<   2005年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2012年

かなり普通の人にとって「イカレタ」話だけど、2012年は地球の大変革の年。

友達が貸してくれた「天上のシンフォニー」という本を、ここ数日で一気に読んだ。授乳しながらこんな本読むか?って自問自答しつつも(笑)

本はもちろんフィクションだけど、エッセンスは納得の話だったりする。
場面描写も、自分が実際に住んでいるロンドンを始め、インドやエジプトも出てきて、親近感があった。

  2012年。

1-2年前くらいかに、BBCのドキュメンタリーでもやっていたけれど、その頃、地軸が変動する時だとも言われている。もちろん北と南が一気に変動する(実際にはもう狂い始めている様だということだったと思う)なんて嘘っぽいけれど、現実的にハワイかどこかの岩を調べると、それが証明できるらしく、実は地球はそうやって「再生」しているというものだった。それに伴って、もちろん地震もあれば、災害もあって・・・

スピリチュアル、もしくはオカルト?な世界では、人類の一部は数次元レベルアップ(アセンション)するチャンスだとも言われている。その変容によって、今みたいにドロドロした社会ではなくなるという・・・

そして現実的には、核戦争だって起こりかねないのが今の世の中。
これは、誰も否定できない事実だと思う。


どっちにしろ、あと6-7年の話。
(上記の本には、実は2011年のクリスマスという話だった)


人は期限があると、何かと目標を達成しやすいから、そうやって期限があるっていうのはいいことなのかもしれない。

目標。
私にとっては、少しでも要らない物を手放して、自分らしく生きること。
感謝の気持ちを持って。。。
もちろん、幸せだと思えるときがたくさんあるといいなと思う。
そして少しでも、シフトが好転のモノになるようにサポートしたい。

ちなみに。
死ぬことそのものは怖いことでもない。
2012年のシフトによって、滅びる魂もいるといわれているけれど、少なくとも私の周りの魂は滅びないと思う。


こういう話を8年前に聞いていれば、私は馬鹿げていると笑い飛ばした。(いや、耳も貸さなかった)そして聞くだけで、怖いと思ったと思う。 でも、あと6-7年あるのだから、今そう思う人も、そう思わなくなる可能性だって充分あると思う。

なんだか意味不明だと思われたかもしれないけれど、2000年以降に生まれているという、クリスタル・チルドレンも、このシフトをちゃんとわかって生まれてきた子ども達。そんな子を親に持つ友達がたくさん読んでくれているから、書きたくなった。

2012年に関しては、今ネットを検索してみたら、こんなサイトがあったので参考にどうぞ。
[PR]
by nu2meg | 2005-11-28 02:15 | ヒーリング

市内におでかけ

b0027781_1802810.jpg「市内」といっても、TUBEで10分。うちも充分ロンドン市内だけれど、そういえば最近TUBEに乗ってWESTエンドへ出かけてなかった。

昨日は久しぶりにママ&ベイビーのTEA。
1年前の今頃だったかな?妊婦で参加したのは・・・
主催のESさんは日本。場所はおもちゃ屋さんのカフェ。

みんなに会うのは久々だったけど、たいていはブログでお互いの成長を覗いてる?ので、久々という感じもしない。

b0027781_18401362.jpgポピーは初めて見る、おもちゃの動く汽車に釘付け。カフェについてすぐは、私のもとを離れようともしなかったのに、気がつくと自ら店内も探索し始めていた。(カフェのある階は男の子のおもちゃフロアでもあるので、男の子のおもちゃなんだけど・・・)周りの子たちも、勝手に「プレゼントどうぞー」みたいにしていて(おいおい、買ってないってば)可愛い。

このおもちゃデパート、エレベーターで通り抜けただけだけど、それでもポピーにとっては目の中に入ってくるものが全部興味の的。そういえば私たちも小さい時、近所の小さな小さなおもちゃ屋さんでさえ、あれもこれも楽しそうなものに見えてたもんなあ・・・(将来的には危険な場所である)

帰りにジョンルイスに寄って、Xmasショッピング。その後はAINSWORTHSにレメディを買いに行った。(ポピーがバギーに乗ったのはJLからレメディ屋さんまでだけで、後はベビーキャリアに入ってた。)

