「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

a course in miracles

とうとう私の手元にもやってきました。
ア・コース・イン・ミラクルズ(ACIM)という名の、バイブル。実際にバイブルと言うに相応しい分厚さと、意味の深い難解な英語・・・?

the disappearance of the universeの話はここ数ヶ月のブログにちょこちょこ現われたけれど、あの本はこのACIMを解かり易く説明したものとも言い、今読んでいる著者の2作目でも触れられているけれど、DUを読むことで、「約100年分」スピリチュアルライフを先回りできるという。

100年分・・・というところで、もう頭がついていかない人もいると思うけれど、信じようが、信じまいが、(私の頭がイカレテいようが、いまいが・・笑)、私たちの魂は、何度も何度も、輪廻というカタチで人生を繰り返してきている。

 そして、実は輪廻は永遠ではない。

 本当に、自分をゆるす事ができた時、もう輪廻はしなくていい。
 そして、魂は神と一体に戻る事ができる・・・。

うーん。言葉にするとやっぱり「怪しい」のだけれど、人生の目的は、金儲けのためでも、素敵な家庭を持つ事でもなく、他人をゆるすことでもなく、自分をゆるすことなのだ・・・。
もちろん、他人をゆるすことなく、自分をゆるせないから、他人がいるのだけど。

えー。私はハッピーだし、そんな、自分をゆるすってどういう事?と思う人もいるかもしれない。表面的にはそうかもしれないし、それは幸せな事なのだけれど、そのポジティブシンキングの裏には、「私は幸せなはず」という言い聞かせがあって、「否定感情を全く持ってはいけない」というカタチの変化した罪悪感すらある。


以前からタロットに良く出ていたのだけれど、レファランスの希望や野心、そして障害になっている部分・・・の所に、良く出るのが、「無意識下のネガティブ思考」。これは多くの人のリーディングに現われていて、まだリーディングを始めたばかりの頃は、一体どういうことなのかと思っていた。

例えば、希望のところに、「幸せな家庭生活はありえない」と出る。メインにも希望の位置があって、その位置にネガティブなものがでた場合は、「不安」を意味すると習い、レファランスは全て気にする必要はない・・・と学んだのだけれど、やればやるほど、意味のないカードが出てくるはずはない・・・と、全てを読むようにしていた(特に遠隔リーディングだと、相手が見えないし、まったく知らない人もたくさんいるので)希望は不安でカヴァーできても、野心はできない・・・。そして障害になっている部分に、逆に幸せそうなカードが出てくるのはどういう意味なのか・・・

「無意識下の罪悪感」を意識し始めたら、それが一気にクリアになった。
 
 人は無意識に、自分は幸せになってはいけない・・・と思っているのだ。
 私も含めて、「みんな」。

だから、幸せを「怖い」という人もいるし、良い事ばかりじゃないと言い聞かせるし、苦労しなければ・・・と頑張る。無意識下で、「私は神を裏切った罰当たりの人間だ・・・」と思っているから・・・。

 でも、裏切っていない。
 罰当たりではない。
 ずっと神から離れていないのだから・・・。

 離れていないという事に、気付き、ゆるして、元に戻っていく・・・ための人生。


とりあえず、100年分先回りという事は、来世1.5回分くらい浮いたはず!
無宗教のバイブル(といっても、言葉はキリストから来ているけれど)が手に入ったことだし、焦らずにのんびり、ゆるしを実践していきたいなと思っている。

ちなみに、日本語版はまだ出版されていないけれど、こんなサイトがあります。ACIMについての説明もあるので、ご参考に。(これを知ったのは、MIXIのコミュから・・・。)
[PR]
by nu2meg | 2007-07-28 01:49 | サイキック・スピリチュアル

ようやく1人寝・・・

・・・できるようになりました。
去年の今頃までも、数ヶ月間はできていたんだけれど(笑)

この数ヶ月は落ち着く場所がない状態だったから、敢えて1人で寝られるように誘導もせずにいたのだけれど、ようやく「家」に帰ってきたことだからと、スタートしてみた。添い寝の(&部屋に一緒にいる)時間が惜しくって・・・というのが、正直な理由でもあるけれど(笑)

最初は「当然」突然の変化に泣きじゃくっていたけれど、今日はすんなり7時半に寝てくれた。ドアを閉められると怖いようなので、ドアは開けてあるまま。私は隣の自分の部屋で寝付くまで本を読む。なーんて有意義な時間。

まだ、夜中にたいてい1回は起きて、朝には私たちのベッドに川の字・・・だけれど・・。

最近、夜のおむつもほとんどドライになったので、そろそろ完全におむつともお別れできそう。1ヶ月ほど前は、夜のおむつをはくのが嫌でかなりバトルしていたけれど、3-4日に1度は濡れてたし、さすがにおねしょ覚悟で居候はできなかった(笑)


