ、紹介したい話。

彼女の友人がガンを克服した話。
その彼は、喉の辺りのガンだったらしく、余命3ヶ月といわれた。
彼女もヒーリングをして、もちろんヒーリングのときも凄いエネルギーを感じたらしいけれど、彼の病気への態度、人生への態度が、真のヒーリングをもたらしたにちがいないと言っていた。

まず彼は、病気について、「なんで自分が?」という被害者的な考えをしなかった。
悲観的になることもなく、もういつ死んでも悔いが残らないようにと彼がやったのは、友達へのアプローチ。

自分が関わってきた人間関係の中で、すこしでもワダカマリがあったり、謝罪したいと思うことを見つけては、赦して欲しいと心を開いて言った。

医者には「何が起こったかサッパリわからなけれど、ガンは消えているから、何をしたにしても、それを続けるといい・・・」といわれたらしい。


やっぱり「ゆるし」だよなーっと改めて実感。
「ゆるす」「ゆるされる」ということを日常生活の一部にすること。
それが如何に大切なことか。
少しでも多くの人に届くように・・・。
[PR]
by nu2meg | 2007-10-28 06:01 | サイキック・スピリチュアル

ハロウィンパーティ

b0027781_6112667.jpg2日前に友達からハロウィンパーティするから来ない?と誘われた。

ドレスアップしてもいいし、しなくてもいいし・・・ということだったけれど、他の子がドレスアップしていたら、自分も着たくなるだろうな・・・と、思って、ローレンスが買ってきてくれたのがこの「かぼちゃの妖精」ドレス。

パーティーと言っても、カフェで一緒にランチするという程度だったのだけれど、かぼちゃ系が多くて可愛かったー。(その他は、ガイコツとか、あったけれど) ちなみにこのカフェ、飾り気ないけれど、オーガニックでエコなカフェ。

すっかり寒くなったこのごろ。カフェのある森もすっかりと冬目の前。

なんだか秋らしいものが食べたくて、夕飯は軽くスープと、栗とサツマイモをオーブンで焼いたもの。こっちの普通のサツマイモは、オレンジ色でかぼちゃみたいな水分が多いもの。でもこの間、トルコ系の八百屋さんから、中が白い日本で買えるでんぷん質の多いものを買っていたから、白いのと、オレンジのを1本ずつ。

ローレンスは「同じ味」と言い、何がスペシャルなのか分からないといっていたけれど、やっぱり焼き芋といえば、これじゃなきゃ・・・と、私。

意外にもポピーは白よりもオレンジが良かったらしい。そういえば、水気があるから、トロリとしてるから、食感的には美味しいかな・・・とか思いつつ、「あれは、サツマイモだと思って食べるから、こんなんじゃない・・・と思ってしまうのだな・・・」と気付いた。今度からは別の野菜だと思って食べよう・・・。

ちなみにローレンス、とうとう風邪をひいて今日は早退してきた。
こんなの初めてだから、よっぽど具合が悪いに違いない。
・・よって、明日から週末までローレンスとポピーが2人で義父母の所へ行くという予定も却下。

せっかくまたの「1人」をエンジョイしようと思っていたのだけれど・・・笑
[PR]
by nu2meg | 2007-10-25 06:27 | 日常

充実の週末

b0027781_4203585.jpgこの土日、両日ともカレッジにワークショップに行った。ポピーが産まれてから、カレッジのワークショップには行ってなかったので、すーっごく久しぶりに。

実は、the disappearance of the universe を読んでから、自分の中で「ヒーリング」のあり方についていろいろ考えさせられていた。

もともとサイキックサージェリー(エネルギーレベルで、悪い部分は取り除く手術をする)とか、ヒーラーへ依存することとか、そういうのは、一時的な対処療法で、本当のヒーリングはその人自身が自分自身を見つめる事からスタートするもの・・・と思っていたので、本を読んでから更に、サイキックなテクニークを増やす事、そのものが、必要なのかどうかも疑問だったのだけど・・・

