「ほっ」と。キャンペーン

ひとり遊び

b0027781_656252.jpgポピーがまだ小さかった頃、「ひとり遊びしてくれるようになったらどんなに楽だろう・・・」と思ったもの。ひとりあそびしてくれると、本当に楽!そして、自分の世界にどっぷりはまっている様子を、邪魔しないようにそーっと伺っているのはなんだかとっても幸せ気分になれる。

ぬいぐるみと遊んだり、本を読んだり、お絵かきしたり・・というのが、庭で遊ぶ以外のひとり遊びのパターン。ぬいぐるみやポポちゃんを寝かしつけながら、本を読んであげたりしている様子は、なんとも愛らしい。本は声を出して自分でストーリーを作っているような感じ。(今日は全部本を出してた・・・)

親は介入しようと思えばいつでも介入できて、すぐに喜んで迎え入れてくれるけれど、なるべく介入しないようにしている。自分の時間が欲しいというのもあるけれど、介入しちゃうとせっかくの「自分ワールド」を壊してしまう様な気がして。

・・・というのも、特にお絵かきをしている時に気付いたのだけれど、私が一緒にいると、ついつい「ムーカウ(書いて)」とか、「ベイビー(書いて)」とか、催促が始まる。ひとりで書いている時は自由に、イマジネーションの世界そのものにいるのに・・・。

本を読んでいる時もそう。自分ひとりなら、いろんなイメージが膨らんでいるようなのに、私が側に寄ると、コレ読んでー。と始まってしまって、型に入ってしまう。


こういう時、いつも友達を思い出す。
3児の母である友達の子に、シールブックをおみやげに持って行った時の事。
シールを見るなり、子どもはダーッと剥がして、好きなようにブックに貼っていった。
ブックには、ここには何を貼りましょう・・・という感じの説明が書いてあるのだけれど・・・。

それを見て、当時の私は「え?1回貼ったら剥がせないから、ちゃんと貼らないといけないんじゃない?」と思ったのだけど、友達はおおらかな目で子どもを見ていて、「いいもの貰ってよかったねー」と見守っていた。

子どもを型にはめようとしない事。
やりたいようにやらせてあげる事って大切だなあーっと思った。

もし、その時にお母さんが、「違う違う、こうするのよ」と教えていれば、もちろんそれはそれで、子どもは「そうなのか」・・・と思い、次回からは「ちゃんとする」ことを学んだかもしれないけれど、ポピーが今、「ムーカウ書いて」・・・というように、「じゃあ、お母さん貼ってー」となるのかもしれない。

b0027781_7393911.jpgシュタイナーも、7歳までの子どもはたくさんのイマジネーションを膨らませて感性を育てるものだといっていて、「こうであり、こうでしかない」という玩具よりも、「子どもの想像力のまま七変化するもの」を与えるべきだ・・・としている。(お話が絵本の読み聞かせではなく、人形を使う語り聞かせだということも、その1つだと思う) 

実際に、グループに行っても、先生は子どもに寄って来られれば暖かく対応しているけれど、子どもが何かをしているところに殆ど介入することはない。そういえば、この間、人が多くて一部の子どもがワーワー騒いでいた時、「この騒がしさは駄目ね・・・」と先生がつぶやいた。周りのお母さんが慌てて、「静かにさせないと・・」と言った時、先生は「静かにしろっていうんじゃなくて、何かさせないとねー。」と対応。

想像つきやすいけれど、イマジネーションの中にいる子は、騒々しくできない。子どもは静かにしている時ほど、何かに夢中になっているのだから。(たいてい、大人から見ればいたずらをしていたりするから、静かな時ほど要注意ということも事実だけど)


ポピーにはのびのびと、ひとり遊びの中で自分の可能性を広げて行って欲しいなーっと思いながら、「しめしめ、ひとりで遊んでくれているぞーっ」と、頭のふちにだけポピーを置いて(敏感な子だから、気をかけるだけで私が呼んでると思って、寄って来てしまう)、束の間の自分の時間を楽しむ私。
[PR]
by nu2meg | 2006-10-31 07:45 | 子育て

今週は月曜の和食ランチに続いて、日本な週になった。

火曜は、ポピーより6ヶ月小さな男の子を連れて、日本人のママがタロットリーディングに見えた。(ポピーはタロットカードが大好きなので、一緒に遊んでくれる子が来てくれるというのは最適!)