TUBEでは、階段があちこちにあるけれど、何も言わなくてもさーっと「大丈夫、手伝うよー(Don't worry, I 'll give you a hand)」と、いつも後ろに居合わせた人が手伝ってくれた。時には自分だって大きな荷物を持っているのに!「手伝いましょうか?」じゃないところがなんだか嬉しい。

車内でも、ポピーがあちこち興味深そうに人見物をしている中、周りの人はにっこり微笑みかけてくれる。こんな時、赤ちゃんの力はすごいなーット思う。見ているだけでついつい顔がほころんでしまうのだから。(当の本人は真剣そのものだけど、それがまた面白いらしく、笑わそうと思って必死にあやしてくれる人もいる・・・)

出かける前も用事があったので、丸一日忙しい日になってしまったけれど、日の短い冬は、こういうイベントがあるほうが充実した日だったという気がする・・・
[PR]
by nu2meg | 2005-11-24 19:07 | 日常

crispyな天気と遊び場

クリスピーなお天気が続いています。

英語でクリスプといえば、ポテトチップス。
パリパリ。しゃっきり、スカッと晴れた空気の寒い日を、こうしてクリスピーなお天気というのだけれど、よどんだグレイの空よりも気持ち良いから、寒くても案外気持ち良い。もう4時には暗いから、やっぱりこれは好きじゃないけど・・・

b0027781_1394222.jpgココのところ、週末はダディがポピーをジンボリ(アメリカ系のプレイジム)に連れて行ってくれています。週末のクラスが都合よくあるのは、フィンチリー・ロードのジンボリ。エンジェルのジンボリも、ハイゲイト(という名のアーチウェイ)のジンボリも、日曜にはクラスをしてなかったので・・・車で15分から20分くらいはかかるけれど、駐車場に困らないのは利点。(セインズベリーで買い物すれば無料だし)

そして、エンジェルのジンボリは窓のない室内(ビジネスデザインセンター内)だから、O2センターの方が良い感じ。

・・・とはいえ、最初に、一緒に参加したらちょっと閉口した・・・だって、替え歌であちこちに「ジンボ・ジンボ♪」言うんだもん。なるほど、みんなが「アメリカンだけど、まあ、子どもは楽しそうだから良いわよ」というわけだ?

               し か し 
   私の頭の中は、某新興宗教の教祖様の替え歌
              なのだった。

・・・ということで、最近ジンボリに行くことを、「例の集会に行く日だね」と言う。笑
数日前に私が連れてい行った時は、あまりくどくなかったので、先生次第みたいだけど。

夏は週末に私の仕事が入っても、あちこちの公園にちょっと連れてってーで済むのだけれど、冬は外は寒いので、ああやって子どもが遊べる場所があることは嬉しい。ダディも普段は見れないポピーの社会性なども垣間見れるから、父親教育?にも良いに違いない。笑

そういえば、前の職場で自閉症の人を外に連れて行く(ことによって、親にブレイクを与える)サービスもしていたけれど、冬は寒くて大変だったー。(人の混み合う場所を嫌う人が多いから、当然のごとく公園への散歩がメジャーだった)
[PR]
by nu2meg | 2005-11-23 02:05 | 日常

押すのが好き

b0027781_22131372.jpgポピーはバギーが嫌い。抑制されることがキライだから、シートベルトをしようとすると必ず騒ぐ。移動中はそれでもなんとか座ってくれていることもあるけれど、買い物中など、停止したり、見通しが悪くなると、抱っこしないと泣き喚く。

そんなポピーは、置いてあるバギーを触るのは好き。家でもよく車輪やなんかを触りながら遊んでいるのだけど、最近の流行りはバギー押し。

この写真は旅行用のミニバギーを押すポピー。
空港でもずーっとこの調子で、プッシュを楽しんでいた。
子ども用のおもちゃバギーがすぐに必要になりそう・・・

ちなみに、そんなじゃバギーを持っていく意味がないと言われそうだけど、それでもあると手荷物が置けるから便利なのですー。
[PR]
by nu2meg | 2005-11-19 22:21 | 子育て

ポピーの寝んねとイタリア

b0027781_3222872.jpgなんとポピー、イタリアへの往復のフライト片道約3時間、「ずっと寝た!」のだった!!帰りはフライトが英国時間の夜中12時半過ぎに到着だったこともあって、私もほとんど寝たのだけど、これって日本への12時間フライト間よりも「たくさん」寝たことになるから、すごいもんである。