2日行ってみて(同じ先生の、別々のワークショップ)、行ってよかったなと思えるものだった。たまたまウィーン生まれで、がん患者さんのケアもしてる・・・なんて情報を義父(ウィーン生まれ)に伝えたら、「それは良さそう!」といわれ、、2日目のクラスがリュウマチ等をエネルギー的に癒す・・・ということを伝えたら、「行くべきだ!」ということになったのだけど・・。(義父母&父はリュウマチ持ち)ちなみに1日目は肺疾患。予約したとき私はすっかり忘れていたけれど、数年前にかなり咳き込んでから、肺活量がすっごくなくなった私・・・。

自分の運動不足にも気付かされた2日間だった。彼はかなり地に足ついたヒーラーで、ネイティブインディアンやチベタンのヒーラーからも学んだだけあって、肉体的なエクササイズもたくさんしたのだけれど、自分で、このままじゃあ数十年後には体がカチコチになっちゃうわ・・・と反省。

私は特に習ったわけでもないのだけれど、背骨のヒーリングをするのが何故か好きでかなり肉体的&プラクティカルなヒーリングだと思っていたのだけれど、今日は背骨からのヒーリングも習った。習ったからには、今後はもっとディープなレベルでできそう。

この背骨のヒーリングをやっている時、私がパートナーになった女性の背中に自分を見た。
絵に描いたような、お互いのためのヒーリングだなー。なんて思って、かなりグングン入ってヒーリングしていたら、終わったあと、私の背中はまるでディープティッシュ・マッサージを受けたような状態になっていた。もみ返しというか、凄い状態・・・。帰る頃にはゆるんできたけれど、かなりのヒーリング。

ということで、ホクホク気分の週末。
土曜日は、コースの後、近所でのイベントに参加したローレンスとポピーと待ち合わせて、ショッピング。といっても、カーテンの生地を買いに行ったというプラクティカルなものだけど。

家に帰ったら、ディナーとケーキと花束が用意されていた。
私の36才の誕生日だったから。

ケーキは自分で作らないから、今年はないなーっと思っていたのに、作ってくれていて感激。見かけはいかにも英人の作りそうなケーキだけど・・・笑 
[PR]
by nu2meg | 2007-10-22 05:05 | ヒーリング

このごろ・・

b0027781_5312878.jpgふとした拍子に、成長したなーっ よくわかっているなーっ と思うことが多くなった。

この間、ドーナツ・デビューしたポピー。ローレンスが一緒にお店に行って買ってきた。チョコのかかったドーナッツ1個。ポピーにあげるつもりで買ったのだろうけれど、調子に乗って、「マミーの?」「ダディーの?」と聞くものだから、ポピーは「ポピーとマミーとダディーの」。

それなら・・・と、ナイフでカット。何も考えずに8等分。
ポピーは1個ずつ、「マミー」「ダディー」「ポピー」と配って、2ラウンド。
その後、残りの2個をどうするのかなーとローレンスと顔を見合わせて、黙っていたら、配給係のポピーは瞬時の迷いもなく、1個を2つにちぎって私とローレンスに配り、残りの1個を何もなかったように食べた・・・。

ローレンスが探し物をしていたら、ポピーは「ポピー、ノウ(知ってる)」と言って、その場所に連れて行ったり。

何かと自分でしたがる時が多い年頃。ポピーは「マミー、ステイゼア(そこで待ってて)」と手でジェスチャーもして、自分であれこれしてみる。云々・・・


話は全く変わって、ココのところ、毎晩時間があるたびに手芸している。。。
b0027781_5475462.jpgシュタイナースクールの母親達が集まって水曜日にクラフトをしている。今は冬のバザーのために手芸しているのだけれど、羊毛をつかって小人を作ったり、編み物したり、フェルトをつかったり・・・という感じ。素材はもちろんナチュラルなものばかり。ふわふわの羊毛を触っているだけで幸せな気持ちになれる。

