<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

パーティーと風邪

とうとう風邪をひいてしまった。

ローレンスが「いつも」持ってくる。
今回も彼は約1ヶ月くらい、中途半端に引きずってる。

私はもらわないぞーっと思っていたけれど、今週はスケジュールが穏やかということもあってか、気が抜けて週末から風邪。ヒーリングの水も効いてて、解毒の時なのかもしれない・・・。

そうはいっても、日常生活に支障があるほどではない。
土曜の夜もご近所さんのパーティにでかけた。ローレンスのテニス仲間のパーティ。隣のストリートなのだけれど、そこはストリートパーティーがあるほど、ご近所の結束が固い。話によるとその家がいつもパーティーの中心らしいのだけれど、そのはず。奥さんはお料理上手だし、家族がみんなとってもフレンドリーで幸せそうたった。

人が50人くらいいたと思うけれど、ポピーも超楽しんでいて、5歳の女の子に遊んでもらい、寒いのに庭を駆け回る犬のようだった。(さすがに暗いし5歳の子にまかせて放っておくわけにも行かないので、私は離れて二人の様子を伺っていたものの、外は寒い!これも風邪の大きな理由であること間違いなし。)

いつものごとく、ポピーは『遊んでもらう』状態から、さりげなーく自分でリードする方向へ変わっていく・・・。その子におんぶもリクエストしたし、私にその子をおんぶするように頼んだりもする。そして、お決まり。自分の持っているものをあげたくなる。パーティーの食べ物を、手にしては、女の子にどうぞーっとして、女の子は困っていた。そして一言。

「ねえ、日本語でNOは何って言うの?」(おんぶを日本語でしか言わないから日本語なら通じると思ったらしい)
「ポピーは英語もわかるはずなんだよね・・・でも、NOをNOと取らないから、形だけでもありがとうと貰ってあげてみて。」

その結果はばっちり。だって、あげたいものを、その子が受け取らないからマミーにちょうだいっていっても、私にはくれない。彼女にあげたいのだから・・・。いくら大きな子に対しても、押しの強さは変わらないポピーだった・・・。笑


話がずれたけれど、風邪は解毒のチャンス。
思いっきり出そう。
[PR]
by nu2meg | 2006-11-27 18:29 | ヒーリング

わいわい がやがや

b0027781_5264870.jpg南東に住む友達の家にお邪魔した。いつものメンバーの男組み集合といった状態。このいつものメンバー。3組に2人目が生まれていて、次も続く予定・・・。ということで、最近は前ほど頻繁に会えていないのだけれど、今日の目的はまだ会ってなかった2人目の赤ちゃんに会いに行くこと。
ポピーは今日、初めて?赤ちゃんに興味を抱いた様子で、いい子いい子も楽しんでいたし、私が抱っこしていても、横から赤ちゃんを揺らしたり(つまり、私を突いて揺らす)していた。

もう1つ、興味を持ったのは、このギター。
音を鳴らして、とってもうれしそうにしていた。

b0027781_5323319.jpgそれにしても、子ども達は大はしゃぎで、走り回り、楽しそうだった。ちなみに2人目はこのベッドルームで生まれた(自宅出産)ということで、そんな話も聞きながら、おうちを案内してもらっていると、子ども達は『当然』の様に、ベッドの上でジャンプ・ジャンプ!

b0027781_5352317.jpgあまりに楽しそうにしているから、こっちまで楽しくなる。これこそ子育ての醍醐味というか、幸せをわけてもらえるというか、子どもが楽しく遊んでいる姿ほど嬉しいものはない・・・。

みんなでセンターパークスにホリデーに行ったのは、そんなに前の話ではないのに、今行くと前よりももっと面白いだろうねーなんて話も。実際にみんなそれぞれの個性が更にバッチリでてきているし、言葉もちょこちょこ会話になっている。2人目ラッシュだし、前回のようなホリデーは難しそうだけれど、父親つきなら、実現可能かなあ?

b0027781_5364442.jpgやりすぎで、こーんな風になっても、ケラケラ笑ってる。今日は抱き倒れーとか、かなりプロレスごっこに近いような遊びも多く見られたけれど、みんな、ひたすらケラケラ笑っていた。
[PR]
by nu2meg | 2006-11-24 05:48 | 日常