さてイタリア。
私たちが里帰り中に、ローレンスがまた物件探しに来ているので、今回は前回2件気に入った物件を・・ということだったけれど、結局更に8件プラスで、またまた10件見た。

b0027781_3494816.jpgで、2人とも「コレだ!」とほれ込んだ物件がこれ。丘の上にあって360度の田園風景。

建物自体は多分500年モノ。
特にご近所さんはいないし、電気も電話ももちろんない(ひくことは可能)けれど、近所の大きな町(アルベロベロ)までは2-3キロの距離。この風景と雰囲気に完全に魅了された・・・。

b0027781_4162520.jpgただし、売るのは2人のオーナーで、まだ値段がハッキリしていない・・・その上、補修工事(伝統的な建物だから特別な工事も含むことになる)に2000万円くらいかかると言われ・・・うーん・・・建物と土地自体がいくらかが大きな鍵。



b0027781_3563633.jpgもう一件、ローレンスにとって2度目のは、超でかい物件。昔オリーブオイルを作る作業所だったこともあって、どでかい!これならB&Bでもなんでもできちゃいそうなところ。・・・だけど、そうするとホリデーホームというよりは移住計画になってしまう・・・もちろん、規模がデカイだけあって、値段も補修工事にかかりそうな費用も大きい。・・・もちろん、ロンドンを退去すると考えれば問題はないのだけど・・・

b0027781_415716.jpgという感じで、これからどうしたいのか・・・(特にローレンス!)が問題。
もうハウスハンティングも当分したくないし(笑)
イタリアホーム計画はどうなることやら?

ちなみにアルベロベロ(この写真)は、この石作りのお家が集合することで有名な、のどかな観光地。今回はここのtrulliに宿泊もしたのだけれど、ナカナカだった。また、驚いたことに一番沢山見た観光客は「日本人」だった!

それにしても2泊3日だったので、疲れたー。
昨夜は帰宅が朝方2時半だったし。
ポピーもお疲れだったので、今日はたっぷりお昼寝してくれました。
[PR]
by nu2meg | 2005-11-17 04:21 | 日常

睡眠

b0027781_6173055.jpg「赤ちゃんの仕事は寝ることである」とすれば、ポピーは赤ちゃん失格である。笑

最近は更に知恵がついてきたからか、「眠らされる」という状況から逃げることばかり考えているようだ。「おっぱい」もベッドで飲むと寝てしまう・・・とよく分かっているので、一生懸命に拒否する。

ダディの歌も、「騙されてたまるか」といわんばかりになってしまってきたし・・・

だから、せっかく寝たところを起こされるのが一番たちが悪い。
うちはベッドルームが入り口のすぐ側なので、睡眠中に誰かが来ようものなら必ず目を覚ます。ずっと喋っている中で寝た場合はともかく、そうでなければ、私の喋り声が聞こえるだけでも起きるので、ポピーがお昼寝中は電話もNG。

この間は、せっかく寝たところに、荷物が届いて、再度、ようやく寝たと思ったら、ナツメグがゴロゴロ喉鳴らして遊びに来た・・・週末はダディがいるので、昼寝は本当に最小限。

眠いんだから、寝ればいいのに・・・

b0027781_6274380.jpgちなみにまた数日、イタリアに行く。スーツケースを出してきたら、いつもはナツメグが喜んで入るのだけど、ポピーが一目散に入っていった・・・

これも、寝かせようと思ったけど、意地でもおっぱいを飲まなくて、一所懸命ベッドから降りようと泣いたすぐ後。
[PR]
by nu2meg | 2005-11-13 06:30 | 子育て

ダディも労わるべし

今朝、ローレンスが仕事に行く前に、ソファに座ってボーっとしてた。
こんなことは珍しい。どうしたものかと通りがかりに、「なんか疲れてる?」と足を触って驚いた。カッチコチ通り越して、ガッチゴチだ!