水曜は、なおちゃんがお泊りに。夜はひろこさんと息子さんも招いてディナー。
ひろこさんは最近、エネルギーワークの旅へエジプトに行かれたのだけれど、聞いていた以上にディープなお土産話と、超スピリチュアルな素晴らしい写真にうっとり(スピリットがバンバン「たまゆら」として映ってました。)

ポピーは12歳の息子さんに一目ぼれし(笑:会うのは初めてじゃないけれど)、彼をこっそり見つめる眼差しが、すごーく面白かった(笑)

b0027781_626212.jpg木曜は、なおちゃんの出発まで、一緒に公園に散歩に行ったり・・・。ポピーは直ちゃんの事が大好きになって、帰った後も、なおちゃんの寝ていた部屋に彼女を探しに行くというくらい・・・。

そして今日、金曜日は、ちふみちゃん宅へお邪魔。このところ2人目ラッシュなのだけど、ちかちゃんの息子さんともども、2人の小さくて可愛い、ふわふわの男の子にご対面。ポピーは遠目で赤ちゃんを見てる程度で、見慣れないおもちゃで遊ぶのに忙しそうだったのだけど。

こんなに「日本」な週も久しぶり。


話は変わって、最近のポピーは歌を歌う。
気がつけば、一緒になんとなく口ずさめるように・・・
  トィンクル、トィンクル、リト・スター・・・(きらきら星)
  ぞうさん、ぞうーさん・・・  
  
その他、歌って欲しがるのは、通称「コイコイ」=「しょうじょう寺のたぬき」
通称「クワックワッ」=「かえるのうた」
通称「トントントン」=「ひげじいさん」

一番好きな手遊びは、「ビッグキャット&スモールマウス」

b0027781_6263112.jpgそういえば、先日はコインを並べながら、「ワンー・トゥー・スリー・・・」と数えていた。絵本に出てくるのは何かとカウントダウンが多いし、特に教えているつもりはなかったから、へえーっと思ってしまった。

そういえば、もっと驚いたのは、鳥のから揚げを揚げようとしたら、切り身の鶏肉を見て「チキン」と言い、まぐろの塊を叩き風に焼こうとしたら、その塊を見て「フィッシュ」と言ったこと。ローレンスにでもわからないかもしれないのに・・・(笑)

言葉がでてきて、良くわかってたんだなあーっとつくづく思ってしまう。この写真は最近よくスナックとして作るポップコーン。
[PR]
by nu2meg | 2006-10-28 06:20 | 日常

ポピ花でランチ

「ポピ花」というのは、まるで私がネーミングでもしたかのようだけれど、全く関係はなく・・・しかし、友達が最近オープンした日本食レストランなのですー。お値段も財布に優しく、駅(バーモンジー:ジュビリー線)のすぐそばだし、気軽に行けるねーっと一緒に行ったママ友たちと、次回からはここで集合??なんて話にもなりました。

ポピーは思ったとおり、たくさん食べてた。
新しいモノ好きだから、ムール貝も美味しそうに食べてたし。
前は私が注文したものをおすそわけ程度でよかった外食も、そういうわけにはいかなくなった。日本にいたら、お子様ランチを注文したいところかも・・・。(メニューに加えてもらえるようにリクエストしちゃおうかな?笑)

写真を撮ってなかったのが残念だけど、お店の雰囲気などはこちらをどうそ。
[PR]
by nu2meg | 2006-10-24 05:29 | 日常

35歳になりました。

b0027781_3554135.jpg自分の中で「35歳になったら本物のおばさん」・・・のイメージがあったけれど、晴れて今日(20日)おばさんの年になりました(笑) そういえば、シュタイナーも7歳ごとに区切っているから、確かに次なるステップの年になったのか・・・と、ちょっと調べてみた。

なるほど・・・。
おもしろいので最後に引用させてもらいます。
興味のある方は読んでください。


話がいきなり飛んでしまったけれど、今日はシュタイナースクールに行って、帰りにカウンシル(役場)で家を買うために必要な書類をもらってきて、家に帰ってケーキを作ったら1日が終わりました。

ケーキは買うと甘すぎるから(ポピーには食べさせたくないし、最近は自分で食べても甘すぎるのは美味しくなくなってきた)、自分のだって作るのです。ただ、今日は時間がないからロールケーキにしようと思いながら、ついついスポンジが厚くなってしまったので、四角のいちごショートに?笑 でも四角って飾りにくいと気付き、この際だから、ポピーの大好きないちごだらけーに。


