ブルーベリー・ライス

ポピーは白ご飯に梅干、鰹節、胡麻を和えたご飯を「おにぎり」と呼んでいる。必ずしもにぎっていなくても…。そしてその「おにぎり」が大好き。数日「白いご飯」を食べていないと(混ぜご飯はあまり好きじゃない)、梅干片手に、「おにぎり、おにぎり」と催促してくる。

夕飯の支度をしながら、ポピーは1人で一生懸命に「何か」していた。ぱっと見たところ、ブルーベリーを取り出して、小さな器に移していたのだけれど… もう一度目をやると、なんと、ブルーベリー・ライスができていた。冷やごはんにかけてたラップを外して…。

b0027781_652696.jpgそして、小さな容器によそったかと思うと、当然のように食べ始めた。(この子はかなりつまみ食いが当然の子になってしまいそう…)。美味しそうに…。その後、私も一口食べてみると、なるほど、甘酸っぱくて、塩が抜けた梅干??的で、なるほどポピー好み!子どもの発想って面白い。

こんな風に、最近は「リョウリ」ばかりしているポピー。ほとんどは食べられないものなのだけど、指先で何かをちぎるのも流行り。水を入れたボウルの中に、水煮の豆をちぎって入れたり…。こういうのは、夏になって外で草を使いながらやって欲しい…。

ところで、今うちには、前の持ち主が置いていった、ミニ冷蔵庫だけしかないのだけれど、これがポピーには嬉しいコト。簡単に開けられるから、好き勝手に遊んでいる。冷蔵庫の中のものはかなり飛び出している事が多いし、牛乳だって勝手に注いでいたりする。しかも、温度調節のつまみを切ってみたりもするし…。

でも一番困るのは、バター。ポピーはバターが大好き。パンに塗ったら、溶けていないバターだけ摘まんで食べるというくらい…。なので、最近の彼女なりの「秘密」は、バターかじり。本人はこっそりとやっているつもりらしいのだけれど(私が見えたら、「ノーノーノー」っとドアを閉めるから)時折、バターを直接かじっているのだ!何故か大量にかじることなく、ちょこっとずつ。まるでねずみの様に歯型がついているから良く分かるんだけど(笑)少しずつだし、まあそんなに害はないか…と今は見て見ぬふりをしているけれど…。(思う存分やって、飽きて欲しいし!?無理かな?)
ちなみに、今、冷蔵庫に絶対に入れられないものは卵。言うまでも無く?


PS 電話番号を前のまま、引越し先に持ってこようと、「非常に苦労した」のだけれど、結局のところ、その苦労も水の泡!実は交換所が異なるから、同じ番号は不可能であるということがわかり、電話番号が変わりました…。020-7281-1219です。今回は久々に「マネージャー出しなさいよ」と切れました(笑)もうイギリスのサービスには慣れていたつもりだったけど、あまりに労力を要した上、BTからその連絡もなく「そうなっていた」ので。
[PR]
by nu2meg | 2007-01-27 06:55 | 子育て

ナツメグへのプレゼント

新居に引っ越して以来、外にほとんど出ていないナツメグ。私たちがデボンから帰宅するまではまだ監禁状態を続ける予定なのだけれど、そんなナツメグに神様からのプレゼントが!

毎日私たちのベッドルームに寝ていたナツメグが、数日前からリビングエリアによくいるようになっていて… 昨日、リビングの一部屋の暖炉を交換したのだけれど…交換する前に、古い暖炉(これはこれでオリジナルのモノで良いのだけれど、カーストアイロン製の重いスタイルなので、なんだか暗い雰囲気…。結局リプロダクションだけど、ヴィクトリアン式のシンプルな大理石の暖炉に入れ替えて部屋がグンと軽くなった!)の前でじーっとしている。。。

交換に来てくれたおじさんに、「ネズミがいるかもしれないからね…」と一言伝えておいたのだけれど、のちのちにおじさんが言った。「ホントにいたいた。」

その夜、そんなことがあったとローレンスに喋っていたすぐ後、ローレンスが「今いた…」と呟いた。(彼は嫌いなのだ)

そして今日、午前中にお客さんがタロットに見えていたのだけれど、その最中に、トムとジェリー状態。彼女は動じない人で良かったけれど…笑。かなりの勢いでおいかけごっこをしていた。(様子を見ているとほーんとにいたぶる…。捕まえては、放し、捕まえては、放し…)

もし、ナツメグが外に出ている状態だったら、「また連れてきたー」となるのだけれど、今回は濡れ衣。どうやら、地下に住んでいるらしい?外へは換気の穴が開いているから、入ってくるのは簡単だし、地下とリビングのフロアは板を挟んだだけ。しかもその板も、所々穴が開いている状態だから、無理も無い。