先週、フェルトの端切れで何か作れないかなーっと言っていたら、「じゃあ、何か使えそうだったら・・・」と残り物を渡された。だって、たかがフェルトといえ、羊毛100%のモノだから、聞けば結構なお値段。「もったいなーい病」がでた・・・。

それでクリスマスの飾りでも・・・なんて思って持って帰ってきたのだけれど、ふと思いついて子ども用の指輪を作ってみた。ポピーには大うけ。数日前には、ふわふわの羊毛もオーダーしたし(実は使い方をちゃんと知らないけど:笑)、このクラフト、はまりそうー。

はまるといえば、冬のバザー・・・両親ミーティングとかにとりあえず参加・・していたら、いつの間にか役員?に・・・。
[PR]
by nu2meg | 2007-10-16 06:04 | 日常

9年

今日で結婚して9年。

ふとびっくりしたのは、ポピーはもうすぐ3歳だから、結婚生活の3分の1をポピーが占めることになるということ。長年子どものいない夫婦・・・だったから、ちょっと不思議な感覚。(それくらい、ポピーが産まれてから時間が経つのが早い!)

ローレンスは週末に、「来週は何か特別な事でもある?」と聞いてきた。
きっと忘れているんだろうなと思って、「水曜は結婚記念日だけど。。。」と直球を投げたら、「・・あ・・・、テニスの約束しちゃった・・・」

「完全に」忘れてました。
まあ、いいいけどー。
朝起きたら、ポピーが「プレゼントー」と持ってきたのは、イタリアンのお菓子。
(週末に、イタリアエキシビジョンに、Lとポピーは行ってたので・・・。)

昨日は義母から電話。
「今、ポストがストライキばかりしているから、カード送れないんだけど・・・」と。
本当に義母はこういうのに素晴らしく丁寧。

友達からも、おめでとうーメールが入ったりして、人の結婚記念日まで覚えてくれるなんて素晴らしすぎると思ってしまう。(ちなみに私はというと、義母の誕生日すら暗記していない程度で、自分の家族以外の誕生日は「ほとんど」記憶されていない・・・カレンダーに書き込むという作業をすればいいだけなんだけど・・・)


ところで、話は変わって、今年の年末年始は日本ですー。
この間、なおちゃんが来ていた時に、2人とも年末年始の同じ日に帰国しようかと考えていて、ちょっと気になっていた航空会社すらも同じ!結局「また」一緒に帰る事になったのです。

1週前か、約1週後の出発なら、1人当たり200ポンドほど直行便のJALも安いのだけれど、私たちが帰りたいのは、ピーク時。なおちゃんと一緒なら、経由便でも良い・・・ということになって、アムス経由。 笑 

3週間の里帰りだから、ほとんど実家でゴロゴロする予定。(もっと長く帰れれば、今度こそは東京の友達にも会いに行こうと思ったのだけれど・・・ ポピーにも従姉ができたから、姪っ子甥っ子達に会うの、そして、親になった兄と妹(双子の母)に会うのも楽しみ。
[PR]
by nu2meg | 2007-10-11 06:04 | 日常

セピアで子育て放棄爆発?

月曜の夜、ポピーはすっごく疲れて6時に寝てしまったものの、1時間ごとに起きるという感じの休みきれない夜を過ごした。

そして火曜日、11時半過ぎに保育園から電話。
「ポピー、調子が悪いのかな。うたたねしちゃうの。もう数回、座ったまま寝ちゃうような状況だから、今日は早めに迎えに来て。」

迎えに行ったら、ポピーは部屋の片隅で寝ていた。
そして家に連れて帰ると(すぐに起きた)、熱が39度6分。それでも、結局夜までほとんど寝ずだったのだけど。。。体温は39-40度。本人はそんなにしんどそうでもないので、あまり気にせずに、ホメオパシーを少しあげて、様子を見た。