そうそう、昨日、突然別の人が私たちが買おうとしている家をもっと良い値を出して買う・・・と言い出し、オフィシャルにそうなる前に、前金を払いこみ、契約書にサインをする・・というドタバタ騒ぎがありました(ローレンスも仕事中に抜け出して不動産へ走ったのです!私も必要書類を揃えて車で・・・)。

その結果、12月頭には鍵をもらえる予定に。
これでとうとうノー・ゴーイングバック状態になりました。笑


ということで、下は引用文です。

+++++++++++++++++++
「私を知る・シュタイナー思想から教育へ」

 〔3〕年齢ごとに分類
 シュタイナーは人間の本質について1~10のように語っています。そして、将来に向けて、常に自分自身を変容させることを生涯求めて生きていくことの大切さを私たちに語ってくれています。

0歳~ 7歳  
 肉体の活動が活発な時代

7歳~14歳  
 エーテル体が自由になり、さまざまなことを覚えたり学ぶということができるようになる。

14歳~21歳 
 思考を育てる。21歳ごろに自我が目覚め感覚魂が活発になる。

21歳~28歳 
 感覚魂はアストラル体と結びついているので性に魅せられる。結婚する人が多い時期。

28歳~35歳 
 28歳ごろになるといろいろなことを整理することができるようになり、他者に対し         て秩序立てて説明することができる。悟性魂が活発に働く時期。

35歳~42歳 
 意識魂が活発に働く時期。自分自身の人生を振り返って観察することができる         ようになる。自分自身を意識することができる。自分は大河の一滴だと認識する         ようになる。

42歳~49歳 
 霊我を目指す。キース氏は、現在の文化は自分自身をありのままに見せるのではなく思春期に戻る人が多いといわれました。自分の年齢よりも若々しく見せようと懸命になるのです。シュタイナーは自分の年齢を取り入れて自分が衰えてきたことを認め、精神的な書物を読んでより深く自分自身に根を下ろすことだといっています。

49歳~56歳 
 生命霊を目指す。自分の気質のバランスを取る時期。悪い習慣を持っていたらそれを壊して新しいものに作り変える。新しい習慣を作るのは生命霊の働き。

56歳~62歳 
 霊人を目指す。肉体を癒すということ。自分の肉体が衰えていくことを感じ死ぬ準備をします。死を見つめるということは自分の生きた人生を整理して残された人生を他人に尽くすということ。

++++++++++++++++++++

もうひとつ、バイオグラフィカル・メディシンという、その成長段階に応じて起きやすい疾患などをまとめたサイトもありました。「虹のわ」内容が濃く、抜粋すべき部分がわからないので、ほんの一部をテイスターのように引用させてもらいます。とーっても興味深いです。

次の28歳から35歳の7年期は、二次曲線の横に並んだ時期である
7歳から14歳の時期の影響を受けてきます。

7歳から14歳の間のリズムの形成がうまくいかなかったとき
それが生活のリズム、精神のリズムにも影響してあらわれ
躁鬱病的な病的状態として28歳から35歳の時期に現われてくることがあるようです。

この時期は乳癌の発症もよくみられ、このリズムと関連しているようです。

さらに35歳から42歳の7年間の時期は、0歳から7歳の時期の影響を受けてきます。

++++++++++++++++
[PR]
by nu2meg | 2006-10-21 05:00 | 日常

幸せな日

昨日は「幸せな日」が過ごせたでしょうか?

何も変わらなかった・・・と思う人も多いかもしれないけれど、深いレベルでは大きく変化してるみたいです。

思っていたように、敢えて「今日くらいはいい日にしたい」と思うこと、そのものにも大きな意味があったみたい。私自身も普段よりも意識して、何があっても動じないで受け止める・・・という日を過ごしたから。

というのも・・・せっかくなので、自然の空気を吸いたくて、ウォーターローパークへ行こう・・・と思ったのに、パーキングスペースが見つからない。(工事中で詰まってた。)運転の下手な私にはキツキツの縦列駐車が大変なので、私は普段、行く前に「私のためにスペースがあるはず」と思いながら運転する。

でも昨日は、なぜかそうも考えずに、なるように流れようーと思っていたので、結局流れて、隣のハムステッド・ヒースへ。そっちでも、コインパーキングが見つからず、結局12時までの制約だから、それまで車でうろちょろしてたのだけど・・・。普段ならこういう時に最悪ーと思ってしまうかもしれないなーとも思いつつ(笑)