さて、シュタイナースクールから電話があって、ポピーは晴れて9月から通える事になったし、キッチンとロフトの建築許可がようやく下りた。

まだ、誰にも見積もりに来てもらっていないようなスロースタート(笑)。せっかく仮設キッチンもできてる事だから、当分これでもいいやという気分だけど、目標は年内でほぼ完成??
[PR]
by nu2meg | 2007-07-27 04:10 | 子育て

結婚式

b0027781_447753.jpgコッツワルズに結婚式に行って来た。
式は土曜だったのだけれど、金曜の午後から2泊で。

そう、金曜の午後・・・
イギリスに数時間の豪雨が降って、あちこちが洪水になった日。私たちが滞在した街から40キロほど北の街ストラットフォードは、英国最大の被害地で、街が水浸しになった・・・。

お陰で道路は渋滞。
それでも、ローレンスが休みを取っていて(だけど午前中は仕事に行った)早目の午後に出発したから、私たちはラッキーだった方。参加者の中には、ロンドンから16時間かけてきた人もいた・・・。(すいていれば、2時間弱の距離)

式場のカントリーホテルの、雰囲気はとっても良かった。これまた雨で、式の日に庭に出られなかったのが残念だけれど・・・

b0027781_456572.jpg実は、「子どもはご遠慮ください」の式だったのだけれど、新郎新婦のはからいで、ポピーは参加。新郎の甥っ子、ローワン君とポピーは誕生日が近い同い年で、彼と大き目の子達は数人いた。

式が始まって、生演奏の音楽。そして、参加者の中にプロのオペラ歌手がいたから、彼女が歌いだしたと単に・・・ポピーがすたっと立って、グルグル踊りだしてしまった・・・。ピンクのドレスを着たら、「バレエ」だと思っているから、出番が来たといわんばかりに・・・。

幸い、私たちは最後尾に座っていたから、あまり気付かれなかったのだけれど、ローレンスが辞めさせようとして、当然「わーん!!」と泣き始め・・・私たちはその後は、外から式を見守った。音楽が流れるたびに、踊りながら・・・。笑

昼寝をしなかったポピーだけれど、9時過ぎまでちゃっかり起きて、披露宴の最中からはローワン君と仲良しになっていた。
b0027781_59419.jpgそして、気付けば二人は、新郎新婦の席を乗っ取って、みんなに拍手喝さいを浴びていた。笑

拍手と言えば、「スピーチ」の際に、イギリスでは「ジョーク」を混ぜるのが一般的。一人目のスピーチはとっても上手に笑いを取っていたのだけれど、みんなが笑うたびに、拍手するものだから、その波にポピーはノリノリ。笑いが起こるたびに、ポピーは「イエー!」と大声で叫びながら、大げさに大拍手して大満足だった。

スピーチの途中で私たちは退散。その後ポピーが寝た後に私はまた下りてきて、真夜中までのディスコに参加した。20分おきにそっと部屋を覗きに行きながら・・・。
[PR]
by nu2meg | 2007-07-24 05:11 | 日常

近況

ようやく、家に戻ってきた。
デボンから帰ってきて、2泊した後、フラットが1週間あいたから、フラットに戻っていて、昨日から晴れて新居へ戻ってきたと言う具合。

新居は「第一段階の工事」をほぼ終えて、ベッドルームはほぼ完成。
バスルームは、あと、タイルと床を貼って、パネルを張って・・・その前にもうちょっと壁土も塗って・・・と、「私」の仕事がたくさんあるのだけれど、主要なものはインストールされた。

タイルは、もし大きなものにすることにしたら、ちゃんとしたカッターがないから、職人さんに頼むけれど・・・。・・・ということで、まだタイルを選ぶという作業も残っている。

第二段階、第三段階の工事は、まだ許可待ち。
・・・ということで、しばしは、簡易キッチンで過ごすことになる。

一旦ガス管が途切れて、使用不可能になっていたガス調理器。ローレンスは「それでもいいやん・・・」みたいなノリだった。シンクさえ、そんなの、バスルームの水道使えば?みたいな・・・笑
(結局は仮設シンクをつけてもらったけど)

配管のおじさんに、工事が始まるまでの、短期間になるけれど、ガス管を再接続してもらえないかなあ?それって、高くついてもったいない?とつぶやいてみたら、そりゃ、接続すべきでしょ・・・と快くやってくれた(そりゃそうか!)。そういえば、ローレンスはオーブンも捨てるつもりでいたのだけれど、オーブンも再接続してもらったから、仮設住宅なキッチンだけど、問題なし!