初めてのレインボウ と ヒーリングなホリデー

b0027781_7334143.jpg木曜日から留守にしていた。いろいろと野暮用ができてしまって、ロンドンを発ったのは夕方になってしまったのだけれど・・・。

目的地は、なんってことない、義理の両親の住む北デボン。
今回は、私の要望ということもあって、聖地であるAVEBURYに寄ろうーという話に・・・なっていたが・・・。。。結果的には、岐路にたったの1時間くらいしか寄れなくて、まあ、再度のんびりと季節の良い時に来よう・・・と・・・涙

b0027781_7413227.jpgでも、行きに道中で一泊したので、GLASTONBURYに朝食を兼ねて寄った。
ここでももちろん先を急いでいたので、計2時間くらいしかいられなかったのだけれど・・・。
Chalice Wellにはちゃんと行ってきて、ヒーリング水を汲んで来た。この水、鉄分たっぷりなので、水が流れている部分は真っ赤に染まっているのだけれど、鉄分が多いってことは妊婦さんにも抜群?ヒーリング効果はというと、かなりあるみたい。土地の恩恵もあるだろうけれど、飲んだ後はまるでディープなヒーリングを受けたようなふんわりまどろみ・・・の気分。フラワーレメディみたいに、数滴を1日に4回ほど・・・という形で飲むといいらしい。

その水を義父に持っていくと、エネルギーを300倍にするスポットがあるんだよ・・・(彼はそういうエネルギースポットをあちこちに見つけている)と、そこに連れて行ってもらった。実は実際に300倍に出来るのは、今までタキオニックというエネルギーの水だけだったらしいので、エネルギーの源が同じ波動の高いコスミックなものなのかも??という話になったけれど、実際はよくわからない。

どっちにしろ、300倍に強化されたチャリス・ウェルの水。ヒーリング効果が楽しみ!

b0027781_7513492.jpg実は義父が先月に骨盤の手術を受け・・ということで、お見舞いも兼ねての訪問だったのだけれど、義父は大分回復していたものの、義母が風邪で倒れているところだった・・・

いつも、はりきっていろいろとご馳走してくれる義母だから、今回はあまり張り切ることもできなくて、良かったのかもしれない・・・。これもヒーリングだわ・・・とか思いながら、短い押し売りヒーリングもしてきました(笑)。

ポピーはというと、犬のエイミーを今回は最初から全く怖がらずにベタベタ。
義父や義母に対しても、まったくシャイにならずに、にこにこ。
大好きなダンス(音楽をかけてダンス、ダンス!と踊る)を披露し、レパートリーが少し増えた歌も歌ってきかせて、楽しそうだった。そこに住む猫2匹は、子どもが苦手で他の孫が来ると、さっと逃げていなくなるのに、ポピーに対しては今回は、一匹は全く平気になっていて、もう一匹もなでなでさせてもらえた(その子は過去に孫が来た時に、怖くて数ヶ月間家出までしてしまった前科持ち)。

さて、タイトルどおり。ポピーは今回初めて『虹』も見た。
2回、ダブルの虹をみたのだけれど、2回とも、最初は私たちが『レインボウー』と叫んでいるのに、何のことだか全く気付いていなくて、気付いたと単に、エキサイトして、『レインボウー、レインボウー」と嬉しそうに言っていた。1回目は車の中だったけれど(残念ながら私が運転していたから、私はじっくり見れなかった!)2回目はビーチで。レインボウを見つけたとたんに、ポピーは虹へ向かって走り出した!

子どものこういう、全身で表す素直さがとてもいとおしいなあと、これもまた、ヒーリング。
なんだか、ヒーリングなホリデー。

いつもは大きな高速を飛ばして行くだけのデボンだけれど、今回のように道中でイギリスの田舎町を散策しながらというのはすごく充実の気分。次のハウスこそは田舎へ・・・と思いは募るばかりだけれど、今年は紅葉もキレイなので、いいホリデーになりました。
[PR]
by nu2meg | 2006-11-20 08:13 | ヒーリング

ランタンの夜

b0027781_5592837.jpg今夜、シュタイナースクールのランタン(ちょうちん)ウォークに行って来た。

昨日、ハーフターム明けの親子グループに行ったら、今夜はランタンの日よ・・ということで、にじみ絵を使って、ランタンを作った。にじみ絵というのは、濡らした紙に絵の具を落としていって、色を楽しむという感じのアーティスティックで、セラピューティックな絵。ポピーはまだ小さいので描いたことはないけれど・・・。

紙でつくったランタンは、油を塗って防火の紙になるという。
紙でちょうちんというのもなんだかあたたかい。

そう。実は昨夜だったのだ。ランタンの日は。
そして、実は昨夜もでかけた・・・。

  が

出かけようとしたら、車のエンジンがかからない。。。
ガーン。バッテリーが上がっちゃってる!
急いで、バスで行くことにしよう・・・とバタバタしているところに、お隣のおじさんが帰ってきて、世間話に・・・。(フラットの賃貸の話とか・・・)「いや、実は出かけるところなんだけれど、バッテリーが・・・。」「ああ、うちにチャージするマシンはあるけれど、数日かかるよ。。」