公園でゆっくりして、ポピーはプレイグラウンドで4歳の女の子に楽しそうに遊んでもらい、私はそのお父さんとお喋りを楽しんで、遅めのランチ。そしてお買い物。

午後はなぜか前夜に仕込んでしまった大豆を豆腐へ・・・。
ここのところ、豆乳からの豆腐は作っていても、大豆から作るのは久しぶりだった。

でも始めた時間が遅かったから、夕飯に間に合いそうに無く、夕飯は急遽スパニッシュオムレツへ変更。
でも豆腐は、今までで一番いい出来だったー。(湯葉以外は今日食べた)

ポピーが寝て、ようやうメディテーションの時間ができて、大きなエネルギーにサポートされているのを感じて・・・という何の変哲もないような1日。


朝から、ポピーは一体何人の人に声をかけてもらっただろう・・・というくらい、歩いている人が停まって、「まあー。かわいいわねー。」と笑顔をたくさんもらった1日だった。特にご老人がいとおしい眼差しでわが子を見つめ、笑顔をシェアしてくれるのはすごく心をあたたかくしてくれる。

日常の中の小さな幸せを大きく受け止めて感謝する。
もっともっと、このシンプルな本物の幸せに意識を向けることが必要なのかも。
[PR]
by nu2meg | 2006-10-19 07:18 | サイキック・スピリチュアル

痛いと思うその前に。

4年くらい前に本で読んで、それ以来やっていることがある。
怪我をしそうになった時、その瞬時に「キャンセル」するというもの。

そりゃあまあ、大きく怪我をするような時には効果は無いのかもしれないけれど、何かをとろうとして、キツイ体勢で手を伸ばしすぎて首の筋までピーンと傷めてしまう時とか、足をくじいた時、小さな切り傷をしたとき・・・などの効果は抜群。

ちょっとした訓練で、誰にもできる。
まず「痛いっ!」と思う、その瞬間に、「大丈夫!」と心の中で叫び、同時にその部位が健康なままである様子を頭の中でヴィジュアル化させる。・・・というだけ。たいていは、もうその部位に手が行っているはずなので(届く場所なら)、じーっと、健康な状態をイメージしながら、落ち着くのを待つ。

これだけなのだけれど、そういえば私は大きな痛い思いというのを久しくしていない。

ただ、最初の頃はどうしても「痛い!」が先に来てしまう。そういう時は、その後に間髪いれずに「・・・というのはすぐキャンセル!」と心で叫んで、ヴィジュアルイメージ。遅ければ遅いほど効果は薄れる。

でも、やっているうちに、「い」まででても、「痛くない!」といえるようになり、そのうちに「大丈夫!」が先に出るようになるから、訓練次第。

なぜ突然こんなことを思い出したかというと、さっき実は捻挫していたことに気付いたから。
そういえば、先週かその前か・・・あるいてて足をくじいた。
でもすぐに、「大丈夫!」とキャンセルしたから、全く気にならなかった。

ところが、今見てみたら、足首は明らかに腫れているし、青アザができている。
そういえば、ここのところ、どうも靴下を履く時に、触ったら痛い気がするなあーと思っていた。(蚊とかに噛まれて変になってるのかとしか思ってなかった)、それに布団が右足のつま先を押すのを、なんか圧力を感じて居心地悪いなーとも思っていた。つまり痛みは全くナイ。


数日前の話に繋がるけれど、思いは現実化する。
今日は、嘘じゃない本当の、現実の話。 笑

ちなみに、17日の件も、義父がダウジングでチェックしたら100万倍は言いすぎで、100倍くらいだろうけれど、エネルギーの影響はあるそうです。せっかくなので、波に乗りましょう。
[PR]
by nu2meg | 2006-10-16 07:12 | ヒーリング

2000年に生まれたミレニアムベイビー25人の成長を追うというBBCのTVプログラムがある。シリーズがあるたびに、ちょこちょこ見たりもしているのだけれど、先週の女の子は末っ子ながら、かなりボス的存在のトムボーイ(やんちゃなじゃじゃ馬娘)というものだった。(ケーブルTVの再生機能で見たので、実は今日見たのだけど)

どういう環境から、その子がトムボーイになったか・・・なんていう話だったのだけれど、その中のひとつの「遺伝的要素」として、脳が男性的であることの証明に、薬指が人差し指よりも長い・・・というのがあるらしい。