まあ、猫のいる家からはサッサとねずみ一家も引越しをするだろうから、今回はねずみを追い掛け回しているナツメグはとっても良い子ちゃん? 退屈していたナツメグには最高のおもちゃ。
[PR]
by nu2meg | 2007-01-25 07:54 | 猫ナツメグ

あらいぐまポピー

b0027781_7515538.jpg最近のポピーのお気に入り?は「ウォッシング」
前のフラットのキッチンは狭かったので、こんな風に椅子を与える事はできなかったけれど、いつもキッチンで私が何かしていると「見たい、見たい」と言ってくるので、この椅子に乗って見てみるというのは、ポピーにとっても大満足。
そして、始めたのが洗い物。
もちろん、割れないものしか与えられないので、もっぱら自分のお皿など&野菜専門。今までは「見たい、見たい」とうるさくて、私の方が疲れてしまうので、キッチンで長時間作業するのが苦難だったけれど、食事の準備にも参加してもらえるようになった。
ジャガイモを洗ったあとは、包丁で切ってもらう。もちろん1人ではできないのだけれど、本人は満足そう。だらだらと長時間かけて洗う姿は本当にあらいぐま。おまけにもちろん、終わったあとはずぶ濡れ。(いただいた防水のエプロンが大活躍だけれど、それでもエプロンがカバーしていない部分は濡れちゃう…)

b0027781_7522923.jpgさて、今日は誕生日プレゼントにいただいたばかりのティーセットで早速遊んでいたポピー。当然ながら、部屋にあったボトル入りの水をカップに入れて遊びだし…しょうがないなーと思いつつ、部屋に置いたまま、夕飯の支度をしていたら、ちゃっかりと「洗いぬけ」してあった…。笑

話は変わって、新居の住み心地は思ったりも良い感じ。笑
金曜日には、ノースロンドンのシュタイナースクールのグループに行って来た。ここのスクールはキンダーガーデン(幼稚園)までだから、7歳まで。それ以降は、今まで行っていたセントポールズの方に通うというのが流れなのだけれど、公立化してしまうと、学校近辺の子しか通えなくなるかもという話もあって…それと同時に、来年から、政府はそのキャッチメントエリアというのをなくす動きがあるという話も聞き、かなり微妙なところ…

それはさておき、グループに行ってみたら、日本人のお母さんがいた!家から多分15分くらいのところに住んでいる人で、娘さんはポピーよりも9ヶ月小さいだけ。…ということで早速お友達ゲット!学校は、車で行けばたったの5分強くらいの距離だし、駐車も路上に無料で楽々!

近所も少しずつ探索しているのだけれど、徒歩10分程度のクラウチエンドはナカナカ良い感じ。健康食品やレメディを扱ったお店も、なかなかの品揃えだし。イギリスにありがちなチェーンショップ化された街並みで無く、個人経営の雰囲気の良いお店がたくさん。ついつい地下鉄の駅の最寄がアーチウェイだから、アーチウェイに買い物に行くのだと思っていたけれど、クラウチエンドの勝ち。ハイゲイトビレッジへも同じくらいの距離だけれど、こっちは大きな公園へ行く時くらいの利用かも? 

b0027781_7532458.jpg慣れてきたといえば、ナツメグも。最近は隙を狙って外に出てみたい…と言う感じ。なので、今日はお庭へお散歩へ。ポピーは繋がれたナツメグを見て、かなりエキサイト!「なんだ、エイミーだけじゃなくて、ナツメグも散歩に連れて行けるのか?」と言う感じで、目がキラキラ。でも慎重に慎重に庭をゆっくり探索するナツメグは、つまらなかったらしく、「カモン・ナティー!」とハッパをかけていた。

ちなみに…義母はまだ入院中。そして義父はというと、今度は腰を痛めたらしく… もともともう一度行くべきだと話していたのだけれど、また来週末から1週間、お手伝いに行く事になりそう。
[PR]
by nu2meg | 2007-01-21 07:53 | 日常

そしてとうとう、ナツメグも引っ越しました。
ポピーはナツメグに「こっちにもおいでよ」と言わんばかりに、新居を案内。

大丈夫かなと思っていたボイラーは、良く働いてくれて家はポカポカ。
今まで下の階に住んでいたから気付かなかったけれど(前のフラットは下に人が住んでいたけれど、彼はきっとセントラルヒーティングナシの生活をしていたと思う)、熱って上昇するから上の階は本当に暑いくらい・・・。夜間に寒いのは嫌だからと羽毛の布団を新調したのだけれど、暑過ぎる・・・。