ま、とにかく、バスで行きますー。
と急いでいると、そこに、お二階さんが・・・
まだお二階さんに、賃貸のことを話していなかったから、もちろんその話に・・・。
「実はちょっと急いでてー。今出かけようとしたら、バッテリーが上がっちゃってて。。。」
「パートナーなら、ジャンプスタートの線持ってるわよ。あと5分位したら帰ってくると思うけれど・・・」・・・と、その間に世間話。結局彼がサッサと帰ってしまうということもあって(同居してない)、今のうちにやってもらう方が賢明と、彼にお願いする。

が、うちの車、バッテリーが運転座席の下に入っているという特殊構造で、しかも開けたことがない私。なんだかあれこれ時間がかかって、(最初はすっかりそんなことも忘れてて、ボンネット開けたことないけど、どうやってあけるの?から始まり・・・・)

ということで、その後、無事に目的地についたものの、私たちは完全に遅刻してしまって、もう一組の遅れちゃった親子と共に、逃してしまったのだ。(最後のビスケットはもらったけれど)

でも、その遅れちゃった親子がノースロンドンのスクールに通ってる子で、翌日(今日)同じ時間に、ノースロンドンのがあるからと教えてくれたのだった。(彼女達は昨夜しか参加できなかった)


ということで、今夜はローレンスも一緒に参加。
森(クイーンズ・ウッド)の中をランタンで照らしながら、歌を歌いながら歩いていって、ホリーの木にランタンをぶら下げてみんなで歌を歌って・・・という行事だった。(写真はその時のもの)

トィンクルの時にはポピーも大声で歌ってたし、なぜか、ともし火の曲も口ずさむ感じ・・・と思ったら、いつも車に乗るたびにかけている、ドイツ語の童謡を英訳したものだった。帰りはみんなでその歌を歌いながら帰宅。歌うといっても、私はポピーレベルになんとなく母音を合わせるだけだけ。ポピーはラララーという簡単な部分だけだけど。
[PR]
by nu2meg | 2006-11-12 06:29 | シュタイナー

タロットに脱帽

ここの所、なんだかすごい勢いでタロットの依頼が来ていた。
ほとんどの方は出会った事もないリピーターなのだけれど、前回に比べてドーンとシフトしている場合も多くて、なんだかこっちまで嬉しくなってしまう。

一度リーディングをすると、人生を垣間見てしまうので、実際に出会った気持ちになってしまうし、タロットというのはシンプルに面白くて大好き。

昨夜、ようやく依頼分が終わり、ふと、そういえば自分のリーディングは久しくしてなかったなあー。・・・とやってみると、ガツン!

 はあー。(ため息)
 出る出る・・・。
 なんちゅうー厳しいんや???
 みんな良く、リピーターになって依頼してきてくれるなあ・・・勇気があるなあ・・・(笑)

実はこれ、毎回自分のリーディングをするたびに思うのだけれど(笑)
誰のリーディングよりも(?)厳しいーのが自分のリーディング。

最初の頃は、タロットも当たらない時があるのね・・・なんて言い聞かせたい時もあった位・・・(笑:だから、自分のリーディングは出来ないと断言する人もいるのかもしれない。でも、やればやるほど、リーディングは当たる、当たらないの問題じゃないことが分かるので、最近はサッサと片付けたくなる気持ちを抑えて、向かい合っている)

まあ、受け止める準備が出来ているから出る・・・のだけれど。

そして今日も・・・。
実は私は日本人のヘアドレッサーさんに出張に来てもらって、タロットと交換ーなんてことをさせてもらっているのだけれど・・・

出る出る・・・笑
カードこそ違うものの、要所要所のメッセージが似てる事、似てる事・・・苦笑
これでもかーというメッセージ。

人生で出会う人はそれぞれ、似た波長を持っているから、こういうことは当たり前。
実は、ほとんどのヒーリングやタロットを依頼してきてくれる人も、私自身の課題をある程度照らしてくれる貴重な存在の人たち。

私の課題。
 無理してまで頑張りすぎないこと。
 自分が正しいと一生懸命に主張しないこと(特にパートナーに対して!)
 こうあるべきであるという枠を外すこと。
 頭で考えすぎないこと。
 
前に比べれば大分ゆるくなってきた・・・と自分でも思うものの、まだまだ・・・
出会っていく人たちの中に、自分自身がいる・・・そんなことを改めて感じ、お互いに成長していくために手を取り合っていくことが何よりも大切だなーっと思ったのでした。

当面の対策は、身近な存在であるローレンスにもっともっと優しくなること!
今日も友人と言っていたのだけれど、ペットや子どもには完全に無条件に愛せるのに、パートナーには何かと「こうあって欲しい」と要求してしまう・・・。

このブログを読んでくれる人も、多かれ少なかれ、似た波長をもっているはず。
お互いに、不要なものはパサパサ捨てて軽くなりましょうね。
[PR]
by nu2meg | 2006-11-10 07:46 | サイキック・スピリチュアル