男性の多くは薬指が人差し指より長く、女性は同じくらいか短いか・・・というのだけれど、登場していた女の子は、完全に長かった。

そして、ポピーもやっぱり長かった・・・
母の私と同じで・・・笑

それにしても、その女の子、ウェールズの農場でのんびり育っている子なのだけれど、ほんとに活き活きしてて、やっぱり田舎育ちはいいなーっと思ってしまった。


話は全く変わるけれど、最近のポピーは S をつけるのが流行り。

多分、複数形のSを意識しているのかもしれない(時々、語尾にSが付くなあ程度に・・・複数だからと認知して言うというよりは、つけてみる・・・という感じ) 

もしくは、所有を示す ’S かもしれないけれど。。。(ぽーたん「の」とはよく言うので・・・。でもこれ、ポピーちゃんのというよりは、多くの場合、ぽぽちゃんの・・・の時に言ってるような??)

ウォーターズ。ぱんてぃーず。ねこズ。・・・といった具合。
[PR]
by nu2meg | 2006-10-15 04:14 | 日常

ミッション1017。ふとミクシーのコミュに出ていて気に止まった。

10月17日の朝10時15分から、翌日の早朝までの17時間にわたって、時差などには関わらず世界中で、コスミック・エネルギーの影響をたくさん受け、ヴィジョンの現実化が100万倍加速するらしいというもの。

私たちは、もともといろんなエネルギーの影響を受けているから、コスミックのエネルギーも日常的に受けていて、多くは気付いていないだけ。そういう意味では別になんともないのだけれど・・・100万倍って??

 * 詳しくは、日本語に訳した文が載ってるブログサイトでどうぞ。
    ちなみにあまりに唐突な気がしたから、ネットで検索してみると
    かなり多言語に訳されているみたいだけれど、情報発信者はイマイチ不明。
    オフィシャルサイトと思われるのはこちら


「思いは現実を創る」・・・のだけれど、みんながこのことを日常的に意識しているだろうか。
これを意識することで、世の中はもっと良い循環をするはず。

この17日のエネルギーシフトも、本当であるとするなら、人の意識へのチャレンジなのかもしれない。このところ、本当に休む間なく私たちはブレイクスルーのための変容を強いられているようだし・・。そうであっても不思議じゃない。

ミッション1017によると、
この日、全ての思いは100万倍のパワーを持つことになるらしい。
私は幸せだ・・・と思っていれば、すごーく幸せに・・・。
       
    でも

世の中はいやなことばかり・・・と思っていれば、本当にすごーく嫌なことが巡ってくる・・・。
いつもの当たり前の法則が、より一層パワフルに現れるよ・・・と。

これが本当かどうかは分からない。
誰かのでっちあげかもしれない。

100万人の祈りが必要というところはとってもチェーンメールっぽい・・・。
でも逆に100万人がピュアな心でポジティブな日を過ごすのは、それだけにも意味があるような気もするから、嘘も方便なのかと思ったり・・・「その日」という部分と「100万倍」というを取り除けば、ありきたりの「思いは現実化する」話だし。(難しい事は除いて)

まあ、正しいか正しくないか、そんなのはどうでも良い。
考えるきっかけになるのなら。

読んでみて、じゃあ普段の私のままで良いんだ。・・・と思える人が多ければ素晴らしいと思う。
17日だけは意地でもポジティブになるぞーっと意気込むのももちろん良いと思う。
それをきっかけに、毎日続くとなおさらいいだろうし・・・。


さて、もしも(それこそ100万分の1の可能性かも)本当だとすれば、知らずに影響される人間は、マイナスなエネルギーも100万倍だから、周りにカッカと怒り狂う人もでてくるかしれないし、このうえなくどーんと落ち込んでしまう人もいるかもしれない。だから、そうなる可能性の人が自分の周りにいるのであれば、数日前の今から手を打つべきかも?

入院している友達のお見舞いに行ったり、1人暮らしで淋しい思いをしている人に電話をしたり、ちょっとウツなの・・・と言っていた友達とお茶したり。誰かが自分と繋がっているという気持ちはお互いの幸せになるし・・・。(でもその気持ちが哀れみからじゃ逆効果)。これも今だから・・・ではなくて、普段から心がけていると良いことだけれど。