ラディエーターの調節とか、調理用のガスの火の加減とか、引っ越すと勝手が違う事に気付く・・・。

ポピーはというと、いつもの通りに元気は元気。
でも、風邪を引いていて、珍しく熱も出たりしている。

ナツメグは、思ったよりもサッサと落ち着いてきている感じ。
数日たって、そろそろ外に出たそうだけれど・・・もうちょっと家の中に監禁状態の予定。

実は、電話とPCのゴタゴタが残ってて、今はまたフラットに戻ってこれを書いているのだけれど(笑)次回のアップは新居からのはず。

しかし・・・調子が悪いのは、車。
この間から、バッテリーがあがったと思えば、何かのコネクションが悪いとかで、そうでもなく、さらにまたまたバッテリーが・・・というので、何かがとっても調子悪い・・・と、思いきや、今度は(ついさっき!)鍵が入らない・・・
そういえば、数週間前に修理のおじさんが「鍵が悪いから新しく切る様に」と言っていたけれど、車の鍵って壊れるもの?
[PR]
by nu2meg | 2007-01-18 02:13 | 日常

2歳になりました!

b0027781_5442963.jpg
ポピーも2歳になりました。

誕生日は今日(月曜)だけど、どうせ、ローレンスが帰宅するのも遅いから、お祝いは日曜にしようーっと、プレゼントを開けたり、ケーキを食べたりは、昨日。

これは昨日の朝、ふと思いついたのだけど、大正解。
ローレンスは結局、ポピーが起きる前に仕事に行き、帰ってきたときに、ポピーは寝ていたから。

ハッピバースデーの歌を自分で(編曲して:笑)歌ったり、ケーキを食べる時もバースデー。バースデー・・・と言っていたので、「バースデイ」というものと「ケーキ」が一致しているらしい。来年になったら、パーティーもしてと言うんだろうか?

友達も書いていたけれど、「3つ子の魂100まで」。
もうその3分の2が過ぎてしまったのだから、後1年もあっという間なんだと思う。


2歳になったポピーはというと・・・

最近は、一緒にいた人がいなくなることが哀しい。(犬みたい)誰かが帰ったり、いなくなると、「ゴーンGONE」と言って泣いたりもする。

言葉は日本語と英語が半々くらい? 最近は言ったフレーズをオウム返しも良くしている。

歌と踊りが好き。
料理も大好き(食べ終わりはいつも、「リョーリ」してる)。

ようやく、「ダディ」の存在も大きくなってきた感じ。笑

未だに私と一緒じゃないと寝れないけれど、ココのところ、夜明けが遅いから、起床も7時すぎ。遅い時は9時前なんて時すらある!(夏はどんなに遅く寝ても5時起きだったのが、嘘の様)

昼間のおむつは長時間出かけるときだけ(これが返って混乱させている気もするけれど)。だいぶん、おしっこやうんちを教えてくれるようになったけれど、お漏らしもまだ健在。

+++++

さて。昨夜、私とポピーは初めて、新しい家で寝た。
またフラットに戻ってきているのは便宜上。
電話の移動などが、かなり複雑化してしまっているから・・。

昨夜、配管工事のおじさん(過去に何度も仕事をしてもらった頼りになる人)が来てくれて、ボイラーは古いから取替えが必要だけど、今すぐってほどの危険なものじゃないから大丈夫と言ってくれた。

実は義母に「一酸化炭素中毒にくれぐれも気をつけなさい」と脅かされ、ちょっとネットで検索してみたところ、すっごく不憫な体験談にめぐり合ってしまい、検索する前よりも心配になってしまったのだ(笑) まあ、探知機も購入したし、これで配管工事のおじさんが3ヶ月のホリデーから帰ってくるのを目安に、改装のプランもどんどん進めようという感じ。週末には入れ替える暖炉の仕入先も見つかったし! 

・・・って、まずプラニングパーミッションを出すためにも、建築士を見つけないといけないんだけど・・・。
[PR]
by nu2meg | 2007-01-08 22:43 | 子育て

年女

元旦まで気付かなかったけど、今年は年女だった。

クリスマス&年越しの写真をアップします。
b0027781_56870.jpg

上から、クリスマスランチ。入院中の義母。大晦日のディナー。帰宅後の年明け(!)蕎麦。

b0027781_575047.jpg

大晦日のパレード。

b0027781_581592.jpg

ポピーのエイミー熱。

今までは行ってすぐにエイミーに飛びつくのは怖かったポピーだけど、今回はグラニーとオーパパの所に行くよ・・・と言ったら、「イヌ」と答えただけあって、ポピーのメイン目的?はエイミーだった。