貸しフラットに置いている炊飯ジャーを持ち帰って、ひたすら、炊飯器と卓上カセットコンロで調理かなと、キャンプ生活をイメージしていたから、こんなことだけど、とっても嬉しい。


さて。先週、フラットにシュタイナー学校の先生が家庭訪問?面接に来てくれた。
プレイグループという名のナーサリー(3時間×3日・週)が、2歳半からスタートするのだけれど、もし上手く行けば、9月からスタートする事になりそう。

どうやら、希望者が1人多い状況なので、残念ながら、ポピーが入れるかはわからない・・・。(ロンドンを留守にしていたから、連絡が取れるのが遅かったらしい) てっきり学校に面接に行くと思っていたので、家庭訪問には驚いたけれど、内容も妊娠中のことから、これまでの成長ぶりについてなど、ホリスティックなものだった。(もちろん、TV見せてますか?という質問もあったけど!)9月から入れなければ、1月からということだけれど、改めて、ポピーも自分と友達の世界を作り上げていくのだと思うと感慨深い。
[PR]
by nu2meg | 2007-07-20 06:17 | 日常

もう11月?

ここのところ、雨続き。
しかも寒いし、すごい風。

時々、暖房をいれないといけないくらいだし、7月とは思えない・・・。
先日まで、「7月と思うから、天気が悪いと思っちゃうのよ・・・9月だと思いましょ。」と言っていた義母は、今日「もうすぐ11月だと思ったほうがいいわね・・・・」と言った。

でも、確かにそう思うと、普通の天気・・・笑
外は風でゴーゴー言ってます・・・。
[PR]
by nu2meg | 2007-07-06 06:10 | 日常

延長ステイ中

b0027781_5392224.jpg先週末にロンドンに帰る予定だったけれど、1週間延期している。家に帰ったらとりあえずは2つのベッドルームは完成の状態・・・ということなのだけれど、せっかく奮発して買ったオーガニックのペンキ(体に害のない素材を使ったもの)はデコレーターにとっても不評で、仕上がりは今一歩らしい。。。

ちなみに、このデコレーターは女性。
数年前まで一流ホテルに勤めていた美人のお姉さん。
デコレーターのイメージは、白いツナギを着た、太っちょのオヤジ・・・なので、多くの人はびっくりすると思う。

ついこの間、英人の友達に聞いた話。彼女は精神科のナースなのだけれど、トーレーニング中にどうしても、「直接人とかかわらない事」をしたくなって、配管工事の免許でも取ろうかと、コースに通ったらしい。結果的には最初のコースに人の2倍時間がかかって、「君、才能ないよ・・」と言われ、現在の職場でたっぷりと人とかかわる仕事を楽しんでいるのだけれど・・・・。

彼女は言った。「女性の職人」は必要なのよ。だって、女性っていうだけで、家の中に入れても安心だという気持ちがわくし、きれいに仕事してくれるだろうと信頼を得ることができるからね。これ、すごい良いビジネスよ。と。 確かにそうだ・・・と思うと同時に、私も職人の道を歩むべきだと思ったくらい(笑)説得力があった。だって、私には腕力もあるし・・・笑


話は変わって、北デボンでの生活はのーんびり。
義理の両親にパソコン教えたり、料理したり、ということ以外には、ただただ、怠慢な生活をしている。やっぱり自宅にいないと「非日常」。ポピーは毎日、バレエに夢中でもある。。(義母がクラッシクバレエ好きで、ビデオを見たら、ポピーが一緒に踊るので、毎日つき合わされている)


そういえば、この間義母にムッときた・・・と書いたから、今日妹に、「何言われたん?」と聞かれたけれど、まったく記憶がなくなっていて自分でも驚いた。ゆるしのパワーはすごい??

考えてみれば、嫁姑というのは、きっと全世界共通の「問題」なんだと思う。
そしてその理由は、「私は」「あなたは」という自己防衛機能(:エゴマインド)。
お互いは、自分で選んだというよりは、結婚したらパッケージの中に入っていた存在。しかも、嫁にとっても、姑にとっても「大事な存在」は夫であり息子であり、その存在の嫌な面は、直行便で、「相手方の責任」になる。

姑は、わが息子がこんなになってしまったのは、嫁のせいだと思い、嫁は、自分の旦那がこんなにひどいのは、姑の育て方がああだから、こうだから・・・と確信する。それもこれも、実は、自分の反映そのものなのに・・・。

そしてもうひとつは、「わが娘はかわいい」というのがあると思う。うちの姑の場合は、息子3人なので、それがないのが救いかもしれないけれど(笑)「わが子が一番」で、裏切ってはいけない存在なので(笑)、嫁はできても、できなくても、どこかで「他人」という距離を置くべき「嫁」なのかもしれない。

今の私にとって、大きなゆるしの対象になるのは、義母とローレンス。
家族であって、自分の家族のように近い存在になりたい一方で、「こういうところは許せない」と思ってしまいがちな存在。

無期限の同居であれば、また関係も変わってくるのかもしれないけれど、とりあえず私の理想は、「娘がいたらこんな感じなのかな・・・」と思ってもらえるくらいの存在になることかもしれない。
[PR]
by nu2meg | 2007-07-05 06:36 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29