でも、その夜、私に悪寒が・・・。
水曜の朝、ポピーは元気な様子。
私は、体が重い、熱い・・・。

ランチの時間には、もうポピーの「遊んで遊んでーっ」という状況に疲れてしまって、ローレンスに帰ってこれないか、電話してしまうくらい(もちろん不可能)。

でもランチ後、一緒にベッドに入ったら、ポピーも寝てくれた・・・。
ポピーの熱が再発したから、なのだけど。
2人で寝続けて、私もかなり楽になった。

木曜日の朝、私は元気。ポピーはまだ熱。38-40度を行ったり来たり。
ポピーはちょっと昼寝もして、私は結構元気に・・・と思いきや、咳が酷い・・・。

この咳、先週からのもの。普段、風邪をひく時は喉を最初にやられるのに、今回は、肺にドーンと来てた。

金曜日の朝、私は元気。ポピーも元気。ようやく回復だー・・・と、思いきや、夕方頃から、私はまた悪寒が・・・。し、、、しんどい・・・。

咳をどうにかしとかなきゃ・・・と思って、ネットで検索(このサイト、英語だけど結構使えます)したら、セピアがでたから、セピアを摂った後だった。

ポピーがまた、泣いて起きた。
妙にイライラする。
くっついてくるポピーを力づくで離したくなるくらい、くっついてこないでよーと思ってしまう。

ポピーはきっと怖い夢で起きているから、余計にくっついてくるのだけれど、わかってても、うざったい。

セピアだ・・・。

セピアは、イカ墨のレメディ。
背骨が抜けてヘラヘラの状態のイカ。「もう、やってらんないわよー」という酔っ払いの様な・・・。相手の言う事を聞こうともせず、一方的に墨をぶっ掛けて逃げるイカ・・・。

このレメディは、女性に良く使われる。ホルモンのバランスを崩した時に、ヒステリックになりやすいとか、そういうのもあるのだけれど、子育て放棄する母親というのも、このレメディ。

咳が治まっている・・・けれど、子育て放棄が爆発!
しかも、かなり感傷的。自分でも嫌悪感大爆発になるくらい・・・笑。
熱は38度。大したことはない。

でも、イライラする、しんどい、自分の中に抱え込んでいた、罪悪感が爆発して涙が出る。

なんて、ドラマティックな好転反応なんだろう・・・と、頭の片隅に、冷静な自分がいて、よしよし・・と罪悪感を手放す作業をする・・・。でも現実的には、ポピーが更に輪をかけて、くっついてくる・・・。

今まで一生懸命に、良い親になろう・・・と思ってきたなあ・・・とか思いながら、実は無理していた部分もあったんだなーっとか気付き、それは自分の親も含めて、世の中のほとんどの親がそうなんだろうなーっと思い・・・。延々・・・。

とにかく、自分をホーリスピリットに繋げることで、癒していく。
私も、ポピーも、親も、何もなくて、結局は同じで・・・ホーリースピリット・・・

ポピーのため・・・というのは、自分のため。
でも、自分のために無理するなら???
ポピーのためでもない・・・。自分のエゴのため。

とまあ、こんなことが頭に浮かんだり、手放したりしながら、寝ていた。


真夜中にポピーがまた起きて、起こされた。
いつもにない感覚。

これはナンだ?
ベッドの上に、なんか1つの箱みたいなのがある。
そこに、となりから、小さな箱がやってきて、箱の上に乗っかってくる・・・。

あれ?あ。箱は、私の肉体だったのね・・・。
本当、私たちって箱(よく肉体は乗り物と表現される)に過ぎないのかもしれない・・・。


そして今日、土曜日。みんな元気に起きた。
ただ、ちょっと散歩に行ったら、あまり調子が良くなくて、おかしいなーと思って熱を測ったら、今度は34度6分。????もう一回計ったら34度9分。体温計がおかしくなったかもと、ポピーを測ったら36度。

ご飯を食べたら36度に上がったけれど、34度台って、いろんな活動を停止してサバイブする状態らしい。大事を取って、昼からは私はベッドに横になって、ポピーはローレンスにめんどう見てもらった。うーん、子育て放棄・・・笑。
[PR]
by nu2meg | 2007-10-07 05:05 | ヒーリング

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