結局こうやって何かが限定されることで、人っていろいろ考えるものなのかも・・・。

どっちにしろ、その日に何か変わらなくても、日常的に、「思いが現実化すること」を意識することで深いレベルで何かが変わる。それは本当。

ちっぽけな自分は、自分で思っている以上にちっぽけで、自分で思っている以上にどでかい。
「自由意志」を持つ私たちがいろんな角度から試されているのかも・・・。


* 数多い、よくわからない情報にフィルターをかけ、真実を見極めることも試されているかもしれないから、こんなことに気が引っかかった私もただのオバカさんなのかもしれないけれど、少なくとも、このことを書いたからといって、誰かの足をひっぱることもないし、背後に経済効果があるわけでもない。少なくともこれを読んでくれた人が「良い日」を過ごせるように祈って。
[PR]
by nu2meg | 2006-10-13 23:54 | サイキック・スピリチュアル

b0027781_5371932.jpg今日はたくさん雨が降った。この間、雨の中、合羽着て長靴はいて、近所の図書館まで歩いた時、水たまりをわざわざ一生懸命にバチャバチャ踏み歩いていたポピー。

今日、すごい豪雨だなーっと思っていたら、1人で長靴をはきだした。(必ず左右逆にはくか、前後ろまで逆に履こうとしてしまうのだけど、今日は片足はちゃんと履けてた)そして、「いこっ!」

もちろん、あまりの豪雨だったから出なかったけれど、早く子ども用の傘を買ってあげたいなと思ってしまう。

ちょうど豪雨がやんだ頃、歯医者へチェックアップに行った。
あの、ポピーの前歯の虫歯事件から半年になる。
明らかに、あの時から伸びた(生えきった?)部分の歯はツルツルできれいだから、その点はもう心配はしていないのだけれど、全部きれいだよと歯医者さんに確認してもらって、進行は抑えられると自信がついた。

それでも、ポピーの歯は歯磨きが遅れたりするとすぐに脱灰して真っ白になってしまう。例えば糖分の高い梨を食べた後、フルーツ1カケくらいは大丈夫だろう・・・なーんて思っても、小さなラクトースだから・・・とホメオパシーのレメディをあげた後も・・・(これは噛んでしまうからかもしれない。ちゃんとスプーンでつぶせば上前歯と唇の間に停滞しにくいのかも?)

なるべく自然なものを・・・と、シャンプーも界面活性剤のはいってない合成シャンプーじゃないものなどにして、歯磨き粉も自然派で、実は身体によくないのではないかと言われているフッ素の入っていない歯磨き粉を使っている私。

ポピーは前歯が哺乳瓶虫歯といわれる虫歯になってから(夜間の母乳でだけど)しか、歯磨きジェルを使っていないのだけれど、フッ素を使用するかどうかはすごく迷った。できるだけなら使いたくないけれど、もし本当にフッ素に効果があるのであれば(フッ素反対者は害しかないのではないかと訴えているから)使うべきだと思ったから・・・。

   参考: 99年、ユニセフが出したフッ素の安全性の疑問表明

結局、通常に使う歯磨きジェルは、フッ素の入っていないもの。朝と夜寝る前には日本のピジョンの出しているキシリトールとフッ化物配合のジェル。添加物はパラベンだけで発泡剤や研磨剤は入っていない。

これも、どうなのかなーと様子をみながらいろんな使い方をしているのだけれど、どうも一番効果的な歯磨きの仕方は、普通のジェルで歯磨きした後、水でブラッシング(口ゆすぎ)、そして極少量(一滴未満)のフッ素入りジェルを指につけて、上前歯を中心にきゅっきゅとドレッシング。キシリトールもフッ素も、酸の発生を抑えるらしいからフッ素の効果とは言い切れないと思うけれど、実際に最近は脱灰の頻度が減ってきているように思う。
  
[PR]
by nu2meg | 2006-10-12 06:23 | 日常

結婚記念日

b0027781_3154087.jpg今日は結婚記念日。8年間、いろんなことがあったけれど、やっぱり振り返ってみると月日のたつのは早いもの。買い物から帰ってくると、鍵のかかったゲートの前に、ローレンスからのお花が置いてあった。(こんなに無防備に置いて帰っちゃうなんて、信じられない宅配だ・・・)

b0027781_322437.jpg写真のポピーは、最近の流行・・・。実はこれ、はみがきをしているのではなく、オーツミルク(&ときどき牛乳もミックス)を、歯ブラシを使ってちゅーちゅー飲んでいるところ・・・。(ときどき、シュッシュのアクションも入ります)

どうしたもんだか・・・最近、「ドリンク-!」と要求して、コップに注いだら、必ず洗面所へ歯ブラシを探しにいく。。。相変わらず、歯磨きジェルのおかわりも大好きだし、口の中に歯ブラシが入っていることの多いこと・・・笑
[PR]
by nu2meg | 2006-10-10 23:15 | 日常

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28