ノーノーノー

最近のポピーは「ノーノー」が多い。
かなり自分というものが確立されてきていて、このところ、一番困っているのは、服。
自分の気に入ったものしか着ないから。

この間まで、夏服もタンスに入れていたのだけれど、気に入っている夏服を持って来て、着せろとうるさくて困ったから、片付けた。

気がつけば、毎日同じ服でもいいくらい、好きなものだけ着る。
干してあって、濡れていても、着せろとうるさい。
気に入るのが無い時は、お気に入りのパジャマでもいいらしい・・・。

パンティしか履きたくない・・・という日もあるし、ナッピーをはかせろと聞かない日もあるし・・・
外に出ようと思っても、コートを着たがらなかったり・・・。

まあコレが誰もが通る2歳児の壁なんだろうなあー。
随分前からハッキリ自己主張する子だから、そんなに急激に来たという感じはしないけれど、着実に「私はこうしたいのー」の毎日。
[PR]
by nu2meg | 2006-11-07 07:39 | 子育て

もしもお金がなかったら・・・

突如ふと、湧いて出てきた。
もしもお金がなかったら・・・。

これは、貧乏だったらということではなくて、「お金」という流通のツールがなかったら。

今の生き方にどんな変化が出るだろう。
ふとそんなことを考えて、そうするとみんなの人生がもっとシンプルなのかもと思えてきた。


食べ物。自分で野菜を育てる。
自分の得意なものを、他の人の得意なものと交換して、バラエティを増やす。

住居。自分で作る。
自分で作れる範囲だから、最低限。

着るもの。自分で作る。
これも自分で作れる範囲だから、最低限。

とりあえずは、衣食住。

すべては「交換」だから、野菜を育てる以外に、自分の特技があるといい。
そうすれば、その特技で、住居や着るものの素材も交換できるから。
それが、いわゆる天職・適職というもの。

今の私なら、ヒーリングやタロットや庭仕事や料理やケアの仕事・・・というところか。
ふーん、なんて考えて、ふとじゃあローレンスは?と思ってみる。

確実に、彼は今の仕事をしていない。
金融だから、仕事自体が存在しないし(笑)
じゃあ、彼は一体何を得意として、生計を立てるのだろう?
(余計なお世話だって?)

お金というツールがあるから便利な世の中。
でも、お金は便利なものというものにいろんなものがくっついて、現実社会は「最低限」からかけ離れている。

数年前まで、どこかでお金は悪いものだと私は思っていた。
それは、その「いろいろくっついたもの」ばかりが目についていたから。
その究極に私欲のための戦争があるように・・・。
発展途上国の子が、無邪気に旅人にお金を求めるように・・・。

今は、お金はシンプルに便利なものだと思っている。
自分ではほとんど作っていないから、やっぱり無駄遣いはできない貧乏性だけれど。

もしもお金が存在しなかったら、あなたは今の生活をしていますか?
[PR]
by nu2meg | 2006-11-04 06:45 | サイキック・スピリチュアル

冬の始まりだけど・・・

b0027781_247171.jpg今年は未だにビジーリジー(インパティエンス)が咲いている。いつも冬の訪れをこの花で知る・・・というくらい、霜が下りると一気にびちゃーっとなってしまう一年草。普段は9月にはもう駄目になるのに、今年はもう11月!花期が長いのはすごく嬉しいことだけれど、こんなに温暖化でいいの?とも思ってしまう。

さて、今日から今住んでいるフラットを賃貸に出しました。
つい数日前までは、できるなら改装後に新居へ移ろうと思っていたのだけれど、ふと思い替えてみた。今だって人が住んでいるんだから、特に贅沢言わなくても住めないわけじゃないし、建物の改装のためのプラニングパーミッションも数ヶ月かかることだし、ワークマンを探すことや、いろんなことにどうせ時間がかかる・・・それに、住んでみてからの方が、どういう風に改装するのが勝手がいいか現実的にわかるかもーと思って。

こんなにエコノミカルで物分りのいい妻を持って、ローレンスは幸せものだ・・・(笑)ん?バックパッカー精神たっぷりな母をもって、娘は不幸か?(笑)

・・・ということで、12月の頭に引っ越すことに。(賃貸に入ってくれる人次第でもあるけれど。)
こうなったら、なんだか大変ではあるけれど、ちょっと楽しみにもなってきた。

b0027781_256569.jpg昨日も今日も、寒くてとっても冬らしくなったのだけれど、空は青空でとっても気持ちいいクリスピーなお天気。昨日は風君と、今日はエラと。寒空の下、ポピーは公園で鼻の頭を真っ赤にしながら遊びました。
[PR]
by nu2meg | 2006-11-03 03:02 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