足は身体を縮小したようなものだから、足を触るだけで体の疲れがわかるのだけれど、あまりの酷さに思わずマッサージ(足ヒーリング)開始。そういえば、妊娠する前は毎日のようにこうしてた。

妊娠を機に立場逆転。
出産の後はお互いにそんな時間は皆無!
ポピーが全てを奪った!(笑)

たった5分そこらでも、ガチガチもふわーっと広がった。
「毎日してよー」とローレンス。
そう、ダディもお疲れなのである・・・
[PR]
by nu2meg | 2005-11-10 06:28 | ヒーリング

10ヶ月

b0027781_1404416.jpg今日でポピーは10ヶ月。毎度のコトながら早い。先日は近所のプレイグループでのお友達、メイシーも1歳になったことだし、そろそろポピーの番だねーっと言われて、もう明日にでも1歳になってしまうような気分。

相変わらず夜は何度もおきているけれど、もう全然気にもならなくなった。そりゃ、もっと寝られれば楽に違いないだろうけれど・・・母乳は3時間以内に新鮮なのを飲むのが一番美味しいらしいので、じゃあ、絞りたてのトコロを美味しく飲んでちょうだいーって気分。

最初の頃は起きるたびに時計をチェックしていたけれど、今ではそれも懐かしい。最近はせっかく私もポピーもぐっすりな所、ナツメグまで起こしに来るし、マミーは大忙し。

実はこっちに帰ってきてから、ベッドに親子3人川の字状態で寝ている・・・
というのも、隣付けにしたコットベッドはもう同じ高さではないから、転んだら危ないし、ローレンスがツブスという不安もなくなったから、真ん中の特等席に、一番たくさんのスペースをとりながら、ポピーは寝ているのだ・・・(一番寝返りが大胆)

こういうとき、布団なら便利なんだけど・・・
ま、そろそろダディーも隅っこで寝るのは嫌と言い出すでしょう。

b0027781_1515315.jpgちなみにこれは、私が10ヶ月ごろの写真。

里帰り中、私の赤ちゃん時代を知ってるご近所さんに、ポピーは私の赤ちゃんの時にそっくりと言われたけれど、よーく見るとやっぱりローレンスもちょっと混ざってるかな。
[PR]
by nu2meg | 2005-11-09 02:01 | 子育て

昨日の「当たり」

ちょっと汚い話です・・・
(でもホメオパシーのレメディ選びの参考に・・・)

ランチ時に、ポピーの機嫌がいつになく悪くなった。
「これ、ウンチだよね?」と私&ローレンス。

今週末は私が仕事の連日だったので、ダディと2人でお出かけ続きだった。そしてポピーは、「自分とお出かけの際にうんちだけは嫌」というローレンスの希望に応えたのか1日便秘だった。

かなり怒ってるし、だったらカモミラ?
と思ったものの、ダウジングしてみると、そうでもない・・・
ローレンスが説明書の便秘の部分を読むと、「出そうで出ない」は NUX VOM ダウジングでチェックしたら、コレだと出たので早速あげる。

ポピーは速攻、ご機嫌になった。
じゃあ、そろそろ出てくるのか?とおまるに座らせたら、タイミングはばーっちり。2日分。出るわ出るわ(笑)立派なウンチがでてきたのでした。めでたし、めでたし・・・(笑)
[PR]
by nu2meg | 2005-11-07 20:30 | ヒーリング

ポピー・ベア

b0027781_753523.jpgちょうど去年の今頃、妊婦中に編んだクマさんのツーウェイ・ニット服。

きっと女の子だろうけれど・・・まあ、この色ならニュートラルだからいいかーっと思いつつ編んだ。(実は黄色の部分、茶色で編むことになっていたのだけど、毛糸を買いに行ったら、あまりにも種類がなかったのだった。)

やっぱり「ますます」男の子っぽいなー。
(いつも男の子に間違われる)
まあ、いいや。

最初に着せてみたのはおくるみとして、退院する時。(生後1日足らず)
ごそごそだった、このクマさん。
なかなか良いサイズになっていた。

b0027781_7574378.jpgクマのワッペンになっている部分は、早速ポピーが気に入ってくれた様子。

面白いなあと思う。ビーズの目がついてるだけで、ちゃーんと「可愛いもの」と認識しているんだから・・・

ちなみに今日はボンファイアナイト。花火バンバン。
初めての花火に、ポピーは驚きながら、いつもの真剣顔で花火を凝視してました。
[PR]
by nu2meg | 2005-11-06 08:05 | 子育て

気の向くままに・・・ 流れに身を任せて。


by nu2meg
プロフィールを見る
画像一覧