散歩中、散歩紐を触ろうものなら、ギャーとわめいて怒るくらい、「ポピーのエイミー」。
ご近所さんが、飼い犬と一緒に散歩に連れて行ってくれたりするときも、一緒に行けないと分かると哀しみ、病院に行くのにエイミーがお留守番と分かると、哀しみ・・・と言う具合で、エイミーとの散歩がポピーの一番の楽しみだったと思う。

帰りもエイミーを連れて行けないのを哀しんでいたポピー。
帰って来たら、ナツメグを、エイミーの代わりのように、追い掛け回していた・・・。
犬はぬいぐるみをお馬さんごっこさせても怒らないし、食べ物をあげれば大抵食べてくれるし、遊べるからねえ・・・。

ちゃんと喋れれば、「犬欲しい」って今にでも言いそう・・・。
[PR]
by nu2meg | 2007-01-04 05:17 | 日常

今年もよろしくお願いいたします。

さて・・・そして年越しの夜、夕飯はオーストリアン・ジャパニーズ料理に。

義父が、オーストリアでは正月には豚を食べると縁起がいい。
あとマリネした魚もね・・・というので、ピピピッ。シュニッツエルだ。
蕎麦が選択肢に無くなったから、メニューはなんでも良くなっていた。

オーストリア。それもウィーンのシュニッツエルと言えば、名古屋のワラジ大の豚カツよりもデカイ。肉をガンガン叩いて薄く伸ばして、柔らかくしたものに、細かいパン粉のコロモ。

ただし、私はもっぱら「ヒレかつ」派。(叩かないでも柔らかいから・・・英国に来てからはいつもヒレ。)だから、ヒレかつシュニッツエルにすることにした。

大晦日の朝、なにかの拍子で、義父がアヤ・ノッケルン(エッグ・ダンプリン=卵入り小麦粉だんご)の話をした。義父のお母さんは料理が大得意だったと言う話をしていて、いつもオーストリアに帰るたびに、レストランで注文し、でもがっかりする一品があり、それがノッケルンだというのだ。

聞けば、レシピは手持ちのオーストリア料理の本にあるというので、じゃあ作ってみようーっということに。

バター、卵、小麦粉、牛乳、ナツメグ、塩を混ぜたものを、熱湯にスプーンで落とし、できた団子は、ピカタのように、卵をからめるというもの。レシピ通りにしたけれど、全然形にならず!でも小麦粉の量を増やしたらちゃんとできた!コツを掴めばシンプルな料理(といっても、写真もなく、食べたことも無いので、かなり未知なる料理だった)

結果は80点くらい?
ということで、食卓には一見4-5人前の大量のヒレかつと、ノッケルン、サラダと、ご飯が並んだ。

たくさん作って、残れば義父がまた温めて食べればいいから・・・ということだったのだけれど、残ったのは、ヒレかつ3切れ!

そんなこんなで、大晦日はまんぷく。
やっぱりインスタントラーメン気分じゃなかったので(笑)、蕎麦はパスで大正解。
義父もとっても喜んでくれたし(後に聞けば、義母が何度かトライしたけれど、ギブアップした料理だったらしい)、かえって蕎麦がなかったから・・・の良い夕飯だった。


さてビデフォードと言う街は人口1万5千人程度の街なのだけれど、大晦日にはちょっとしたパレードがあって、カウントダウンで花火が上がると言う。夜7時ごろ、街に出てみると、みんな仮装していて、なんだかすごく面白かった。この仮装、グループで羊になっていたり、メキシカンのマントをかぶってたり、舞踏会の装いだったり・・・と言う感じで、仲間達と一緒にというのが超うけた。もちろん、個人的にもすごい人もたくさんいたし。。。

パレードも、小さな街なのに、ちゃんと準備されていて、大きな猫の仮面張りぼてを背負った人が踊っていたり、ポピーには大うけ。パレードの後から歩いてついていくと言って聞かないくらい、気に入っていた。

花火はポピーもローレンスも寝ていたのだけれど、義父といっしょに義父の部屋から見た。


そして、今日、ロンドンに戻ってきて、夕飯は、蕎麦と雑煮がメイン(笑)
帰ってきたのは、フラットの方・・・というのも、ハウスの方で寝たローレンスによると、家が温まるのに時間がかかるし、お湯もしかりで、ぬるかった・・・そうだから。

ボイラーは信用ならないから早く交換すべきで、睡眠中は切っておきたいということだし、正月早々、わざわざ散らかったお家で、寒々するのはゴメン。それにまだ電話の移動も出来ていないからネットもこっちだし(笑)ナツメグもこっちで留守番していたので。なんだかんだ言って完全に引っ越しきれない私たち・・・笑 でも、ほとんどのモノは引越ししちゃったので、写真アップするケーブルもナシ。取って来たら写真アップします。
[PR]
by nu2meg | 2007-01-02 07:13 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31